2022年06月23日

テロール教授の怪しい授業4巻 「対テロ・カルト特別授業、ついに最終講義!」

原作:カルロ・ゼン&漫画:石田点「テロール教授の怪しい授業」4巻 原作:カルロ・ゼン氏&漫画:石田点氏のコミックス「テロール教授の怪しい授業」最終4巻【AA】が22日に発売になった。コミックス情報は『楽しく学ぶテロとカルト、九州遠征編』で、オビ謳い文句は『愉しく怪しい対テロ・カルト特別授業、ついに最終講義(クライマックス)!』になってた。
-

テロール教授の怪しい授業4巻
コミックス「テロール教授の怪しい授業」最終4巻【AA】発売
「愉しく怪しい対テロ・カルト特別授業、ついに最終講義(クライマックス)!」

「さあさあ好きなだけ食べてくださーい!」
テロール教授 「さあさあ好きなだけ食べてくださーい!
アメリカのイノベーションは常にドーナッツと共にある!」

「い…一番成功したテロリスト集団の育成にもっとも貢献した国とは」
「い…一番成功したテロリスト集団の育成にもっとも貢献した国とは
さー どーこーだー 」

「刑務所でーす!米軍がイラクで運営していました!」
「刑務所でーす!米軍がイラクで運営していました!
もちろんテロ戦争の一環としてですが」
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

原作:カルロ・ゼン氏&漫画:石田点氏がDモーニングで連載されていたコミックス「テロール教授の怪しい授業」最終4巻【AA】が、22日に発売になった。

『テロール教授の怪しい授業』は、作品情報によると『泣く子も黙るローレンツ・ゼミには、今年もそうとは知らない学生たちが集まっている。「あなたたちはテロリスト予備軍です」。予想だにしない一言に愕然とする生徒たち。脱落=テロリスト認定。恐ろしすぎる授業が始まる――。そもそもテロリズムとは何か?日常に潜むテロの根っことは?今までメディアで語られてきたテロ論は全部ウソ。テロ教授が教える、知るのは怖い、知らないのはもっと怖い「テロとカルト」の真実』という、大学教授:ティム・ローレンツ(テロール教授)と、彼のゼミ生達のお話(4巻巻頭あらすじ人物紹介)。

今回発売になった「テロール教授の怪しい授業」4巻【AA】には第18話〜最終23話とコラム「対テロ戦争の20年」を収録(もくじ)し、裏表紙は『自分は大丈夫だと思えるあなたへ警鐘を鳴らす特別講義、ついに最終章「修学旅行編」開幕――!』で、オビ謳い文句は『愉しく怪しい対テロ・カルト特別授業、ついに最終講義(クライマックス)!テロリスト≒「あなた」と同じ“普通”の人!テロを理解すれば、人間の「弱さ」も「強さ」も見えてくる』になってた。

泣く子も黙るローレンツ・ゼミには、今年もそうとは知らない学生たちが集まっている。夏も真っ盛り、キャンパスをはなれて教授とゼミ生たちは京都・長崎へゼミ合宿!
「九州で最も有名なあの英雄、彼はテロリストだったかもしれないんですよ?」――“テロリスト”と“英雄”は紙一重!?テロリストか英雄か、その分かれ目とは!?楽しく学ぶテロとカルト、九州遠征編です
コミックス情報

「テロール教授の怪しい授業」4巻【AA】の感想には、あずきちさん『いいとこでいい終わりなんだけどもっと教授の授業を見ていたかったな』、二之葉さん『毎巻考えるキッカケをくれるマンガでした』、小判さん『途中で信用と裏切りを繰り返すバランスが絶妙だったなあ。考えることが好きな人と、考えることが苦手な人にオススメの作品』などがある。

なお、漫画:石田点氏あとがきで『お話頂いた当初からとても楽しく描かせて頂きました!コンセプトは「お勉強のできるギャグ漫画!」でした!』、原作:カルロ・ゼン氏は同じくあとがきで『最終巻では最終巻らしく総決算という形にしてみました。このシリーズは、皆様にお楽しみいただけたでしょうか』などを書かれている。

「テロール教授の怪しい授業」4巻コミックス情報

「“テロリストとしてやっていくために必要な技術”“イデオロギーを習得しうる空間”で“明確な敵”が存在していて、しかも!ごはんの心配がいらないのです…!」

「テロリストやシンパ――あんな連中には当然の報いだというスタンスは、
もちろん復讐心を満足させることはできるが結果的に高くつきうる」

「まぁ理屈ばかり聞かされても楽しくないですよねえ」 「賛成でーす!」
「なので!ゼミ合宿をやりまーす!」

「賞を取りましたって…就活の時PRできますよ…?」
「暴力行使をためらわない人々が最も脱過激化する可能性が高い方法」
「“過激な危ない奴”というレッテルは、忘れ去られていますよね?」
「人は間違える。そして間違えを認めるのが“死ぬほど苦手”な悪癖まであります」
「し、失礼しました。“テロリスト坂本龍馬というコンテンツ形成と新領域開拓”!」
「ヒントはハンマーだけに頼らない!ハンマーはハンマーにすぎないのでーす!」


【関連記事】
テロール教授の怪しい授業3巻 「ネトウヨ親の裁判沙汰、マルチ勧誘の甘言」
テロール教授の怪しい授業2巻 「"普通の"大学生が、テロを"正しく"成功させる方法」
カルロ・ゼン原作 テロール教授の怪しい授業1巻 「あなたたちはテロリスト予備軍です」

カルロ・ゼン&品佳直 売国機関1巻 「喜べ豚共!これが戦争だ!」
幼女戦記スピンオフ 幼女戦記食堂1巻 「ターニャと軍人たちの帝国グルメ譚♥」
アニメ幼女戦記1巻発売 「異世界に幼女転生。デグさんの悪い顔見ると癒やされます」
アニメ「幼女戦記」戦況報告新聞No.2 原作1巻は再入荷したものの品薄め
幼女戦記コミカライズ1巻 「冷徹リーマンの転生先は"異世界"最前線。その身は幼女」
戦争モノ小説 幼女戦記1 「サラリーマンが幼女になって大暴れ!」
カルロ・ゼンのニュース - アキバBlog

浅村壮平×石田点 ゾミア1巻 「13世紀のアジアをめぐる、歴史大河スペクタクル」
石田点のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
講談社 / Dモーニング / モーニングTwitter
「テロール教授の怪しい授業」4巻コミックス情報
「テロール教授の怪しい授業」作品情報 / Twitter
コミックDAYS「テロール教授の怪しい授業」掲載ページ
今こそしっかり学んでほしい、テロとカルト――総まとめの最終巻!
原作:カルロ・ゼン氏のブログ / Twitter
楽しんでいただければ
テロール教授、無事に完結出来て本当によかった
漫画:石田点氏のTwitter
テロール教授という作品は、本当に自由に描かせて頂きました
カルロ・ゼン - Wikipedia
【今日の書店員注目新刊】テロール教授の怪しい授業 第4巻,他、発売

【感想リンク】
いいとこでいい終わりなんだけどもっと教授の授業を見ていたかったな
毎巻考えるキッカケをくれるマンガでした
途中で信用と裏切りを繰り返すバランスが絶妙だったなあ
ラストまでおもしろかった
ティムの演説が素晴らしい
今回のテーマは「間違いを指摘する・認める方法」に関して。勉強になります
時代を待ち受けるかのように始まった漫画だったなあ



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit