2020年11月19日

龍と苺2巻 「棋歴1か月の14歳が本気で目指すはプロ最高峰、竜王戦」

柳本光晴「龍と苺」2巻 柳本光晴氏の女子中学生×将棋マンガ「龍と苺」2巻【AA】が18日に発売になった。コミックス情報は『真っすぐで、愛らしい14歳が将棋に打ち込み始める第2巻!』で、オビ謳い文句は『理屈をこねる“大人”をつぎつぎなぎ倒す』『棋歴1か月の14歳が本気で目指すはプロ最高峰、竜王戦』になってた。
-

柳本光晴の漫画「龍と苺」2巻
柳本光晴氏のコミックス「龍と苺」2巻【AA】発売
「棋歴1か月の14歳が本気で目指すはプロ最高峰、竜王戦」

「盤面はこのままでいい」
藍田苺、14歳。棋歴1か月
「盤面はこのままでいい。月子が投了した、この盤面から始める」

「まず“奨励会”に入らないといけない」
「プロ棋士になるためには、まず“奨励会”に入らないといけない。
全国からトップの棋力を持つ子が集まる」

「昨日の続きよ」
プロ棋士対局の場に乗り込む 「藍田 苺…?」 「イヅル、昨日の続きよ」
COMIC ZIN秋葉原店
アニメイト秋葉原本館
とらのあな秋葉原店A

柳本光晴氏が週刊少年サンデーで連載されている女子中学生×将棋マンガ「龍と苺」2巻【AA】が、18日に発売になった。

『龍と苺』は、作品情報が『藍田苺、14歳。命懸けでやれることが見つからず、満足いかない日々を送る。スクールカウンセラーの宮村と賭け将棋をすることとなり、苺が懸けたのは命。負けた苺は窓から飛び降りるも宮村に止められる。命を「預かった」宮村は、苺を市の将棋大会に参加させる。ルールを教わったばかりの初心者の苺だが、そこで連勝を続け…将棋界に真正面から挑む14歳の、“闘う”将棋漫画』というお話。

今回発売になった「龍と苺」2巻【AA】には第8話〜第17話と巻末に詰将棋問題も収録(目次)し、裏表紙は『奨励会?いや、竜王戦ってのに出る!』で、オビ謳い文句は『理屈をこねる“大人”をつぎつぎなぎ倒す──将棋界が熱視線を送る快作!』、『棋歴1か月の14歳が本気で目指すはプロ最高峰、竜王戦』になってた。

初心者で臨んだ市大会での優勝後、伊鶴八段相手に惨敗を喫した藍田苺、14歳。再戦の機会を求め、苺が目標に定めたのはアマチュアにも出場枠のある棋界最高峰のタイトル戦・竜王戦!将棋部・滝沢とともに乗り込んだ「アマ竜王戦神奈川県予選」は曲者揃いの“戦場”で―――真っすぐで、愛らしい14歳が将棋に打ち込み始める第2巻! コミックス情報

「龍と苺」2巻【AA】の感想には、漫画家:山中あきら氏『苺ってよりは話通じるんだなぁ…新キャラ、たっきーがなかなかいいぞ!』、シナリオライター&ラノベ作家:鏡遊氏『やっぱ、このあたりから作風が決まってきた感じだなあ』、uraq_さん『二巻、マジでおもしろかった』、きりこさん『タッキーいいキャラだ。頑張って欲しい』などがある。

なお、作者:柳本光晴氏カバー折返しで『将棋界が今、大変な盛り上がりで!将棋漫画を描き始めた身としては非常に肩身の狭い思いです。流行りに乗っただろ…みたいな!違います!5年前から考えてて…!何を言っても言い訳で。やはり思いついたときにやらないと!』などを書かれている。

「龍と苺」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「いった…あ…」 「皆さん、ご迷惑おかけしました!」

伊鶴八段「10年後、名人の座で待ってる」

「将棋会館や奨励会を見たいんじゃなくて、伊鶴八段と対局したいってことだったのか… できるか!プロで待ってるって昨日言われたばっかりだろう!」

「10年後とか冗談じゃない。今すぐあいつらと戦いたい」
「プロを舐めんな!1000万人のうち上位300人なんだ!」
「竜王戦ってのに出る!」
「どちらが勘違いの間抜けか…勝負だ、藍田苺」
「(差がつき始めた。やはり藍田か)」
「ケンカ売ってんのかガキ」 「最初からそう言ってた」


【関連記事】
柳本光晴 龍と苺1巻 「少女が将棋を始める物語。圧倒的な天才の描き方が楽しい」
きっと可愛い女の子だから 「丸ごと1冊恋する女子に悶える本!」
女の子が死ぬ話 「可憐な少女と過ごした数ヶ月の青春物語。ハンカチのご用意を…」
柳本光晴のニュース - アキバBlog

それでも歩は寄せてくる5巻 「歩がグイグイ来て先輩が真っ赤になるシチュにホッコリ♪」
りゅうおうのおしごと!13巻「いま一番、現実に追い抜かれそうな将棋ラノベ最新刊!」
くずしろ 永世乙女の戦い方1巻 「女子高生×将棋!命短し、戦え乙女!」
黒猫のおうて! 「天才棋士×ゴスロリ猫耳少女の本格将棋ラブコメ、対局開始!」
将棋指す獣2巻 「ただ将棋に勝つのみ。ケダモノと呼ばれた人間の清廉なる一手」
紅井さんは今日も詰んでる1巻 「将棋以外残念系女子高生の駄目カワ日常4コマ☆」
盤上の詰みと罰1巻 「一ヶ月毎に記憶がリセットされる少女と将棋をめぐる物語」
女子高生将棋マンガ 駒ひびき1巻 「少女たちの一手が響く!アツい青春将棋物語!」
将棋のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
小学館 / 週刊少年サンデー / Twitter
「龍と苺」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報
サンデーうぇぶり「龍と苺」掲載ページ / ニコニコ静画掲載ページ
柳本光晴最新作!!「龍と苺」第1巻TVCM - YouTube(1巻発売時)
柳本光晴氏のブログ
柳本光晴 - Wikipedia
龍と苺 - Wikipedia
「響」柳本光晴の新作「龍と苺」、14歳の少女が大人相手に将棋で“闘う”(1巻発売時)
龍と苺:「響」柳本光晴の新連載 圧倒的な天才を描く理由
「藍田苺」は史上初の女性棋士となるか?「響」柳本光晴の新連載「龍と苺」がアツい!

【感想リンク】
苺って響よりは話通じるんだなぁ…新キャラ、たっきーがなかなかいいぞ!
頑張れ、滝沢くん…!(この漫画の主人公は苺ちゃんです
やっぱ、このあたりから作風が決まってきた感じだなあ
二巻、マジでおもしろかった
タッキーいいキャラだ。頑張って欲しい
私は巻末詰将棋の初心者編にすら苦労してるw
2巻でだいぶ良くなった
以前よりも絵がうまくなってきたような



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit