2022年03月19日

カラミざかり ボクのほんとと君の嘘4巻 「君の“初めて”はネトラレました」

原作:桂あいり&漫画:御池慧「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」4巻 桂あいり氏の「カラミざかり」をリメイク商業化した、御池慧氏のコミックス「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」4巻【AA】が18日に発売になった。裏表紙は『“初めて”の夜、多感なボクらは“一線”を踏み越える!?』で、オビ謳い文句は『君の“初めて”はネトラレました』になってた。
-

桂あいり&御池慧の漫画「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」4巻
コミックス「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」4巻【AA】発売
「君の“初めて”はネトラレました」

「きれーっ」
「わーっ!きれーっ」

「そういう?」
「そういうホテル?」

「俺…茜谷さんのこと…?」
「もしかして俺…茜谷さんのこと…?」
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

桂あいり氏の同人作品「カラミざかり」のリメイク商業化で、漫画:御池慧氏がヤンマガWebで連載されているコミックス「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」4巻【AA】が、18日に発売になった。

『カラミざかり ボクのほんとと君の嘘』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『桂が手がけた成人向けマンガ「カラミざかり」を青春マンガとしてリメイクした作品。男子高校生の主人公・高成は、クラスメイトの飯田に密かに思いを寄せている。ある日、高成は貴史の持っている性玩具の話で盛り上がり、彼の部屋に行くことになるが、そこに飯田と彼女の友人・新山もやってきて…』で始まったお話。

今回発売になったコミックス「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」4巻【AA】には第20話〜第25話を収録し、裏表紙は『“初めて”の夜、多感なボクらは“一線”を踏み越える――!?』で、オビ謳い文句は『君の“初めて”はネトラレました』になってた。

予備校で飯田似の茜谷優里と出会った高成は、誘われるままに他の同級生らと4人で勉強することに。すると“あの日”みたいに青い欲望が交錯しはじめてしまう。高成はその場から茜谷を連れ出し、それを機に2人は急激に距離を縮めていく。一緒に行った音楽ライブ後、終電を逃した2人はホテルに泊まることになるのだった── コミックス情報

なお、「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」4巻【AA】のあとがきで、原作:桂あいり氏は『いろいろカラまりあっちゃってますね…。目をそらせばそらすほど気になっちゃって、ほどこうと思えば思うほど複雑になっちゃって、悩んだり傷ついたり傷つけたり…思えば自分もそうだったな…それが青春の醍醐味なのかもしれません』などを、漫画:御池慧氏あとがきでは『自分がリメイクする中で描きたかったことをようやく少しずつできてきた感じがして楽しくもあり、ドキドキもしてます。〜この先もワクワク、ドキドキ、ズキズキできる展開を色々考えているので、引き続き楽しんで頂けたら嬉しいです』などを書かれている。

「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」4巻コミックス情報 / 連載ページ

「ちょっと!暴力とか絶対嫌だからね!?」
「何…?庇うの?こいつのち◯ぽ、そんな気持ちよかったのかよ?」

「俺のこと、ほんとに好きなら…してみろよ!今!ここで」

「うっ…うっ…ひぐっ…う゛う゛っ」

「花火が燃え尽きる前に一瞬大きくなるアレみたいな」
「なんか…夏っぽいとこ…」「…いいね!」
「里帆ちゃんにしか声かけてないからね」
「あー気持ちー」ギッギッ
「今ごろヤリまくってるんじゃない?」
「なんでもないよ。なんでもない…」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit