2020年11月15日

サークル肉りんご「NIPPON TENSEI」 異世界転移し、褐色巨乳美人マゾメス豚を犯す

サークル肉りんご「NIPPON TENSEI」 サークル肉りんごのオリジナル同人誌『NIPPON TENSEI』がメロン1号店に14日に入荷した。サークルさんの新刊告知は『ファンタジーな異世界に大転生ッ!荒くれの男達さえ恐怖するアデル様とエロい展開に…』で、異世界転移した主人公が、褐色巨乳美人(実はマゾメス豚)を犯して白濁液を注いでる。
-

サークル肉りんごの同人誌「NIPPON TENSEI」
サークル肉りんご(カクガリ兄弟)の第二回秋葉原同人祭新刊・オリジナル同人誌
「NIPPON TENSEI」入荷

「(雷に打たれ異世界転移ッ!僕が手に入れた地位は“保存食”)」
「(異世界に行きたくてたまらない僕に幸運到来ッ!雷に打たれ異世界転移ッ!
転移後…僕が手に入れた地位は“保存食”です)」

「すまんなハム夫、騒がしくて…」
街の自警団“黒狼”隊長の褐色巨乳美人・アデル
「すまんなハム夫、騒がしくて…アヤツは少し忠誠が過ぎる」

「(俺様の“メス豚”にしてやる!)」
実はマゾメス豚だったアデルを犯す
「(“黒狼”のアデルを…俺様の“メス豚”にしてやる!)」

サークル肉りんご(カクガリ兄弟:カクガリ兄氏&カクガリ弟氏)の第二回秋葉原同人祭新刊・オリジナル同人誌『NIPPON TENSEI』が、メロン秋葉原1号店に14日に入荷した。

今回入荷した同人誌『NIPPON TENSEI』は、サークルさんの新刊告知によると『自分の世界で底辺を行くおデブな主人公、飯山春夫。何のお導きか天啓か、ファンタジーな異世界に大転生ッ!そこで出会った街の自警団「黒狼」の長、アデル。街の荒くれの男達さえ恐怖するアデル様と春男が。まさかのエロい展開に…』という約40ページのお話。

作中では、日本から中世ヨーロッパ風の異世界に転移した料理好きな主人公・飯山春夫が、自警団の団長で褐色巨乳美人・アデルに、自作のケーキまみれの肉棒をしゃぶらせて白濁液も飲ませたり、実はマゾメス豚だったアデルに生ハメして豚交尾セクロスで白濁液を注いでる。

なお、サークル肉りんごカクガリ兄弟は、『NIPPON TENSEI』のまえがきで『タイトルの通り、主人公が異世界に転生してしまう今っぽい感じのヤツ…かな?単語の正解的には「異世界転移」だと思うので、本編では「転移」で統一しております』、『今回もオリジナルです。そしてファンタジー的世界です。主人公はちょっとイビツな子ですが、そんな彼が過酷なファンタジー世界でどんな美味しい目に合うのか、楽しんでいただけたらと思います』などを書かれている。

サークル肉りんご / 第二回秋葉原同人祭「NIPPON TENSEI」通販ページ

「(童貞の俺が、アデル様の口内に射◯してんだぜッ)」
「(もうマゾねこの人♥ マゾ豚確定ね♥)」
「(豚マ◯コ、チ◯ポに吸い付いて来てマジ気持ち良い)」
「淫乱で変態な女ほど“豚”と罵ると喜びますもので」
「豚ッ豚ッ豚ッ豚ッ」「あん♥あん♥あん♥あん♥」
「“豚交尾”なんて恥かしいッ♥変になってしまう…♥」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit