2018年05月16日:よもやま

虚淵玄ストーリー原案&脚本のアニメ版ゴジラの第1作 「GODZILLA 怪獣惑星」BD発売

「GODZILLA 怪獣惑星」BD ストーリー原案&脚本:虚淵玄氏の映画「GODZILLA 怪獣惑星」BD【AA】が15日に発売になった。映画ナタリーによると『地球を追われた人類が“怪獣惑星”に変貌した故郷で再びゴジラと戦う』で、ラムタラ秋葉原のPOPは『今回はどのように私たちをどん底に落としてくれるのか楽しみです!』が付いてた。 全文へ>>
│虚淵玄
2017年08月25日:商業誌

真じろうのコミカライズ Fate/Zero最終14巻 「ゼロへ至る物語、ついに完結!」

真じろう 「Fate/Zero」最終14巻 虚淵玄氏のFate/stay nightスピンオフ小説「Fate/Zero」を、真じろう氏がコミカライズされ、約6年半に渡りヤングエースで連載されていたコミックス「Fate/Zero」最終14巻【AA】がアキバでは24日に発売になり、オビ謳い文句は『希望(stay night)へと続く始まり(Zero)の物語、堂々完結』だった。全文へ>>
│虚淵玄
2017年03月26日:商業誌

qtμt キューティーミューティー1巻 「可愛い子が酷い目に遭うので辛いです(虚淵玄)」

原作:さやわか、漫画:ふみふみこ「qtμt キューティーミューティー」1巻 原作:さやわか氏&漫画:ふみふみこ氏のコミックス「qtμt キューティーミューティー」1巻【AA】が25日に発売になった。裏表紙は『性と謎に翻弄され、搾取される少女たちのディストピアストーリー』で、オビでの虚淵玄氏コメントは『可愛い子が酷い目に遭うので辛いです』とのこと。全文へ>>
│虚淵玄
2016年09月24日:商業誌

アイゼンフリューゲル 弾丸の歌よ龍に届いているか1巻 「虚淵玄の小説を完全漫画化!」

「アイゼンフリューゲル 弾丸の歌よ龍に届いているか」1巻 虚淵玄氏がまどか☆マギカ以前の2009年に出されたラノベを、漫画家ユニット・七竈アンノがコミカライズされた「アイゼンフリューゲル」1巻【AA】が23日に発売になった。オビは『龍よりも速く飛べ!男たちは人類最初のジェット機に懸けた―』、コミックス情報は『虚淵玄渾身作小説を完全漫画化!』になってる。全文へ>>
│虚淵玄
2016年09月07日:よもやま

虚淵玄 原案&脚本&総監修の人形劇 「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」BD1巻発売

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」BD1巻 虚淵玄氏が原案&脚本&総監修の人形劇「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」BD1巻【AA】が6日に発売になった。第1話「雨傘の義理」〜第3話「夜魔の森の女」と、本編前に放送した特番や、虚淵玄氏も出演のオーディオコメンタリーを収録し、「本編シナリオブック完全版」やブックレットが付いてる 全文へ>>
│虚淵玄
2016年04月16日:商業誌

FGO特集号 TYPE-MOONエースVOL.11発売 「FGOエースといった方が良い位の勢い」

 TYPE-MOONエース 「TYPE−MOONエースVOL.11」【AA】が15日に発売になった。「Fate/Grand Order」特集では、奈須きのこ氏のインタビューや、イラスト、短編小説、"第五章"に関してなどを収録し(もくじ)、228ページの別冊付録付きで、ときわ書房本店のツイート『FGOエースといった方が良い位の勢い』などがある。 全文へ>>
│虚淵玄
2015年10月25日:商業誌

魔法少女特殊戦あすか1巻 「魔法少女に残酷な運命を背負わせるなんて!(虚淵玄)」

魔法少女特殊戦あすか 原作:深見真氏&作画:刻夜セイゴ氏のコミックス「魔法少女特殊戦あすか」1巻【AA】が24日に発売になった。販促POPは『戦乱を鎮めた魔法少女達のその後。マジカルミリタリーアクション!!』で、オビの虚淵玄氏コメントは『魔法少女にこんな残酷な運命を背負わせるなんて、ひどいよ!あんまりだよ!』とのこと。 全文へ>>
│虚淵玄
2015年09月16日:よもやま

アニメ「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」BD1巻発売 設定集・絵コンテ・シナリオブック付き

ケイオスドラゴン 赤竜戦役アニメ「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」BD1巻【AA】が15日に発売になった。第1話「一殺多生」、第2話「二律背反」(パッケージ裏面)のほか、イベント映像、PVなどを収録し、イベントチケット優先販売申込み券、ミニサウンドトラックCD、設定集、第1話絵コンテ集、第1話&第2話シナリオブックなどが付いてる。 全文へ>>
│虚淵玄
2014年12月10日:よもやま

"楽園追放"BD発売→限定版は瞬殺 「完売いたしました」「品切れ。再入荷未定」

楽園追放 「楽園追放 Expelled from Paradise」限定版BD【AA】が9日発売でアキバ瞬殺だった。監督・水島精二氏のTwitterで『各地で楽園追放売り切れの情報が……ありがとうございます\(^o^)/嬉しいけど売り切れごめんなさい』ともつぶやかれていて、アキバでは各店で「完売いたしました」「品切れ。再入荷未定」だった。 全文へ>>
│虚淵玄
2014年11月28日:よもやま

「楽園追放」BD。秋葉原はソフマップ&アニメイトで、すでに1次出荷分の予約終了

楽園追放 Expelled from Paradise 12月10日発売の劇場アニメ「楽園追放 Expelled from Paradise」完全生産限定版BD【AA】が、27日の時点でアキバのいくつかのお店で予約終了してた。製品情報によると本編BD・特典CD・縮刷パンフレット・虚淵玄氏シナリオブックが付き、アニメイト秋葉原の予約票によると2次出荷は12月26日みたい。 全文へ>>
│虚淵玄
2014年09月25日:商業誌

Fate/Zero8巻 「憎悪が夜気を焦がす運命の第八巻!」 吹き飛ぶ頭、手首切り落とし

Fate/Zero8巻「憎悪が夜気を焦がす運命の第八巻!」 吹き飛ぶ頭、手首切り落とし 真じろう氏のコミックス版「Fate/Zero」8巻【AA】がアキバでは24日に発売になった。8巻オビは『未遠川決戦、完全決着 解き放たれる"約束された勝利の剣(エクスカリバー)"』で、アニメでは2ndシーズン初めの「未遠川血戦」のあたりを描かれ、頭を吹き飛ばされ死亡したり、右手を切り落とされたりしてる。 全文へ>>
│虚淵玄
2014年09月23日:よもやま

アルドノア・ゼロBD1巻発売 「虚淵玄脚本のとこまで。カタフラクトの分解図しゅごい」

アルドノア・ゼロ「アルドノア・ゼロ」BD1巻【AA】が22日に発売になった。まんたんWEBによると『アニメ「Fate/Zero」を手がけたあおきえい監督と虚淵玄さんが再タッグを組んだオリジナルアニメ』で、EARL.BOXさんのBD1巻感想は『ブックレットに収録されてるカタフラクトの分解図がしゅごい…』などを書かれている。 全文へ>>
│虚淵玄
2014年04月02日:よもやま

劇場版まどか☆マギカ 叛逆の物語BD発売 「物語は想像を絶する“途方もない結末”へ」

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語「劇場版まどか☆マギカ叛逆の物語」BD限定版 / 通常版【AA】が1日に発売になった。完全新作の劇場映画で、BD完全生産限定版には、本編BD、映像特典を収録した特典BD、劇中音楽を収録したサントラCDが付き、販促POPは『「魔法少女まどか☆マギカ」の真のクライマックス!物語は想像を絶する“途方もない結末”へ』になってた。 全文へ>>
│虚淵玄
2014年02月01日:商業誌

Fate/Zero7巻 「悪鬼の怨嗟極まる運命の第七巻!」「狂気漂うCOOLな2人が表紙」

真じろう Fate/Zero7巻 真じろう氏のコミックス「Fate/Zero」7巻【AA】が、アキバでは1月31日に発売になった。 裏表紙は『キャスターはさらなる恐怖を撒き散らすため、最大にして最後の召喚を行う』、『悪鬼の怨嗟極まる運命の第七巻!』で、+ENOKORO+さんの感想は『狂気漂うCOOLな2人が表紙。アニメと同じでここで引くのかよぉぉお!』などを書かれている。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年11月10日:商業誌

コミックス 続・殺戮のジャンゴ 「虚淵玄脚本による幻の名作が18禁コミカライズ!」

続・殺戮のジャンゴ〜地獄の賞金首〜 虚淵玄氏企画・脚本の同名美少女ゲームをコミカライズした、コミックス「続・殺戮のジャンゴ〜地獄の賞金首〜」【AA】がアキバでは9日に売ってた。オビ裏面は『ビッチな女ガンマンが銃とS○Xで大暴れ!』、『触手レ○プ・逆レ○プ・残虐スプラッタ描写も満載!』、オビでは『《虚淵玄》脚本による幻の名作が18禁で遂に単行本化!』みたい。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年10月25日:よもやま

翠星のガルガンティアBD-BOX3発売。新作OVAを含む全5話、ハナハル漫画は全裸

翠星のガルガンティア 「翠星のガルガンティア」BD BOX3【AA】が24日に発売になった。製品情報によるとアニメ10話〜第13話+新作OVAを加えた全5話を収録し、鳴子ハナハル氏描き下ろし漫画には全裸もあり。EARL.BOXさんの感想は『ブックレットには鳴子ハナハル先生の漫画も収録。やったあ!お風呂回だああ!快楽天だあああ!』などを書かれている。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年09月25日:よもやま

翠星のガルガンティア BD-BOX2発売 鳴子ハナハル漫画は「完全に快楽天ですw」

翠星のガルガンティア BD-BOX2「翠星のガルガンティア」BD BOX 2【AA】が24日に発売になった。アマゾンの製品情報は『第5話から第9話、ショートフィルム全13話。ドラマCDや描き下ろしコミック、書き下ろし小説を収めたスペシャルCDブックなど』で、エムジェイ・ノーヴォスチさん『鳴子ハナハルさんの漫画も!完全に快楽天です、本当にありがとうございましたw』とのこと。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年09月08日:商業誌

コミックス 翠星のガルガンティア2巻 「映像も良いけど漫画も素晴しいクオリティー」

 翠星のガルガンティアコミックス版「翠星のガルガンティア」2巻【AA】が6日に出ていて、メロン秋葉原1号店でPOPが付いてた。折込チラシは『"人間性"に目覚めるレド。だがクジライカとの闘いで"ヒディアーズ"の謎を知ることになる』で、メロン秋葉原1号店のPOPは『ガルガンティアの世界を忠実に再現。映像も良いけど漫画も素晴しいクオリティー』になってた。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年08月28日:よもやま

「翠星のガルガンティア」BD BOX I発売。特典はハナハル漫画、新作OVAほか

「翠星のガルガンティア」BD BOX I【AA】が27日に発売になった。第1話〜4話を収録し、特典が新作OVAや、ドラマCD、ブックレットにはキャラ原案:鳴子ハナハル氏描き下ろしカラー漫画や、書き下ろし小説、設定資料、第1話絵コンテ集など(製品情報)で、私的UrawaReds&SubCulさん『メチャクチャ特典豪華です!』とのこと。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年07月03日:商業誌

コミックス「Fate/Zero」6巻発売 キャスター工房はグロ(肉塊的な意味で)

コミックス「Fate/Zero」6巻発売 キャスター工房回はグロ(肉塊的な意味で) 真じろう氏のコミックス「Fate/Zero」6巻【AA】がアキバでは2日に発売になった。新刊折込によると『ライダーが自他に問う真剣勝負"聖杯問答"!』で、ウェイバーとライダーがキャスター工房を急襲してのグロ描写もあり、E.M.D.2ndさんの感想は『相変わらず漫画版はアニメとは違い、普通にグロ描写ありですなぁ』などを書かれている【グロ注意】。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年05月21日:商業誌

翠星のガルガンティア外伝小説 少年と巨人 「これ読んでから1話見ると凄い感慨深い」

翠星のガルガンティア外伝小説 少年と巨人アニメ「翠星のガルガンティア」の外伝小説「少年と巨人」が20日に店頭発売になった。書籍情報は『主人公レドと愛機となる戦闘ロボット兵器チェインバーが出会う、本編に至る前日譚(プリクエル)』で、オビも『少年、黙示録、宇宙叙事詩、前日譚』。シンゴさん感想には『これ読んでからガルガンティア1話見ると凄い感慨深い気分になる』。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年04月07日:ゲーム

翠星のガルガンティア コミカライズ1巻 「SF海洋冒険活劇堂々開幕!」

翠星のガルガンティア コミカライズ1巻 コミックス版「翠星のガルガンティア」1巻【AA】が、アキバでは6日に発売になった。 『虚淵玄×鳴子ハナハル×村田和也が贈る、SF海洋冒険活劇!』という同名アニメのコミカライズで、メロン秋葉原1号店では『始まる前から期待値MAX まずはコミックで予習DA!』POPもあり、新刊折込は『SF海洋冒険活劇堂々開幕!』になってた。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年02月01日:商業誌

コミックスFate/Zero5巻 「虚淵玄絶賛!鮮血が舞い絶望に歪む運命の第5巻!」

真じろう フェイトゼロ真じろう氏のコミックス「Fate/Zero」5巻【AA】がアキバでは1月31日に発売になった。E.M.D.2ndさんによると『VSキャスター戦、切嗣VSケイネス戦から、ソラウがランサーのマスターになるところまで収録』との事で、オには『真じろうの濃密な作画に惚れる!! 虚淵玄絶賛』、裏表紙は『鮮血が舞い、絶望に歪む運命の第五巻!!』とかになってた。 全文へ>>
│虚淵玄
2013年01月14日:商業誌

アニメ「翠星のガルガンティア ファーストファンブック」 キャラ原案やメカ設定ほか

翠星のガルガンティア ファーストファンブック4月から始まるTVアニメ「翠星のガルガンティア」の公式ファンブック『翠星のガルガンティア ファーストファンブック』が、13日にメロン秋葉原店に入荷した。冬コミ企業ブースで販売されたものみたいで、キャラ原案:鳴子ハナハル氏によるコメント入りのキャラクター設定や、メカニック設定、村田和也監督インタビューなどを収録したフルカラー冊子。 全文へ>>
TrackBack(0)│虚淵玄
2012年12月21日:よもやま

虚淵玄脚本アニメ、 PSYCHO-PASS(サイコパス)BD1巻発売

PSYCHO-PASS(サイコパス)BD1巻虚淵玄氏がストーリー原案/脚本のアニメ「PSYCHO-PASS」1巻BD / DVD【AA】が20日に発売になった。初回限定版には特製小冊子「ノーカット完全シナリオ原稿ブック」が付属し、脱兎さん『シナリオ原稿ブックやばいね』みたい。 全文へ>>
│虚淵玄
2012年11月06日:コラム

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ、虚淵玄先生インタビュー

2011年テレビ放映されて大きな話題となった「魔法少女まどか☆マギカ」が、映像・音響など一新されて、劇場版[前編]始まりの物語と[後編]永遠の物語の二本立てが全国公開。今回は脚本を書かれた虚淵玄(ニトロプラス)にインタビューをさせていただき、劇場版『まどか☆マギカ』について色々とお訊きしました!取材・構成:かーず(かーずSP全文へ>>
TrackBack(0)│虚淵玄
2012年10月16日:商業誌

奈須きのこ・虚淵玄らのテーブルトークRPG「レッドドラゴン」のサントラ&キャラブック

「RPF レッドドラゴン オリジナルサウンドトラック&キャラクターブック」【AA】が15日に発売になった。サントラは「伝説のオウガバトル」「FF12」などの崎元仁氏の楽曲で、キャラクターブックにはキャラメイクの様子やイラスト、データシートなどで、書籍情報には『ファン必携のコレクターズ・アイテム!』になってる。 全文へ>>
│虚淵玄
2012年09月15日:商業誌

本職ライターによるTRPGリプレイ本 レッドドラゴン(2) 「虚淵のぶっ飛び方が相変わらず」

レッドドラゴン星海社「RPF レッドドラゴン 2 第二夜 竜の爪痕」【AA】がアキバでは14日に発売になった。書籍情報によると『三田誠×虚淵玄×奈須きのこ×紅玉いづき×しまどりる×成田良悟。最高の布陣が織りなす、最高のフィクション』な本職ライターさん達のTRPGリプレイ本で、アカハナさんの感想には『虚淵のぶっ飛び方が相変わらずで… 』などなど。 全文へ>>
│虚淵玄
2012年06月15日:商業誌

TRPGリプレイ本 「レッドドラゴン(1)」 奈須きのこ・虚淵玄・成田良悟らがプレイヤー

RPF レッドドラゴン(1)第一夜 還り人の島星海社「RPF レッドドラゴン(1)第一夜 還り人の島」【AA】が14日に発売になった。シナリオ担当&ゲーム進行役としてライトノベル作家の三田誠氏が、プレイヤーに虚淵玄氏奈須きのこ氏らが参加するRPF(ロール・プレイング・フィクション)リプレイ本だそうで、メロン秋葉原店には『ぼくの考えたさいきょうのTRPG』POPが付いてた。 全文へ>>
│虚淵玄
2012年03月16日:商業誌

虚淵玄/白貌の伝道師 「伝説、再来。超重量タッグでおくる究極の狂乱劇」

白貌の伝道師虚淵玄氏が2004年に出された(コミケ・同人流通)小説の商業流通版「白貌の伝道師」【AA】が15日に発売になった。コミックナタリーによると『暴虐なエルフが主人公のファンタジー』で、オビは『伝説、再来。虚淵玄×あきまん 超重量タッグでおくる、これぞ究極の“狂乱劇”!』。 全文へ>>
│虚淵玄
2011年12月10日:商業誌

まどか☆マギカ The Beginning Story「ファンなら絶対に買うべき。読んだら納得!」

魔法少女まどか☆マギカ The Beginning Story書籍「魔法少女まどか☆マギカ The Beginning Story」【AA】がアキバでは9日に発売になった。書籍情報『虚淵玄による「まどか☆マギカ」シナリオを、物語の始まり0稿を含め完全公開!アニメでは語られない少女達の物語に触れる』で、+EVOLVEDさんのレビューは『まどか☆マギカファンなら絶対に買うべき。読んだら納得しますよ!』みたい。 全文へ>>
│虚淵玄
2011年10月07日:同人誌

Fate/Zeroの公式本 Fate/Zero material再入荷 「これが、覇権のオーラだ」

Fate/Zero material 2008年8月に出たFate/Zeroの公式解説本「Fate/Zero material」【AA】が、メロン秋葉原店に6日に再入荷した。書籍情報は『キャラクターや武器に関する設定資料及び用語辞典等、Zeroの世界をより深く楽しむための情報が満載!』で、メロン大阪日本橋店では「これが、覇権のオーラだ」が付いていたみたい。 全文へ>>
│虚淵玄
2011年10月02日:よもやま

アニメが始まった「Fate/Zero」 アドトレーラーとアニメイトPVジャック

Fate/Zero アニメが始まったFate/Zeroのアドトレーラーが、アキバに来てた。『全長16メートルの巨大トレーラーが、10月1日から9日まで都内ターミナル駅周辺を走行!(9月30日更新分)』みたい。また、アニメイト秋葉原では『Fate/Zeroがアニメイト全店をジャック!』として、他作品のコーナーでも店内のディスプレイは、Fate/ZeroのPVになってた。 全文へ>>
│虚淵玄
2011年10月01日:商業誌

コミックス版 Fate/Zero2巻 「サーヴァント同士の熾烈な戦闘の幕が上がる…!!」

Fate/Zero 虚淵玄氏のFate/stay nightスピンオフ小説「Fate/Zero」を、真じろう氏が漫画化されたコミックス版「Fate/Zero」2巻【AA】が、1日に発売になった。コミックス情報は『戦いの舞台・冬木市を訪れたセイバーとアイリを待ち受けていたのは、美貌の槍使い・ランサーだった。同士の熾烈な戦闘の幕が上がる…!!緊迫の第2巻!』になってる。 全文へ>>
│虚淵玄
2011年09月02日:商業誌

コミックス版 Fate/Zero1巻 「原作小説を見事にコミカライズ!」

Fate/Zero10月からアニメが放送される、虚淵玄氏が書かれたFate/stay nightスピンオフ小説をコミカライズした、コミックス版「Fate/Zero」1巻【AA】がアキバでは1日に発売になった。Fate/stay nightの10年前の第四次聖杯戦争を描いた作品で、COMIC ZINインフォメーションは『原作小説を見事にコミカライズ!』になってる。 全文へ>>
│虚淵玄
2011年05月29日:商業誌

【ネタバレ】 コミックス版まどかマギカ3巻早売り

コミックス 魔法少女まどかマギカ3巻 魔法少女まどか☆マギカの虚淵玄氏の脚本からハノカゲ氏が描き下ろされたコミックス最終巻「魔法少女まどか☆マギカ」3巻【AA】をアキバ某店とかで早売りしてた(発売日は30日)。『アニメ版と漫画版、物語は同じだけれども描写は幾つか異なる』みたいで、最終3巻オビは『いよいよ堂々完結!! 公式コミカライズ 全話描き下ろしで発売!』。  全文へ>>
│虚淵玄
2011年02月22日:POP

「血だまりもいいけど、ひだまりもオススメ。虚淵関係ないので、安心して読めるよ!」

血だまりスケッチ「魔法少女まどか☆マギカ」(主にキュゥべえ)は連日伝えている通り、秋葉原のいたる所で見かけるけど、あきばらいふさん経由で、メロン秋葉原店で「まどかマギカ」のキャラクター原案をされた蒼樹うめ氏の4コマ漫画「ひだまりスケッチ」に『血だまりもいいけど、ひだまりもオススメですこっちは虚淵関係ないので、安心して読めるよ!」』が付いてる。 全文へ>>
TrackBack(0)│虚淵玄
2011年02月15日:人気記事

一番人気画像はマミさんの頭部切断遺体。「まどか☆マギカ」が圧倒的だった週間アクセスランキング

漫画版 魔法少女まどか☆マギカ 2月8日~14日の記事で、一番アクセス数が多かったのは、漫画版「まどか☆マギカ」1巻早売りレビュー。アキバは正式発売当日にほぼ全滅し、キュウべぇは契約、契約しつこかった。各地で完売が相次いだのは、阿鼻叫喚のアニメ第3話で一気にもりあがり、部数が足らずだったっぽい。あと、先週一番人気の画像は首なしマミさん全文へ>>
│虚淵玄
2011年02月14日:商業誌

漫画版 魔法少女まどか☆マギカ1巻が、瞬殺だった理由

コミックス版 魔法少女まどか☆まぎか コミックス版「魔法少女まどか☆マギカ」1巻【AA】は、発売前からマミさんのあのシーンが予想以上にヤバイと話題?になり、発売日の12日のアキバは、とらのあなが3時間半で完売したほか、当日中に秋葉原のお店からほぼ全滅するくらいだった。発売日12日にアキバをまわった芳文社の営業さんも瞬殺っぷりを驚いたみたい。 全文へ>>
│虚淵玄
2011年02月10日:商業誌

アニメよりグロくなった「漫画版 魔法少女まどか☆マギカ(1)」 早売りレビュー

「漫画版 魔法少女まどか☆マギカ コミックス版「魔法少女まどか☆マギカ」1巻【AA】を某店とかで9日早売りしてた(発売日は12日)。徒然なる一日さん『マミさんの例のシーンは…グロさ100倍(;´Д`)』、EARL.BOXさん『「この作品にはグロテスクな表現や虚淵が含まれています」 とか警告を入れないと、表紙の可愛らしに騙されて買ったら大変なコトになるんじゃ!』などなど。 全文へ>>
│虚淵玄
2011年01月12日:商業誌

「Fate/Zeroの小説がとうとう商業化!オススメです!」

フェイトゼロ Fate/stay nightスピンオフ小説の商業版「Fate/Zero(1)第四次聖杯戦争秘話」【AA】が、11日に発売になった。星海社文庫の第一弾みたいで、ZIN秋葉原店のPOPは『絶望の中でこそ輝く希望。いま明かされる第四次聖杯戦争秘譚()』、とら秋葉原店AのPOPは『Fate/Zeroの小説がとうとう商業化!オススメです!』 だった。 全文へ>>
│虚淵玄


よもやま | POP | PC関連 | 商業誌 | 同人誌 | フィギュア | ゲーム | コスプレ | 人気記事
コラム | アキバBlogとは | アキバBlog