2023年01月03日

ギャル彼女と過激AVのマネしたら大変なことになったえっち 「ち◯ぽで気持ち良く」

サークル無糖紅茶「ギャル彼女と過激AVのマネしたら大変なことになったえっち」 サークル無糖紅茶の冬コミ新刊『ギャル彼女と過激AVのマネしたら大変なことになったえっち』がメロンに2日に入荷した。サークルさんのコメントは『伝説化している過激AVのマネをしながらえっちをする話』で、メロン通販の紹介は『おじさんのち◯ぽで幸せそうに気持ち良くなっちゃう彼女☆』などになってる。
-

サークル無糖紅茶の漫画「ギャル彼女と過激AVのマネしたら大変なことになったえっち」
サークル無糖紅茶(無糖紅茶氏)の冬コミ新刊・オリジナル同人誌
「ギャル彼女と過激AVのマネしたら大変なことになったえっち」入荷

「(俺の家には、ギャルが住み着いていた)」
「(俺の家には、ギャルが住み着いていた)」
「あたしも同じように100回イッたら、こんな風になると思う?」

「(俺の家に遊びに来ては半同棲のような状態に)」
「(彼女と出会ったのは半年前。夜道で男たちにしつこく絡まれていた所を助けた。
それ以来、俺の家に遊びに来ては半同棲のような状態に)」

「(AVを流しながらヤるのもなかなか興奮するな)」
「(AVを流しながらヤるのもなかなか興奮するな。
“巨乳素人女子大生の激イキ100連続”。半ば伝説化してるハード系AV)」

サークル無糖紅茶(無糖紅茶氏)の冬コミ新刊、オリジナル同人誌『ギャル彼女と過激AVのマネしたら大変なことになったえっち』がメロンブックスに2日に入荷した(とらのあなでの委託もあるみたい)。

サークル無糖紅茶は、好きな人のために男慣れしたい従姉妹にHを教えるオリジナル同人誌「男慣れしたい従姉妹にいっぱい気持ちいいえっち」や、会社の先輩な年上彼女に意地悪して寸止めセクロスする「先輩と限界まで寸止めイジワルえっち」なども出されているサークルさん。

今回入荷した同人誌『ギャル彼女と過激AVのマネしたら大変なことになったえっち』は、サークルさんのコメントが『家に住み着いていたギャルの女の子と、映像がエロすぎて伝説化している過激AV「激イキ100連続」のマネをしながらえっちをする話。イキを100回カウントしているうちにAV以上に大変なことに』とのことで、ルグニティさんの感想は『今回も大変魅力的に描かれており、読み応えがある作品でした』などをツイートされている。

なお、メロン通販の紹介は『無糖紅茶先生が描く、ギャルの女の子との魅惑のえっち本!ひょんなことから住み着くようになったギャルと、AVを流しながらたっぷりHに耽っちゃう♪ おじさんのち◯ぽで幸せそうに気持ち良くなっちゃう彼女に、ドキドキと心が高鳴ります☆ 絶え間なく快楽を与え続けられる彼女に興奮が止まらない!淫らに性に溺れる2人の極上プレイの数々』などになってる。

サークル無糖紅茶 / メロン通販「ギャル彼女と過激AVのマネしたら〜」

「にっ♥ あっイクッイクッ♥ 〜〜さ、さんっ♥」
ドチュッ 「〜〜〜っ♥♥♥」
「(この子は本当にエロイな…!)」
「(Gスポットを強く突きまくる!)」 どちゅっどちゅっ
〈80回イク頃にはハメるだけの淫乱な体になる〉
「あっあっ、とまらないっ♥ きもちよすぎるっ♥」


【関連記事】
先輩と限界まで寸止めイジワルえっち 「イキたがる彼女に何度も寸止め」
「バレー部の大きな彼女とえっち」収録の合同誌「Athletic Play」
無糖紅茶のイラスト展示“アイドルの裏側”がテーマのR18イラスト展「バックステージ」
サークル無糖紅茶 彼女と究極のいちゃいちゃえっち 「愛し合いながらの激しいえっち」
友達のようなオタク後輩と泥酔えっち 「極上のアソコにピストン」
性欲強めな彼女と禁欲解禁連続射精えっち 「溜まった性欲大爆発」
ツンデレ彼女が素直になるまでえっち 「身体は快感を感じまくり♪」
キツめな着物新妻と京言葉えっち 「京言葉が可愛すぎてツラい…圧倒的破壊力」
知的文学美少女とイキまくりお勉強えっち 「セッ◯ス未経験の少女がイキまくり」
近所のツンツン妹と無表情姉に迫られえっち 「なんだ天国か!男子の夢がここに!」
交際半年目の彼女と放課後とろとろえっち 「放課後の教室で激しめのエッチ」
ジト目メイドさんとラブラブえっち 「めっちゃかわいいしエッチで本当に素晴らしい」
無糖紅茶のニュース - アキバBlog
サークル無糖紅茶のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
サークル無糖紅茶・無糖紅茶氏のTwitter / pixiv / Fantia
C101新刊「ギャル彼女と過激AVのマネしたら大変なことに (pixiv)
メロンブックス通販「ギャル彼女と過激AVのマネしたら〜」 / C101新刊セット
とらのあな通販「ギャル彼女と過激AVのマネしたら大変なことになったえっち」

【感想リンク】
今回も大変魅力的に描かれており、読み応えがある作品でした



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit