2006年12月21日

げんなり・・・

ちょっと古い記事だけど、今ごろ発見したので
OhmyNews、鈴木邦男氏のコラム『愛国』の座標軸12/19を、ぺたり。

愛国心のある教育者が多い!?

げんなりする事例ばかりだが、↓これ、ホントかよ?

2003年2月にイラクに行ってきた。開戦1ヶ月前だ。日本からも左右を超えて100人以上の人たちが来ていた。戦争反対のデモや集会に出た。僕らの帰った後も、「人間の盾」として現地に残った人々がいた。その1人は教師だった。帰国後も中学に勤めていたが、最近クビになった。なんと、生徒が告発したのだ。授業をテープに録(と)って「こんな反日的なことを言っている」と。「愛国心」でやったのだ。


「愛国心」てのは、国を窮屈にするためにあるわけじゃないと思うのだが。

とかって書くと
「これは間違った愛国心なのだ。正しい愛国心とは、云々かんぬん」
と反論する方がよくいるが
「私の主張する愛国心こそが正しいのだぁ。
皆、正しい愛国心をもてぇ!!」
と、みんなで主張しあう世の中って、うぜえよなあ。


なんにしろ。
人によって受け取り方が違う言葉に対して
「自分の受け取り方のみが絶対に正しい」と主張するのは、かなり傲慢なことだと思う。

「愛」も「国」も「心」も、人それぞれ。
いろんな受け止め方があっていいよね。

gegenga at 18:09│Comments(25)TrackBack(5)ニュースにいちゃもん 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 三選されてしまうのは凄く嫌  [ 13日の水曜日 ]   2006年12月21日 22:34
東京ヘッドラインという、無料の新聞みたいなモノがある。 ほぼ毎週月曜に新しいのが街角のポスト等においてあって、自由に取っていって下さいってなモノだが、それの最新号が職場の茶飲み部屋においてあったので見た。 タ々
2. 「捏造教基法地震」…津波に襲われてからでは遅い!!  [ dr.stoneflyの戯れ言 ]   2006年12月22日 02:17
  まずは、3年前の「幼保一元化ウエイブ」ってぇ、小咄を一席。
3. またまたリアヨロアンケート  [ 13日の水曜日 ]   2006年12月22日 18:51
わんばらんすさんでリアヨロ安倍内閣支持率調査を紹介して下さっていました。 と言う訳で、さー張り切って不支持をクリックしよー! 世論調査@インターネット 安倍内閣支持率@2006年12月あなたは安倍内閣を支持し??
4. 物書きの受難&「悪党」の時代・続  [ いわいわブレーク ]   2006年12月22日 23:46
または『テイゲン 太田・大阪知事へ』(略して「ア、大阪!」) (ついでに「りそな」ヤ「住友」ヤ「近鉄」ヤ『朝日』『毎日』、その他諸々へも、ね)。 [前書き] 臨時国会で、教育基本法が改正されて、『郷土愛』が義務付けられたそうな。 ええことやと思います。僕も大...
5. ナイトウォッチ  [ Non-Fiction ]   2006年12月23日 09:27
 ナイトウォッチというのは、私がずっとレビューを書いている「バビロン5」の中で第二シーズン中盤から登場した組織の名前だ。このドラマの中では地球政府が徐々に独裁政権の性格を見せるようになってくるのだが、それにあわせてナイトウォッチも変わっていく。最初はただ...

この記事へのコメント

1. Posted by 奇兵隊   2006年12月21日 22:12
>2003年2月にイラクに行ってきた。開戦1ヶ月前だ。日本からも左右を超えて100人以上の人たちが来ていた。戦争反対のデモや集会に出た。僕らの帰った後も、「人間の盾」として現地に残った人々がいた。その1人は教師だった。帰国後も中学に勤めていたが、最近クビになった。なんと、生徒が告発したのだ。授業をテープに録(と)って「こんな反日的なことを言っている」と。「愛国心」でやったのだ。

↑↑↑
こんなんで、教師をクビにできるのだろうか?
イラク戦争開戦前一ヶ月にイラクに行って、戦争に反対の意思表明することが、「愛国心」に照らして何の問題があるのか?さっぱり解らん。
2. Posted by 奇兵隊   2006年12月21日 22:13
この「愛国心」は、ナショナリズム(国家主義)であってはならない。パトリオティズム(愛郷心)を基にして、その国の伝統・文化・慣習を尊重して国柄を守るものでなければ、また道を誤るでしょう。

松岡正剛の千夜千冊 遊蕩編
1151夜 鈴木邦男 『愛国者は信用できるか』
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1151.html

(上記より最後の部分一部引用)
 いや、肝心のことを書くのを忘れた。愛国者は信用できるのかというタイトルは、とうてい信用できない愛国者が溢れつつあって、日本はまことに困った国になりつつあるという意味なのだ。言わずもがなだろうが、念のため。
(引用終わり)

私は「愛国心」などと、どうとでも解釈できる曖昧な文言を法文に盛るのは絶対に反対です。
法律は法文がすべてであり、法律制定のプロセスなど一切考慮されない。
3. Posted by アパ壷三   2006年12月21日 22:34
 格差是正というのですね。国民の皆様の要望にしっかりと受け止めたいと。やはりですね。教育におきましても、しっかりと格差をなくし、内閣総理大臣とですね。その知的な格差をしっかり、なくす責任がやっていきたいと。かようにご理解いただきたいと、責任の重さを思うのであります。
4. Posted by ごん   2006年12月21日 23:38
どうせ死ぬんだから
美しく生きようではないかという
心意気を忘れてしまったのかな
この国は

 ……その人念仏を唱えつつ飲みしと。
 右と同じ席にてのことにや、
 師鼻くそを取りてひそかに座の右に置かんとす。
 右客袖をひく。左に置かんとす。左客袖をひく。
 師止むを得ずして、ふたたび之を鼻中に置きしと云ふ。

〜『良寛禅師奇話』〜

風雅なり粋なりあるいは愛なりを鋳型にはめて
もっともらしいうんちくを唱え
それで人の生き様を台無しにするような人間は
良寛さんの鼻くそつぶてでも食らうがいい

 ♪どぶネズミみたいに美しくなりたい
 写真には写らない美しさがあるから

 ♪もしも僕がいつか君と出会い話し合うなら
 そんなときはどうか……

我々が出会った日本という茶の湯の席は
隣人といがみ合わないといけないような
そんなどうしようもない窮屈な場所だったのかよ
5. Posted by dr.stonefly   2006年12月22日 00:28
子どもが「反日的なことをやってる」って録音かぁ。戦争反対が反日というヤツラの法螺がここまで浸透しているんだな。
正直にいってこの話は相当凹む。
6. Posted by BLOG BLUES   2006年12月22日 00:34
こんばんは。うーん、かめ?仙女のとこは、エントリーもそうだが、コメント欄も実に面白い。「アパ壷三」とは何者であろうか。端倪すべからざる口吻模写ですな。TVニュースは全然見ないんで、よう知りませんが。何言ってるのか、さっぱり分からん。本当にこんな人が、日本国総理大臣なんですか?亡国でしょう。「ごん」の感慨には、つくづく同感。
7. Posted by (まめ)たぬき   2006年12月22日 09:06
うわー。
この中学生、成長したのちに職場の内部告発かなんかで解雇されるなんてことになったりして(因果応報と申しますからね)

ただ、こんなんでクビにされたら訴訟大好きのアメリ○人なら、中学生とその親を訴えそうですね。
8. Posted by kuroneko   2006年12月22日 09:20
>ただ、こんなんでクビにされたら訴訟大好きのアメリ○人なら、中学生とその親を訴えそうですね。


あんりまあ。こりが実話ならば、海外メディアにさおせーたら取材さくると思うずら。(ハイブリッド方言)
9. Posted by hts   2006年12月22日 10:38
まあ中学生を責めたくないのだけど…
正直本来の愛国心と愛政権心を履き違えているのでは?本来の愛国心には愛国ゆえの謀反もあるよ。
10. Posted by 碧猫   2006年12月22日 14:58
こんな調子では、今上帝と東宮が反日的だってんで廃そうとする愛国者がでかねませんな。
…ぁぁぁ、笑えない。。。
11. Posted by 怪星人カピア   2006年12月22日 19:22
どうもです。
不確かな記憶ですが、中国の紅衛兵にしても、カンボジア―ポルポト派兵士にしても、子供達に洗脳同然の教育をした上で、如何なる命令にも従う兵士に仕立て上げた、と何かの本に書いてあったのを思い出しました。
何だか日本の社会って、中国や旧共産圏よりも、スターリン主義的なのかしらん、天然の。
12. Posted by 建つ三介   2006年12月22日 20:33
>「愛国心」などと、どうとでも解釈できる曖昧な文言を法文に盛るのは絶対に反対

今晩は、はじめまして、皆さん。管理人さん。
でも、言葉って「抽象」ですからドレも。
平和にせよ、戦力にせよ、象徴なんて極めつけもあります。
法文、作れないのでは?その論理では?

ハンナ・アーレントさんが、『人間の条件』でお書きになっておられるように、
「円」を「Xの2乗」+「Yの2乗」=一定
とかいう書き方で法文を数学的マニュアル化させるしかなくなり、さらに「言葉」が死んでしまうでしょう。人間の言葉が・・機械の言葉に・・。

>いろんな受け止め方があっていい

これにはもちろん賛成です。
だから文化的な価値観闘争(量で優劣をつけない、ある意味、「おしゃべり」しか認めない
≒質的な違いを認め合う)が必然と、思います。

ではでは。

13. Posted by 奇兵隊   2006年12月22日 23:05
>「愛国心」などと、どうとでも解釈できる曖昧な文言を法文に盛るのは絶対に反対

今晩は、はじめまして、皆さん。管理人さん。
でも、言葉って「抽象」ですからドレも。
平和にせよ、戦力にせよ、象徴なんて極めつけもあります。
法文、作れないのでは?その論理では?

↑↑↑
私の言葉が足りなかったと思いますが、「愛国心」なる言葉は曖昧で拡大解釈が容易な上、国民(特に学齢にある者)を危険な方向へ洗脳する恐れが大きいから、噛み付いているのです。
だから、こんな「愛国心」などと云う言葉をわざわざ法文に盛る愚を犯してはならないと言っているです。

言葉って「抽象」ですから、で済む問題ではありません。
14. Posted by 建つ三介   2006年12月22日 23:43
奇兵隊さま。ご説明有難うございます。
管理人さん。お邪魔いたします。
でも今回は妥協して「郷土愛」になったんでしょう?
それは僕のブログで書きましたので、
後でTB貼りますね。
愛国心の方、難しいです、僕には。
で小熊さんの著作を紹介したHP
(吉川 勇一さんという方の)を
見つけまして、読んで、頭がパンクしました。
http://www.jca.apc.org/~yyoffice/DokushoFun-Oguma-MinshutoAikoku.htm
余計混乱しました。
戦後においてさえ、こうも言葉の意味合いが違うのか!と。もっと論争が必要なことは確かですね。


ではまた失礼します。
15. Posted by 河馬   2006年12月22日 23:52
>「これは間違った愛国心なのだ。正しい愛国心とは、云々かんぬん」

鈴木さんの文章に早速この手のコメントがついていましたね。
ただ肝心の「正しい愛国心」についての例示がなかったのが残念です。アイコクシャが理想とする戦前を参考にすれば平和主義への嫌悪も密告も忌避どころかむしろ奨励されていて、中学生の取った行動はアイコクシャ的にどこが正しくないのかよくわからないのですが。
16. Posted by 人生アウト   2006年12月23日 18:50
そういえば椋鳩十さんの「ほらふきうそつきものがたり」(だったかな?)で、先生が英語の本を朗読したのを、生徒が「すごい!」と思ってつい親に話したところ、先生は連れて行かれてしまった……という話がありましたっけ。

特高まだ盛んなりし日のこと。
17. Posted by gegenga   2006年12月24日 17:03
>奇兵隊さま
>こんなんで、教師をクビにできるのだろうか?
私もそう思いました。
「反日的」という理由じゃクビにできないだろうから、なんかもっともらしい理由をくっつけたのかなあ。

>『愛国者は信用できるか』
これは面白かったです。
鈴木邦男さんの“想い”がよく出ていた。


>アパ壺三さま
さすがでございます、アパ壺三さま。
一と二の区別もつかないところまで国民の知的レベルを下げる。
そうしたら国力がボロボロになるのに、そんなことお構いなしで、毅然と格差をなくす。
福祉問題と同じで「下に合わせる」という素晴らしい発想!
見事でございます!

18. Posted by gegenga   2006年12月24日 17:10
>ごんさま
良寛さん、ステキ!

>どうせ死ぬんだから
美しく生きようではないかという
心意気

よいなあ、これ。
粋なやせ我慢が感じられる。
自分はやせ我慢をしても他人には我慢させない、っていうのが、私の思う「美しい生き方」なのだけれど
この国は、その正反対の方向に突っ走ろうとしているのかもしれないですね。


>dr.stoneflyさま
>戦争反対が反日
ってのが、おいらにはサッパリわかりません。
みんなと仲良くやっていったほうがお国の利益になるのだから、戦争反対は愛国的行為なんじゃないのかなあ。
19. Posted by gegenga   2006年12月24日 17:17
>BLOG BLUES さま
アパ壺三さんには、私もかなりウケました。
壺三さんの一と二の区別もつかない感じがよく出ている。
またのお越しを、心からお待ちしております。

>本当にこんな人が、日本国総理大臣なんですか?亡国でしょう。
テレビで壺三さんを見るたびに、私も同じことを思ってしまうのでした。


>(まめ)たぬきさま
>こんなんでクビにされたら訴訟大好きのアメリ○人なら、中学生とその親を訴えそうですね。
私だったら、クビにした学校側を訴えます。
アメ○カ人なもんで(笑)


>htsさま
>本来の愛国心には愛国ゆえの謀反もあるよ。
私もこれを言いたいのよ!
「現権力者の言いなりになることが愛国心」ではないはず、ですよね。
20. Posted by gegenga   2006年12月24日 17:23
>碧猫さま
>こんな調子では、今上帝と東宮が反日的だってんで廃そうとする愛国者がでかねませんな。
愛国のためなら、天皇なにするものぞ!
しかし、我が国の国体は断固として守るべきである!

あれ??


>怪星人カピアさま
中国の紅衛兵については知らないのですが、ポルポトの子ども兵の話は本で読んだことがあります。
印象に残っているのは
「昔話」を語るのが上手な囚人だけ処刑せずにいかしておいた話。
自分たちがお話を聞きたいから。
怖いし、可愛そうだし、むごいし、もう、なんといっていいやら・・・。

子どもを都合よく「飼い馴らす」ことには、絶対に反対です。
21. Posted by gegenga   2006年12月24日 17:35
>建つ三介 さま
どうも、はじめまして。
よろしくお願いいたします。

>今回は妥協して「郷土愛」になったんでしょう?
「今回」というのが教育基本法改正のことなら
「我が国と郷土を愛する態度を涵養」ですね。

どちらにしろ。
建つ三介さんのような気持ちでとらえるなら、「郷土愛」も「愛国心」も危険じゃないよな、と、貴blogを拝見して思いました。
それを悪用しようとするヤツがいるのが、怖いです。


>河馬さま
鈴木邦男ファンとしては彼をけなす言説を読みたくないのでコメント欄を見なかったのですが
>鈴木さんの文章に早速この手のコメントがついていましたね。
やっぱり、いやがったか。
アイコクシャって、何なんだろう?
22. Posted by gegenga   2006年12月24日 17:39
>kuronekoさま
ごめんなさい、ぬかしちゃった。

海外メディアが取材さきたら、きっと、違う理由こくっづげで、それらしくしやがりやがるにちげーねぇ(方言というより、メチャクチャ日本語になってしまった・・・)


>人生アウトさま
怖いよぉ、怖いよぉ、この話。
何が怖いって、過去の話だと思えないところが怖いよぉ、シクシク。
23. Posted by えぼり   2006年12月25日 00:54
ただいまですう。

もうねえ、亡命したくなっちゃいましたよ、アルゼンチンあたりに。向こうで友達にくっついてイギリス大使館に行ったときに、ぼへーっと友達待ってると大使館の人が「なんか御用ありますか」って聞いてきたんで「政治難民の申請したいんですけど」って言ったらウケました。「お嬢ちゃん、あいにく今難民は間に合ってまして」って言われて。

今の日本のままで小学校から英語教育するんならすればよろし、そういう愛国心教育もしたけりゃすればよろし、きっと近い将来深刻なブレインドレインの問題に行き当たるさ。なんて考えてしまいました。いやほんま。
24. Posted by gegenga   2006年12月25日 11:22
>えぼりさま
わぁ、おかえりなさい〜。

日本人は難民認定されないのか、残念(笑)
って、笑い事じゃなく、難民として認められちゃうような国になりませんように。

>ブレインドレイン
日本人の脳みそが溶けて流れちゃうってこと?(笑)
25. Posted by kuroneko   2006年12月28日 00:54
gegennga 殿

「高橋哲哉さんの話」というTBをお送り申したが、エントリをあげなおしたところ無効になりましたゆえ、再度お送りいたし申した。最初のものは廃棄して下されたくお願い申す。

(あちゃこちゃに訂正出して、全部言い回しを変えているのってたいへーん)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔