2022年01月08日

コミカライズ アラフォー冒険者、伝説となる2 「娘に強化されたパパ、能力盛られ過ぎ!」

原作:延野正行&漫画:タッ公「アラフォー冒険者、伝説となる」2巻 延野正行氏の小説をタッ公氏がコミカライズされている「アラフォー冒険者、伝説となる」2巻【AA】がアキバでは7日に発売になった。オビ謳い文句は『最強パパ、竜を討ち更なる高みへ』などで、裏表紙は『父と娘の最強タッグ!伝説へと駆け上がる第2巻!』、『娘に強化されたパパ、能力盛られ過ぎ!』だった。
-

タッ公がコミカライズ「アラフォー冒険者、伝説となる」2巻
コミカライズ「アラフォー冒険者、伝説となる」2巻【AA】発売
「最強パパ、竜を討ち更なる高みへ」

「女の人に騙されたりしていないかしら」
大勇者エミリア「変な女の人に騙されたりしていないかしら」

「こんなことが出来るのは1人しかいない」
エミリアを育てたおっさん・ヴォルフ
「(最近の戦いにおける異常なまでの膂力、こんなことが出来るのは1人しかいない)」

「母竜の炎息を…跳ね返した」
「母竜の炎息を…跳ね返した」 「すげえ…」 「…ッ」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
アニメイト秋葉原本館
特典:ペーパー

延野正行氏の小説をタッ公氏がコミカライズされ、COMICアークで連載されている「アラフォー冒険者、伝説となる〜SSランクの娘に強化されたらSSSランクになりました〜」2巻【AA】(キャラクター原案:ox氏)が、アキバでは7日に発売になった(公式発売日は12日)。

コミカライズ『アラフォー冒険者、伝説となる』は、第1巻発売時のコミックナタリーによると『少年時代から冒険者として活動していたものの、才能に限界を感じて引退を決めたヴォルフは、あるとき謎の女性から女の子の赤ちゃん・レミニアを託される。その後パパ大好きっ子としてすくすく成長したレミリアは、“【大勇者】”の称号を得て王宮に仕えることに。ヴォルフと離れて暮らすことを心配したレミニアは、彼にこっそりと身体強化魔法をかけており……。娘の魔法によって知らず知らずのうちに強化されていた元冒険者の成り上がりが描かれる』という作品。

今回発売になったコミカライズ「アラフォー冒険者、伝説となる」2巻【AA】には第7話から第12話を収録し、オビ謳い文句は『最強パパ、竜を討ち更なる高みへ』、『おっさん成り上がり冒険ファンタジー』、裏表紙は『父と娘の最強タッグ!伝説へと駆け上がる第2巻!』、『パパだけじゃない!娘も最強無双!』、『お姫様とのイチャイチャも♥』、『おっさん無敵、おっさんモテ期』、『娘に強化されたパパ、能力盛られ過ぎ!』だった。

さらわれたアンリ姫を助けるため、単身、母竜と相対するヴォルフ。剣は折れ、腕は落ち、満身創痍の大ピンチにヴォルフの秘められた能力が発現する――!一方、娘のレミニアは、災害級魔獣グランドドラゴンと激闘!国家存亡の危機に【大勇者】が見える秘策とは…!? 裏表紙

なお、原作:延野正行氏はコミカライズ「アラフォー冒険者、伝説となる」2巻【AA】のカバー折返しで『「祝!1巻重版決定!」と聞いた時は、マジで泣きました!作画を担当していただいているタッ公先生、COMICアーク編集部のみなさま、そして買っていただいた読者の皆様、本当にありがとうございます。2巻です。こちらもよろしくお願いします』、後書きは『前巻はいよいよヴォルフの能力が発揮されるという時に終わりとなりましたが、今巻は竜に盗賊に大暴れでしたね。どんどんと強くなっていくアラフォー冒険者ヴォルフの活躍を今後とも是非お楽しみ下さい』などを書かれている

また、漫画:タッ公氏カバー折返しでは『相変わらずのパパラブっぷりを見せてくれるレミニアや、ちょっとおバカで可愛いアンリとそれに振り回される部下たち(笑)等々、描いていて楽しいキャラばかりであっという間の2巻でした。皆さまにとってフフッとなるシーンがあれば幸いです』、後書き漫画で『タイミング悪く、お風呂だったり爆睡してたりで、最近ことごとく担当さんからの電話に出れてないタッ公です。電話といえばレミニアは毎日父の脳に直接ラブコールを送っていそうですね』などを描かれている。

COMICメテオ単行本情報 / タッ公氏のTwitter / 延野正行氏のTwitter

「(油断した…!たった一瞬の判断ミスで腕を持っていかれた…これがAクラスか!
娘との約束のため…まだ死ぬわけにはいかないんだ!)」

シュゥゥ 「腕が再生していく…」 「あの人は不死身ですか!?」

「これで最後だ」 ドゴォ

「そんなに見つめられると…恥ずかしいです」
「せっかくの申し出ですが…お断りします」
「アンリ様!?」
娘の大勇者レミリア
「そんな暇もないと思うわ」
「磔にしてあげるわ」
【天縛・剣の陣(クロノスジェイル)】




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit