2022年09月19日

ひびき澪 君がそれを愛と呼んでも2巻 「どうして首を絞めてくれないの?」

ひびき澪「君がそれを愛と呼んでも」2巻 ひびき澪氏のフルカラーコミックス「君がそれを愛と呼んでも」2巻【AA】がアキバではもう出ていて、コミックス情報は『明日花の恋人である陽平の姿となって目覚めた望月。居場所のない望月は陽平として明日花と暮らすことに』で、オビ謳い文句は『どうして首を絞めてくれないの?』になってた。
-

ひびき澪の漫画「君がそれを愛と呼んでも」2巻
ひびき澪氏のフルカラーコミックス「君がそれを愛と呼んでも」2巻【AA】発売
「どうして首を絞めてくれないの?」

「(何したって言うんだよ…)」
主人公・望月朋和。砂浦陽平と入れ替わった
「(俺が何したって言うんだよ…殺されかけた上に目覚めたら他人になってて)」

「何かあった?」
望月の中学時代の後輩・江野明日花。現在は、陽平の彼女
「何かあった?」

「退院してからずっと変だよ」
「…何を、言ってるの?陽平…
退院してからずっと変だよ。言葉遣いも…態度も…言ってることも…」
COMIC ZIN秋葉原店
アニメイト秋葉原本館
裏表紙

ひびき澪氏が、コミックアウルのレーベルからコミックシーモアで先行配信されているフルカラーコミックス「君がそれを愛と呼んでも」2巻【AA】がアキバではもう出ていて、COMIC ZIN秋葉原店とアニメイト秋葉原本館で見かけた(公式発売日は20日)。

『君がそれを愛と呼んでも』は、1巻裏表紙によると『友人に無理やり連れてこられたデリヘルで、中学時代の後輩・江野明日花と再会した望月朋和。風俗嬢として働く彼女の生活を心配する望月に、明日花は笑顔で幸せだと答えていたが、恋人・砂浦陽平から酷いDVを受けていたことを知る。明日花を助けようとした望月だったが、目が覚めると陽平の姿になっていた!』で始まったお話。

今回発売になった「君がそれを愛と呼んでも」2巻【AA】には、第7話「ワズカナ希望」〜第12話「デタラメヒーロー」を収録(目次)し、コミックス情報は『明日花の恋人である陽平の姿となって目覚めた望月。自分の身体は意識が戻らず、居場所のない望月は陽平として明日花と暮らすことに』で、オビ謳い文句は『彼女の忘れられない思い出』、『どうして首を絞めてくれないの?』になってた。

陽平のフリをして明日花と接するうちに、ある違和感を持つ。どうして明日花は、こんなにもまっすぐ愛情を与えるんだろう、陽平(コイツ)からDVを受けていたのに――。その答えは、明日花の過去にあった 裏表紙

なお、作者:ひびき澪氏「君がそれを愛と呼んでも」2巻【AA】の後書きで『次巻から物語のギアも上がっていきます!引き続きよろしくお願い致します』などを書かれ、2巻の発売告知は『今回もイラストに漫画に、全力で描きおろしてますので是非お手にとっていただければと思います』などをツイートされている。

「君がそれを愛と呼んでも」2巻コミックス情報 / 特典情報 / 作品情報

「よう…っ、陽平っ…好き…愛してる…!
あッ、あっあっ、すご…奥まで…っ、きもちい…っ、よう…へいっ…」

「そんなことより…なんで首…絞めてくれないの?」

「まさか忘れちゃったの…?
約束してくれたじゃない…!ずっと一緒にいるって!これはその証だって…!」

「記憶喪失っていうか…細かいとこが曖昧で…!」
「早く記憶取り戻せるといいね。協力するからね」
「じゃあ、私と陽平が出会った時の話からするね」
「…ッ…、ひ…っ…!」
「私…あなたの彼女…てことで…いいんでしょう…か」
「…じゃあ、首絞めさせてくれよ。セッ◯スの時」


【関連記事】
君がそれを愛と呼んでも1巻 「この純愛(メンヘラ)を救うのは誰なのか」
ひびき澪のニュース - アキバBlog

ガチ恋粘着獣〜ネット配信者の彼女になりたくて〜1巻 「配信者ガチ恋経験者に捧ぐ」
にくまん子 泥の女通信 「愛しきダメ女子図鑑。やっかいな恋と人生を生きて往く」
愛が重たい女の子とばかりつきあう俺のヒリヒリ恋愛日記 「実話だよ!メンヘラ彼女」
知るかバカうどん 君に愛されて痛かった1巻 「私を承認して!最底辺の恋の物語」
あげくの果てのカノン1「危険な想い、危険な世界。壊れかけた東京、メンヘラ女子の恋」
ラストメンヘラー1巻 「メンヘラな彼女とウソツキな僕の歪んだ青春」
メンヘラちゃん(上・下) 「不安や絶望など負の感情表現が凄く、心が揺さぶられる」
メンヘラのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
ファンギルド / コミックアウル / Twitter
「君がそれを愛と呼んでも」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報
2巻は制服姿の明日花ちゃんが目印です
第2巻の書店特典情報です〜
ひびき澪氏のホームページ / Twitter / 雑談用Twitter / pixiv / FANBOX
今回もイラストに漫画に、全力で描きおろしてますので是非お手にとっていただければ



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit