2005年06月06日

ジェンダーフリーと性教育

↑を、なぜセットで語るのか。が、まず、わからん。
「性差解消教育、はびこっている」中山文相が批判(朝日新聞)

中山成彬文科相は5日、宮崎県西都市で開かれた教育関連のフォーラムに出席し、「教育の世界においてもジェンダーフリー教育だとか過激な性教育とかがはびこっている。日本をダメにしたいかのようなグループがある」と述べ、文化的・社会的に形成された性差の解消を目指すジェンダーフリーの教育などを批判した

過激な性教育とジェンダーフリー教育をすると、日本がダメになるのか!
スゴイ論理だな。

しかし、こんなことをほざいておるのは、中山文相だけではないのだ。
自民党全体で、かなり力を入れておる。
↓ここ見てください。笑えます(笑い事じゃないんだけどね・・・)。
自民党ホームページ内「過激な性教育・ジェンダーフリー教育 実態調査プロジェクトチーム」

いきなり
「子どもは社会の宝、国の宝です。」

で、性教育、ジェンダーフリー教育の話につながるもんだから
「は? 国の宝の子どもが減っているのは、ジェンダーフリー教育のために女が強くなって
男の好きな時に、ナマでやらせてくれなくなったせい、とでも言いたいのか?」
なんて思っちゃったよ(うわ。下品な言い方。失礼しました)

このページに出ている性教育の教材がいいか、悪いか。どのぐらいの年齢の子どもに、どの程度まで教えるべきか。
それは当然、様々な意見があるだろう。
わしなんかは、あんまり早く教えないほうがいいと思っているしね。
(だって、つまんないでしょ、あんまり早く知っちゃうと:笑)

とはいえ、低年齢から性の対象として被害に遭う場面も増えている昨今、昔みたいに「雄しべと雌しべが〜」ですませられないのも事実。
時代にあった性教育については、意見をぶつけ合い、よりよい方向を考えていくべきだろう。

でさあ、それはそれとして、なんでそれがジェンダーフリー教育(自民党的に言えば性差否定教育)とセットで語られるの?
しかも、中で引用されている、コレ↓

家庭科教科書で家族や結婚を否定的に教える
(例) 家庭崩壊のすすめ
「例えば祖母は孫を家族と考えていても、孫は祖母を家族と考えていない場合もあるだろう。家族の範囲は全員が一致しているとは限らないのである。犬や猫のペットを大切な家族の一員と考える人もある。」
(東京書籍)

家庭崩壊、勧めてないでしょ、別に。
いちゃもんつけすぎ。
このページから飛べるアンケートページも含めて、いちゃもんの嵐だ。

下のほうに書いてある、自民党と民主党のジェンダーフリーに対する考え方の差なんて、「民主党の宣伝してやってるのか?」と思っちゃうような内容なんだが、
その横でほほえむ安倍晋三も含めて、こういう自民党を支持する人が多いのだろうか。
多いんだよな、ずっと政権とってるんだもん。

ウーム、世の中不可解。

gegenga at 14:55│Comments(56)TrackBack(10)ニュースにいちゃもん 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アラクノフォビア  [ 非国民のチャンネル ]   2005年06月08日 02:12
barbaroidさんが紹介していたデーヴ・グロスマン『戦争における「人殺し」の心理学』(ちくま学芸文庫2004)を読了。 関係あるのか無いのか、自分でも判然としないのだが、クモ嫌いを克服する話を思い出した。
2. どなたか、おせーてください  [ 光るナス ]   2005年06月09日 19:40
gegengaさんとこのブログ・かめ?の「ジェンダーフリーと性教育」に、うちゃさんがこんなコメントを寄せていました。 「それで当人が幸せに思っているなら、別にそれでもかまわないんですけど、なぜか、男女を問わずその価値観に他人を従わせようとしてくるのが困ってしまう
3. 「料理」と「炊事」  [ Non-Fiction ]   2005年06月10日 00:42
 いきなりですが、私は料理は結構好きな方です。最初は山ほど失敗しましたが、だんだん慣れてくるとどうすると美味しくできるか分かるようになってきて、楽しいです。それから、どうやら私は人を料理でもてなす行為というのが好きみたいです。得も言われぬ快感があるんです
4. やっぱり「ジェンダー」はフリーじゃないと「私」が「困る」と、つくづく思った。  [ HERIKUTSUなる日々(by jabberwock) ]   2005年06月10日 16:17
きっかけは毎日新聞6月9日12版家庭面に載っていたコラム。 (えっと、全文転載は著作権法上問題あるというのは分かりますが、この感覚は全文じゃないと理解できないと思いますので、あえて丸写しいたします。どうぞ、私に損害賠償を請求してくださいまし>毎日新聞様)
5. 家事労働は尊い。  [ 絵ロ具。 ]   2005年06月10日 20:48
下の記事で山谷えり子議員の発言を茶化したのだが、この発言と「家事」について、前記事で参考にしたブログさんたちの間で真摯なやり取りが交わされていたので、なんだかバツが悪い気がして家事について書く。 俺は家事を軽視してはいない。 現在過去において「家事は
6. 【自民党拉致シンゾー】子供は国の宝?大きなお世話プロジェクト  [ 反米嫌日戦線 LIVE and LET DIE(三流偏向不公正独断蝦夷自分趣味) ]   2005年06月11日 01:20
拉致で売名行為シンゾーの時代錯誤プロジェクト発進! 自民湯が「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクト」というのを立ち上げたらしいな。
7. 『この国のすがたと歴史』を読む。その1  [ 一風斎の趣味的生活/もっと活字を! ]   2005年06月11日 07:39
6月6日のgegengaさんのブログ「かめ?」で、ジェンダーフリー教育に関して、コメントを寄せた。 その中で、小生は、「家父長権力が発揮できることが、家族のあるべき姿なんだと信じている/信じたい」人が、ジェンダーフリー教育に対して批判的なのでは、と述べた。 実は、
8. 「ジェンダーフリー」でgoogle検索をかけたらアレな結果になる件について  [ 成城トランスカレッジ! ―人文系NEWS & COLUMN― ]   2005年10月15日 17:28
既にちょこっと触れたとおり、今「ジェンダーフリー」で検索するとかなりシュールな状態((要するに、『世界日報』を引用したサイトだらけってこと。))。で、とうとう「「ジェンダー」使用禁止令(仮)」の件で思い立ち、えい、やー、と「ジェンダーフリーとは」というページ...
9. べつにフェミニストってわけじゃないんだけどね  [ Non-Fiction ]   2006年01月25日 09:35
gegengaさんの半年前のエントリーに一般人という人からこんなコメントが書かれていた。 半年以上も前のエントリで恐縮ですが、これまでコメントされた方々は何を勘違いされているのでしょうか。問題になっている"過激な"ジェンダーフリー(以下、ジェンダー)について全く知...
10. 理科教育は攻撃されるべきなのか  [ たまごの距離 ]   2006年01月25日 21:52
 gegengaさんのエントリーにあるコメントに、当のgegengaさんが対応しないと明言しているのに私が応酬のようなコメントを書いてしまった。だからそのコメント者がgegengaさんのところではなくここで書きたいことを書けるように、エントリーを立てておく。  (ニセ科学関...

この記事へのコメント

1. Posted by 非国民   2005年06月06日 22:41
悲鳴のようにも聞こえるこの言説の裏にあるのは、やはり、変化への漠然とした恐怖なのでしょうか。
彼らが何をそんなに怖れているのか。そのへんが読めれば、対話の糸口になりそうなんですがね。
2. Posted by うちゃ   2005年06月06日 22:50
 そのページ、まだjenderのまんま直ってないところを見ると、genderってのがなんのことやら
実は分かってないのかもしれません(^^;
 まきこさんのところで紹介した記事にもあったように、女性の方が男性よりも理不尽な命令には従わない人が多いみたいなので、彼らにしてみれば、女性が社会に進出するのは都合が悪いんだろう、とか余計な勘ぐりをしたくなります。

 
3. Posted by アキラ   2005年06月07日 00:31
>ウーム、世の中不可解。

って、うふ、分かってるくせに。
この、い・け・ず・ (^o^)
4. Posted by 一風斎   2005年06月07日 09:36
彼らの中では
「家族」と「国家」という範疇の違うものが
同じ地平にあるようですな。

ですから、「家族を否定」するような動きは
「国家を否定」することのように
思えるんでしょうね。
だけど、小生と
「家族」像や「国家」像が
ここまで違う人たちも
世の中に少ないなあ。

でも、政治家のみなさん(特に、自民党および民主党右派)
を見ていると、
とても「家族愛」に満ちているようには
思えないんですけど。

きっと、家父長権力が発揮できることが
家族のあるべき姿なんだと
信じている/信じたい
んでしょう。

では、また。
5. Posted by gegenga   2005年06月07日 22:12
>非国民さま
人は本能的に「変化」を怖れるものなのかもしれませんね。
だから、変化させたい側は、その変化は怖くないと、気長に言い続けるしかないのかもしれない。

が、私はそんなに大人じゃないので
>彼らが何をそんなに怖れているのか。
大人の女。
とか言って、挑発したくなってしまいます(笑)

が、そういうことを言うから対話の糸口がなくなっちゃうんだと、反省。

怖くないわよ〜、大丈夫よ〜。
とか言ってみる。

よけい挑発になっちゃうか(爆)
6. Posted by gegenga   2005年06月07日 22:18
>うちゃさま
>女性の方が男性よりも理不尽な命令には従わない人が多いみたいなので、彼らにしてみれば、女性が社会に進出するのは都合が悪いんだろう
あぁ、なんかわかります。

小娘だった会社員時代、意見するとか逆らうとかでは全然なく、普通に話をしただけで、いきなり怒り出すオヤジに何度か遭遇しました。
今にして思えば、自分たちの「理不尽はあるが、それも飲み込んで調和を保っている世界」に、フツーのことを言う小娘が入ってくること自体が、不愉快だったのかな、と、思います。

おばさんになると、イヤな顔されるだけで、怒られなくなりました。
ただ、かなり嫌われているな、と思う時は、多々あったりする。。。。
7. Posted by gegenga   2005年06月07日 22:23
>アキラさま
あら〜ん、イヤ〜ん(笑)

でもね、マジな話、頭ではわかっていても、心ではわからない感じです。
支配したい人、されたい人、どっちも。

そんな私は、好きにやらせてもらいたい人。
8. Posted by gegenga   2005年06月07日 22:29
>一風斎さま
>きっと、家父長権力が発揮できることが
>家族のあるべき姿なんだと
>信じている/信じたい
>んでしょう。
きついことをズバリと言ってくださって、ありがとうございます(笑)

上のコメントにも書きましたが、そういうことなんだろうなあと思いつつ、よくわかりません。
家父長権力を発揮して、何か嬉しいんでしょうか?
また、こういう政策を支持する女性は、強い家父長権力を発揮してもらいたいんでしょうか? 強い家父長に従うことが嬉しいんでしょうか?

小学生の学級目標みたいですが「みんな仲良く」のほうが、私は嬉しいなあ。
9. Posted by アキラ   2005年06月08日 17:02
男ってのは、よくご存じのようにそれはそれは弱いもんでして、それなのに、強くなければいけないと周りから要求されているように、どっかで自分で勝手に思い込んでいて・・・というような、ろくでもない生き物です。

そもそも「父親」という存在は、まず相方から「あなたが父親だ」と認めてもらわねばならず、さらに子どもからも「あなたがお父さんだ」と認めてもらわなければ、実は「父親」になんかなれないわけです。
誰の子か、彼女が黙っていれば、ホントのとこは分からないわけですから (^o^)。
母親は間違いなくその子の母親ですが、父親はホントにその子の父親かは、常に???です。
「指名」を、信じるしかない。

10. Posted by アキラ   2005年06月08日 17:03
(続き)
それがあんまり不安だし、相手方の承認でしか自分の位置や地位が確保できない「しょぼさ」がとってもイヤで、オトコたちは結託して「家父長的な制度」を編み出したのでした!!
不安で不安で、そんで相変わらず自分が「家父長的な制度」抜きではあまりにしょぼいということも、うすうす&重々分かっているので、そんな方々が「家父長的な制度」をむざむざと手放すわけがない!!

不安じゃねー、しょぼくねー、と胸を張って「男らしく」言えるなら、「家父長的な制度」を手放してみな。
できねーのか? 悔しかったら、ほれ、手放してみな。
というのが、わたしの持論です。

いかん! よそ様で重大な発表をしてしまった!!
11. Posted by アキラ   2005年06月08日 18:02
追加です。
あと、野口整体的な観察からしても、「言われたことしか出来ない」「言われた通りにしか出来ない」タイプの人間というのは、確かにいます。
(自民党の武部さんなど、そのタイプに見えます)
これは素質みたいなものなので、その人に「自分で考えた通りにやればいいんだよ」というのは、逆に酷だったりします。
「自分らしく在れ」が針のむしろになっちゃう。

ま、「言われた通りには絶対出来ない」「言われた通りになんか絶対したくない」
「はい、ではこれをやってみて下さい」と言われても、どうしても何かオマケをつけてやりたくなってしまうgegengaさんには、理解不可能でしょうねぃ(ニヤリ)。

あ、だから「オマケ好き」なのかなぁ・・?? (^o^)
12. Posted by gegenga   2005年06月08日 22:16
>アキラさま
クゥ〜、痛いところをつかれてしまったぜ(笑)
>「言われた通りには絶対出来ない」「言われた通りになんか絶対したくない」
「はい、ではこれをやってみて下さい」と言われても、どうしても何かオマケをつけてやりたくなってしまう
<この通りの人格で、人生苦労しまくってますぜ!(爆)
「秘書には絶対なれない」と、人に言われたこともあります〜。
付加価値をつける女、と呼んでやってください。
13. Posted by gegenga   2005年06月08日 22:20
(続き)

男の人の根本的な不安、みたいなものは心情的にも理解できます。
だって私、子どもができた時
「フフフ、こいつの父親が誰か。それはアタシにしかわからないんだぜ」と思いましたもん。
まあ、今の夫しか身に覚えはなかったんですが。

それでね、股の間からそれをひねり出したのもアタシだし(笑)、それで出てきたものをいきなり「あなたの子どもよ」って言われても、男の人は困っちゃうだろうなあって、思いました。
14. Posted by gegenga   2005年06月08日 22:29
(まだ続き)

だからさぁ、不安なら不安て素直に言って欲しいわけよ。
私、それでふがいないとか、だらしないとか、男らしくないとか、男失格とか、全然思いませんもん。
普通でしょ、それ。

でも、自分が「不安」「自信がない」「わからない」って認めるには、逆に「強さ」が必要だったりするんですよね。
その「強さ」がないからって、「家父長制度」なんて、自分たちの不安をごまかすために、自分たちで勝手につくったものを、女に押しつけるなよ、と、私は言いたい。のですが・・・。

コレを支持する女も、かなりいるわけで。

やはり、私にとっては、世の中は不可解です。
15. Posted by gegenga   2005年06月08日 22:33
(おまけ)

でも、ウチのブログに来てくださる男性は、皆さま、その辺を超越していて、とてもよいと思っております。
「不安」を認める「強さ」を、自然にもっている感じ。

ウチの夫もそうです〜。
と、最後に、何となくのろけてみる(爆)
16. Posted by うちゃ   2005年06月08日 23:33
>コレを支持する女も、かなりいるわけで。
 それで当人が幸せに思っているなら、別にそれでもかまわないんですけど、
なぜか、男女を問わずその価値観に他人を従わせようとしてくるのが困って
しまうところで(^^;
 何が幸せで何が不幸かなんて、当人にしかわからないんだから、勝手に決め
付けないで欲しいんだけどねぇ。
17. Posted by gegenga   2005年06月09日 16:44
>うちゃさま
そうなんですよねえ。
自民党のアレは、本当に大きなお世話って感じで。
いろんな価値観があることが嫌いなんだろうなあ、ということだけはよくわかりました。

そういう私も、人に自分の価値観を押しつけないようにしないと。
「なんでそんなに、自分の亭主に気を使ってんだよ!」と怒りたくなることがあっても、我慢我慢。
当人同士がそれで幸せならば、それが一番〜。
18. Posted by kawahara   2005年06月09日 18:19
はじめまして。ハムぞー所長様のブログから来ました^^。

>コレを支持する女

自民党の高市早苗さんはナゼなのか知りませんが、一般人だとそれはカンタン!「楽。面倒なことを考えずにすむ。責任を押し付けていれば良いから。」ヘタに欧米のように平等だ、主婦だったら夫がサイフを握っている、だったらたまったものではない、からだと思います^^;。だから外では夫が上のように振舞うが家庭内では・・・。

>安倍

この人って確か奥さんとの間に子供が出来なくて、親類にヤイヤイいわれた際に必死で妻を守ったという皇太子並みの美談が雑誌の見出しになってたような気が・・・。一時期はウッカリ「いい政治家だ」と思ってましたが、今はちょっと・・・、と思ってます。

>自民党および民主党右派

正直今時この人達に確実に忠実に入れてくれるのは年寄りと何らかの団体ぐらいだからでしょうか。

19. Posted by kawahara   2005年06月09日 18:31
(続き)
そういえば小林よしのりが「新しい教科書を作る会」(でしたっけ?名前。)をやめたきっかけが右翼系の宗教団体の関与が激しくなったからだそうです。詳しいことは知りませんが、確かに意外とこういうのって関わってくるんですよね。
私の故郷の田舎のおばさんは結構この手の団体に入るんですよ。理由はまあいろいろなんでしょうけど。実家にもたまにそういう人(実は母方の親類が母と伯父以外その手のにハマってまして・・・。だから母方のいとことかはとこはみんな「素朴で逆らわないいい子」なんです。ホント。男女とも昭和40年代の吉永小百合主演映画に出てきそうな外見だし。マジキモイ・大笑)が来て本を置いていくんですが、内容はともかく政治家の写真がグラビアにやたら出てきて。なんか戦前みたいな写真(隊列組んで奉仕作業、とか)ばっかでスッゴクキモいんですよ。
20. Posted by アキラ   2005年06月09日 19:15
>付加価値をつける女、と呼んでやってください。

(大爆!!)

ものは言いよう・・・いや、ものは良いように、ってやつでしょうか??
付加されたものは、一体誰にとって?価値があるんでしょーー〜
僕にもあるかなぁ (^o^)。
21. Posted by gegenga   2005年06月09日 22:15
>kawaharaさま
こちらでは、はじめまして。
このようなバカブログに、よくお越しくださいました(笑)

>「楽。面倒なことを考えずにすむ。責任を押し付けていれば良いから。」
うん、うん、これはありますよね。
何も自らすすんで面倒なことをやらなくても、と、自分で自分につっこみを入れることも多々ある私(笑)
「らく」と「たのしい」は同じ「楽」という字を書きますが、なかなか両立しないことも多く、両立しない場合、私は「たのしい」ほうを選んでしまうので、人生あまり「らく」ができません。

>なんか戦前みたいな写真(隊列組んで奉仕作業、とか)ばっかでスッゴクキモいんですよ。
あぁ、想像できる!
しかも、怖いもの見たさで見たくなってきた!!(爆)

これをキモイと思わない人たちが、そういう人たちに投票するのかな。
22. Posted by gegenga   2005年06月09日 22:18
>アキラさま
付加されたものは、もう、それはそれは万民にとってすばらしく価値のあるもので(笑)
決して、私だけの「自己満足」とか「納得」とか「美意識」ではない、はず、だ(爆)
23. Posted by うちゃ   2005年06月10日 00:49
背中がぞくぞくする話をDoxさんのところで見つけてしまった。
http://dox.ameblo.jp/entry-24d75bf6bb445fea6d70abb098697a07.html

なんでこれがこんなに気持ち悪いんだろう? でも本当にこういう気持ちで毎日家事をやっている人って、私はちょっと勘弁して欲しい。えらいなぁ、とは思えないな。
24. Posted by gegenga   2005年06月10日 08:27
>うちゃさま
Doxさんのところのお話、怖すぎます・・・。
ホラー映画ができちゃうよ、これじゃ。

つくす気持ちが裏切られた時、貞淑な主婦は、殺人鬼に変わった。
「ファミリー・キラー」
―――最愛の夫と子どもを殺した妻の、心の闇を描く。

みたいなー!!
25. Posted by 一般人   2006年01月22日 19:03
半年以上も前のエントリで恐縮ですが、これまでコメントされた方々は何を勘違いされているのでしょうか。問題になっている"過激な"ジェンダーフリー(以下、ジェンダー)について全く知らない発言としか思えません。

・更衣室が男女共同
・トイレが男女共同
・男の子に「鯉のぼり」、女の子に「ひなまつり」を否定
・男女混合での騎馬戦、身体検査
・林間学校などで男女同室宿泊

これらが別に構わないと言われたら返す言葉もありませんが・・・

>ジェンダーフリーと性教育をなぜセットで語るのか。が、まず、わからん。
 →ジェンダー推進派がセットにしているだけのことでは?

続きます>
26. Posted by 一般人   2006年01月22日 19:03
続きです

>「子どもは社会の宝、国の宝です。」
で、性教育、ジェンダーフリー教育の話につながるもんだから
「は? 国の宝の子どもが減っているのは、ジェンダーフリー教育のために女が強くなって
男の好きな時に、ナマでやらせてくれなくなったせい、とでも言いたいのか?」
 →考えがとても浅はかですね。なぜ「少子化」が出てくるのかが、まずわかりません。まともなジェンダーフリー運動はもちろん存在しますが、上で挙げたような"過激な"ジェンダーフリーとは男女の個性を否定するものです。自民党は後者について批判しているだけです。社会人の立場で更衣室や身体検査が男女共同なんて受け入れられますか?異常だとは思いませんか?子供の時期に異常な教育を受けてまともな大人になると思いますか?
27. Posted by うちゃ   2006年01月23日 06:56
一般人さん
 まずはこちらを一読下さい。
http://seijotcp.hp.infoseek.co.jp/genderfreeQandA.html
 もちろん、この内容をそのまま信じる必要はありません。きちんと反証をあげて反論していただけるなら、ありがたいと思います。
28. Posted by gegenga   2006年01月23日 20:59
>うちゃさま
私の代わりに応えてくださって、どうもありがとうございます。

>一般人さま
私もお勧めです↓こちら。
http://seijotcp.hp.infoseek.co.jp/genderfreeQandA.html

ウチのようなバカブログの、しかも半年も前のものをお読みになるより
はるかに有意義だと思います。

またこれはよけいなお世話かもしれませんが、少しは「ギャグ」もお勉強なさったほうがよろしいかと存じます。
私のすべったギャグに突っ込むのに
>考えがとても浅はかですね。
これじゃあ、「頭の悪い人」に見えてしまいますから。
29. Posted by 一般人   2006年01月24日 01:49
そのサイトなら既に知っています。勧めているのが基本的にそのサイトのような考え方なら特に問題は無いと思いますが、だからと言って前回のコメントで挙げたような異常な連中がいないとは言えません。
かなり昔に実際あったことですが、小学校の教師が性教育という名目で児童を全員裸にさせて性器の写真を撮ったことが事件になったことがあります。まあこれは明らかに犯罪ですが、学校で行われている事なんて保護者には伝わりにくいものですから、子供が親には言えないようなことが、大なり小なり潜在的に起こっている可能性は十分ありえます。

ところでアレはギャグだったのですか。私は結構クダラナイことでもよく笑える方なのですが、正直笑えませんでした。よけいなお世話かもしれませんが、冗談にならないギャグは引くだけなのであまりオススメできません。
30. Posted by gegenga   2006年01月24日 19:02
>一般人さま
>よけいなお世話かもしれませんが、冗談にならないギャグは引くだけなのであまりオススメできません。
はい、深く反省しております。

>かなり昔に実際あったことですが、小学校の教師が性教育という名目で児童を全員裸にさせて性器の写真を撮ったことが事件になったことがあります。まあこれは明らかに犯罪ですが、学校で行われている事なんて保護者には伝わりにくいものですから、子供が親には言えないようなことが、大なり小なり潜在的に起こっている可能性は十分ありえます。

可能性は十分あると思いますし、大変に嘆かわしいことだと思います。
子どもたちのために、シッカリと取り締まらなければいけません。

で、これがジェンダーフリーと、どんな関係が?
31. Posted by gegenga   2006年01月24日 19:06
(つづき)
どんな関係が? と書きましたが、答えを期待しているわけではありません。
あちらのサイトを読み、なおかつこのような事例を出してくる方と議論する能力も、する気も、私にはございません。

また、心優しい皆さんがスルーしてくださった、私のすべったギャグに
ピクリとも面白くない突っ込みをしてくる方とお話ししても、楽しくもありません。

よって、今後、書き込みをしていただいても返事をする気がないことを、ここに宣言いたします。
32. Posted by まきこ   2006年01月24日 22:58
すべったギャグってどれだ? もしかしてこれか?

> 「は? 国の宝の子どもが減っているのは、ジェンダーフリー教育のために女が強くなって男の好きな時に、ナマでやらせてくれなくなったせい、とでも言いたいのか?」

悪いけど、これ、ギャグになってないぜ。マジだよ。

山口県宇部市。ここで2002年に男女共同参画推進条例っていうのが決まったんだけど、これは当時ジェンダーフリーのバックラッシュとよばれた条例で、ジェンダーフリーを進めるために審議会が出した原案から、大きく改変されてしまったという経緯があるのよ。
33. Posted by まきこ   2006年01月24日 23:10
これが原案。第3条の5を見て。
http://www.city.ube.yamaguchi.jp/danjo_s/2/6.html

そしてこれが決まった条例。
http://www.city.ube.yamaguchi.jp/danjo_s/2/index.html

内容が全く変わっていて、「妊娠、出産その他の生殖に関する事項に関し、自らの決定が尊重されること」というのがどこにもないでしょ。
妊娠・出産をするかしないかについて女性自身の決定が尊重されることを望まない人たちがいるのは、おそらく間違いないと思われ。
34. Posted by 南郷力丸   2006年01月25日 02:27
 山口だけに「gender-free」が「jender-free」になっちゃったんじゃないの?
 って、地元の人じゃ笑い事じゃないでしょうけど。
35. Posted by うちゃ   2006年01月25日 09:36
一般人さんへの反論、書いて見ました。コメント欄じゃ絶対入り切らないし、読みにくくなると思ったので、エントリー作ってトラックバックします。
36. Posted by gegenga   2006年01月25日 16:22
>まきこさま
なんじゃ、こりゃーっ!?

>妊娠・出産をするかしないかについて女性自身の決定が尊重されることを望まない人たちがいるのは、おそらく間違いないと思われ。

じゃー、おめーが産めや!
と言いたい。

ギャグになってなかったんですなぁ、私のあの発言(泣)
37. Posted by gegenga   2006年01月25日 16:23
>南郷さま
笑えない、笑えない。
笑えないのが、情けない・・・。
38. Posted by gegenga   2006年01月25日 16:25
>うちゃさま
根気のない私に代わっての反論。
ありがとうございますぅ〜。
39. Posted by まきこ   2006年01月25日 23:47
あ、おいらんとこにも遊び場つくっときましたんで、遊びたいかたはどーぞ。
40. Posted by うちゃ   2006年01月26日 07:09
>じゃー、おめーが産めや!
>と言いたい。
 これを言われると言い返せないから、いろいろ理屈をつけたり、権力を使ったりしてくるんじゃないですか。
41. Posted by gegenga   2006年01月26日 10:32
>まきこさま
それじゃあ、私が遊びに。

って、招かれてるのは違う人かな?
招かれてる人、行くかな、行くかな??
42. Posted by gegenga   2006年01月26日 10:36
>うちゃさま
>>じゃー、おめーが産めや!
>これを言われると言い返せないから、
おめーが産めやは反則なわけで、だからこちらも極力言わないようにしているのに、いろいろ理屈にならない理屈つけたり、本人は持っているつもりでも、実は「ナンボのもんじゃい?」という程度の権力を振りかざしたりするから
言いたくなっちゃうんですよねぇ〜。

泥仕合になるのは避けるべきなんでしょうが
泥仕合の回避の仕方がわからないです。
43. Posted by アキラ   2006年01月26日 21:21
> 招かれてる人、行くかな、行くかな??

行かないと思いますよ〜。

思うにですねぇ、gegengaさんの「ギャグ」がスルーされなくて困っちゃったようにですねぇ、「くだんの方」のコメントも、実は「ギャグ」だったのに「スルーされなくて」、多分すごく困っちゃってると思うんですよ。
ギャグだろ〜、そんな反応しないでおくれよ〜みたいな。
44. Posted by gegenga   2006年01月27日 23:10
>アキラさま
あぁ、あれギャグだったのか!
そいつぁ、全然気がつかなかった。
悪いことしたかも。
もし、ギャグだったら。

じゃあですね、「現在、国論は分裂していないのか」のところにトラックバック貼ってくださった方も、ギャグだと思います?
私は素晴らしいギャグだと思うのですが。
「氷川きよし国営化作戦」。

向こうにこういうコメント書きたいのですが、もしギャグじゃなかったら申し訳ないと思って遠慮しています。

私、ギャグ認定に自信がないので、アキラさん、コメント書いてきて確かめてください(と、他人にフッテみる:笑)
45. Posted by まきこ   2006年01月28日 02:16
やっぱギャグですかね。
それならめちゃくちゃぶりも納得いくかもー。
46. Posted by アキラ   2006年01月28日 15:33
gegengaさん、
先方に、真剣にコメントしてみました!
47. Posted by アキラ   2006年01月29日 09:45
gegengaさん、
ギャグでもありませんでしたし、話も出来たです!
48. Posted by gegenga   2006年01月29日 13:34
>まきこさま
そうじゃないと納得のいかないメチャクチャぶりだよなあ。
49. Posted by gegenga   2006年01月29日 13:36
>アキラさま
すごいです、感動しました!
話、かみ合ってるじゃないですか!!

うーん、そうかぁ、こういうふうに会話の糸口をつかめばいいのかぁ。

ありがとうございます。
すごく勉強になりました。
今度、余裕がある時に(笑)試してみます!
50. Posted by ギララ   2006年04月15日 18:17
若者達の間でこんなことがまかり通って、性教育が善き影響を及ぼしていると言えるのでしょうか?
・「エンコー」「エンコー」なんて言っている少女達
・性病にかかる中高生
・強姦などの性犯罪
・風俗に手を染める女子高生
・巷に溢れる猥褻出版物。それに興味を抱く中高生…etc

こんなこと、親や教師達の世代で考えられますか?



51. Posted by ギララ   2006年04月15日 18:18
全文の続き
若者達の青春が、このようなもので汚されているのです
行き過ぎた性教育も、皮肉なことに、このような現象を引き起こしているのです
もっと大人は危機感を感じないのでしょうか?

援助交際の激増や 性病にかかる中高生、強姦などの性犯罪、風俗に手を染める女子高生、 巷に溢れる猥褻出版物。それ
に興味を抱く中高生の激増はみんな行き過ぎた性教育の延長線上に起きた出来事です。今の子供達は 皆、性教育の犠牲
者なのです。今の子供達はマスコミやメディアの性情報の危機にさらされているのではなくて行き過ぎた今の過激性教育
の危機にさらされているのです
52. Posted by jabberwock   2006年04月16日 11:57
5
http://blog.livedoor.jp/jabberwock555/archives/50404783.html

(笑)
53. Posted by gegenga   2006年04月16日 13:02
>ギララさま
はじめまして。
こんな大昔のところに書き込みくださって、ありがとうございます。

このコメント、ネタ、ですよね?

>・巷に溢れる猥褻出版物。それに興味を抱く中高生…etc
まあ、昔より入手しやすくなったのは確かだけど、昔から中高生はこういうものに興味津々だったよなぁ、
なんて細かいことはおいておいて。


何を持って「行きすぎた性教育」というのか
そして、ここに書かれたような若者の性的乱れに「行きすぎた性教育」がどのような影響を与えているのか
まったく書かれていないこの意味不明のコメントが
マジ、だなんてこと、ないですよね?
54. Posted by うちゃ   2006年04月16日 22:15
ギララさん
 とりあえずこっちを参照
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20060305/p1
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20060306/p1

 調査をしたのは自民党だからね(笑) 彼らは調査しっぱなしで、センセーショナルな例と数だけ報告して終わっちゃったけど、
こうやってちゃんと内容を分析して記事になるんだから、まあ意味はあったかな。
55. Posted by うちゃ   2006年04月17日 21:40
もっといいもの見つけちゃったよ。
http://ameblo.jp/hiromiyasuhara/entry-10011113761.html

少年少女を勝手に悪者にしないようにね。
56. Posted by gegenga   2006年04月18日 22:21
>うちゃさま
ご紹介のURL、昨日飛ぼうと思ったら混んでいていけなかった。

私も事件数のわりに報道が多い気がしていたのですが、こうやってきちんと検証してみると、すごいですね。
報道を鵜呑みにすると、ホンと、危ないなぁ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔