2006年09月21日

日の丸・君が代の強制は違憲! 気になる2点

下のエントリーのコメント欄にkuronekoさんが書いてくださったとおり
都教委が教職員に対して出した「入学式や卒業式で国旗に向かって起立し国歌斉唱するように義務づける」通達は違憲、との画期的判決が、東京地裁で出た。
東京都側は控訴の方針を表明しているし
地裁レベルでは画期的な判決が出ても上級審でひっくり返るのはよくあることだが
とりあえず
「難波孝一裁判長、グッジョブ!!」
と、いっておこう。

なおこの難波孝一氏は、兵庫県の保育士が退職後に自殺した件を「労災」と認める判決を出した人でもある。
言っちゃなんだが、出世しなさそう(笑)


新聞各社もさっそくWebニュースを配信しているが
その中で気になるもの、2つ。

その1.産経・コイズミのツープラトン馬鹿攻撃
「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決(産経新聞)
小泉純一郎首相は21日、国旗国歌の強制は違法とした東京地裁の判決に関連し「人間として国旗国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題だ」と述べた。
で?
法律以前の問題だから、どうした?
最後の最後まで、イメージだけでしゃべってるんじゃねぇよ!!

その2.教育基本法改正の流れが加速される?
国旗国歌:学校強制に違憲判決 教職員401人が全面勝訴(毎日新聞)
教育基本法10条1項で定めた「不当な支配」に当たり違法と判断。
素晴らしい判決だと思うんだが
「ニッキョーソ支配の、いきすぎた個人主義で、ジェンフリ軍団がのさばり、えーと、えーと。
よくわからないけど、ボクちんのいうこと聞いてくれないヤツが増えるのはイヤだぁ〜!
ウン、やっぱり、教育基本法は今すぐ、改正だよ!」
と、中身がない新総裁がより一層張り切りそうだな。。。。


とりあえず。
石原慎太郎氏の負け惜しみコメントが楽しみ(?)です。


※9/22 21:00追記
はい、お楽しみのコメント、出ました。
なんら意外性はありません。
石原都知事「控訴は当然」 日の丸・君が代訴訟(朝日新聞)

しかし、↓相変わらず、意味不明のことをおっしゃるなぁ。
会見で石原知事は「あの裁判官は都立高校の実態を見てるのかね。現場を見てみるといい」「規律を取り戻すには統一行動が必要。その一つが式典での国歌・国旗に対する敬意だと思う。それがすべてとは言わないが、これも一つの手だてだ」などと語った。
こんなことで授業態度がよくなるのなら苦労はないよな、先生たち。

gegenga at 23:05│Comments(25)TrackBack(13)ニュースにいちゃもん 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「国旗、国歌強制は違憲」…当然であるけれど、よっしゃぁ!!(嬉々)  [ dr.stoneflyの戯れ言 ]   2006年09月22日 01:07
 都立教職員ら400人が東京都教育委員会を相手におこした裁判で、「日の丸、君が代強制は憲法で保障された思想・良心の自由を侵害である」と訴え、勝訴した。  よっしゃぁ!! 当たり前の判決なのに喜びをとめられない。当然のことであるのにクールに記事を読めなかった。そ...
2. <国旗国歌>政治裁判の違憲判決  [ 罵愚と話そう「日本からの発言」 ]   2006年09月22日 06:31
 はじめにわたしの基本的なスタンスを明確にしておくと、これは教育問題というよりは、むしろ“しつけ”の領域だと思う。朝、登校して先生にあったら「おはようございます」をいう。給食のまえには手を洗って「いただきます」をいう、それとおなじように国旗掲揚時には日の...
3. 異議があります!  [ Non-Fiction ]   2006年09月22日 06:35
 国旗掲揚時、都教委の教職員への起立強制は違憲…地裁  国旗国歌の強制に対する違憲判決ということで、確かに喜ばしいことではある(地裁なので上でひっくり返される可能性はあるのだが)。だけど、ちょっとだけひっかかるのだよ。それは、 判決はまず、「日の丸」や「...
4. 国歌斉唱強制は違憲。  [ Tomorrow is Another Happy ]   2006年09月22日 07:31
久々にいいニュースですな。 国旗掲揚時の起立強制は違憲、 地裁が都に賠償命じる  入学式や卒業式の国歌斉唱の際、教職員は国旗に向かって起立しなければならないなどとした東京都教育委員会の通達は違法だとして、都瀬.??
新総裁就任、一夜明けての新聞一面大見出しは「教育改革最優先」でした。 一方同日、つまり今夕飛び込んできたのが〈『日の丸・君が代』都教委通達は「違憲」東京地裁〉というもの。(asahi.com) 我が耳を疑ったね。都教委による入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立...
6. 千代に八千代に(その2)  [ 水沫日記(みなわにっき)その2 ]   2006年09月22日 12:01
今朝の東京新聞の1面は、東京地裁の「国旗・国歌強制は違憲」とする判決を取り上げた...
7. 都知事緊急記者会見  [ 穴あき(anarchy) ]   2006年09月22日 12:33
あー、アタシャ裕次郎の兄ですがね。 かなり変わった裁判官だと聞いていた。精読していないが、一部非常に情念的、感情的なところがあって、あまり冷静な裁判という気がしない。この判決文を書いたのはIQが低い人でしょう ??????р
8. 良心の勝利  [ 青空を待ちながら… ]   2006年09月22日 17:54
いつも楽しい的確なコメントをくださる村野瀬玲奈さんから「待ちに待った青空」とお知らせをいただきました。 というわけで、思わず嬉しくなってエントリーにしちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ ホントはエントリーを書いている時間はないのですが(^^;;…このニュースだけは...
9. 最近の拾い読みから(71) ― 『「唱歌」という奇跡 十二の物語―讃美歌と近代化の間で』【その3】  [ 一風斎の趣味的生活/もっと活字を! ]   2006年09月23日 08:30
明治時代のリード・オルガン。 「唱歌」は、リード・オルガンやピアノといった 西欧から導入された楽器の伴奏で歌われた。 「唱歌」だけではなく、「歌」そのものが、「曲」(旋律+伴奏)と「歌詞(詩歌)」のほかに、その社会的役割(あるいは社会的イメージ)を持っている...
10. またネット右翼認定来ました‐国旗国歌通達問題  [ 涼風庵(奉祝!親王殿下ご生誕) ]   2006年09月23日 12:25
別に加納は教師に思想信条の自由を認めていないわけではありません。もちろんそれはあるのだけれど、職務においては制約されるのだということです。勤務時間外に反戦運動の街宣活動をしようが、創価学会の活動をしようが自由でしょう。しかし、勤務時間中にそれらを持ち出す....
11. 日本の歴史は軍国主義だった30年間だけではないはず・・・  [ つっこみニュース解説 ]   2006年09月23日 14:30
違憲判決で首相「国旗に敬意も表せないのは変」 小泉首相は22日、国歌斉唱などを教職員に義務づけた東京都教育委員会の通達を憲法違反とした東京地裁判決に関連して、「社会人になって国歌も歌えない、国旗に敬意も表せないのは外国で変に思われる。個人の考えも大事だが....
12. 上兵は謀を伐つ。  [ Fere libenter homines id quod volunt credunt ]   2006年09月23日 16:08
・石原都知事が控訴方針…国旗・国歌通達の違憲判断(読売新聞)→http://newsflash.nifty.com/n
13. 国歌の強制は違憲、東京地裁  [ りゅうちゃんミストラル ]   2006年09月23日 18:38
国旗と国歌の強制についてはすでに考えを書いた。国旗と国歌について   21日にこの件での判決が東京地裁(難波裁判長)で出た。「憲法が定める思想・良心の自由を侵害する行き過ぎた措置で、通達や校長の職務命令は違法」(下のNIKKEINET記事から引用)という判断だ...

この記事へのコメント

1. Posted by aquira   2006年09月21日 23:17
 初めまして。一風斎さまのページから飛んで来ました。
 小泉首相の「人間として国旗国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題だ」という発言は、およそ法治国家の首相たる発言ではないと思います。
 「法律以前の問題」とすることで、自分の主張は自然法的に正しいのだ、と超法規的に主張しているのではないでしょうか。
 あまりにも自分を相対化できない、非常に子どもっぽい発言のように聞こえます。
 小泉-安倍路線に、「え、そんなの日本人なら当たり前だろ」という、議論を最初から封じるような論調が多くて、違和感を覚えています。
2. Posted by 村野瀬玲奈   2006年09月22日 01:12
こんにちは、はじめまして。ハムニダさんのところでよくおみかけしております。

私もこの判決喜びましたが、東京都が控訴の方針とは!原告をどこまで苦しめたら気が済むのだ、しかも税金使って、と思ってしまいます。

控訴しないように、都庁にメールファックス電話大作戦かな、これは。

それから、小泉の「法律以前の問題」という発言は、日本は民主国ではなく、憲法や法律よりも首相の地位を上に置く世襲絶対王政国であることを暴露してますねえ。
3. Posted by 河馬   2006年09月22日 01:31
現代日本人として、どころか「人間として」ですか。最後だと思ってずいぶん大きく出ましたな。
このお方にとって国旗国歌が制定される明治以前の日本人、あるいは国歌を採用し出す十九世紀以前の世界人類は、すべて人間としてまともじゃないということになりそうですね。
また、あたかも「国旗に向かって起立しないこと、国歌を斉唱しないこと」=「国旗国歌に敬意を表しないこと」と言わんばかりのごまかしも腹立たしいものです。敬意を表しているからこそ他の人の起立や斉唱を妨げない(敬意を払う気がなかったら、旗を引きずり下ろして踏みにじり、歌の演奏や斉唱を妨害にかかる)、なんて考え方も成り立ちそうなものですが。
4. Posted by (まめ)たぬき   2006年09月22日 06:52
教育基本法変更の流れが加速されるという懸念は御尤も。おまけにキイキイいう人達が多いので笑うしかありません。
>日本から出て行け
だの
>日本人をやめればよいのに
だの主張する人々は、どうも他者に寛容ではない一神教の洗脳を受けているようです。
それこそ伝統・文化の軽視(w)八百万の神々に申し訳が立たん。
5. Posted by 水葉   2006年09月22日 07:30
久しぶりにマトモな判決が出ましたよね。
しかし、小泉・・・。(-_-)ゞ
法治国家であることをハナから否定した発言で、彼らしいっちゃあ彼らしいですね。┓(´_`)┏
「国旗国歌に敬意を表する」のを「強制」するってことが違憲だっちゅうのに、相変わらず日本語の読めない方です。
6. Posted by うちゃ   2006年09月22日 12:25
 歌わないと処罰するぞ、と脅して無理やり歌わせようとすることが、国歌に敬意を表していることになるのか? それはむしろ、国歌を馬鹿にしていることにならないか。
 ジャイアンリサイタルじゃないんだから。
7. Posted by nobu   2006年09月22日 13:22
個人的には、当たり前の判決が出たと思っているのですが、世の中には色々な考え方の人がいるので難しいところですね。早速、産経新聞や読売新聞では否定的な社説を載せているようで・・・。石原都知事を筆頭にフジテレビなど、(週刊誌では裁判長のプライベートが暴露さたり)、否定的なキャンペーンが始まるのではないでしょうか。あぁ嫌な世の中になったものだ。
8. Posted by 怪星人カピア   2006年09月22日 19:51
どうもです。
あぁ、司法なんて期待という言葉も無くなった様な処でも、ちっとは良い事してくれる、人間、捨てたもんじゃないって、NEWS視て思いました。
勝新が生前「生きてるのに死んだ様な奴がいる」といった事口にしていた、と根本敏の著書で読んだ事ありましたが、国権や訃事惨刑辺りの物書き物言いの思う事が罷り通ったら、みんな其の言葉通りになってまう。
出来れば、勝新みたいに「死んでるのに生きてるかの如く振舞う」様になりたいですが・・・って関係無いか。
失礼しました。
9. Posted by gegenga   2006年09月22日 21:17
>aquiraさま
はじめまして。
ご覧の通り、こちらは一風斎さんのところとは大違いの品も教養もないblogですが、よろしければ時々覗いてやってください。

>小泉-安倍路線に、「え、そんなの日本人なら当たり前だろ」という、議論を最初から封じるような論調が多くて、違和感を覚えています。

まったく同感です。
日本人たって一人一人違うだろ? と、私にとってはこちらのほうが当たり前のことが伝わらないもどかしさを感じます。
10. Posted by gegenga   2006年09月22日 21:23
>村野瀬玲奈さま
こちらでは、はじめまして。
フランス語の翻訳、ありがとうございました。
普段、読むチャンスがないものなので、視野が広がる思いがしました(って、こちらのblogでいうのも変なのですが:笑)

>小泉の「法律以前の問題」という発言は、日本は民主国ではなく、憲法や法律よりも首相の地位を上に置く世襲絶対王政国であることを暴露してますねえ。

一国の首相にこれほど遵法精神がないって、どうよ? としか、言いようがありません。
11. Posted by gegenga   2006年09月22日 21:29
>(まめ)たぬきさま
見ましたよ、そちらからたどって「日本人やめろ」の人。
イヤー、この程度で日本人やめさせられたら、日本の人口、激減だわぁ(笑)
12. Posted by gegenga   2006年09月22日 21:33
>河馬さま
>敬意を表しているからこそ他の人の起立や斉唱を妨げない
私は国旗や国歌に、というよりも、自分の意志でそれらに敬意を表している人たちに一定の敬意を表したいと思い(って、ひどい悪文だなぁ)、君が代は歌いませんが、起立はするようにしています。
いろんな考え方の人がいていいし、いろいろな表現方法があっていいと思うのですが、どうしても「みんな一緒」にさせたい人たちがいるんですよねぇ。

>現代日本人として、どころか「人間として」ですか。最後だと思ってずいぶん大きく出ましたな。

私も「こいつ、ついに人間を代表しやがったよ」と思ったのでした(笑)

13. Posted by gegenga   2006年09月22日 21:35
>水葉さま
>法治国家であることをハナから否定した発言で、彼らしいっちゃあ彼らしいですね。┓(´_`)┏

まったく。
最後の最後まで、コイズミらしさ爆発の発言ですな。

>相変わらず日本語の読めない方です。
読めないんだか、わざと論点をずらしているんだか。
このあたりも、コイズミらしさ爆発。
14. Posted by gegenga   2006年09月22日 21:37
>うちゃさま
>ジャイアンリサイタルじゃないんだから。
ドラえもん、助けて〜。
15. Posted by gegenga   2006年09月22日 21:43
>nobuさま
>早速、産経新聞や読売新聞では否定的な社説を載せているようで・・・。
特に産経は、すごいですなぁ。
このタイミングで「日本教育再生機構」ネタも載せているし。
次回の「教育を考える」が楽しみ(?)です。
16. Posted by gegenga   2006年09月22日 21:46
>怪星人カピアさま
>「生きてるのに死んだ様な奴がいる」
既にたくさんいる気がしておるのですが、これ以上増えたらどうしよう?
そして、怖いのが。
こういう人たちって、自分が死んでいることに気付かないんですよねぇ。
17. Posted by (まめ)たぬき   2006年09月22日 21:48
石原氏のコメントをよんで
はいはい、私の授業を生徒がちゃんと聞かず、おしゃべりしてるのならまだしも、携帯電話をいじるは トランプを持ちこんで遊んでいるのは
「私が国旗国歌の強制を嫌だなあと思っている偏向思想の持ち主だから」・・・っていうわかりやすい理由だったらどんなに楽か!と思ってしまいました(笑)
多分彼らは、自分の行動が他人に失礼だという認識を持たないんですよね。
行きすぎたジェンダーフリー教育のせいじゃ無いぞw
18. Posted by gegenga   2006年09月22日 22:48
>(まめ)たぬきさま
ねぇ、授業態度が悪いのは、君が代斉唱をしないせいでも、国旗に向かって起立しないせいでも、行きすぎたジェンダーフリー教育のせいでも、母親の愛情が足りないせいでもないですよねぇ(笑)
19. Posted by kuroneko   2006年09月23日 00:03
裁判は国歌斉唱義務不存在確認等と損害賠償を求める訴訟(予防訴訟)というのですね。

ピースリボンでは負けているだけに、憲法判断までした判決はかなり画期的と思えます。


予防訴訟のHP
http://homepage3.nifty.com/yobousoshou/


「私の不服従」
http://www.kamogawa.co.jp/moku/syoseki/869_8.html
20. Posted by ホソピー   2006年09月23日 00:20
もともと都教育委員会の議論の根拠は学習指導要領である。これは国会の議決を経ることなく、文部科学省が勝手に決めることのできる規則の一部である。
「日の丸」「君が代」を学校教育の中で強制するために国会の議決が不必要な学習指導要領を都合のよういように書き換えたのである。
しかし、この学習指導要領そのものが憲法違反なのであるから、これを根拠に教職員を指導し、こどもたちを指導すること自体が間違いなのである。

裁判で、違憲判決が出されて当然と言えば当然なのである。石原都知事と東京都教育委員会は真摯に従うべきである。
21. Posted by gegenga   2006年09月23日 15:31
>kuronekoさま
「予防訴訟」という言葉を、初めて知りました。
パソコン君にとっても初めての言葉だったので「呼ぼう訴訟」という、可愛い変換をしてくれました。

>憲法判断までした判決はかなり画期的と思えます。
これが上級裁判所でどうなるか。
逃げるんだろうなぁ、憲法判断。
22. Posted by gegenga   2006年09月23日 15:33
>ホソピーさま
どうも、はじめまして。

このまっとうな理屈が石原都知事と東京都教育委員会には通じないようで、東京都民として、恥じ入るばかりです。
23. Posted by kuroneko   2006年09月24日 11:29
「学校に自由の風を!」などの集会をのぞくと、卒業式、」入学式が、スクウェアというか堅苦しいものに変えられ、3年ぐらい前までの生徒が自主的に企画するといったような入学式、卒業式を「官製」のものにしていることもわかります。

「学校に自由の風を!」HP
http://comcom.jca.apc.org/freedom/

例えば、「養護学校でもこれまでは平場で、生徒と先生が同じ高さで行っていた卒業式を、生徒を壇上にあげて校長が卒業証書を手渡す、という形式に変えられる。卒業式のために車椅子のスロープを1校何十万円だして作り、危ないから保護者や先生が付きっ切り。通学バスの予算は削られるのにスロープの予算はつく。何でだ!」みたいな話が、集会では聞けるんですね。

24. Posted by kuroneko   2006年09月24日 11:31
(続き)
問題はどうも、国旗だ、国歌だという前に、「お上のご威光(ご意向でもあるな)」が大事という観念を、「威儀のある厳粛な卒業式の感激を」という草の根保守感性に適合した形で進めていくところにもあるのではないかと思います。

というようなことは、自分のところでは書かないで、小ネタを書きました。
http://ameblo.jp/kandanoumare/

TB不調につきURLペタン。
25. Posted by gegenga   2006年09月25日 11:39
>kuronekoさま
養護学校に関しては危険ですらあるのに、このように形を整えることに全力を注いでいるその姿の醜さに気付かないのだろうか。

>問題はどうも、国旗だ、国歌だという前に、「お上のご威光(ご意向でもあるな)」が大事という観念を、「威儀のある厳粛な卒業式の感激を」という草の根保守感性に適合した形で進めていくところにもあるのではないかと思います。

この危険を感じない人が多いのも、怖い。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔