2005年12月27日

どちらを雇うか

先ほどNHKで、厚生労働省が「男女雇用機会均等法」を見直し、次期国会に改正案を提出するというニュースをやっていた。
↓内容は、こんなの。
出産理由の配転禁止・男女雇用均等法改正の最終案(日経新聞)

まあ、当然だな。
っていうか、

妊娠・出産を理由にした本人の意に反する配置転換や、正社員からパート社員への契約変更を強要するなど不利益な処遇を禁止するのが柱。

禁止されてなかったのかい。


と、ここまでは前ふりで(長いな、前ふり:汗)
今日のお題は

なぜかしつこく、ジェンダーフリーについて考える〜雇用編〜


とある会社が、人を一人、採用しようとしている。
仕事内容は、かなりきつい肉体労働。
筋力、持久力がないと、とても続かない。

で、応募してきたのが

浜口京子浜田文子でも可)



運動経験ナシ。
徒歩10分のところに買い物に行くのにもマイカーを使う。
ここ5年間で持ち歩いた一番重いものはノートパソコン。
という、28歳の男。

さて、あなたは、どちらを採用しますか?

この男性が鍛えてみたらすごく力持ちになる、という可能性もあるが
現時点の能力で判断するなら
浜口京子(浜田文子でも可)を採用したほうが得なはず。

が、「男だから」っていう理由で
運動経験ナシ。徒歩10分の・・・以下略・・・男を採用したりしちゃうわけだ、今の日本企業。

といっても、わしは全然、この運動が苦手な男性をバカにしたりしない。
この人はこの人で、違う適性があったりするはず。
たとえば、事務処理能力が高くて、気配り上手。
好きなこと&得意技は、整理整頓。だったりして。


ここに、営業アシスタントを採用したい企業がある。
(浜口京子や浜田文子の事務処理能力はわからないので)
そこに、わしが応募したとする。
で、もう一人が、この男性。
どちらを採用するか。

自分でいうのもなんだが、絶対に、この男性を採用したほうがお得だ。
それが
「うーん、おばさん、ちょっと年がいってるけど、まあ、いいか」なんて言って
わしを採用しちゃったりする企業があるんだよな。


「男女」の枠にとらわれることで
この2つの企業は、損をしている。

また、わしは己を知っているので
決して事務処理能力や細やかさが求められるところに応募したりはしないが
自分自身を男女の枠にはめるタイプの人だと
「男だから」「女だから」っていう理由で
自分に向いていない職業に就いちゃったりする可能性も高い。

企業にとっても
女にとっても
男にとっても
これは、不利益、そして、不幸。


と、こういうことを書くと
「こんなの極端な例じゃん。フツーは、女より男のほうが力があるし、細かい作業は女のほうが向いているよ」
というヤツがいたりするわけだが。

力がある女、力がない男、おおざっぱな女、きめ細やかな男は
自分の能力を生かす機会を奪われてもいいというのか。
そんなこと、浜口京子や浜田文子に言えるかね、あんた?
わしは、怖くて言えないぞ。

少数派だからといって、不利益を被るいわれはないのだ。


男っていうのは、とか
フツーの女は
なんて、くだらないことほざいて
自分や他人の可能性を奪うのは、もうやめよう。

男や女である前に
自分は自分だ。
フツーの男やフツーの女の人生なんか、目指す必要はない。

わしは、わしの人生を生き抜く。


邪魔すんなよ!!

gegenga at 21:13│Comments(17)TrackBack(1)日常生活にいちゃもん 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 参入障壁  [ Non-Fiction ]   2006年01月17日 23:49
 最近一部で話題のこちらの記事、「男女混合名簿」が引き起こすモノ、異論に「反論」  もうあちこちでいろいろ突っ込みが入っているので、いまさら付け加えるようなものはないけれど、  とりわけ「男女共同参画」「ジェンダー論」といったテーマになると、男性は女性の...

この記事へのコメント

1. Posted by 一風斎   2005年12月27日 23:03
>わしは、わしの人生を生き抜く。
>邪魔すんなよ!!
っていう決めゼリフが
gegengaさんらしくていいですね!

ところが!

「こんなに元気のいい人を
女にしておくのは
もったない」

という人が
必ずいるんだよな。

では、また。
2. Posted by うちゃ   2005年12月27日 23:58
 さすがに、最初のフィルターに性別を使うことはずいぶん少なくなってきてると思うんですよね。それって分かりやすいし、指摘する方も楽。
 微妙なのが、最後のフィルターに使われてしまうケースです。まったく同じ能力、資質の男女が同時に応募してきた場合、(職種にもよりますが)おそらく十中八九、男性が選ばれてしまう。それがちゃんと意味の有る選択になっていればいいのですが、まるっきり男女のバイアスが影響しないはずの職種でも、この偏りは残っちゃってることが多い。
3. Posted by (まめ)たぬき   2005年12月28日 08:57
ハムぞーさんところからきました。

私もいつも主張してるのは
男女の性差より個人差のほうがでっかいよ!なんですが
女子だという理由で理系に行かないヒト多い。
もったいないよお…。
労働問題で、職種への性別フィルターでおかしいのは・・・
看護・介護ってなんで女の仕事と思われてるんでしょう?
(女の仕事と思われると賃金が安くなるのもへんだけどね)
4. Posted by gegenga   2005年12月28日 20:51
>一風斎さま
>「こんなに元気のいい人を
女にしておくのは
もったない」

という人が
必ずいるんだよな。

なんてナイスな突っ込み!

そうなんですよねえ。
しかも、本人はほめているつもりだったりするので、手の打ちようがない。

ながーい時間をかけてつくってきた価値観ですから
そう簡単には変わらないんでしょうね。

ジワジワと、しつこく言い続けるしかないと、思っております。

もちろん、黙るつもりはナシ!
5. Posted by gegenga   2005年12月28日 21:03
>うちゃさま
>まったく同じ能力、資質の男女が同時に応募してきた場合、(職種にもよりますが)おそらく十中八九、男性が選ばれてしまう。

こうなると、文句のつけようがないんですよねぇ・・・。
大きい企業のほうが、こういった「目に見えないバイアス」が残っている割合が高い気がします。

これは、上にも書いたようにジワジワと、しつこく変えていくしかないのでしょうが
私がもっと腹立たしく感じるのが「自主規制」。

「男女平等は正しいと思うのですが・・・」と前振りしつつ
今までの習慣の中にどっぷり浸かり、そこから1ミリも動きたくないのよぉ、っていう人たちが、男女を問わず、いる。
男枠、女枠に、しっぽり浸かって、自分の行動を規制している。
しかも、それを他人にまで強制したりする。

頼む、放っておいてくれ!!
って、言いたくなっちゃいます。




6. Posted by gegenga   2005年12月28日 21:10
>(まめ)たぬきさま
はじめまして。
こんな辺境の地まで、ようこそ。

>男女の性差より個人差のほうがでっかいよ!
そうそう、そうですよね!!
男女差がない、なんて言いたい訳じゃなくて、それより個人差のほうがでかいだろう、この個人差を無視してまで押しつける必要があるほどのもんなのかよ、男女差? と、言いたいんですよ。

>看護・介護ってなんで女の仕事と思われてるんでしょう?
(女の仕事と思われると賃金が安くなるのもへんだけどね)

これも常々、疑問に思っています。
だって、看護とか介護って力仕事の部分も多いのに、この分野に限っては「女の仕事」。
しかも、多くの人の役に立つ素晴らしい仕事なのに、賃金が安い。

なんか、ジェンダーがどうのこうのっていうより、「マジメでいい人」に損を押しつけている気がして、大変に腹立たしいです。
7. Posted by ジャスティス   2005年12月29日 02:14
 トラックバックありがとうございます、
J801のジャスティスです。
 私に男性としての立場を強制するのは、、
意外と、、女性の方なんです……
男性の方は私を異分子であると認めているようで(笑)
自分と同じ性別の方が【軽微な差】を感じやすいのでしょう。
 だから、男性は異性である女性を女性と見てしまうのです。
個人差を認める前に、
自分とは姿形の異なる女性に【大きな差異】を見てしまうのだと思います。
 同性の人間の個人差は、
それなりに認めているような気がする、、
私の気のせいかもしれませんが…
8. Posted by gegenga   2006年01月01日 11:02
>ジャスティスさま
あけましておめでとうございます。
と、年を越してしまってすみません。
コメント、どうもありがとうございます。

>男性の方は私を異分子であると認めているようで(笑)
あぁ、なるほど。
「同じ」か「異分子」なら認められるのかもしれませんね、男女とも。

しかし実際は、「同じ」と「異分子」の間に、すごーくたくさんの人がいるわけで
そこをお互いにグチグチと攻撃し合うというか、けなし合うというか。
っていうのは、イヤだなあ、っていうのが、ずっと感じていることだったりします。

9. Posted by まきこ   2006年01月02日 23:46
たとえば、「女だからって、お掃除得意とは限らないです」と言うと、「得意じゃない女の人もいるけど、それでも男よりは上手だから」と返ってきたりします。
個人差より男女差、ってことですね。

で、事実は決してそうじゃないんだけれども、否が応でも熟練させられている女性が多いのに対して、やりなれない男性が多いと、確かに見かけ上そう見えることがあります。この辺が、偏見を再生産してしまう原因ですよね。

ここで、目に見えて掃除が苦手な女性がいると、その偏見は変更を迫られる筈なんですが、そうではなくて「あれは女じゃない」と(爆)。こうして偏見の方は守られる・・・。

少数でも存在するなら、「必ずしもそうではない」ということなのに。ほんとに少数が認められない社会です。
10. Posted by うちゃ   2006年01月03日 23:20
>で、事実は決してそうじゃないんだけれども、否が応でも熟練させられている女性が多いのに対して、やりなれない男性が多いと、確かに見かけ上そう見えることがあります。この辺が、偏見を再生産してしまう原因ですよね。

 ある分野の嗜好を「男らしさ」「女らしさ」のあらわれとしてしまうと、そのことが一種の参入障壁になってしまうこともあります。
 理系好きの女の子とか、家事好きの男の子というのは「異端」に見られてしまう。そうするとなかなか自分の嗜好を貫くのって困難になってしまいますよね。(その意味では、料理をするのも一種の「男らしさ」のあらわれとして見せてくれたSMAPは偉い。)
11. Posted by gegenga   2006年01月04日 14:17
>まきこさま
>「あれは女じゃない」と(爆)。
ワッハッハッハッハ!!
この言葉はもう聞き飽きて、言われても痛くもかゆくもねえぜ!(爆)

と豪快に笑い飛ばすと、今度は同じ女性から
「すごいわねぇ、あなたはそう考えられて。私にはできないわぁ。いろいろ言われるとどうしても気になっちゃって。だから女はダメなのよね、グチグチ・・・」
という、恐ろしい「グチグチ攻撃」を受けたりすることがあるんだよなぁ。

イヤ、だから、ダメなのは「女」じゃなくて、「あんた」だってば。
12. Posted by gegenga   2006年01月04日 14:21
>うちゃさま
>理系好きの女の子とか、家事好きの男の子というのは「異端」に見られてしまう。そうするとなかなか自分の嗜好を貫くのって困難になってしまいますよね。

私「ボクシング好き」なんですが、かなり親しくなるまで、さすがに言い出しにくかったりします。
でも、最近ではボクササイズなんていうものも出てきたから、少しは認められるようになったかな。

こういうふうに、いろいろなところで壁が緩やかに取り払われていくといいなあ。
その意味で、私もSMAPは偉いと思います。
13. Posted by まきこ   2006年01月13日 20:43
gegeさんに愛を込めて、こちらにコメントを。

> 目に見えて掃除が苦手な女性がいると、その偏見は変更を迫られる筈なんですが、そうではなくて「あれは女じゃない」と(爆)。こうして偏見の方は守られる・・・。

の続き。

掃除のメチャ下手な女性が「女じゃない」のだとすれば、その人にとって「女」とは「女性の性器を持っていてかつ掃除が得意な人」という定義なのでしょう。
14. Posted by まきこ   2006年01月13日 20:55
とすれば、「女の人は掃除が得意」というのは正確にいうと、「女性の性器を持っていてかつ掃除が得意な人は掃除が得意」ということになって、何もいったことにはならないのですが・・・、

なんて、その人にいっても、「むずかしい理屈はいいから」とかいわれるんだろうなあ。

「私、女じゃないので掃除しません。全員がするのでしたらしますけれども」って、言っちゃえばいいんだな。
その人の「女」がそういう定義なんだとすると、自分、別に「女」じゃないもんな。
そこを、「女じゃないなんて言われたくないから」って思ったら負けよ(笑 何に負け?)。
15. Posted by アキラ   2006年01月14日 09:36
>まきこさん
「私、あなたの言う“女”じゃないので掃除しません」
ってのはどうですか?

やっぱ、「あなたの言う」はない方がいいですか?
16. Posted by gegenga   2006年01月14日 17:04
>まきこさま
愛をありがとう!

>なんて、その人にいっても、「むずかしい理屈はいいから」とかいわれるんだろうなあ。

言われるんだろうなあ。
というか、よく言われるなあ、この手の言葉。
でも最近は、絶句されることのほうが増えてきたなあ。

>そこを、「女じゃないなんて言われたくないから」って思ったら負けよ(笑 何に負け?)。

そう、負けですよね、これは。
何に負けかわからないけど(笑)
17. Posted by gegenga   2006年01月14日 17:05
>アキラさま
「女やめましたから!」という捨てゼリフなら吐いたことありますが・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔