2020年11月17日

サークルUnBaLanCE 江口博士の劣情 Vol.01 「助手としてやって来たのは巨乳美女」

サークルUnBaLanCE「江口博士の劣情 Vol.01」 サークルUnBaLanCEの同人誌『江口博士の劣情 Vol.01』がとらA&Cに入荷していて、とら通販の紹介は『助手として研究所にやって来たのは巨乳美女。ムチムチパツパツの若い女体です。しかし博士は研究一筋。彼女にやたら短いスカートを履かせるのも薄着をさせるのも、全て研究のため!』になってる。
-

サークルUnBaLanCEの同人誌「江口博士の劣情 Vol.01」
サークルUnBaLanCEのオリジナル同人誌「江口博士の劣情 Vol.01」

「椎葉・フォックス・栞子ですッ」
「本日付で赴任して参りました…椎葉・フォックス・栞子ですッ!!」

「直ちに脱ぎますッ」
「考えもせずッ、ス…スミマセンッ!直ちに脱ぎますッ!!」
「うんッいいなッ!素晴らしいッ!実に素晴らしいッ!」

「スカートを履いてないようじゃッ」
「(後ろから見るとまるで…スカートを履いてないようじゃッ!
んんん・・・良いッ!いいぞッフォックス君ッ!)」
とらのあな秋葉原店A
とらのあな秋葉原店C
裏表紙
「新任の助手はミニスカートの褐色スレンダー巨乳美女」

サークルUnBaLanCE(あんばらんす氏)のサンシャインクリエイション2020 Autumn新刊、初の紙版(電子ではない)同人誌『江口博士の劣情 Vol.01』が、とらのあな秋葉原店A&Cに入荷してる(とら専売)。

同人誌『江口博士の劣情 Vol.01』は、前書きによると『この漫画はpixivFANBOX・Ci-en・Fantia等の支援サイトや、pixivなどのSNSで不定期連載しているモノを、冊子にまとめた物です。WEBでは、毎回、3P〜10P程度でゆるく描いて投稿しています』という、「専門の機械工学のみならず、あらゆる分野に精通する天才・江口治路(73)や、「博士の元に助手として赴任した銀髪褐色肌の巨乳美女椎葉・フォックス・栞子(19)らを描かれたシリーズで(登場人物)、巻末にはキャラクター設定やおまけも収録した計106P

江口博士の助手として研究所にやって来たのは巨乳美女。ムチムチパツパツの若い女体です。しかし、博士は研究一筋。彼女にやたら短いスカートを履かせるのも薄着をさせるのも、全て研究のため!そこに煩悩や下心なんてあるわけないのです。ちょっとエッチなドタバタコメディ!
とらのあな通販

なお、同人誌『江口博士の劣情 Vol.01』のサークルさんのコメントは『博士の研究所に現れた新任の助手は、ミニスカートの褐色スレンダー巨乳美女!!スタイル抜群な彼女のアレやコレが、気になって仕方がない博士は、あの手この手で・・・。そんな博士に、孫のエロガキも加わり展開する、ちょっとエッチなドタバタコメディ♪』とのこと。

サークルUnBaLanCE / とらのあな通販「江口博士の劣情 Vol.01」(専売)

「ワシが考え事をしてる時は…そっとしておいてくれ」
「(ただただスカートの中が、気になってしょうがない)」
「えぇ…!?」「おおおぉ…大成功じゃあぁ♥」
「(やはりなんと言っても…あの巨乳じゃ♥)」
「この場合はこ〜してあ〜して…」むぎゅん…♥
「ハダ…じゃなくてっ、水着見てる方が楽しいなぁ…♥」




この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit