2021年04月06日

コミカライズ ミミズクと夜の王1巻 「死にたがりやの少女&人間嫌いの魔物」

原作:紅玉いづき&漫画:鈴木ゆう「ミミズクと夜の王」1巻 紅玉いづき氏の小説を、鈴木ゆう氏がコミカライズされている「ミミズクと夜の王」1巻【AA】が5日に発売になった。作品情報によると『絶望の果てからはじまる、崩壊と再生の物語』で、オビ謳い文句は『死にたがりやの少女は、人間嫌いの魔物に請う。「あたしを食べてよ、夜の王様──」』だった。
-

鈴木ゆうがコミカライズ「ミミズクと夜の王」1巻
鈴木ゆう氏がコミカライズされている「ミミズクと夜の王」1巻【AA】発売
「死にたがりやの少女。“あたしを食べてよ、夜の王様”」

少女・ミミズク
少女・ミミズク 「(血の味、ちょっとしょっぱくて、甘い)」

「(お月様)」
「(お月様が、二つ)」

「あたしのこと食べてくれませんかぁ…!?」
「ねーねーきれいなおにぃさぁん、あたしのこと食べてくれませんかぁ…!?」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:リーフレット
メロンブックス秋葉原1号店
特典:リーフレット
アニメイト秋葉原本館
特典:リーフレット

紅玉いづき氏の小説を鈴木ゆう氏がコミカライズされ、LaLaで連載されている「ミミズクと夜の王」1巻【AA】が5日に発売になった。

『ミミズクと夜の王』は、コミックナタリーによると『2007年に電撃文庫から刊行されたファンタジー小説のコミカライズ作品。額に「332」の焼き印を付けられた死にたがりの少女ミミズクは、魔物の住む森の支配者である“夜の王”に「あたしのこと食べてくれませんかぁ…!?」と願う。身を差し出された夜の王は「私は人間を好まぬ」と拒むが、ミミズクは「あたし人間ちがうしー」「あたし家畜だよぉ」と笑顔で鎖のついた手を振り…』で始まるお話。

今回発売になった「ミミズクと夜の王」1巻【AA】第1話〜第4話と、原作:紅玉いづき氏の書き下ろし掌編も収録(目次)し、コミックス情報は『魔物のはびこる夜の森に、死にたがりやの少女が一人』などで、オビ謳い文句は『死にたがりやの少女は、人間嫌いの魔物に請う。「あたしを食べてよ、夜の王様──」』だった。

額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖。自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。「あたしのこと、たべてくれませんかぁ」。死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。絶望の果てからはじまる、崩壊と再生の物語 作品情報

「ミミズクと夜の王」1巻【AA】の感想には、ほたてさん『夜の王に食べられたいミミズクと、人間嫌いの夜の王。2人のやり取りが面白い』、蓮見れんかさん『とてもとても良きでした…。良きでした…。紅玉先生の掌編もすっっごくすっっっっごく良くて』、不淵あきらさん『細かいところまでしっかりコミカライズしてくれててほんと安心した…うれしい…』、つぶあん太郎さん『面白かった。絶対に相容れない2人の物語。切なくて心苦しかった』、きーさん『ミミズクはこんな表情してたんだ、と嬉しくも悲しいような気持ちになりながら読みました。登場人物がみんな愛おしすぎる』などがある。

なお、コミカライズ担当:鈴木ゆう氏カバー折返しで『初めての連載で不安もありましたが、ここまで読んでくださった皆様のおかげで描き続けることができました。この先も一緒にミミズク達の物語を見守っていただけたら嬉しいです』などを書かれている。

「ミミズクと夜の王」1巻コミックス情報 / 作品情報

「去れ。人間。私は人間を好まぬ」

「だいじょうぶだよー。あたし人間ちがうしー。あたし家畜だよぉー。
だから食べて。お願いだよー」

「夜の王、だ。月の瞳を持つこの森の絶対の支配者だ」

「この額の数字はまじないか」 「あー、あーこれー?」
「どうしたら優しくしてもらえんだか、知りたいもの」
「運命が許せば世界が許せば、また会えることもあろう」
「何故に来た」
「最初から、自分の場所なんてないよう…!」
「死をも恐れず、ここに居座ることを望むか」


【関連記事】
奈須きのこ・虚淵玄らのテーブルトークRPG「レッドドラゴン」のサントラ&キャラブック
本職ライターによるTRPGリプレイ本 レッドドラゴン(2) 「虚淵のぶっ飛び方が相変わらず」
TRPGリプレイ本 「レッドドラゴン(1)」 奈須きのこ・虚淵玄・成田良悟らがプレイヤー

末永くよろしくお願いします2巻 「ツンデレ書道家×残念美少女。油断してるとキュン死」
機械じかけのマリー1巻 「ロボットのフリをしたら、溺愛されちゃいました!?」
天乃忍 リバース×リバース2巻 「女装男子×男性恐怖症女子の女子寮ラブコメ」
のおと初単行本 ナイトメアの星屑 「不可思議で美しい夢の世界、奇怪で恐ろしい夢魔」
原始人彼氏2巻 「イケメンの時代はもう終わった!2度目のタイムスリップ!」
LaLaのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
白泉社 / LaLa / Twitter
「ミミズクと夜の王」1巻コミックス情報(試し読みあり) / 特典情報 / 作品情報
伝説の名作がコミカライズ!!
応援店でご購入された方に紅玉いづき先生原案描きおろしリーフレットを配布
巻末には紅玉いづき先生書き下ろし掌編が収録されます!
原作小説の重版出来が決定いたしました!
コミカライズ担当:鈴木ゆう氏のホームページ / Twitter
原作ファンも太鼓判! 『ミミズクと夜の王』1巻
死にたがり少女と夜の王の「ミミズクと夜の王」1巻、書き下ろし掌編収録
「ミミズクと夜の王」マンガ版がLaLaで始動(2020/09)
「ミミズクと夜の王」コミカライズが決定 第13回電撃小説大賞「大賞」(2020/08)

電撃文庫「ミミズクと夜の王」書籍情報
原作:紅玉いづき氏のホームページ / Twitter / note
【ミミズクと夜の王】のお知らせ
AMW|第13回 電撃大賞 入選作品
電撃小説大賞 出身作家インタビュー
ミミズクと夜の王 - Wikipedia
紅玉いづき - Wikipedia

【感想リンク】
夜の王に食べられたいミミズクと、人間嫌いの夜の王。2人のやり取りが面白い
奴隷の子が森の中を行く。魔物に自分を食べてもらうために。

とてもとても良きでした……。良きでした……
細かいところまでしっかりコミカライズしてくれててほんと安心した…
面白かった。絶対に相容れない2人の物語 切なくて心苦しかった
ミミズクはこんな表情してたんだ、と嬉しくも悲しいような気持ちに
感想をまとめようとしたのですが今「愛しい…………」という感情しかなくて
ミミズクかわいい。書き下ろしも素晴らしかったです
原作同様クロちゃんが癒し枠だなぁ
面白い!あと絵が好き
懐かしくって嬉しくって幸せな気持ちになりました......



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit