2023年01月21日

VTuberのエンディング、買い取ります 「“推し”の最期をプロデュースする救済と再生」

著:朝依しると&イラスト:Tiv「VTuberのエンディング、買い取ります。」 ファンタジア文庫1月新刊、著:朝依しると氏&イラスト:Tiv氏のライトノベル「VTuberのエンディング、買い取ります。」【AA】が20日に発売になった。オビ謳い文句は『「推し」の最期をもし、自分が決められるのならば』で、折込チラシは『「推し」の最期をプロデュースする救済と再生の物語』になってる。
-

ファンタジア文庫「VTuberのエンディング、買い取ります。」
ライトノベル「VTuberのエンディング、買い取ります。」【AA】発売
「“推し”の最期をもし、自分が決められるのならば」

「今日のライブに来てくれてありがとう〜!」
VTuber・夢叶乃亜
「みんな〜〜!今日のライブに来てくれて、本当に本当にありがとう〜!」

登場VTuberたち
登場VTuber
(右から)夢叶乃亜、鏡モア、彩小路ねいこ、六翼なこる

「おれは気にしない。好きに見るといい」
(左)夢叶乃亜を推すことに青春を捧げていた少年・苅部業
「そんなじろじろ見ちゃだめ」 「おれは気にしない。好きに見るといい」
アニメイト秋葉原2号館
特典:4Pリーフレット
メロンブックス秋葉原1号店
特典:リーフレット

ファンタジア文庫1月新刊、著:朝依しると氏&イラスト:Tiv氏のライトノベル「VTuberのエンディング、買い取ります。」【AA】が、20日に発売になった。

「VTuberのエンディング、買い取ります。」【AA】は、第35回ファンタジア大賞の〈大賞〉受賞作(受賞時タイトル:「VTuberの魂、買い取ります。〜君に捧ぐソウル・キャピタリズム〜」)で、書籍情報によると『VTuber夢叶乃亜を推すことに青春の全てを捧げ、V界隈でも名を馳せていた高校生の苅部業は、乃亜の魂の醜態がネット上に晒され、大炎上したことで人生が一変する。絶望した業は〜「自分のVTuberを炎上させてほしい」という依頼を持ち込む美少女、小鴉海那が現れ――』から始まるお話。

オビ謳い文句は『「推し」の最期をもし、自分が決められるのならば』、裏表紙は『ファンタジア大賞35年の歴史の中で、「ファンタジー」と「バトル」要素がない初めての〈大賞〉!』などで、折込チラシは『「推し」の最期をプロデュースする救済と再生の物語』になってる。

VTuber――夢叶乃亜。彼女を推すことに青春の全てを捧げ、V界隈でも名を馳せていた高校生の苅部業は、乃亜の魂の醜態がネット上に晒され、大炎上したことで人生が一変する。運営から推しの臨終を告げられ絶望した業は、高校を休学し一年後VTuberの炎上ネタを扱うブロガーとして日々を過ごしていた。そんな業の元に「自分のVTuberを炎上させてほしい」という依頼を持ち込む美少女、小鴉海那が現れ――。「これは人助け…いえ、VTuber助けみたいなものです」 裏表紙

「VTuberのエンディング、買い取ります。」【AA】の感想には、好きなラノベ案内さん『Vtuberの炎上と最期がメインでも、決して負の側面だけでなくそれぞれに救いはあり、爽やかな読後感だったのも素晴らしかった』、ろいさんさん『現代のリアルとバーチャルの組み合わせ方、現実味を帯びたキャラ達とシチュエーションが絶妙でした』、みきみきさん『VTuberとファンとの関係にある【生きる(死ぬ)ということ】にスゴく向き合った作品でとても面白かった』、読樹庵さん『今の時代、生まれるべきお話であり。この時代ゆえの面白さに溢れている』などがある。

なお、著者:朝依しると氏カバー折り返しで『VTuberの方々とは不思議な縁を感じています。作者の推しは内緒です。陰ながら幸せを願っています』、あとがきでは『VTuber文化はリアルとバーチャルの架け橋となるエンタメだと私は思っています。実のところ、私もこうしてその恩恵を受け、夢を叶えることができました。これまでその文化をつくり上げてこられたかたがたに、最大の敬意を表します』などを書かれている。

「VTuberのエンディング、買い取ります。」書籍情報 / 著者:朝依しると氏のTwitter

「乃亜ちゃん、トレンド入りしてますっ」
「Case.1 方舟へみちびく女」
「荒羅斗カザンさんに、わたしを炎上させてほしいんです」
「鏡モアは死んだ」「ごめん…なさいっ…ごめんなさい!」
「でかしたミーナ!」「くっ…」
「いくら暑いからって、あんた…」「これはっ、ですねっ」



【関連記事】
ライトノベル マンガの神様 「青春xマンガx恋!トラブルいっぱい青春ライフ☆」
政宗くんのリベンジ1巻 「ドSな残虐姫に復讐してやる!元デブ男のリベンジラブコメ!」
コミックス「神様のメモ帳」1巻発売 引きこもり美少女探偵アリス
Tivのニュース - アキバBlog

VTuberのマイクに転身したら、推しが借金まみれのクズだった 「超ド級のクズコメディ!」
失恋したのでVtuberはじめたら年上のお姉さんにモテました1巻
VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 「清楚枠は大体酒乱」
VTuberのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
KADOKAWA / ファンタジア文庫 / Twitter
「VTuberのエンディング、買い取ります。」書籍情報(試し読みあり)
「VTuberのエンディング、買い取ります。」特設ページ / Twitter
「推し」がいるすべての方に読んでいただければ 幸いです
専門店特典まとめ 各専門店様では書き下ろしSSやイラストカードがもらえます!
感想ツイートキャンペーン開催!抽選でTiv先生描きおろしサイン色紙が当たる!
PV公開を記念してCVを務めた内田真礼さんの直筆サイン色紙を抽選で1名様にプレゼント
【推しVTuberが炎上・引退!?】「VTuberのエンディング、買い取ります。」PV - YouTube
第35回ファンタジア大賞 受賞作発表
著者:朝依しると氏のTwitter / 胡麻かるび名義「小説家になろう」マイページ / カクヨム
方舟に乗ってVTuberを救う新時代の旅へ。応援よろしくお願いします!
この重厚感、帯の輝き、背の黄緑。怒涛の全部好きの詰め合わせ×10。作者は死んだ
イラスト:Tiv氏のTumblr / Twitter / pixiv / Instagram / pixivFANBOX
推しのエンディングを見届けたこと、または想像したことがある方にはぜひ!
Tiv - Wikipedia

【感想リンク】
いやこれはすごいです。ライトノベルにおけるVtuberものの転換点になる作品
VTuber、「推し」の概念を当事者性を持ってリアルに、そして非常に抑うつ的に
『自分のVTuberを炎上させてほしい』という依頼で始まる、『推し』の最期が楽しめる作品
負の側面だけでなくそれぞれに救いはあり、爽やかな読後感だったのも素晴らしかった
現代のリアルとバーチャルの組み合わせ方、キャラ達とシチュエーションが絶妙でした
舞台のリアリティは高い
VTuberとファンとの関係にある【生きる(死ぬ)ということ】にスゴく向き合った作品
今の時代、生まれるべきお話であり。この時代ゆえの面白さに溢れている
今までにない切り口で面白かった
VTuberのエンディング、買い取ります。|感想・レビュー・試し読み - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit