2021年09月16日

クレバテス―魔獣の王と赤子と屍の勇者―3巻 「魔術を巡る人属たちの争い」

岩原裕二「クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―」3巻 岩原裕二氏のコミックス「クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―」3巻【AA】が、公式発売日の15日を迎えた。コミックス情報は『「至宝」を持つ二人の騎士が激突する!』で、裏表紙は『「魔術」を巡る人属たちの争いの中で、魔獣王クレバテスは一つの疑念に辿り着く──』になってた。
-

岩原裕二の、漫画「クレバテス 」3巻
岩原裕二氏のコミックス「クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―」3巻【AA】
オビはTVアニメ「サクガン」とのコラボ仕様(岩原裕二氏がキャラクター原案を担当)

「王が死んだのも城が落ちたのも、全部勇者のせいだ」
「王が死んだのも城が落ちたのも、全部勇者のせいだ」
「勇者が悪い」 「そうだ、勇者が悪い」 「全部夢見がちな勇者が悪い」

「そいつに触れるな」
「石?」 「そいつに触れるな」

「ボクの名はメイナード・スワン」
「ボクの名はメイナード・スワン。 ドレル将軍率いるボーレート軍の
最高位魔道士(ハイエストウィザード)だよ」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店

岩原裕二氏がLINEマンガで連載されているコミックス「クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―」3巻【AA】が、公式発売日の15日を迎えた。

『クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『岩原裕二が描く、初の本格ハイファンタジー。魔獣王クレバテスは、勇者たちが自分を討伐しにやってきたことに怒りを覚える。人類すべてを滅ぼそうと決意し、街をあっという間に破壊していくクレバテス。すると死ぬ間際の少年から、1人の赤ん坊を託され…』で始まったお話。

今回発売になったコミックス「クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―」3巻【AA】には、第13話「勇者の悪い噂」〜第18話「皇太子妃の憂い」と世界観設定を収録(もくじ)し、オビは岩原裕二氏がキャラクター原案を担当されているTVアニメ「サクガン」とのコラボ仕様で、裏表紙は『「魔術」を巡る人属たちの争いの中で、魔獣王クレバテスは一つの疑念に辿り着く──』になってた。

魔鉱石の精錬秘術「王家の炉」を狙い、ハイデン国内に侵入するボーレート軍。龍殺し・ドレル将軍とエスリン軍師団長ロッド、「至宝」を持つ二人の騎士が激突する!王家の血を狙う最凶の魔道士メイナードは、ルナたちが滞在する村を無数の蟲で襲撃する… コミックス情報

なお、「クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―」3巻【AA】の感想には、んげさん『LINEマンガ連載時の縦読みと単行本の横(通常)読み、どちらもすごい見事なんだよな』、おおなかさん『女勇者アリシアがちょっと勝てないところが可愛いというか良いというか魅力があって面白い』などがある。

「クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―」3巻コミックス情報

「そう簡単にやられはしないさ」

「あの眼帯女剣士、あいつは勇者だ。
13人の勇者の一人、アリシア・グレンフォール」

「さあ、今からボクらと君らで勇者狩りだ」

「汝がドレルだな」
「人の子、魔獣の子、両方をさらう存在がいる」
「我は剣、剣こそ我が命」
「これまで挑んで散った勇者たちのためにも、ないなんて絶対に言わせない」
「二人を…赤ちゃんを絶対に奪われちゃならないよ、この子はこの国の未来」
「至宝、滝割り」


【関連記事】
岩原裕二 クレバテス―魔獣の王と赤子と屍の勇者―2巻 「魔術を巡る戦乱」
クレバテス―魔獣の王と赤子と屍の勇者―1巻 「岩原裕二の本格ハイファンタジー!」

「Dimension W」アニメ化記念ミュージアム開催。漫画の複製原画・アニメ原画など
岩原裕二「ディメンションW」1巻 無尽蔵の次元エネルギー装置が実用化された近未来
DARKER THAN BLACK 漆黒の花「ダーカーシリーズのラストピース、ついに完結!」
「怒涛の展開」 DARKER THAN BLACK 漆黒の花 3巻
瞬殺だったコミックス 「DARKER THAN BLACK -漆黒の花-」1巻 再入荷
岩原裕二のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
日販アイ・ピー・エス / LINEマンガ / Blog / Twitter
「クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―」3巻コミックス情報
LINEマンガ「クレバテス ―魔獣の王と赤子と屍の勇者―」連載ページ
勇者は証明し続ける。その資格と真価を
岩原裕二 - Wikipedia
アニメ「サクガン」公式Twitter:実は帯が「サクガン」とのコラボ仕様に
正解のないマンガ表現の中で"楽しく描く"を追求した「クレバテス」(2021/06)
「いばらの王」岩原裕二が挑む本格ハイファンタジー始動(1巻発売時)

【感想リンク】
連載時の縦読みと単行本の横(通常)読み、どちらもすごい見事なんだよな
女勇者アリシアがちょっと勝てないところが可愛いというか良いというか
読み終わり。めっちゃ面白かった…



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit