2021年10月08日

ないしょの予習2巻 「友達の彼女と色々やっちゃう背徳漫画」

森井暁正「ないしょの予習」2巻 森井暁正氏のコミックス「ないしょの予習」2巻【AA】が7日に発売になった。コミックス情報は『親友の彼女である北見さんと秘密の関係を続ける板東。「ないしょの予習」はどんどんエスカレート!』で、森井暁正氏の発売告知では『友達の彼女と色々やっちゃう背徳漫画です』とのこと。
-

森井暁正の漫画「ないしょの予習」2巻
森井暁正氏のコミックス「ないしょの予習」2巻【AA】発売
「加速する背徳の青春♥」

「(そもそも友達の彼女だし)」
「(“好きだよ”。あの言葉が頭の中で何度も再生される。“予習”だって言ってたし、そもそも友達の彼女だし。本心じゃないから気にすることない)」

「予習しようよ」
男子高校生・板東(彼女持ち)&親友の彼女・北見さん
「せっかくだから“二人乗り”の予習しようよ」

「わかんないでしょ?」
「新しい予習、思いついちゃった。
“下着の脱がせ方”でどお?わかんないでしょ?特にブラジャーとか」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

森井暁正氏がコミックヘヴンで連載されているコミックス「ないしょの予習」2巻【AA】が、7日に発売になった。

『ないしょの予習』は、男子高校生・板東(彼女持ち)&親友の彼女・北見さんを中心にし、1巻発売時のコミックナタリーによると『板東には南という彼女がいるものの、「社会人になるまではキスもしたくない」という彼女の要望により毎日悶々とした日々を送っていた。そんなある日、板東は北見から「彼女とするときに失敗しないようにキスの予習をしてみないか」と持ちかけられる』で始まったお話。

今回発売になった「ないしょの予習」2巻【AA】には、プロローグ、第7話〜第11話と、「ないしょの復習3」、「ないしょの逆襲」(目次)も収録し、裏表紙は『エスカレートする親友の彼女との秘密の関係──』、オビ謳い文句は『ホントの彼女としたいこと。=親友の彼女としてること』で、森井暁正氏の発売告知は『友達の彼女と色々やっちゃう背徳漫画です』とのこと。

親友の彼女である北見さんと秘密の関係を続ける板東。北見さんとは「好き」同士ではないと言い聞かせ、「ないしょの予習」はどんどんエスカレート!板東が止められない好奇心と胸に刺さる罪悪感を抱える中、ホントの彼女である南さんとの間にある進展が… コミックス情報

なお、「ないしょの予習」2巻【AA】の感想には、E.M.D.2ndさん『「予習」とはいえ、あんなことまでシちゃってて、これ最後の一線越えるのも、時間の問題な気がするんだけど…』、シワシワなおじいさんさん『途中から「どっちに感情移入すればいいんだ……」と胸が痛くなりつつも、やっぱり北見さんが可愛らしくて好きでした』、飛び過ぎキョウセイさん『二人乗りの感じ方が懐かしくて羨ましく…遠い目に』、吉田直樹さん『外歩きながら読んでて思わず「ウッヒッヒ」て声が出てしまいました』などがある。

「ないしょの予習」2巻コミックス情報 / 森井暁正氏のTwitter

「ぐちょぐちょの下着ってキモチ悪いね。ね、お願い。脱がせて?」

「さわさわしないでよー」 「ホックの位置がわからなくて…」

「あっ」 ピクン

〈南さん、お前の誠実な所が好きなんだってよ〉
「(あれから北見さんと、ろくに話してない)」
「(どのタイミングで言うのがいいのか…)」
「仕方ないなあ。“好き”って言う予習してもいいよ」
「好きなんだ、あなたのことが…」
「(き…気持ちいい…)」


【関連記事】
森井暁正 ないしょの予習1巻 「親友の彼女と始める、ないしょの予習!」
彼女とつーぴー最終2巻 「嬉し恥ずかし青春ドキドキゲーム!初々しいにも程がある」
彼女とつーぴー1巻 「中学生カップルの赤面罰ゲーム。二人プレイ専用ラブコメ!」
いんらんベイベー2巻 「気になる女子の日常を今回も悩ましくエロ妄想♥」
森井暁正 / いんらんベイベー1巻 「気になるあの娘に脳内でアレコレやりまくり!」
森井暁正のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
日本文芸社 / コミックヘヴン / Twitter
「ないしょの予習」2巻コミックス情報(第1話試し読みあり)
ニコニコ漫画「ないしょの予習」掲載ページ
親友の彼女・北見さんと“背徳の関係”が加速・・・青春の衝動は目まぐるしく・・・!
森井暁正氏のTwitter / pixiv
友達の彼女と色々やっちゃう背徳漫画です。書店さんによって特典のイラストカード
親友の彼女と始めてしまった“内緒の予習”を描く、森井暁正の新刊(1巻発売時)

【感想リンク】
「予習」とはいえ、あんなことまでシちゃってて
途中から「どっちに感情移入すればいいんだ……」と胸が痛くなりつつも
二人乗りの感じ方が懐かしくて羨ましく…遠い目に
外歩きながら読んでて思わず「ウッヒッヒ」て声が出てしまいました



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit