2004年10月11日

ドスパラ本店で課税前価格表示での売れ行きテスト?非課税価格と課税価格の併記をしたPOPが見つかる

消費税込み価格表示義務化になり半年以上経過し、早くから税込み価格だけに統一をしていたドスパラ本店で、なぜか税込み価格と課税前価格の2つを表示する新しいタイプのPOPが導入されていた。ドスパラにいった時に安い価格が目に付いてビックリしたが、よく見ると課税前の価格を見ていた。
-



税込み価格表示については、価格に敏感なお客さんが多い秋葉原では非課税価格とあわせて表示するショップもあるが、表示の仕方について法律で定められてはいるらしいものの罰則規定はないので、アキバでは15万7500円!デッド オア アライブのかすみの組立て済み魔改造?ガレキのように非課税価格の方を大きく書いているショップもある。

税込み価格と課税前価格の2つを表示する新しいタイプのPOPは週末特価のドライブに使われていて、ドスパラ本店の他の品物や、ドスパラ2号店では気がつかなったのかもしれないが、これまで通りの税込み表示がされていた。左は以前からドスパラで使われている税込み表示のPOPの例

それにしてもドスパラ本店で両方の価格併記のPOPを用意していたのは、かなり驚いた。安い値段が目に入るとついついPOPを見入る効果はあるのは間違いないと思うが、こんなPOPも使うようにした理由は何だろう?課税前価格を表示するようにした場合の売れ行きのテストなのかも。




この記事はPCパーツ[2004] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
この記事へのトラックバック
秋葉原の有名店(?)、ドスパラでは今、税込み表示と税別表示の両方を 表示するというよく分からない試みを行っている。 理由は分からないけど、紛らわしいだけじゃないのかなあ? だって、10000円のものだったら9500円ちょっとでしょ? 値段戦争の秋葉原ではこの差は結構.
【日記】税込み表示の罠【at@soft & divergent blog (仮)】at 2004年10月11日 11:35
秋葉原の有名店(?)、ドスパラでは今、税込み表示と税別表示の両方を 表示するというよく分からない試みを行っている。 理由は分からないけど、紛らわしいだけじゃないのかなあ? だって、10000円のものだったら9500円ちょっとでしょ? 値段戦争の秋葉原ではこの差は結構.
【日記】税込み表示の罠【at@soft & divergent blog (仮)】at 2004年10月11日 11:35