2004年06月14日

仮想ネットワーク「SoftEther」の解説本にも萌えキャラ

小梅けいと氏が表紙を書いている「魔法のトンネル SoftEther」が6月8日に発売になったようで、LAOXザ・コンの書籍コーナーにはかなりのボリュームで陳列されていた。コンピューター技術系の本で萌えキャラが書かれている本は結構あるが、こうした方が売れるのか?
-

CPUの創りかた
コンピューターの中核であるCPUという名のブラックボックス。その動作の「超」基本原理から設計までを4bitCPUを例に解説。アキバで手に入る部品だけで実際の制作も可能!実際に作らない人も読み物としてもタメになること請け合いです。

Turbolinux 10 Desktopマニアックス―コードネームSuzukaを攻略せよ

  萌え萌えうにっくす!UNIXネットワーク管理ガイド―PC UNIXネットワーク管理日々の疑問に萌えの一手 Linux & FreeBSD Network Management
萌えキャラがUNIXのネットワーク管理を解説するもので、それなりに堅い本であることが多いUNIX系OSの書籍としては珍しい。内容としては、UNIX及びTCP/IPの基本知識、そしてネットワークトラブルの基本的な調査方法とネットワークセキュリティを強化するためのテクニック、用語集が収録されている




<アキバの本>
萌える聖地アキバ 秋葉原マニアックス 
  今やエロゲー、同人誌からコスプレアイテム、風俗まで、すでに物欲を越えた、男の精神的欲求から肉体的欲求までも満たしてくれる「煩悩の街」へと更なるパワーアップを遂げているのだ。
読んで爆笑するもよし、お宝を求めて異様なオーラを発しつつ徘徊するもよし。親切丁寧な「謎のお買い物マップ」つきで、「初めての方も安心、迷わず行ける買える」。さあ、あなたも本書持参でいざ「男のワンダーランド アキバ」へ!


元店長が暴露する アキバPCショップの秘密 
PCショップ&アキバ事情、魑魅魍魎なお客様、アキバの歩き方伝授、勝手にショップレビュー…。ここまでバラして大丈夫!? PCショップ側の立場から語る、ちょっとアブない裏話や暴露情報満載!




どちらも買ったけど萌える聖地アキバの方が面白かった。



この記事はよもやま[2004] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/912012