2021年09月23日

86-エイティシックス-フラグメンタルネオテニー1巻 「“前日譚”がコミカライズ!」

原作:安里アサト&漫画:シンジョウタクヤ「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」1巻 ラノベ「86」の前日譚、シンジョウタクヤ氏がコミカライズされている、「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」1巻【AA】が22日に発売になった。裏表紙は『彼は何を得て何を失い、死地を歩み続けてきたのか』で、折込チラシは『シンエイ・ノウゼンの凄絶な過去を描いた前日譚!』などになってる。
-

シンジョウタクヤがコミカライズ「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」1巻
「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」1巻【AA】発売
「シンの過去を描く“前日譚”コミカライズ――」

「(強制収容所と戦場に棲息する人型の豚“エイティシックス”)」
「(有人搭乗式無人戦闘機械ジャガーノート。その無人機に乗り込む、
強制収容所と戦場に棲息する人型の豚“エイティシックス”)」

「(私たちは人間ではない。“レギオン”と殺し合う人型の豚)」
「(私たちは人間ではない。処理装置の名目で“無人機”に乗りこみ、
今日も“レギオン”と殺し合う人型の豚。それが私たちエイティシックス)」

「(だが彼は、首のない不吉な骸骨に似ていた)」
「(だが彼は、敵の鮮血を浴び、なくした己が首を探して戦場を這いずり回る
首のない不吉な骸骨に似ていた)」
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

安里アサト氏のライトノベルをシンジョウタクヤ氏がコミカライズされ、月刊コミックアライブで連載中の「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」1巻【AA】(キャラクター原案:しらび氏、原作メカニックデザイン:I-IV氏)が、22日に発売になった。

原作ラノベ『86‐エイティシックス‐』は、第23回電撃小説大賞で大賞を受賞された、AIの代わりに若者たちが戦わされている作品で、TVアニメ第1クールが2021年4月に放送&第2クールが2021年10月から放送開始し、コミカライズ『フラグメンタルネオテニー』は、コミックナタリーによると『主人公、シンエイ・ノウゼンの幼い頃を描いた前日譚。シンはどのように戦地を生き抜き、何を得て何を失ってきたのか。その壮絶な過去が語られる』とのこと。

コミカライズ「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」1巻【AA】には第1話〜第5話を収録し、オビ謳い文句は『待望のTVアニメ第2クール、2021年10月より放送開始!』で、折込チラシは『シンエイ・ノウゼンの凄絶な過去を描いた“前日譚”がコミカライズ!』などになってて、共和国編の過去を描いたラノベEP.10も出たスピンオフ。

サンマグノリア共和国軍東部戦線第一戦区第一防衛戦隊「スピアヘッド」隊長“シンエイ・ノウゼン”。過去に所属してきた部隊が次々全滅するも、戦地を生き延びてきた逸話やその異能がゆえに“死神”の異名をつけられるシン。幼いころから身を投じてきた戦場で、彼は何を得て何を失い、死地を歩み続けてきたのか。凄絶な過去を描く、前日譚 裏表紙

「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」1巻【AA】の感想には、わたーさん『いかにエイティシックスたちの置かれた環境が劣悪なのかをいやでも感じさせる内容で胸糞悪くなるものの面白かった』、nawadeさん表紙にも登場しているアリスは初陣の際の彼を心配し見守りながら戦場での生き方を導いてくれた女性。彼女の呆気ない死に様が戦場の非情さを伝えてくれる』などがある。

なお、原作:安里アサト氏あとがきで『恰好いい美人なお姉さま戦隊長・アリスの活躍と優しさや、露悪的な皮肉屋戦隊長・イスカの悪い顔を全ページに亘って拝見できて、とても嬉しいです!』などを書かれ、漫画:シンジョウタクヤ氏カバー折り返しで『主人公「シン」の幼い頃を描いたコミカライズです。楽しんでいただけたら幸いです』、あとがきでは『まずは無事に1巻が出せたことに安堵しております!最初は不安なことだらけで…スピンオフとはいえ(後に本編10巻の内容になった)、TVアニメ化もされているビッグタイトルのコミカライズが自分に務まるのか。初めての紙媒体、初めてのメカ、初めての小説のコミカライズと、初めて尽くしでした笑』などを書かれている。

「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」1巻コミックス情報

「首の、包帯の下、そこにこう…首輪か鎖みてえに絡みついてる情が見えるから」

「(シンの配属からひと月余り。
およそ新入りらしからぬ働きで、隊の戦力の一人になってくれているのはいいが)」

「私は充分助けてもらった」

「下衆が…」
「うわぁぁぁー!」「クソッ…」「誰か…助け――」
「そうなっちまったアリスは、この基地には帰れない」
「(シンも新たな戦区、スティレット戦隊に配属された)」
「(最も死にやすい役目ばかり。それでも、あのちびだけは帰ってくる)」
「本物のバカなのか、お前。安っぽい正義感にでも酔ってんのかよ」



【関連記事】
86―エイティシックス―Ep.10 「残酷な、そしてあっけない死と破壊の物語の数々」
86 エイティシックスEp.9 「機動打撃群・派遣作戦最終盤!」
86 エイティシックスEp.8 「緻密な戦闘描写から織り成される壮絶な戦い」
86 エイティシックスEp.7 「ひとときの休暇は、新たなる戦いの予感を連れて―」
86 エイティシックスEp.6 「灼熱蠢く山の中で激突する因縁の敵、死線を潜り抜ける戦い」
86―エイティシックス―Ep.5 「新たな地、白い戦場―。極寒の森に潜む敵」
86―エイティシックス―Ep.4 「新たなる力。新たなる仲間。そして――新たなる敵」
86―エイティシックス―Ep.3 「最高過ぎて完全燃焼した。めちゃくちゃ濃密なストーリー」
86―エイティシックス―Ep.2 「1巻を凌ぐほどの仕上がり。緊迫感が更に増して見事」
電撃小説大賞〈大賞〉受賞作 86―エイティシックス― 「帯の煽りに偽りのない傑作」

TVアニメ「86―エイティシックス―」BD2巻 ドラマCD&書き下ろし小説付き
TVアニメ 86―エイティシックス―BD1巻 「人型の豚。死と隣り合わせの最前線」
コミカライズ 86―エイティシックス―3巻 「凄絶SFミリタリーアクション!」
コミカライズ 86エイティシックス2巻 「少女は“涙”と共に。少年は“死”と共に」
コミカライズ 86―エイティシックス―第1巻 「凄絶なるSFミリタリーアクション」
エイティシックスのニュース - アキバBlog

さわらないで小手指くん1巻 「部活JK、揉まれて悶絶!マッサージラブコメ!」
ソーシャル・サバイバル・ラビッツ1巻 「SNS×女子高生×デスゲーム。操作ミス即死亡」
シンジョウタクヤのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
KADOKAWA / 月刊コミックアライブ / 編集部ブログ / Twitter
「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」1巻コミックス情報(試し読みあり)
ComicWalker「86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー」掲載ページ / ニコニコ漫画
新刊特典情報!
漫画:シンジョウタクヤ氏のTwitter / pixiv
86-エイティシックスの主人公シンの前日譚です!よろしくお願いします!
あと5日 / あと4日 / あと3日 / あと2日 / あと1日
「86―エイティシックス―」シンエイ・ノウゼンの壮絶な過去を描いた前日譚1巻

電撃文庫「86―エイティシックス―」特設ページ
TVアニメ「86-エイティシックス-」公式サイト / Twitter
TVアニメ「86-エイティシックス-」第2クール第1弾PV / 第2弾PV - YouTube
原作:安里アサト氏のTwitter
キャラクター原案:しらび氏のブログ / Twitter / pixiv / FANBOX
原作メカニックデザイン:I-IV氏のTwitter / pixiv
86-エイティシックス- - Wikipedia
安里アサト - Wikipedia
しらび - Wikipedia

【感想リンク】
いかにエイティシックスたちの置かれた環境が劣悪なのかをいやでも感じさせる内容
彼女の呆気ない死に様が戦場の非情さを伝えてくれる
86‐エイティシックス‐ フラグメンタルネオテニー 1巻 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit