2021年02月11日

娘の友達7巻 「異常で正常な僕らの結末。ミドルエイジ・ミーツ・ガール」

萩原あさ美「娘の友達」最終巻 萩原あさ美氏のコミックス「娘の友達」最終7巻【AA】が10日に発売になった。中年サラリーマンと、娘の友達の美少女JKを中心にしたお話で、コミックス情報は『“ミドルエイジ・ミーツ・ガール”ストーリーが、ついに幕を閉じる』、オビ謳い文句は『異常で正常な僕らの結末』になってた。
-

萩原あさ美の漫画「娘の友達」7巻
萩原あさ美氏のコミックス「娘の友達」最終7巻【AA】発売
「異常で正常な僕らの結末」

「…さようなら…晃介さん…」
≪晃介さんの声が聞きたくて…。…さようなら…晃介さん…≫

「…き…如月さんのところに行ってくる」
「お父さん…何…してるの…?どこに行くの…?」
「…き…如月さんのところに行ってくる」

「あの子のこと…好きなんだ…」
「…美也…、…お父さんな…あの子のこと…好きなんだ…」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

萩原あさ美氏がコミックDAYSで連載されていたコミックス「娘の友達」最終7巻【AA】が10日に発売になった。

『娘の友達』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『妻を亡くし、娘と2人で生活を送るサラリーマン・市川晃介を描く物語。家庭では父親として、会社では課長として、理想的な自分を演じながら生きてきた晃介は、裏通りの喫茶店で少女・古都と出会う。不登校の娘・美也の友達である古都と接するうち、晃介は自分が彼女に癒されていることに気付くが…』から始まったお話。

今回発売になった「娘の友達」7巻【AA】には第54話〜最終62話を収録し、販促POPは『累計100万部の衝撃作、堂々完結』で、裏表紙は『そして僕らは、月を盗んだ』、『0か100かではない。白か黒かでもない。異常と正常のグラデーションの中で、僕は何を掴めばいい――』、オビ謳い文句は『異常で正常な僕らの結末』になってた。

「さようなら、晃介さん」そう言い残して、娘の友達・如月古都は姿を消した。追いかけることで、救える人がいる。追いかけることで、傷つける人がいる。苦しんで、苦しんで、苦しみぬいた晃介の決断は…。社会の中で自己を抑圧する現代人へ贈る、“ミドルエイジ・ミーツ・ガール”ストーリーが、ついに幕を閉じる―― コミックス情報

なお、「娘の友達」7巻【AA】の感想には、にっちぇるさん『この物語は、どうあがいても大団円という終わり方は存在しないと思うし、この終わり方が正解なのかも』、ブラスティングだいこんさん『これでいい…これ以上でもこれ以下でもなくてこれでしか終われない…』、N2さん『とてもリアリティのある終わり方。人生は続くし、お日様の下を堂々と歩ける形ではなくても、お月様があるよね』などがある。

「娘の友達」7巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品Twitter

「…」 「間もなく盛岡です」

「何してたの?ひとり?めっちゃかわいいけど地元の子?」 「…」

「何やってんだ…!お前ら…!」

「…だ…大丈夫だった…?…そっか…」
「…その手紙と写真を捨てるために来たんです」
「…キスが…したいです…」
「(あれから5ヶ月…一度も連絡は来ていない)」
「(ちゃんと息が…できていますか…?)」
「いらっしゃいませ」


【関連記事】
美少女JKとサラリーマン 娘の友達6巻 「無償の愛には、代償がある」
アラフォーサラリーマンと美少女JK 娘の友達5巻「神出鬼没すぎる古都ちゃんコワイ」
娘の友達4巻 「報われる未来が見えない恐怖とドキドキ感とても良い」
娘の友達3巻 「後戻りできない。底なし沼に堕ちていく…背徳のラブサスペンス」
女子高生とホテル 娘の友達2巻 「温かく優しく包む彼女から、心と身体が離れられない」
ミドルエイジ・ミーツ・ガール 娘の友達1巻 「甘い蜂蜜のような沼に落ちていく」

バイバイ人類4巻 「"奴ら"化。ぼっち系女子が抗する日常崩壊系パニックホラー」
萩原あさ美オリジナル同人誌 「クラスの地味メガネ娘はハメ撮り強要する隠れ巨乳痴女」
バイバイ人類3巻 「セーラー服に機関銃!!? メンヘラ女子高生が謎の生命体に挑む!」
バイバイ人類2巻 「サバイバル術豊富ぼっち女子高生vs人間に成りすます謎の生命体」
バイバイ人類1巻 テルミットも簡易爆弾も閃光弾も自作できるぼっち系JKがヒロイン
萩原あさ美のニュース - アキバBlog

第二第四火曜日の恋1巻 「美人ウェイトレスx謎の男性客。年の差ラブストーリー」
鈴木有布子 ゴマ塩とぷりん1巻 「出逢ったその日に電撃入籍&同居開始!?」
年の差アンソロジー おじさん編 「おじさんが少女と××したら駄目でしょう?」
三本コヨリ 親友の娘に迫られ困っています1巻 「お嫁さん候補JCのいる日常!」
長蔵ヒロコ 煙と蜜1巻 「大正で軍服で着物で年の差でって、尊みが過ぎる…」

【関連リンク】
講談社 / コミックDAYS / Twitter
「娘の友達」7巻コミックス情報(試し読みあり) / 連載ページ / 作品Twitter
【娘の友達】公式PV - YouTube
【担当とわたし】「娘の友達」萩原あさ美×担当編集
"ミドルエイジ・ミーツ・ガール"ストーリーが、ついに幕を閉じる――
【感謝】2月10日に発売される完結7巻の初版部数までの累計です
萩原あさ美氏のTumblr / Twitter / pixiv / FANBOX
100万部ありがとうございます〜
萩原あさ美氏のスタッフ公式Twitter
娘の友達 - Wikipedia
萩原あさ美 - Wikipedia

炎上騒動も想定内?漫画「娘の友達」は現代社会の闇がてんこ盛り(2020/2)
「娘の友達」萩原あさ美インタビュー(2019/11)
真面目に生きてきたサラリーマンが娘の友達に惹かれていく(1巻発売時)

【感想リンク】
下手に終わりという終わりを描くよりは、この終わり方が正解なのかも
読者に対して責任を果たした結末になったと、自分は思っています
これでいい…これ以上でもこれ以下でもなくてこれでしか終われない…
とてもリアリティのある終わり方
初めから終わりまで終始衝撃作でした。素晴らしい漫画でした
1話を思い出す境遇もGood!
ひっさびさにぶっ刺さる漫画を読ませてもらった
この終わり方が、良いのか悪いのか、それも自分自身で決めろと…
晃介氏と古都嬢、それぞれが自分の家族にあらためて向き合っていたのが大きい
不思議な高揚感と焦燥感のなかで読み進めた
「娘の友達」7巻 感想・レビュー - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit