2022年12月09日

速野悠二 神様、やりすぎです♥ 「霊験あらたかな工口神社へようこそ!」

速野悠二「神様、やりすぎです♥」 速野悠二氏のコミックス「神様、やりすぎです♥」【AA】が8日に発売になった。コミックス情報は『様々な性の悩みを持つ女性の側に立ち、より良き方向に導かせていただきます。性の悩みや願いを叶えちゃうエロコメ!』で、裏表紙は『霊験あらたかな【工口神社】へようこそ!』などになってた。
-

速野悠二の漫画「神様、やりすぎです♥」
速野悠二氏のコミックス「神様、やりすぎです♥」【AA】発売
「願いの正しい叶え方、あり〼」

「本当にお願いってコレでいいんですか?」
「本当にお願いってコレでいいんですか?」
「私は今まで、性的快楽はもちろん、女としての悦びを感じた事がないんだ」

「品川茜の心願 性的快楽の頂きにイきたまへと」
「品川茜の心願 性的快楽の頂きにイきたまへと まをすことをきこしめせと
かしこみかしこみもまをす」

「ホンモノのチ◯ポキモチイイ」
「あああホンモノのチ◯ポキモチイイ、すぐイけちゃう、神様ありがとう」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店

速野悠二氏がヤングコミックで連載されていたコミックス「神様、やりすぎです♥」【AA】が、8日に発売になった。

今回発売になった「神様、やりすぎです♥」【AA】には第1話〜最終第7話を収録し、工口(くくち)神社へ性的絶頂を感じたい願い、おもらしを止めたい願い、“かわいい”を研究する願い、夫の浮気を止めたい願い、♀x♀恋愛成就の願いなどの女性がやってきて、それぞれ願いが成就するお話。

また、オビ謳い文句は『願いの正しい叶え方、あり〼』で、裏表紙は『開運、なんでもかんでも叶えます♥』、『縁結びの事ならウチにお任せ♥ 霊験あらたかな【工口(くくち)神社】へようこそ!』などだった。

縁結びのことなら霊験あらたかな「工口神社」へ!ここでは「絶頂できない」など様々な性の悩みを持つ女性の側に立ち、より良き方向に導かせていただきます。性の悩みや願いを叶えちゃうエロコメ! コミックス情報

なお、「神様、やりすぎです♥」【AA】のあとがきで、作者:速野悠二氏は『久しぶりの全年齢(?)、そして少年画報社様からの単行本です!デビュー前に何回か持ち込みさせて頂き、たくさんの助言も頂きました。久しぶりに編集部にお邪魔したいのですが、このご時世いまだ叶いません』、『「神様やりすぎです♥」はかなり自由にやらせて頂いて、ホントに大丈夫か?と逆に心配になる位』などを書かれている。

「神様、やりすぎです♥」コミックス情報 / 速野悠二氏のTwitter

「工口神社へようこそ。
ここは女の子のあらゆる願いを叶えてくださる神様がおわす神社なのです」

「(ヤバい!ヤバい!おしっこが限界!後ろを走ってる大森くんに、おしっこかけちゃダメェ!)」 プッシャアアアア

「いっぱい出して!私も嬉しくて、いっぱい出ちゃうからぁぁ!」

「どうか…だんな様の浮気を止めてください」
「とってもお似合いですわよ、注連縄」
「もう我慢しません!気持ちいい事いっぱいしたいんです」
「(なんか…ムズムズして乳首がぼっ…)はぁんっ」
「は…入っちゃってる、イツキさんのおち◯ちん!」
「女の子の幸せって、気持ちよすぎるんだもん〜〜」


【関連記事】
みのりスキャンダル2巻 「乳首は出ているのが当たり前、くぱぁも!!」
みのりスキャンダル1巻 「Hな魔物を捕まえろ!!」
「工口過ぎ注意!」 シャーマン緊縛触手浣腸全身ヌメヌメ天狗の破道法マンガ
速野悠二のニュース - アキバBlog

ぷらぱ 淫魔乙女の胸のうち 「童貞マンガ家と処女サキュバスのドキドキエロコメ!」
zen9 ツボネノツバメ 「年上熟女が年下かわいい系男子に振り回されるHラブコメ!」
蛇光院三郎 痴女勇者 「かつて最強いま淫乱、一番エロいのは私よ」
はかりしれない 計子さん1巻 「巨乳で美人の依田計子。ロボカノラブコメ!」即ハメ
水島空彦 いいわけも出来ない〜姉彼〜1巻 「ケダモノは、姉最愛の彼氏でした」
ヤングコミックのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
少年画報社 / ヤングコミック / Twitter
「神様、やりすぎです♥」コミックス情報(試し読みあり)
7人の女性にまつわる性のお悩み、神様がこれでもかってくらいのお力で解決しちゃいます
カラーページをちょい見せしちゃいます
工口神社に参拝する女性は色とりどり
工口神社に参拝する女性紹介第2弾!性癖に突き刺さっちゃっていいんです!
速野悠二氏のTwitter
献本頂きました♪ 少年画報社様から初単行本です。背表紙に例のロゴがあるのが嬉しい
可愛い女の子満載♪ しかも全年齢です!お気軽にお買い求め頂けます♥



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit