2022年01月09日

売国機関6巻 「火種が燻る東部停戦地帯。戦争を防ぐための戦争の幕が上がる!?」

「売国機関」6巻 原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏のコミックス「売国機関」6巻【AA】が8日に発売になった。くらげバンチ公式Twitterの告知ツイートは『ついに王国軍とオペラ座が軍事衝突!?』などで、裏表紙は『火種が燻る東部停戦地帯。戦争を防ぐための戦争の幕が上がる――!?』になってた。
-

原作:カルロ・ゼン&漫画:品佳直の「売国機関」6巻
原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏のコミックス「売国機関」6巻【AA】発売
「さぁやるぞ、仕事の時間だ」

「制服を着た軍人が選挙へ口出しかね?」
「制服を着た軍人が選挙へ口出しかね?」
「選挙へ“介入”することは許されません。ですが干渉の排除は国防の一環かと」

「アダム・フランソワ少佐です」
「アダム・フランソワ少佐です。
公式には参謀本部予備軍集団第七二歩兵連隊予備役第二大隊の大隊長を」

「共和国領内のパトロール部隊が狙撃される事件が複数発生したそうです」
「陸軍省の友人によれば、長距離偵察部隊が予定にない“演習”に出立後、
共和国領内のパトロール部隊が狙撃される事件が複数発生したそうです」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏がくらげバンチで連載されているコミックス「売国機関」6巻【AA】が8日に発売になった。

『売国機関』は、1巻コミックス情報が『チュファルテク合同共和国――。戦争が終わった国家を舞台に、ヨランダ・ロフスキ少佐率いる特務機関「オペラ座」の暗闘が始まる。その任務は、すべての脅威から“勝ち取っった平和”を死守すること――』で始まった、軍務省法務局 公衆衛生課独立大隊、通称「オペラ座」隊長のヨランダ少佐を中心にしたお話(6巻巻頭の登場人物紹介&あらすじ)。

今回発売になった「売国機関」6巻【AA】には第31話〜第37話と第37.5話を収録(もくじ)し、くらげバンチ公式Twitterの告知ツイートは『ついに王国軍とオペラ座が軍事衝突!?共和国の命運は――…』などで、オビ謳い文句は『さぁやるぞ、仕事の時間だ。「幼女戦記」のカルロ・ゼン愛国を問う!』、裏表紙は『火種が燻る東部停戦地帯。戦争を防ぐための戦争の幕が上がる――!?』などだった。

東部国境地帯での、王国軍増派の動きを掴んだ共和国情報部。王国に対処するため、軍は参謀本部とオペラ座による“合同部隊”を東部に派遣することに――。これは血と鉄で刻む、“戦後を焼き固める物語”
コミックス情報

なお、コミックス「売国機関」6巻【AA】の感想には、れおれおさん『3か国同士で事件を断片的にしか分かって無いので、その点を利用し合い利益を奪い合う戦いをしてて、状況を操ったりギャップを利用しての面白さを伝えるの本当に上手いなあと感服』、ベンガさん『めちゃめちゃに面白くなってきた。王国にも理性で判断する責任者が赴任し、いよいよニャルラトホテプの技が冴える』、モアイさん『認識を正しく合わせること大事、とても大事』などがある。

「売国機関」6巻コミックス情報 / 書店特典一覧

「王国と現場判断で交戦する?ありえんぞ?」
「国軍の国防というのは自国民に銃を向けるという意味でしたでしょうか?」

「国軍士官として国民を敵にすると!?バカな!?」

「公強権を行使する理由を公式には公表できない状況でだ。
敵特殊部隊をこっそり掃討するために共和国市民をこっそり抑圧します…?」

「本当に連中が少数派なら取り押さえようと警備が増強されているはず」
「(そうか“次”は火薬庫の上で火遊びか!)」
「ここだけの戦争を始めましょう」
「ご命令は墨守しましたが」
「国境“内”と制限されない以上、進出する“義務”があったと解しておりました」
「刺激などしておりません。爆破いたしました」


【関連記事】
売国機関5巻 「共和国経済植民地計画。金本位制復帰は連邦による"罠"です!」
カルロ・ゼン原作 売国機関4巻 「くたばれ――私の未来のために」
売国機関3巻 「カルロ・ゼン、愛国を問う!再び"喜劇"の幕が上がる」
カルロ・ゼン原作 売国機関2巻 「混沌の街に陰謀の焔。血と鉄で刻む戦後」
カルロ・ゼン&品佳直 売国機関1巻 「喜べ豚共!これが戦争だ!」

劇場版 幼女戦記BD 「本当に最の高の高だった!劇場での衝撃と興奮が蘇りました」
カルロ・ゼン原作 テロール教授の怪しい授業1巻 「あなたたちはテロリスト予備軍です」
幼女戦記スピンオフ 幼女戦記食堂1巻 「ターニャと軍人たちの帝国グルメ譚♥」
アニメ幼女戦記1巻発売 「異世界に幼女転生。デグさんの悪い顔見ると癒やされます」
幼女戦記コミカライズ1巻 「冷徹リーマンの転生先は"異世界"最前線。その身は幼女」
戦争モノ小説 幼女戦記1 「サラリーマンが幼女になって大暴れ!」
カルロ・ゼンのニュース - アキバBlog

SMOKE&WATER〜マルキ・ド・サドの孫娘〜2巻 「サディストたちの極限バトル!」
SMOKE&WATER~マルキ・ド・サドの孫娘~1巻 「サディスト集結の殺し合いパーティー!」
品佳直のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
新潮社 / くらげバンチ / 編集部ブログ / Twitter
「売国機関」6巻コミックス情報 / 書店特典一覧
くらげバンチ「売国機関」連載ページ / ニコニコ静画掲載ページ
ついに王国軍とオペラ座が軍事衝突!?
原作:カルロ・ゼン氏のブログ / Twitter
売るよー、売るよー、売国機関を売るよー!
漫画:品佳直氏のTumblr / Twitter / pixiv
今回はフランソワ少佐が表紙デビュー★で渋めになっております
売国機関 - Wikipedia
カルロ・ゼン - Wikipedia
品佳直 - Wikipedia
【今日の書店員注目新刊】売国機関 第6巻

【感想リンク】
状況を操ったりギャップを利用しての面白さを伝えるの本当に上手いなあと感服
いよいよニャルラトホテプの技が冴える
認識を正しく合わせること大事、とても大事
相変わらず政治パート?は難しい。外交官の人ガンバレ



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit