2022年08月03日

いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら、実は俺のことが大好きだったようだ。 「“絶縁”からはじまるラブコメ」

著:歩く魚&イラスト:いがやん「いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら、実は俺のことが大好きだったようだ。」 講談社ラノベ文庫8月新刊、著:歩く魚氏&イラスト:いがやん氏のライトノベル「いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら、実は俺のことが大好きだったようだ。」【AA】が2日の公式発売日を迎えた。折込チラシは『新時代の“ざまあ”系ラブコメ』で、オビは『“絶縁”からはじまるラブコメ』になってた。
-

講談社ラノベ文庫「いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら、実は俺のことが大好きだったようだ。」

「ごめん、別れたい」
優しい性格の男子高校生・宮本優太と、モデルとして活躍する幼馴染・浅川由美
「ごめん、別れたい」 「…え?」

「優太君、大好き」
優太の推しのメイドカフェ店員・音羽瑠璃
「優太君、大好き。大好き、大好き、大好き」

登場人物たち
人懐っこい性格の後輩・黒咲茜(中左)
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
特典:リーフレット
アニメイト秋葉原本館
特典:電子特典

講談社ラノベ文庫8月新刊、著:歩く魚氏&イラスト:いがやん氏のライトノベル「いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら、実は俺のことが大好きだったようだ。」【AA】が、2日の公式発売日を迎えた。

「いつも馬鹿にしてくる美少女たち〜」【AA】は、歩く魚氏がWEB小説サイト「小説家になろう」で発表されている作品「いつも馬鹿にしてくるモデルの元カノも後輩も推しのメイドも全部絶縁して好き放題生きる事にしたら、何故かみんな俺のことが好きだったようだ。」()の商業書籍化で、少年マガジンエッジでのコミカライズ連載(漫画:乃々木じぐ氏)も決定していて、折込チラシは『「小説家になろう」で人気の新時代の“ざまあ”系ラブコメ、開幕!』、オビ謳い文句は『“絶縁”からはじまるラブコメ』だった。

高校1年生の冬、「人に優しく」を心がける宮本優太は、恋人の浅川由美に別れを告げられた。モデルとして活躍するユミは、幼馴染みの優太より若手俳優を選んだのだ。
そして現在。失恋の傷も癒えない中で、良好な関係を築いていたはずの後輩の黒咲茜からは「そんなのだから彼女ができない」と、度々通うメイドカフェの推し・ルリちゃんからは「奴隷みたい」と罵倒される日々。いつも優しくするから舐められ馬鹿にされる――。自分に嫌気がさした優太は元恋人、後輩、推しに対して絶縁を宣言するが、散々馬鹿にしてきた彼女たちの反応は予想と違って!? 裏表紙

「いつも馬鹿にしてくる美少女たち〜」【AA】の感想には、読樹庵さん『マイナスから始め、ゼロに至って、また始める。そんなどこか切なく、けれど優しさのあるラブコメが展開されている』、貴志貴志の感想所さん『ちゃんと言葉にする大切さ。照れてはしまうけども、好きな人への好意を伝えることの重要性がここにはありました』、りのんさん『良い意味で展開がシンプルで分かりやすく、ヒロインの女の子たちも可愛いので、安心して楽しく読めました』、オセロさん『3人が優太とすれ違った理由は予想通りでしたが、それぞれが自分と向き合ってのラストはなかなか良いものだった』、ぽなぎさん『舐められないようにと容姿から一新して、変わらず罵倒してくるやつらにビシッと言い返す様は気持ち良かったわ〜』などがある。

なお、著者:歩く魚氏あとがきで『「小説家になろう」での連載版よりお読みいただいている方、書籍版からの方、どちらの方にも楽しんでいただければ幸いです。初めて物語として文章を書いてから約一年。このあとがきに至るまで、数多くの経験をさせていただきました』などを、イラスト:いがやん氏カバー折り返しで『少しでも皆さんの心に残るイラストになれば嬉しいです』などを書かれている。

「いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら、実は俺のことが〜」書籍情報

「そんなんじゃ彼女どころか友達もできませんよ?」
「何がそんなに気に障ったのか教えて!謝るから!」
「ただ、私はユウに――」
「先輩、前に言ってたボス倒せました?」
「あ、優太君!ルリだよ!」
「自分の席に着いてから今まで、宮本優太を見ていた」


【関連記事】
イラスト展 スクールライフω 「豪華イラストレーター陣、制服少女の珠玉の"おっぱい"」
いがやんのニュース - アキバBlog

講談社ラノベ文庫 俺のクラスに若返った元嫁がいる 「別れた妻ともう一度、恋に落ちる」
初恋のお姉さんを今度養うことになりまして 「油断しまくったゆるゆるお姉さんの魅力」
最強魔術師の弟子は冒険者ギルドの始祖となる 「仕組み作りファンタジー!」
英雄と魔女の転生ラブコメ 「異世界から転生した世話焼き英雄とポンコツ魔女」
講談社ラノベ文庫 序列一位の最弱能力 「彼らは抱えている。能力と、欠落とを」
講談社ラノベ文庫のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
講談社 / 講談社ラノベ文庫 / ブログ / Twitter
「いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら〜」書籍情報(試し読みあり)
特典情報をまとめました!
著者:歩く魚氏の「小説家になろう」マイページ
小説家になろう「いつも馬鹿にしてくるモデルの元カノ〜」掲載ページ
イラスト:いがやん氏のホームページ / Twitter / pixiv / FANBOX / Skeb
キャラ原案、イラストを担当させていただいたライトノベルが本日発売します
人生初ラノベ担当嬉し!コミカライズも楽しみ

コミカライズ担当:乃々木じぐ氏のTwitter / pixiv / Skeb
コミカライズ担当させて頂くことになりました。マガジンエッジ11月号より開始予定です

【感想リンク】
どこか切なく、けれど優しさのあるラブコメが展開されている
ヒロインを泣かせ、叫ばせ、地獄に叩き落す
馬鹿にしてくる少女たちとの絶縁から始まる仲直りラブコメ
好きな人への好意を伝えることの重要性がここにはありました
良い意味で展開がシンプルで分かりやすく、ヒロインの女の子たちも可愛い
それぞれが自分と向き合ってのラストはなかなか良いものだった
罵倒してくるやつらにビシッと言い返す様は気持ち良かったわ〜
タイトル通りの内容のざまあ系ラブコメ
イジリも過ぎたら溜まりに溜まって爆発するかもしれません、気をつけなよー
いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら〜 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit