2021年01月10日

水上悟志 最果てのソルテ1巻 「魔法汚染に蝕まれた世界。幸運なソルテの冒険…!」

水上悟志「最果てのソルテ」1巻 水上悟志氏のコミックス「最果てのソルテ」1巻【AA】が9日に発売になり、オビ謳い文句は『幼い頃、旅をした。長い長い旅だった』、『水上悟志流“ハイファンタジー”!』、『時間と空間すら歪める「魔法汚染」に蝕まれた世界。“幸運なソルテ”の冒険が始まる…!』だった。
-

水上悟志の漫画「最果てのソルテ」1巻
水上悟志のコミックス「最果てのソルテ」1巻【AA】発売
「魔法汚染に蝕まれた世界。“幸運なソルテ”の冒険が始まる…!」

「この納屋 取り壊しはんたーい」
「おおい、ソルテ、降りてこい!」 「この納屋 取り壊しはんたーい!」

「やあ…」
「やあ…」 「ぎえええええ!」

「それをやる。魔界で手に入れた」
「それをやる。魔界で手に入れた。それは伝説のサルベイジャー・ルインとその一番弟子のパーティが全滅する原因となったいわくつきの霊宝だ」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

水上悟志氏がMAGCOMIで連載されているコミックス「最果てのソルテ」1巻【AA】が、9日に発売になった。

『最果てのソルテ』は、コミックナタリーによると『時間や空間を歪める“魔法汚染”に蝕まれた世界が舞台。主人公のソルテは魔法汚染の研究をしていた両親を亡くし、村長に育ててもらっている。ある日、ソルテは魔法汚染地帯のため近づいてはならないとされる洞窟の入り口でサリエラという女性と出会う。思わぬ事実が発覚したことでソルテの人生は大きく変わり……。やがて“幸運のソルテ”と呼ばれるようになる少女の冒険を描くハイファンタジー』という作品。

今回発売になった「最果てのソルテ」1巻【AA】には、第1話から第3話を収録し、オビ謳い文句は『幼い頃、旅をした。長い長い旅だった』、『水上悟志流“ハイファンタジー”開幕!』、『時間と空間すら歪める「魔法汚染」に蝕まれた世界。“幸運なソルテ”の冒険が始まる…!』だった。

コミックス「最果てのソルテ」1巻【AA】の感想には、ネットタイガーさん『色んな要素を詰め込み組み合わせまくって、しかしゴチャつかずに「この先どーなんの?」と期待させる物語作りは流石』、やらゐさん『まだ何も分からんけどワクワクするスタートで良いね…水上先生は本当に未来が過去に影響する話が大好きね』、ヒラノユウスケさん『水上先生がファンタジー描くってんだから読まないわけにはいかない。案の定入りは上々。1巻だからまだまだ世界観の紹介、いわゆるひとつの「ごあいさつ」ってやつだが、ただビンビンに漂う期待感』などがある。

なお、作者:水上悟志氏カバー折返しで『旅人よ…お前は旅の目的を覚えているか?一番最初の目的だ。お前が生まれる時に抱いた物だ。なに、忘れてしまっても案ずることはない…それを思い出すのもまた旅なのだ…』と書かれている。

「最果てのソルテ」1巻コミックス情報 / 水上悟志氏のTwitter

「奴隷馬車にそんなに堂々と乗ったやつは初めて見たぜ」

「歪曲現実場だ!いつの間にか魔法汚染地帯に入っちまってる!」

「こんにちはー」 「こんにちはー」 「こっ…これが…魔法汚染…!!」

「来い!アタナトイ!」「ええええ!?」
「このまま流されきって…たまるかぁぁあ!」
「ソルテ!また会えたな!」
「魔法汚染地帯は魔力濃度の薄い方へ向かえば抜けられる!」
「私はかつてお前ら3人と旅をして、時間を巻き戻されたんだ!」
「本物の冒険だよ、誰にも行けない場所へ行く」


【関連記事】
プラネット・ウィズ2巻 「水上悟志TVアニメ化作第2巻!念動装光VS.念力合体!」
水上悟志 プラネット・ウィズ1巻 「記憶喪失少年vs7人の超能力ヒーロー!」
水上悟志短編集 放浪世界 「水上悟志SFの新たなる金字塔"虚無をゆく"を含む5作!」
[画像]:「10歳かあさん」追悼特別寄稿 水上悟志
輪廻転生ファンタジー スピリットサークル3巻 「前世の因果が絡んできて面白い!」
スピリットサークル1巻 「本格的な輪廻転生ファンタジー。予想以上に面白い」
[画像]:ブラコンアンソロジー「Liqueur ―リキュール―」 水上悟志氏「わにあに」
水上悟志のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
マッグガーデン / MAGCOMI / Twitter
「最果てのソルテ」1巻コミックス情報 / 店舗特典
MAGCOMI「異世界でも無難に生きたい症候群」連載ページ / ニコニコ静画
『最果てのソルテ』第1巻発売記念特集
第1巻発売記念 豪華グッズが合計100名様に当たる
水上悟志氏のブログ / Twitter
第1巻。本日発売。水上悟志久々の新作ですよ
新作一巻が発売したというのに、おれは進撃の巨人のクライマックスにもう夢中
水上悟志 - Wikipedia
水上悟志が描くハイファンタジー「最果てのソルテ」1巻、一問一答や過去作も大幅公開

【感想リンク】
水上節が満載のファンタジーで、期待通りの面白さでした
法が残る世界で、主人公は全てを手に入れて、旅に出る
水上悟志流SFハイファンタジー、開幕!
「ごあいさつ」ってやつだが、ただビンビンに漂う期待感
ガール・ミーツ・ディスティニーなファンタジー冒険もの
剣と魔法と妖精のファンタジー「最果てのソルテ」1巻
まだ何も分からんけどワクワクするスタートで良いね
ゴチャつかずに「この先どーなんの?」と期待させる物語作りは流石
ファンタジーロードムービーに水上節がピリリと効いてていいな
鳥肌がとまらんわい。これは、大作の予感
ヒネりが効いて味わいも深い
この意味不明なまでのファンタジー感好きだわ
相変わらず水上悟志の話の牽引力はパワフルだな
やはり通しで読むと理解が捗る
SF路線な作品が多い印象だけど今回のは結構しっかり剣と魔法とファンタジーって感じ
やはりめちゃくちゃ掴みがいいんだよなぁ…
こういう、結末からリプレイするような構成、大好物
やはり物語はとても面白く世界観に引き込まれる
ここ最近の作品の中で一番好み
夢と希望は最果てに。どんな旅になるのか
最果てのソルテ 1巻 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit