2022年09月22日

唄飛鳥 慟哭の檻 「凌辱の囚獄。貞淑な人妻に刻まれる無慈悲な“牝”の刻印」

唄飛鳥「慟哭の檻」 唄飛鳥氏の大人向けコミックス「慟哭の檻」【AA】がアキバではもう出てる。オビ謳い文句は『おぞましいまでの快楽が絡みつく凌辱の囚獄。日常に潜む歪んだ欲望。それに蹂躙され続ける人妻の痕跡を辿る』で、裏表紙は『貞淑な人妻に刻まれる無慈悲な“牝”の刻印』になってた。
-

唄飛鳥の漫画「慟哭の檻」
唄飛鳥氏の大人向けコミックス「慟哭の檻」【AA】
「おぞましいまでの快楽が絡みつく凌辱の囚獄」

「お前が誰のモノなのか、志織の子宮にたっぷりと教え込んでやろう」
表題作長編 慟哭の檻
「お前が誰のモノなのか、志織の子宮にたっぷりと教え込んでやろう」

「あはぁぁ!」
「そーらっ!」 「あはぁぁ!」ズンッ

「僕の子を孕むんだ志織っ!」
「僕の子を孕むんだ志織っ!」 「おほぉおおぉぉぉ!」
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原1号店
特典:リーフレット
裏表紙「貞淑な人妻に刻まれる無慈悲な“牝”の刻印」

唄飛鳥氏の大人向けコミックス「慟哭の檻」【AA】が、アキバではもう出てる。

コミックス「慟哭の檻」【AA】には、コミックホットミルクに掲載された表題作長編「慟哭の檻」第1話〜最終8話と、「母、想うとき…」「義母、想うとき…」計10編を収録し、オビ謳い文句は『おぞましいまでの快楽が絡みつく凌辱の囚獄。日常に潜む歪んだ欲望。それに蹂躙され続ける人妻の痕跡を辿る』、『ハード凌辱の名手・唄飛鳥コア初単行本!』で、裏表紙は『貞淑な人妻に刻まれる無慈悲な“牝”の刻印』になってた。

緊縛、強制ア◯メ、ア◯ル調教、絶頂排泄…、全裸で拘束され、顔をラバーマスクで覆われて両穴を玩具で嬲られる――。優しい夫と息子に囲まれて平穏な日々を過ごす志緒を襲う凌辱の日々は、夢なのか、それとも… コミックス情報

なお、コミックス「慟哭の檻」【AA】のカバー折り返しで、作者:唄飛鳥氏は『おかげさまでまた一冊、本を出すことができました。さて今年になって職業病の腰痛になりました。腰がつらいな〜なんて思うことは今まであっても、「眠れない程常態化する」なんてことは初めてだったので大変です』などを書かれている。

「慟哭の檻」コミックス情報

「根元まで一気に咥え込んでみろっ!」 「おほぉおぉぉぉぉ!おごぉぉ!」

「(う…そ、入って…る)」 「どうだ気持ちいいか志織?気持ちいいだろう?」

「僕の手で死ぬほどイクがよい志織」 「イグぅぅぅぅぅ!」

「射◯後の◯出し小便は格別だと思わんか志織?」
「(私――悦んでいる!)う゛ふぅっ!」
「(イクゥ!)んおおおぉ!」びくっびくんっ
「子宮で味わえっ!」「イクぅぅ!イッちゃうぅ!」
「そーらっ出すぞ志織ぃ!」「イグゥゥゥ!」
「どんなモノよりもスケベが好きなぁ淫乱女ですぅ!」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit