2007年04月10日

都知事選の敗因を考える

※4/11追記しました。

ごんさん
この選挙に関しては
散々予想できた敗因なんてもういいんでねえの

このお言葉に、深く共感。

でも、やはり、1度はキチンと考えておくべきだろう。
都知事選で石原が勝ってしまった理由を。

それは・・・

パラレルワールドの東京都民が、石原に票を入れちゃったから。
だって、アタシのまわりの世界では
あのジイさんに入れた人、一人もいないもーん。
( ´∀`)


キャー、怒らないで〜!
マジメな気持ちで「続きを読む」をクリックしてくださった方。
ついついノリで、当blog初の顔文字まで使ってしまった・・・

えーと。
ここで終わらせると、本当に怒られそうなので
ちょっとだけマジメなお話を。


パラレルワールドじゃなくたって
人間て、結構、「いろんな世界」に生きているんじゃないかと思う。
同じ街を歩き、同じ音を聞いていると思っても
たとえば
わしは猫を見て、メジロの鳴き声を聞いているが
jabberさんは女の人のでかいおっぱいを見て、店からあふれ出る音楽を聴いている。
ついでにいえば。
わしが街路樹の花の香りを嗅いでいるのに
jabberさんはラーメンの臭いを嗅いでいる。

自分が好きなもの、気にしているもの、興味があるもの。
人はそれらを、無意識にチョイスして
頭の中にインプットしていく。
イヤだなと思うもの、無関心なもの、考えるのが面倒なもの。
これらは、頭の中に入ってこない。

それはたとえば、↓こんなこと。

発信箱:もう一つの教育改革=与良正男(毎日新聞)
「若い人の中には投票に行かないどころか、選挙前に選挙管理委員会から通知が届くのも知らない人がいる」。先日ある会合でそう話したら驚く人が少なくなかった。

あぁ?
それじゃあ、選挙って誰が行くものだと思ってたの?
ていうか、家に届く選挙通知、見たことないの?

この文章は、↓こう続く。
でも私は「投票の仕方が分からない」という20代を何人か知っている。聞けば大抵、その親も選挙に行かない。学校で習った覚えもないという。

この人たちが生きている世界では、「選挙」は目にも耳にも入りにくいんだろう。
初めから目や耳に入りにくかったら、興味を持つことができない。
そして、興味がないからよけに目や耳に入りにくくなる。
この人たちが馬鹿だとか、意識が低いとかではない。
環境の悪循環なんだと思う。


この人たちに比べると、石原さんに投票した人たちは
「選挙」は、目や耳に入るんだよね。
でも、都政私物化の問題、福祉の問題、差別発言の意味するところ、教育における日の丸・君が代の強制に関する問題、環境問題etc.
わしが石原さんの「問題」だと思ったところは
彼ら、彼女らの目や耳に届いていたのだろうか?
届かなかったとしたら、それは、なぜ?


選挙がわからない人たちも、うっすらとは「選挙とやらがあるらしい」とわかっているはず。
でも、その仕組みがまったくわからないと、どこから勉強し始めたらいいのかすら、わからない。
そこで、誰かが偉そうに「え、選挙通知が届くことも知らないの?」
なんて言ったら、かなり傷つくし
「偉そうに! こんなヤツが行く選挙になんか、自分は絶対行くもんか!」
と、頑なになり、これからも選挙関係の情報に目と耳を閉じることになったとしても、不思議はない。


都政私物化の問題、福祉の問題、差別発言の意味するところ、教育における日の丸・君が代の強制に関する問題、環境問題etc.
に関しても、同じなんじゃないかな?

「石原さん、なんか、よくないことをしているみたい」と思っても
どこによくないところがあるか、考え始める一歩目が見つからない。
新聞て、そのニュースの第一報を見そびれると
後からさかのぼって理解するのが難しいし(わしもよくあるんだ、これが)
日々の生活に追われていたら、わざわざさかのぼって調べようと思わなくても
責められるような筋合いじゃあ、ないだろう。

そして。

何だかよくわからないうちに、選挙戦に突入した。
アサノとかヨシダとかいう人が、石原さんがやったコレが悪い、アレがよくないと言っているけど
それ、何?
よくわからないなぁ。

え、政党の人たちだけじゃなくて「市民運動家」とかいう人たちも
アサノさんとかいう人を応援しているの?
でも、「市民」とかいうなら自分たちに近そうな気がするんだけど
難しい言葉使ってて、よくわからない。

・・・うーん、なんだか、だんだん、むかついてきた。
この人たち、みんなでわざと難しい言葉使って
私たちを馬鹿にしてるんじゃないの?
こんな人たちが応援している候補者になんか
投票したくない!

やっぱり。
石原さんよね!


という人たちを、わしは馬鹿にできない。
だって、わしもこう思っちゃうことあるもん。
政治力学、駆け引き、国政レベルからの視点・・・
そんなこといわれたって、わかんないよ。
ていうか、えらそうなこと言ってるわりに
やってることは、ただの内輪もめじゃないの?

正直、この選挙戦の間に、こんなうんざりした気分になったこともあります。
そんな時、わしがやったのは
問題を自分のレベルに引き下ろすこと。


なにしろ、上からの目線で強制されるのって、ヤなんだよね。
日の丸・君が代の強制って、コレだよな。
なら、これを強制する石原よりは、やはり
自分は国旗・国歌が好きでも強制しない人のほうがずっとましだよね。

安心して、寿司を食いたいよね。
「自分が都知事になる前から決まっていたことだが、調査し直す」とか
今さらとってつけたようなことを言い始めた石原より
まず築地市場に行ってみる人のほうが、いいなetc.

こうして落ち着きを取り戻し、石原さんを落とす可能性が高そうなほう、ということで、浅野さんに投票しようと、気持ちを固めました。
ベストじゃなくても、石原さんよりマシな人。
クソじゃなくて、ミソ。


問題は、今回の都知事選だけではありません。
これからもきっと、同じような構図が続くでしょう。
その中で、わしができること。
それはきっと、自分がうんざりし、気を取り直した過程を
「よくわからないし、自分にわからないことをいう人たちにムカツクから
自民党候補に投票しよう!」
という人たちに伝えていくことなんだと思います。

政治的な人間じゃないから。
知識や教養がないから。
権力争いということが根本的に理解できない人間だから。

だからこそできること。
きっとあると思うから。

結論として。

これからも、日常生活で感じたこと
なにやら政治に結びついてしまうらしいこと。
そんな

バカなお笑い話を、書き続けます!


※4/11追記
今朝、毎日新聞を読んでいると、↓こんなによい記事が!
東京都知事選「無党派層」に問う=日下部聡(サンデー毎日)

追記を書く前に水葉さんにエントリーをあげられて悔しいのだが(笑)、初志貫徹でリンクを貼りました。
こういう事が言いたくで、でも、こういう人を批判しているだけではダメだ、ということが書きたかったんですよ。
きっと、エントリーを読んでもわからなかったでしょうが(笑)


全部読んでいただきたいのですが、以下ランダムに抜粋。

「リビングでテレビを見る感覚で候補者を論評する。そこにあるのは、主体的に発言・行動する姿勢ではなく、『○○さんなら何かやってくれるだろう』という依存的な心理です」
 今回の都知事選では、石原氏にこうした支持が根強い一方で、「任せられる人がいない」「(候補者は)みんなダメ」という、あきらめや冷笑も目立った。全く正反対の態度のように見えるが、政治家に普通の人間と違う何かを求める点で、根は同じだろう。

「何かやってくれそうな人」をヤンヤの喝采(かっさい)で迎え「あとはお任せ」では、無責任というものだ。政治を「お上の仕事」と見る発想から抜け切れていないともいえる。視点を変えれば「強者」への迎合の心理も見え隠れする。

おそらく、地道な選択の積み重ねでしか、政治は良くならない。期待し過ぎず、あきらめない−−有権者には、そうした態度が求められていると思う。


gegenga at 23:15│Comments(43)TrackBack(19) 日常生活にいちゃもん 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 字数制限に怒る  [ 人工樂園 ]   2007年04月11日 00:07
 以下の文章は「薫のハムニダ日記」の昨日付「広島市民のみなさん、ありがとうございました。」にコメントとして投稿しようとしたもの。エキサイトにはコメントに字数制限があるらしく,投稿がはねられてしまってムカついたので,急遽こちらにアップすることにしました。 ...
2. 都知事選の分析  [ Tomorrow is Another Happy ]   2007年04月11日 12:35
いやぁ、すばらしかった。 東京都知事選「無党派層」に問う=日下部聡(サンデー毎日)  ◇政治家にオーラ求めるな−−強者に迎合してないか  無党派層の支持をいかに獲得するかが、近年の選挙の主要テーマだ。背景には、
3. 人民の人民による人民のための政治  [ とむ丸の夢 ]   2007年04月11日 13:17
government of the people, by the people, and for the people 人民の人民による人民のための政治。 民主主義の神髄を語るものとして有名なリンカーンの言葉です。 以前から、この「人民の」政治とはどんな政治か? と疑啀 (
「保坂展人のどこどこ日記」の今日2007年4月11日の記事「石原大勝で与党暴走の兆し」で、保坂さんが次の3つの国会審議の明日4月12日の展開に警鐘を鳴らしています。 その1。 憲法調査特別委員会における審議打ち切りと採決(国民投票法??
5. 危険度最大級「国民投票法案」  [ 競艇場から見た風景 ]   2007年04月11日 23:48
「猿田佐世の国会速報21~危険度最大級! 国会に集まるべし」=転載= 憲法審議ってば、今どうなってるの? 国会速報 No.21(07/04/11) 「国民不在の国民投票法(憲法改正手続法)」~ 弁護士 猿田佐世 ~ ★★★★★★ 危険度最大級 ★★★★★★ ●強行採決なんて冗談じ....
興味ぶかいブログの数々にTBをつけて(ご挨拶が行き届かなくてすみません)いるとはいえ、野暮な政治談議をしている辺鄙なブログでも覗いてくださる人がいらっしゃるので、なんらか更新しなくちゃねとネタ探し。 安直に「ライブドアニュース」が配信してきた見出し紹介とい...
7. また強行採決ですか?自民党さん  [ お玉おばさんでもわかる政治のお話 ]   2007年04月12日 12:11
日本の政治ちょっとおかしいよねって実は思っている日本のおかあさんたちを探したくて・・・・お玉、人気ブログランキングに登録してます。いろんな人に語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら....
8. 「雑草か花壇の花か」……同じ地平に咲くことを夢見て  [ dr.stoneflyの戯れ言 ]   2007年04月12日 18:50
今、むしり取られようとしている個性ゆたかな草花よ、君たちの名は雑草。 栽培者の支配を拒み、自由に生きる君たちは畏れをもって蔑まれる。 君たちを嘲笑するのは、花壇という造られた枠で生きる大輪の植物たち。 栽培者の思うがままに生かされる、末端肥大な植物たち。 ...
9. うんざり…  [ 13日の水曜日 ]   2007年04月12日 19:33
国民投票法案、与党単独で委員会採決 13日に衆院通過 asahi.com 2007年04月12日18時41分  憲法改正の手続きを定める国民投票法案の与党修正案が12日、衆院憲法調査特別委員会で自民、公明両党の賛成多数で可決された。(中略)
10. 嘘つきは泥棒の始まり  [ とむ丸の夢 ]   2007年04月12日 19:40
都知事の続投が決まった石原氏は東京五輪招致に強気の構えらしい。 何が何でもオリンピック、というと、ついこの間の何が何でも常任理事国入りの騒動を思い出します。あれからまだ2年も経っていません。 2005年8月7日付の中??
2007年4月12日、衆議院憲法調査特別委員会で自公与党が強行採決した「国民投票法」。その内容からして「改憲手続簡略化法」と呼んで差し支えないと思いますが、果たして自民、公明両党の衆議院議員全員がこのめちゃくちゃに反民主的な??
12. 特ダネでも最低投票率の話でてましたよ。(取上げるの遅すぎ!!)  [ お玉おばさんでもわかる政治のお話 ]   2007年04月13日 09:52
日本の政治ちょっとおかしいよねって実は思っている日本のおかあさんたちを探したくて・・・・お玉、人気ブログランキングに登録してます。いろんな人に語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら....
13. 再び強行採決  [ おおきな原野のちいさな家 ]   2007年04月13日 10:19
国民投票法案が強行採決されました。国民投票法案といいうのがなんなのかわからない人も多いと思います。その事自体も問題なのですが、この強行採決ということがどんなにひどいことか考えたことはありますか?これは、もう国会はいらないということです。野党ー民主党も社民
14. なぜ「敗戦責任」にこだわるのか 上  [ 晴耕雨読 ]   2007年04月13日 20:09
● 大陸政策について 戦前の日本は英国流の対外政策を範としながら国策を進め、戦後の日本は米国の世界戦略に乗っかりながら国策を進めてきたと大枠的に捉えています。 戦前の日本は、アジアで唯一の「近代国家」となる一方で、英仏などがドイツやロシアなどとの対抗関係...
15. 憲法をめぐる民主党の切ないキャスティングヴォウト  [ みんななかよく ]   2007年04月14日 11:12
国民投票法案が衆議院強行採決。本来は民主も含めてしゃんしゃんとやりたかった。 でも小沢民主は引き伸ばして、参院選に近づけようとした。 あまり参院選近くなって院内外で「国民投票法、いくらなんでももっとましなのを」という声が高まるのは与党は困る。 そこで、え...
16. のらりくらりと  [ そいつは帽子だ! ]   2007年04月14日 20:46
今回は 我らが沖縄県知事の定例記者会見(4月13日午前)から 最近話題になっている件について読んでみた ふむふむ……なになに……はてさて……(汗) 不思議なことにいくら読み返しても 何を言っているかいっこうに要領を得ないので 勝手に解釈を試みる
17. マジョリティの意識に届く言葉を探す必要性を考えさせる論説  [ 村野瀬玲奈の秘書課広報室 ]   2007年04月15日 14:34
「ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)」さんから、 【東京都知事選】三浦小太郎氏の評論『マジョリティの意識に届く言葉を』〜「フツーの都民」のハートに火を付けられなかった浅野史郎・吉田万三の両氏 http://blog.livedoor.jp/
18. 「多数派の諸君!!」(外山恒一氏ふうに)  [ ++つぶやき手帳++ ]   2007年04月19日 21:28
一週間で三つの強行採決 国民投票法(12日憲法調査特別委員会) 米軍再編法(12日安全保障委員会) 少年法(18日法務委員会) 仕事から帰っていつの間にか寝てしまっている毎日、「都知事選の結果について」の続編を書きたいと思いながら、ついつい2週間近く...
19. 都知事選外伝〜パスティーシュ極左外山恒一  [ BLOG BLUES ]   2007年04月24日 14:14
僕の本性はRollin' Stone。 転がり行くものには相身互いで、 とりあえずフォローの姿勢だ。 おっ、サリンジャーっぽいってゆうか、最近の若手の芥川賞作家 みたいじゃん。イケてるプロローグ。 都知事選の告知後、数日経ったある朝。 朝刊といっしょに選挙公報が配...

この記事へのコメント

1. Posted by 範魔元史   2007年04月10日 23:39
カルトの動員力を甘く見すぎてはいないでしょうか。(同じことばっかり言ってますが。)


日本に民主主義なんてものはないんですよ、残念ながら。
2. Posted by gegenga   2007年04月10日 23:41
>範魔元史 さま
ないからつくるんじゃないですか?
3. Posted by 焼き海苔   2007年04月11日 01:04
素朴に思うのですが、日の丸・君が代の強制に賛否あるのは分かるのですが、学校の教師がそれを嫌がることに凄く違和感があります。

彼らは大なり小なり校則を生徒に強制し、管理してきたわけでしょう?その髪なんだ、とかスカート長いぞ、とか。
そんな強制には反対だという人は教師にならないでしょう?

それが自分が強制される番になると嫌だ、ってのが分からない。そんな自由人だったのか?と。強制するのはOKでされるのはダメなのか?と。

憲法上保障された自由とか理屈は分かりますけど、何かねぇ。。。

不適切な例えかもですが、集団暴走を繰り返し迷惑を撒き散らしている若者が警察の阻止行動で負傷したとたん人権をワメキ散らす感じ。フ○イデーの記者がプライバシー暴露されて激怒する感じ。
先コウお前が言うか?と。
4. Posted by 下等遊民   2007年04月11日 01:24
 ♪心の底までシラケルような〜
  都知事がまたもや石原だから〜
  怒りが思わず湧いてきて〜
  泣きたくなるのさ この俺も

 こんな情況だからこそ、寸鉄権力を刺す笑い、今後とも期待してまっせ!
5. Posted by ごん   2007年04月11日 04:07
敗因は、水葉さまご提案のお色気ポスターを使わなかった某党のガチガチ頭。ということで、ボーイッシュなお笑い系のスーパーモデル募集。「悩殺レインボー光線びゅいーん」。ってどうですか。もう服装指導と日の丸君が代の強制が同レベルという「分別の付かない大人」を引きつけるにはもうエロエロしかありませんから。

某党のお色気ポスターキャッチコピーは

「あなた色に私を染めて」

に決定!
6. Posted by 水葉   2007年04月11日 07:54
>問題を自分のレベルに引き下ろすこと。

私もこれしかないと思っています。
理論ばかりで自分を「国家の目線」に持っていこうとする人は、どんどん実生活から足が離れてしまう。それは一種の「現実逃避」であり、ある種の甘美な妄想であると思うのですが。
反反日の方に「改憲の個人的メリットは何ですか」と聞いても、ちっとも答えが返ってこないのは、現実の自分を見つめたくないからなのかもしれません。


ごんさま

「あなた色に私を染めて」というキャッチコピーなら、
セクシーなイケメン希望。>ごんさん立候補してもいいよ☆

7. Posted by kokemomo   2007年04月11日 15:44
ある意味で
これも民主主義なんでしょうか?
政治に無関心な大多数の人々の民意が
反映されるということ・・・

せっかく解脱しかけていたのに
gegengaさんに呼び戻されて
もどってきちゃいました・・・
8. Posted by kiriko   2007年04月11日 17:18
>そんな強制には反対だという人は教師にならないでしょう?

それが、そーでもないのですよ。
細かい校則なんて要らない、強制的ガチガチ管理はヤダ、という人も教師になっております。
そういう教師が「日の丸・君が代強制」に反対する傾向は強い(私の経験では)。

教師も一枚岩でないですから。教員が全員日教組でないように。

「校則強制やりまくり」かつ「日の丸君が代強制反対」の教員が実際にいるなら、その人に個別に「なんでなの?」と聞いてみられるのがいいのではないかと。
9. Posted by なめぴょん   2007年04月11日 22:43
「歌舞伎町の女王」椎名林檎がよほど腹に据えかねたのでしょう、「群青日和」という曲を書きました。

疑わぬあなた「嘘だってよくて沢山の矛盾が丁度善い」と 答にならぬ"高い無料の論理"で嘘を嘘だといなすことで即刻関係のないヒトとなる

答はないの?
誰かの所為にしたい
ちゃんと教育して叱ってくれ
新宿は豪雨

そういう部分が自分にも確かに存在していることを認めた上で、自分の弱みと痛みを見据えてどうするか、なんですよね。
10. Posted by gegenga   2007年04月11日 23:01
>焼き海苔さま
>先コウお前が言うか?と。
このお気持ちは、わかりますわ。
私も、校則に怒り続けたタイプですから。

でも、kirikoさんがおっしゃっているように、校則強制教師と日の丸反対教師は別人であることが多いし、
そして何より。

校則を強制されることがイヤなのに、日の丸・君が代を強制する人を認めるって、矛盾してますよね?
日の丸・君が代の強制を認めちゃったら、自分も校則を強制するイヤな先コウと同じ種類の人間になっちゃう。

あんな先コウどもと同じ穴の狢にならないためにも、日の丸・君が代の強制に「うるせーんだよ、歌うか歌わないかは自分で決めるよ。ガタガタ言うんじゃねぇよ!」と言ってやろうではないですか!
11. Posted by gegenga   2007年04月11日 23:06
>下等遊民さま
応援、ありがとうございます!

苦しくったてぇ
悲しくったてぇ
お笑いがあれば、平気なの♪


>ごんさま
お色気ポスターは、水葉さん・えぼりさんのダブルキャストでお願いします!
世の殿方たちは、メロメロよ!
12. Posted by gegenga   2007年04月11日 23:12
>水葉さま
>反反日の方に「改憲の個人的メリットは何ですか」と聞いても、ちっとも答えが返ってこない
個が確立していないのか、一人称で語る自信がないのか。
っていうと「ちゃんと答えてるじゃないですか」って言うんでしょうが、伝わってこないんですよね、「想い」が。
あ、そもそも頭の中が「理屈もどき」ばっかりで「想い」が入っていないのかな。

ドーンと、地に足をつけて生きていきたいです。


>kokemomoさま
ふふふ、現世から逃がしてなるものか。

>ある意味で
>これも民主主義なんでしょうか?
民主主義って何なのか、どんどんわからなくなるワタクシ。
13. Posted by gegenga   2007年04月11日 23:20
>kirikoさま
>「校則強制やりまくり」かつ「日の丸君が代強制反対」の教員
こんな教師がいたら、若き日の血の気の多いアタシなら、うっかり殴っていたかもしれない。。。


>なめぴょんさま
今回の選挙は、いろいろ考えさせられました。
もともと政治ポリシーなんていう立派なものを持ち合わせていないので、考えを書くことに躊躇したり。
でも、政治を政治以外の言葉で語る必要もあるのではないか、と、考え直したり。

私って、こうやって、一生、右往左往し続けるのかなぁ。
14. Posted by Niphonese   2007年04月11日 23:52
ある種の女性で,アル中やギャンブル癖など問題のある男を,わざわざ恋人や配偶者に選んで自分を苦しめる人がいますが,石原慎太郎を支持した都民の心理も,これと構造的には同じだろうと思います。自己評価が低く,自由に生きることに恐れを感じているので,自由を束縛されるような状況を自分で作ってしまうわけです。しかも"他に適当な候補者がいないから"などと言って心理的に合理化する。"自由からの逃走"の典型的パターンだと思います。
15. Posted by 下等遊民   2007年04月12日 08:14
 >「校則強制やりまくり」かつ「日の丸君が代強制反対」 の教員

 問題は暴力教師などの問題教師と日教組なんかを故意に混同させる、つまりクソとミソは同じであるといった同一葎と矛盾律の悪意的混同が一部の味覚音痴だけの妄想じゃなくて、改憲派の重要な戦術になっちゃってるところなの。古い話だけど、そんな詐術(クソミソ同一論)で一儲けしちゃった人にベストセラー本「日本人とユダヤ人」の作者イザヤ・ベンダサン(=山本七平)なんて人もいたよね。あ、そうそうイザヤ・ベンダサンの由来は「いざや、便出さん」なのでこれもついでに覚えといてね・・・・と今回なぜか文学部唯野教授風でいかせてもらいました。
16. Posted by 水葉   2007年04月12日 08:22
>Niphoneseさま

大筋でそうだと思います。石原や小泉のような横暴な「リーダー」と、それを歓迎する国民の関係は、DV家庭の共依存関係に酷似していると私も感じます。

ただ、一点だけ付け加えれば「ある種の女性」というのは、何らかのこころの傷を負った女性、なんですね。過去の親からの虐待だったり、DV被害者としての傷だったり。自分から好き好んで「ある種の女性」になるわけではないのです。

DVや虐待の被害者は、加害者(夫・親)から愛されていると思いたいから、加害者に愛されることが唯一の「生き延びる道」だと思いこんでしまっているから、自分が被害者だということをなかなか自覚できず、むしろ、加害者を理想化してしまう、ということがよく起こります。
17. Posted by 水葉   2007年04月12日 08:23
(続きです)

「ある種の女性」の自己責任ではないのですね。

福祉の切り捨てや、ワーキングプアの増加により、ファシズムに傾倒してしまうような「ある種の国民」・・・こころに傷を負った自己評価の低い国民を量産している、と感じます。

「ある種の女性」のサポートをしている関係から、口を挟んでしまいました。横レス、ごめんなさい。
18. Posted by BLOG BLUES   2007年04月12日 21:22
民主党とか、無党派とか、共産党とかの話は脇においといて。ブログ仲間が、史郎クンのために汗を流したとかもおいといて。まったくの一市井の有権者として印象を述べると。史郎クンは、ホント感じわるかった。一言でいうと、シャラい。最初のポスターが、モノトーンの写真に金赤文字で、Q数も小さめで「日本のための東京 あなたと創り直す」だったかな。広告デザインっぽくて洒落てるんだけど、そうゆうのって、かめ仙女は、鼻につきませんでした。選挙ポスターだぞ何気取ってんだと、僕は思った。で、作り替えた。そのこと自体がイメージを追ってるってことで、なんだかなあ。で、2発目のコピーが「そうだ日本には 浅野がいた」とかなんとか。上っ調子で、ケッと思ったよ。ポスターはいま、たまたま取り上げたんだけど、一事が万事、こんな印象。こりゃアカンと正直思いましたね。(つづく)
19. Posted by BLOG BLUES   2007年04月12日 21:23
(つづき)それに対して、万三クンは、意外や意外、ケッコーいい味出してた。いわゆる「日本共産党」ってイメージじゃなかった。これは、kuroneko教授の読み通り、80万行くかなとも思ったんだけど、基礎票まんま。うーん、慎太郎クン強し。純一郎クンのときの「改革」とか、今度の「東京再起動」とか、上に向かう強い力の短いメッセージが受けるみたい。確かに、クッキリとはしてる。あー、やだやだ。
20. Posted by 反フェミ   2007年04月13日 23:50
 梅原克彦・仙台市長はこのように述べています。

http://www.city.sendai.jp/soumu/kouhou/press/07-04-09/outou070409.html

(以下引用)
二つ目として、浅野さんについては私自身もお世話になった方ですので、ことさらに申し上げることは控えたいと思いますが、多少厳しいことを申し上げるとすれば、多くの東京都民は浅野さんの実体・本質をある意味、瞬間的・直感的に鋭く見抜いたと思います。

浅野さんが宮城県知事として、どのような仕事をされていたのかはいろいろな評価があり、私も評価している部分とそうではない部分があります。そのようなことがいろいろなチャネル、メディアやネットを通じて、あるいは口コミで伝えられ、相当多くの東京都民がそれを認識していました。東京の多くの知人はそのようなことを言っていました。

21. Posted by 反フェミ   2007年04月13日 23:51
(つづき)
今年の2月頃、浅野さんを擁立しようといろいろな方が会合を開き、浅野さんを口説いたという形になっていますが、その擁立したグループの方々の顔ぶれを見ますとある方は「北朝鮮による日本人の拉致などあり得ない」と公言されていた学者もいます。あるいは学校の卒業式で国旗掲揚や国歌斉唱に反対をするという方々も多数おられました。

多くの都民は、首都東京の治安あるいは教育をそういう方々に担ぎ出された浅野さんに、とてもではないが任せるわけには行かないという直感的な判断をされたと思います。

(引用終り)



22. Posted by 反フェミ   2007年04月13日 23:52
>日本に民主主義なんてものはないんですよ、残念ながら。

 「民主主義」という言葉ほど、使う人によって恣意的に使われている言葉はないですからねえ。ナチスも民主主義のルールにのっとって政権を握ったわけだし、半島の北側の全体主義国家も「民主主義人民共和国」と名乗っているわけですから。

>>問題を自分のレベルに引き下ろすこと。

>反反日の方に「改憲の個人的メリットは何ですか」と聞いても、ちっとも答えが返ってこないのは、現実の自分を見つめたくないからなのかもしれません。
 
 裏を返せば、学校の卒業式に日の丸や君が代を導入したことで、仕事や生活の面で被害を受けたという人の話など、一部の教職員以外に聞いたことがないのですが。
23. Posted by 反フェミ   2007年04月13日 23:52
 最後に、ここの管理人さんは大の大人にもなって「うるせーんだよ、歌うか歌わないかは自分で決めるよ。ガタガタ言うんじゃねぇよ!」なんてこと言ってて恥ずかしくないんですかね。こういう恥知らずな人間を育てているのが「日の丸・君が代反対」の都立高校ならば、そんな教育は多くの都民からそっぽを向かれて、しかもこんな教師に支持された浅野氏は選挙で負けて当然ですね。
24. Posted by nobu   2007年04月14日 09:06
何をもって「恥ずかしい」と思うかは人それぞれだと思うけど、他人様のブログのコメント欄に平気で「恥知らず」などと書けるほど恥知らずな人を私はあまり知りません(でした)。こんなに恥知らずな人が多いのなら、石原氏が勝って当然ですね。
25. Posted by 書を守るもの   2007年04月14日 09:08
>反フェミさん

カラオケで「俺が好きな歌だからお前も歌え!」
と強制されたら迷惑ですね。
そういうことを言う人は恥ずかしくないんでしょうか。
26. Posted by 本音主義者   2007年04月14日 10:10
ともかく山口組の東京進出を食い止めるための石原知事の貢献が都民に評価されたということでしょう。
住吉会との関係からの行動だという説もあるでしょうが、結果、東京の治安が守られればいいわけです。
27. Posted by jabberwock   2007年04月14日 13:10
どーでもいいけど。

困ったコメントを残していく、頭の腐った皆さんは「管理人」という言葉が好きですよね。

私の感覚だと、ブログ主というのは誰かから「管理」の仕事を仰せつかっている人ではなく、その空間の絶対的な支配者であると思っているわけですが。

つーか。

gegeに「管理」能力がないなんていうのは、文章を一行読めばわかることで、そんな人物に「管理」を求めてあなた(って誰だ?!)は恥ずかしくないのですか?!
28. Posted by gegenga   2007年04月14日 13:52
>Niphoneseさま
>"自由からの逃走"の典型的パターンだと思います。
そうなんだろうなあ。
石原慎太郎との共依存関係って、かなり怖い・・・


>下等遊民さま
唯野教授!
以前、ご紹介いただいた「体育教師をブッとばせ」は、大変に面白かったです。
今度は是非“自由からの逃走”のお題で一席、お願いいたします。


>水葉さま
>こころに傷を負った自己評価の低い国民を量産している、と感じます。
私も、こう感じています。
自己評価を下げさせて、「俺が面倒みてやらなきゃ、おまえは生きていけないんだぞ」と刷り込む。
すごく気持ちの悪い国家運営だと思います。
29. Posted by gegenga   2007年04月14日 14:08
>BLOG BLUESさま
モノクロ写真4色分解&金赤から(推定)マゼンダ20%引きの文字。
私は好きでしたけどね。
でも、一部から反感を買うデザインだろうなとは、最初から思っていました。
どの「一部」の反感はOKで、その代わり
どの「一部」の表をまとめにいくのか。
そのあたりの計算が甘かったんでしょうね。
30. Posted by gegenga   2007年04月14日 14:09
(つづき)

私も>まったくの一市井の有権者としての、感想を語らせていただくと。

今回の選挙は、すごく楽しくなかったです。

多くの方が自分の信条や熱い想いで選挙応援をしているのはわかるのですが、なぜ、応援が「けなしあい」になるのか。
この「けなしあい」を見ていると、けなされていない石原が一番まともなのか、とすら思ってしまいそうでした。

選挙は楽しみでするものではない、と言われればそれは全くの正論だと思うのですが、
「熱い戦い」ではなく「泥沼の小競り合い」を見るのは、あまりにしんどい。

参院選は、もう少し楽しくなるといいな。
31. Posted by gegenga   2007年04月14日 14:16
(ある種の、つづき)

そして。
↓「ある種」の方々は共産党よりも市民運動が嫌い、ということがよくわかった選挙戦でした。
ネット界の一部では、こういった「ある種」の方と、共産党支持者が表面上は共闘しているようにすら見え、「比例区は共産党」の人間である私は、すごく複雑な気持ちになりました。


>反フェミ さま
長いコメント、ご苦労様です。

反フェミの方って、お行儀や言葉遣いに厳しい方が多いですね♪
だからご自身は、慇懃無礼なんですね♪♪
32. Posted by gegenga   2007年04月14日 14:23
>nobuさま
このあたりがいかにも、言葉が丁寧であれば礼儀にかなっていると思う形式主義者らしい発言ですね↓
>学校の卒業式に日の丸や君が代を導入したことで、仕事や生活の面で被害を受けたという人の話など、一部の教職員以外に聞いたことがないのですが。

「心」という表に現れない部分における被害は完全無視。


>書を守るものさま
>カラオケで「俺が好きな歌だからお前も歌え!」
ウァァァァ・・・、すごくイヤァ〜。

でも、反フェミさんは礼儀正しい人ですから、きっとこんな事は言わない。
「親睦のためにみんなでいっしょに歌うべきです。マイクは人数分用意させていただきました。
え? 歌わない?
じゃあ、あなたはなぜ、この会に参加したのですか?
この会に参加したからには歌うのが常識でしょう?
もしどうしても嫌だというのなら、残念ですが、ご退席ください」、と。
33. Posted by gegenga   2007年04月14日 14:24
>jabberさま
ていうか。
「管理」って、どういう意味ですかぁ(爆)
34. Posted by 人生アウト   2007年04月14日 17:36
・「民主主義」という言葉は恣意的に使われる
・日の丸君が代による被害はほとんど無い
・日の丸君が代を歌わないのは恥ずかしい
・従って浅野氏は負けて当然

反フェミさんのコメントは、要すればこれだけなんですが。
その骨子は、反フェミさんにとって、君が代を歌わないのは恥ずかしいという感情論。


で? あなたの感情論が何かの役に立つと?
35. Posted by 人生アウト   2007年04月14日 18:04
「うた」というものは、肉体的なふるえを他者と共有する行為。
そして「ことば」というものは、身内と余所者の間に壁をつくるもの。
同時に「ことば」は、断絶した個々の間に架ける橋でもある。

すなわち、真に「うたう」という行為は、断絶した彼我の谷間にむかって橋を投げかけるものでなければならない。


私はもともと君が代でも「うたう」人間だけど、我慢ならないのは、君が代を他者に平然と押しつける面々。
彼らの「ことば」は、身内と余所者を断絶させるために振るわれる。相容れぬ他者のために「うた」を贈ろうとする精神が存在しない。ただの自己満足。

「うたう」ことの基本精神も知らない素人さんが、我が物顔で君が代を歌っても、ぬかみそが腐るだけです。
36. Posted by kokemomo   2007年04月14日 19:59
>裏を返せば、学校の卒業式に日の丸や君が代を導入したことで、仕事や生活の面で被害を受けたという人の話など、一部の教職員以外に聞いたことがないのですが。
>反フェミさん
一部の人の被害だけでは足りないのですか?
全部の人が被害を受けなければ、問題にはならないのでしょうか?一部の被害を語る人の影に無数の声無き被害者がいることを想像できないことが、この国の心の貧困を招いています。
水俣病やハンセン氏病問題など各地でひき起こされた悲しい事件は、全体から見ればすべて一部にしかすぎなくなります。少数の立場にどれだけ寄り添えるか、それが今にこの社会に欠落している問題だと思います。
37. Posted by 下等遊民   2007年04月14日 23:58
 >「体育教師をブッとばせ」は、大変に面白かったです。

 でしょ! 但しこういう為になる良書(?)は間違ってもベストセラーになることはなく、ベストセラーになるのは「地獄に落ちるぞ」が口癖の占いやってる変なおばさんの本とか、世界の中心で「野菊の墓」と「ノルウェイの森」をパクッて足して2で割ったような変な「純愛」小説ばかり。これって石原が圧勝するのとどこか通じません?
38. Posted by gegenga   2007年04月16日 09:09
>人生アウトさま
>「うた」というものは、肉体的なふるえを他者と共有する行為。
なぜか今ごろ、町田町蔵を初めて聞きまして。
「僕と共鳴せえへんか?」に、ヤラレました。
まさに、肉体的なふるえを共有する「うた」ですわぁ。
町田町蔵は、やはり天才だ!
反フェミさんは「恥知らず」というかもしれないけれど(笑)


>kokemomoさま
少数の立場に寄り添うのは難しいにしても、せめて、自分もいつその「一部」になるかわからない、ぐらいの想像力は持ち続けたいと思います。
39. Posted by gegenga   2007年04月16日 09:13
>下等遊民さま
「世界の中心で」といえば、そこで人間が「愛を叫ぶ」本は読んでいないのですが
「世界の中心で愛を叫んだ獣」は、面白かったです。
あぁ、今も世界には狂気が排出されつづけている〜。

はい、多分、全然売れていませんね、この本も(笑)
ほんの趣味でまで少数派です。
40. Posted by 馬鹿陽区   2007年04月16日 13:23
原因は
幼稚田万子と紅野四浪が同時に出馬した事
票が割れて助かったとのは石原だろうね。
というか、紅野にまともな都政が出来るわけが無い。
それに、国旗国歌は強制されるのが国としてあたりまえだっつの!
不変の真理に反論する事がかっくいいと思っている輩は死ぬしかないね。
41. Posted by gegenga   2007年04月16日 14:16
>馬鹿さま
じゃあ、石原にまともな都政ができているとでも思っているのか、という話は置いておいて。
また、日本語が変だよ。

>それに、国旗国歌は強制されるのが国としてあたりまえだっつの!
国旗国歌を強制するのは、国としてあたりまえ。
または。
国旗国歌を強制されるのは、国民としてあたりまえ。
不変の真理を語る前に、日本語をもう少し、どうにかしましょうね♪
42. Posted by 下等遊民   2007年04月16日 20:03
 >「世界の中心で愛を叫んだ獣」は、面白かったです。

 さすが! 管理人殿(爆)。
因みに「百年の誤読」(ぴあ)という本の中で、「愛をさけぶ」について豊崎由美が面白いことを言ってるので以下に引用しときます。

 「とりあえず、ハーラン・エリスンには謝っとけよ、と。タイトルをパクッてさ。風聞にとれば、編集者がつけたらしいですけど、あんな大傑作短篇のタイトルをよくもまあ、いけしゃあしゃあと・・・・・。」
43. Posted by gegenga   2007年04月18日 18:00
>下等遊民さま
それは、それは、バリバリ「管理人」ですから(笑)

>とりあえず、ハーラン・エリスンには謝っとけよ
爆!
こんな所でも「謝れ」シリーズが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔