2021年11月28日

コミカライズ ハズレスキル“ガチャ”で追放された俺は、わがまま幼馴染を絶縁し覚醒する2巻 「神スキル&仲間との絆で、因縁に決着をつける!」

原作:木嶋隆太 漫画:ヱシカ/ショーゴ「ハズレスキルガチャで追放された俺は、わがまま幼馴染を絶縁し覚醒する」2巻 木嶋隆太氏の小説をヱシカ/ショーゴ氏がコミカライズされている「ハズレスキル“ガチャ”で追放された俺は、わがまま幼馴染を絶縁し覚醒する」2巻【AA】が、アキバでは27日に発売になり、オビ謳い文句は『忍び寄る兄の影…神スキル&仲間との絆で、因縁に決着をつける!』になってた。
-


「はたしてガチャは…ッ!?キタキタキタキターッ!」
「朝ッ!つまり…5月ッ!はたしてガチャは…ッ!?キタキタキタキターッ!」

「11連なら虹確定だし、まずはお試しってことで…」
「手持ちは1万ポイント、22回分は回せるな。
11連なら虹確定だし、まずはお試しってことで…」

「おおおッやった!ピックアップの虹スキルが全部出た!」
「おおおッやった!ピックアップの虹スキルが全部出た!
この“魔物使役”で魔物を仲間にできるみたいだ」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
ゲーマーズ本店

木嶋隆太氏の小説をヱシカ/ショーゴ氏がコミカライズされ、マンガがうがうで連載中(がうがうモンスターにも掲載)の「ハズレスキル“ガチャ”で追放された俺は、わがまま幼馴染を絶縁し覚醒する 〜万能チートスキルをゲットして、目指せ楽々最強スローライフ!〜」2巻【AA】が、アキバでは27日に発売になった(公式発売日は30日)。

『ハズレスキル“ガチャ”で追放された俺は、わがまま幼馴染を絶縁し覚醒する』は、木嶋隆太氏がWEB小説サイト「小説家になろう」に投稿され、Mノベルスから商業書籍化(イラスト:卵の黄身氏)もされている小説のコミカライズで、スキルを獲得できるレアスキル“ガチャ”を手にした公爵家の五男・クレストを主人公にしたお話。

今回発売になったコミカライズ「ハズレスキル“ガチャ”で追放された俺は〜」2巻【AA】には第6話〜第10話を収録し、裏表紙は『「ハズレスキル」が実はチート級!?成り上がり系異世界ファンタジー第2巻!』で、オビ謳い文句は『下界に忍び寄る兄の影…神スキル&仲間との絆で、因縁に決着をつける!』になってた。

なお、コミックス情報は『家を追放され下界への暮らしを余儀なくされたクレストだったが、レアスキル「ガチャ」で様々な能力を身につけ、上界とは真逆のスローライフを堪能していた。そして追放から約一か月、新ガチャで引き当てた「魔物使役スキル」でついに仲間を手に入れ順風満帆!…かと思いきや、彼の元に二番目の兄・アリブレットが現れて…』などになってる。

「ハズレスキル“ガチャ”で追放された俺〜」2巻コミックス情報

「ゴブ?」 「や…ッ、やったァ!てっきり死んだかと思ったぞ…」

「な…ッ、進化した…!?」 「ゴブ!」

「ゴブリア、ルフナ、俺たち3人は今日からこの下界でともに生きていく、
かけがえのない仲間だ」

「(ハバースト家次男アリブレット、どうしてここに)」
「兄さんに…殴られるから…」「ヒャハハハハッ」
「(やれる、勝てる、スキルを、念じろ)」
「なにィ〜ッ!?」
「アリブレット・ハバースト、お前は俺の“敵”だ!」
「(…もしかして俺もヤバかったのか?)」


【関連記事】
コミカライズ ハズレスキル"ガチャ"で追放された俺は、わがまま幼馴染を絶縁し覚醒する1巻 「目指せ快適スローライフ!」

不遇職"鍛冶師"だけど最強です3巻 「"万物創造"の高速成り上がりファンタジー!」
コミカライズ 不遇職テイマーは最弱スキル正拳突きで無双する1巻 「友を蘇らせたい少年は"最強"を目指す!」
コミカライズ 不遇職"鍛冶師"だけど最強です1巻 「チート神器で最高の人生を!」
コミカライズ 最強タンクの迷宮攻略1巻 「歴代最強体力の盾役、最強スキル大逆転!」
木嶋隆太のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
双葉社 / がうがうモンスター / マンガがうがう / ブログ / Twitter
「ハズレスキル"ガチャ"で追放された俺〜」2巻コミックス情報
がうがうモンスター「ハズレスキル"ガチャ"で追放された俺〜」掲載ページ / ニコニコ静画
漫画:ヱシカ/ショーゴ氏のTwitter / pixiv / pixivFANBOX / Skeb
ガチャでスキルを手に入れながらスローライフ目指す物語(1巻発売時)

原作小説「ハズレスキル"ガチャ"で追放された俺〜」書籍情報
小説家になろう版「ハズレスキル"ガチャ"で追放された俺〜」 / カクヨム版
原作:木嶋隆太氏のTwitter / 「小説家になろう」マイページ / カクヨム
キャラクター原案:卵の黄身氏のホームページ / Twitter / pixiv / pixivFANBOX



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit