2020年11月17日

社畜と少女の1800日13巻 「ふたりが暮らした5年間…堂々完結!万感のフィナーレ!」

板場広志「社畜と少女の1800日」13巻 板場広志氏のコミックス「社畜と少女の1800日」最終13巻【AA】が16日に発売になった。裏表紙は『唯一の肉親である母と中学2年生で別れた少女は、卒業の時を迎え、大人になっていく』で、オビ謳い文句は『ふたりが暮らした5年間…堂々完結!万感のフィナーレ!』になってた。
-

板場広志の漫画「社畜と少女の1800日」13巻
板場広志氏のコミックス「社畜と少女の1800日」最終13巻【AA】発売
「ふたりが暮らした5年間…堂々完結!万感のフィナーレ!」

「みんな集まってくれたんだ」
「これ、調理部からお祝いのお花です」 「みんな集まってくれたんだ」

「東根さんのところへ戻ることになりました」
「1年後は、東根さんのところへ戻ることになりました」

「もうキスくらいした?」
「おっさんとは、もうキスくらいした?」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

板場広志氏が週刊漫画TIMESで連載されていたコミックス「社畜と少女の1800日」最終13巻【AA】が、16日に発売になった。

『社畜と少女の1800日』は、1巻コミックス情報によると『休日出社に徹夜、朝帰りが当たり前の激務な職場で働く東根将彦。ある日、彼を訪ねて来たのは高校の同級生の娘だという少女、優里だった。「母親が迎えに来るまで」という約束のもと同居を始めた二人だが…!?』で始まったお話。

今回発売になったコミックス「社畜と少女の1800日」13巻【AA】には、第109話「巣立ちの時」〜最終第118話「さくら」を収録(もくじ)し、裏表紙は『唯一の肉親である母と中学2年生で別れた少女は、卒業の時を迎え、大人になっていく』などで、オビ謳い文句は『ありがとう。ふたりが暮らした5年間…堂々完結!万感のフィナーレ!』になってた。

東根の病状を知り、自分の胸のうちを明かした優里。ふたりは1年後、再び一緒に暮らすことを約束する。一度は優里の想いを受け入れたものの、いまだに煮え切らないままの東根は…。万感のクライマックス!
コミックス情報

なお、「社畜と少女の1800日」13巻【AA】の感想には、かわなをつさん『当初はエロ要素がかなり強かったが、途中からは家族を全面に打ち出した感じで好きだった』、御導はるかさん『長い時間かかってるだけあっていろんな問題あったり面白かった、ちゃんと解決もしてるし』、なこはさん『優里ちゃんほんと幸せになって。この先どうなるかわかんないけど…幸せになってくれ…』などがあり、作者:板場広志氏はTwitterでの告知で『スピンオフにあたるお話が少しだけ続きます。最終巻も含め、そちらもよろしくお願いします』などをツイートされていた

「社畜と少女の1800日」コミックス情報 / 板場広志氏のTwitter

「彦根島?初めて聞くなぁ、どこにあるの?」 「瀬戸内海の島だそうです」

「東根くん、あの子と何かあった?」 「な…何かって…?」 「何かよ」

「あなたに、あの子を抱く勇気がないだけでしょ」

「東根さんは、何を喜んでくれるかな」
「呼び出し音が鳴らない…!?」
「大きな山崩れがあって、すごい被害になってるって」
「(いつもの日々がずっと続いていく。それが当たり前だと、勝手に信じ切ってた)」
「(オレが生きられるだけ、この女性と一緒に生きたい)」
「男の人として大好きな…私の大切な人なの」


【関連記事】
社畜と少女の1800日12巻 「クライマックスに向けて加速中!」
社畜と少女の1800日10巻 「つながる点と点…出生の秘密がひもとかれる」
社畜と少女の1800日9巻 「同居中の独身中年男に抱く、女子高生の揺れる思い」
社畜と少女の1800日8巻 「東根を巡る"オトナな関係"。揺れる優里の新挑戦」
社畜と少女の1800日7巻 「おかえり。独身中年男×身寄りなき女子中学生」
社畜と少女の1800日6巻 「独身社畜男×ぼっちJCの二人暮らし急展開!」
社畜と少女の1800日3巻 「担任教師との一夜から始まる恋のランデブー!実母情報!」
板場広志/社畜と少女の1800日1巻 「独身リーマン×女子中学生、ひとつ屋根の下」

板場広志 / 純粋セクシャルあだるてぃ 「淫乱な女性達が赤裸々に淫れまくる」
発情カノジョの羞恥心 「妖艶ボディー美女が隠れて濡らすド変態な日常♥」
脱オタしてはみたものの1巻 「趣味と結婚と憧れの声優。元漫画家の脱オタサラリーマン」
北島さんの難儀な日常2巻 「巨乳の北島さんを中心にエロいシーンがいっぱいw」
「マジコイ!」 巨乳上司とセクロス、昔から好きだった同僚OLともセクロス
板場広志のニュース - アキバBlog

板場広し メスガオ<発情表情> 「ハードファ◯クの巨匠!イキたくて仕方ない女たち」
ははといもうと「誘惑してくる妹…母の愛も過激する最高の板挟みライフ♥」
姉と暮らす 「一つ屋根の下。姉と姪姉妹とセッ◯ス三昧生活!」
僕の大好きなおばさん 「幼なじみ母が妖艶淫靡!濃厚性春日記♥」
この春、彼女ができました。 「オールJK。ヤリたいこと全部シてあげる♥」
母ふたり 「義家族との淫らに乱れた日常!超泥沼家族ドラマ!」
家族挿姦図 「DNA100%近親相◯!ゴム無し生ハメ孕みイキ!」
犯されたい彼女 「教室で!体育館で!学校中でハメまくる!」
板場広しのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
芳文社 / 週刊漫画TIMES / Twitter
「社畜と少女の1800日」コミックス情報
コミックトレイル「社畜と少女の1800日」掲載ページ / ニコニコ静画
東根の病状を知り、自分の胸のうちを明かした優里は?堂々完結!
「社畜と少女の1800日」の完結を記念したキャンペーン実施中!対象巻が無料&割引!
板場広志氏のTwitter
「社畜と少女の1800日」完結巻の13巻は11/16発売です。よろしくお願いします
紙版の13巻の書店特典についてはこちらをご覧ください
社畜と少女が出会って1800日一緒に暮らす話(1)
まんが王国さんで特集ページも作って頂き、ラフ画公開や色紙プレゼント企画も
スピンオフにあたるお話が少しだけ続きます
社畜と少女の1800日 - Wikipedia
板場広志 - Wikipedia

【感想リンク】
当初はエロ要素が強かったが、途中から家族を全面に打ち出した感じで好きだった
長い時間かかってるだけあっていろんな問題あったり面白かった
優里ちゃんほんと幸せになって。この先どうなるかわかんないけど…幸せになってくれ…
おぉう、そう来たか〜って感じのラストだった。面白かった
「歳の差恋愛」と「同居」ものの秀作漫画
ラストすごい爽やかだった
13巻やばいぞ優里ちゃん尊い
社畜と少女の1800日 13巻|感想・レビュー・試し読み - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit