2021年01月10日

柴田ヨクサル×沢真 ヒッツ1巻 「僕と僕のW主人公、殺し屋アクションコメディ!」

原作:柴田ヨクサル&作画:沢真「ヒッツ」1巻 原作:柴田ヨクサル氏&作画:沢真氏「ヒッツ」1巻【AA】が9日に発売になった。コミックナタリーによると『キュートな外見をしたW主人公による殺し屋アクションコメディ』で、裏表紙は『強くて可愛いヒットマンコンビ』、オビ謳い文句は『僕と僕のW主人公で描かれる予測不能の殺し屋アクション・コメディ!』などなど。
-

原作:柴田ヨクサル&作画:沢真の漫画「ヒッツ」1巻
原作:柴田ヨクサル氏&作画:沢真氏のコミックス「ヒッツ」1巻【AA】発売
「僕と僕のW主人公で描かれる予測不能の殺し屋アクション・コメディ!」

「カワイイがすぎるよ」
「カワイイがすぎるよ。逆になぜ今まで、君のような美少女がここまで育って…今…僕の目の前にいるのかが謎…ホント不思議」

「暴行強姦殺人魔でしょ」
富田結途(トミタ君)は殺し屋 「暴行強姦殺人魔でしょ」

「今から会う奴を殺せって」
「どんな試験ですか?内容は?」 「“今から会う奴を殺せ”って」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

原作:柴田ヨクサル氏&作画:沢真氏がコミプレで連載されているコミックス「ヒッツ」1巻【AA】が、9日に発売になった。

『ヒッツ』は、コミックナタリーによると『「ブルーストライカー」のタッグが描く、キュートな外見をした“僕と僕”のW主人公による殺し屋アクションコメディ』、『暗殺を生業にしている高校生・富田結途のもとに“昇給試験”として「今から会う奴を殺せ」という指令が下されるところから始まる。すると結途の目の前に現れたのは“もう1人の自分”で……』から始まる、殺し屋として育てられた少年・富田結途(トミタ君)と、同じ名前&同じ姿の富田結途(ユズ)のお話(裏表紙の登場人物)。

今回発売になった「ヒッツ」1巻【AA】には、第1話から第5話を収録し、裏表紙は『強くて可愛いヒットマンコンビ――。その名も“ヒッツ”!』、オビ謳い文句は『相棒はもう一人の僕』、『「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の柴田ヨクサル原作、最新作!』、『僕と僕のW主人公で描かれる予測不能の殺し屋アクション・コメディ!』だった。

「今から会う奴を殺せ」。殺し屋を生業にしている高校生・富田結途に下された謎の指令。ところが目の前に現れたのは、もう一人の自分で…!?僕と僕のW主人公で描かれる予測不能の殺し屋アクション・コメディ!
裏表紙

なお、「ヒッツ」1巻【AA】はコミプレ&ヒーローズ!!公式Twitterでは『殺し屋の高校生・トミタくんに下された謎の指令。それは……“もう一人の自分”を殺すこと!?柴田ヨクサル×沢真が描く予測不能の殺し屋アクション・コメディ!』などをツイートしていて、ミズマさんの感想は『トミタ君可愛すぎて性癖歪む』、ひきこもりたいともさんの感想『おまけ漫画もそうだけど、設定が腐女子ホイホイに思える。そしてその味付けの濃さが最高』などがある。

コミプレ「ヒッツ」掲載ページ / 沢真氏のTwitter

「詳細はないの?ホントにやるの?もっとちゃんと…、え…」 「は!?」
同じ格好の”自分”に出会う

「残った方が合格だ」
「説明できる人?ならまず…何コレ?説明して」

「僕を殺す気なら…」 「「殺すけど」」 コン コンッ

「なんでトミタ君が二人いるんだよ!?」
「“天使ちゃん♥”って呼んでいい?」「いいよ」
「トミタ君は“トミタ君”、新しく現れたトミタ君は“ユズ”と呼ぶ」
「人間の…は…剥製!?」
「剥製にする前に、泣いて喜ぶまで犯してあげるわ♥」
「いただきます♥」「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit