2007年11月06日

は???

東京・世田谷区の住民票訴訟:事実婚夫婦、逆転敗訴 非嫡出子拒否は「個人的な信条」(毎日新聞)

選挙権の不利益は現実化しておらず
って、この子どもが生き続けている限り、将来確実に現実化するだろうよ、などなど。
言いたいことはいろいろあるのだけれど。

一番こけたのは、↓ここ。
判決は事実婚夫妻の主張を認めず、「仮に子に不利益があっても父母の信条によるもの。無戸籍状態が健全な成長に資するか疑問」とまで述べた。

「父母の信条」による不利益を受けるのが「父母」ならまだしも
(って、信条によって不利益を受けること自体がおかしいと思うのだけれど、それは置いておいて)
なぜ、父母の信条による不利益を「子」が受ける???

もしや。

わしが知らない間に、この国は、江戸時代の連座制を復活させることにしたのか?

ならば。

大家といえば親も同然。
事実婚夫婦を住まわせた大家にも連座制が適用され
不利益を受けても仕方がない、とか?

いやぁ、すごい判決だなあ。
無戸籍状態が健全な成長に資するか疑問
って、こんな事言っちゃう大人がいることこそが、子どもの「健全な成長」を妨げるんじゃないのかね。


しかし。

やはりこういっちゃう、産経新聞(笑)
「二女に不利益があるしてもそれは父母の思想信条によるものであり、このような状況で無戸籍状態を続けることが二女の健全な成長に資するかは疑問」と苦言を呈した

住民票作成認めず、子供が逆転敗訴 東京・世田谷

gegenga at 21:30│Comments(26)TrackBack(5)ニュースにいちゃもん 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 事実婚とか改姓とか  [ 13日の水曜日 ]   2007年11月08日 19:54
 私の手元に、1992年1月21日に第1刷が発行された、当時、弁護士であった女性が著した新書がある。 岩波新書 「結婚と家族」 福島瑞穂著  買ったのは5-6年ほど前だったか。当時、上野千鶴子さんの本を読みあさっていた??
2. 親の罪は子に罰を  [ ひまわり計画報告書 ]   2007年11月13日 11:05
今日は朝から晩までずーっと眠かった上に 夜になって蕁麻疹がぽつぽつ発生。 ってことで、早寝します。 その代わりに、ストックネタをアップ。 時機に遅れた感たっぷりのニュースの上に 推敲も足りてないけど、その辺はご勘弁を。 ↓では・・・。 東京・世田谷区の....
3. 無戸籍児訴訟  [ たんぽぽのなみだ~運営日誌 ]   2007年11月14日 05:38
こんなニュースがありましたよ。 「無戸籍児訴訟:原告一転敗訴 住民票不作成の世田谷区適法」 http://mainichi.jp/photo/news/20071106k0000m040087000c.html 婚姻届けを出していないので、記事にははっきり書いてないけれど、 事実婚と思われますが、子どもが非嫡出子にな...
4. R25で事実婚  [ たんぽぽのなみだ~運営日誌 ]   2007年11月14日 05:43
『R25』という無料雑誌で、事実婚とはなんぞや?という、 法律婚との違いについて、簡単に書かれたコラムがあります。 「最近周りでよく聞く“事実婚” 結婚との中身の違いは?」 単なる同棲との違いとして、当人たちの意識や、 周囲の人たちの認識があること、子どもが非嫡....
5. イエ制度よりも人権を!  [ みんななかよく ]   2007年11月26日 11:13
女天研の声明が出たので貼り付け。女天研というのは「めごちの天麩羅研究会」なんかではなく、「女性と天皇制研究会」の略です。 婚外子差別の解消を!イエ制度よりも人権を! 世田谷区と東京高裁判決に抗議します  東京高裁は2007年11月5日、子どもの住民票を作...

この記事へのコメント

1. Posted by 人生アウト   2007年11月06日 23:54
昔、色々な国の民話・伝承を読み比べていたことがあります。
その時に気付いたのが、「親が子に呪いをかける話が結構多い」ということ。しかも、その呪いは祝福と等量かつ交換可能なものとして存在している。
これはつまり、「大人の意」というものがあってそれに従う者は祝福を受け、反する者は呪われよという枠組みなのかと受け止めたのですが。

この裁判官の言「健全な成長に資するか疑問」、そして産経の「苦言を」は、言うまでもなく呪いです。
彼らの頭の中には土俗的な枠組みがあって、そこからはみ出す者は一族郎党呪われよ、と祈念している。
あまりにも集合的無意識をまる出しにした彼らに、ユングも爆笑していることでしょう。
2. Posted by ×第二迷信   2007年11月07日 00:15
>訴えていたのは、介護福祉士、菅原和之さん(42)夫妻と娘(2)。

「母親」は無視なのか…という、いつもの突っ込みも。

まあ、「戸籍」そのものの意義もどれほどのもんか分からんけど、「国民」と認められてるわけやね。
パスポート申請したら、どうなるか…。

3. Posted by シッポナ   2007年11月07日 08:24
ひどい判決です。
 
「この次女かわいそうでしょ?
それもこれもこの両親が悪いんですよ。
世間の常識とかけ離れた信条に固執するから、子供がなこんな目にあうんですよ」って言ってますね。

大人がこんなことやってて、子供に「いじめはやめましょう」もないもんだ。

4. Posted by コケ   2007年11月07日 08:43
 話がずれるかも知れませんが、離婚後300日というのも、算数的におかしい。
 つまり、受胎あるいはナニしてから満9か月で生まれてくるのだから、270日でないと変だと思う。
 まして、生理のめぐりは平均28日でしょう。
出産予定日などは、それで計算されているのはないでょうか。
相変わらず十月十日という古い算数が、日本人の常識としてはびこっているような気がします。
 海外映画なんか見ていると、ちゃんと「9か月」といっていますよね。

 gegenga師匠の高年弟子ですから、本来朝型なんですが、ここのところ調子悪くて……本題からはずれていたら、ごめんなさい。
5. Posted by nobu   2007年11月07日 10:05
住民票を発行することで誰か困るのかな。実際足立区では特に問題は発生していないわけでしょ。誰も困らないのであれば、法律に固執する必要は無いと思うけど。何人たりとも住民票を発行してはならないって決まっているわけじゃないんだから。
まあ自分の場合は優柔不断なので子供にかかわることであれば信条なんてコロコロ変えてしまうでしょうけど。(その程度の信条かよ!)
6. Posted by gegenga   2007年11月07日 14:00
>人生アウトさま
>一族郎党呪われよ、と祈念している。
そうだったのか!

どうも私はこのへんの感覚が鈍いんだよなあ。
「そんなことすると罰が当たるよ」というのはすんなり入ってくるのに、誰かの行動によって「一族郎党」に罰が当たる、といわれるとしっくりこないんですよね。
中途半端に古いタイプの人間です。


>×第二迷信さま
>母親」は無視なのか…という、いつもの突っ込みも。
籍を入れていないのなら「世帯主」っていうのもないはずですよね?
深まる謎。


>シッポナさま
この次女が可哀想なのは親のせいではなく、ちょっとでも人と違ったことをする人間は許さない、おまえらのせいだーっ!!
って、怒鳴りつけたくなりました。
7. Posted by gegenga   2007年11月07日 14:07
>コケさま
そうでしょ、300日、医学的に“も”おかしいですよね。

>ここのところ調子悪くて……
季節の変わり目ですので、ご自愛ください。
私もここのところ、どうも仕事がやる気しなくて・・・
季節の変わり目のせいじゃないか、これは。


>nobuさま
>誰も困らないのであれば、法律に固執する必要は無いと思うけど。
ホント、そう思う。

私も「生まれてからだとメンドクセー」とかいって、出産一月前に慌てて籍を入れた「その程度の信条」の者でございます(笑)
で、慌てていたので、何も考えずに夫の姓にしてしまったのが、大失敗。
発音しにくいんだ、これが。
なので仕事では旧姓を使っているのですが、自分の姓に執着のない夫が「あぁ、俺もそっちにしておくべきだった!」と、大変に残念がっています。
8. Posted by tomo   2007年11月07日 19:08
このご両親はきちんと納税の義務を果たしているのに、
他の区民と同じ住民サービスが受けられないなんてそれこそ行政の怠慢だと思います。
行政に差別されるなんて、お嬢さんがかわいそう。

「夫婦は同姓じゃなきゃだめ!」って強制されるのもおかしいです。
「夫婦は別姓じゃなきゃだめ!」って言われたら、
同姓を望んでいる人たちは反発すると思うのですが。
「同姓でも別姓でもどっちでもいいよ、本人が望んでるなら」というふうにいかないでしょうか。
誰に迷惑がかかるわけでもないですし。
9. Posted by 人生アウト   2007年11月08日 17:25
人が「健全な成長に資するか疑問」と言ったり、「苦言を呈」したりする時、真に相手の「健全な成長」を願っていることはまずありません。

彼らは、「健全な成長に資するか疑問」という予言がみごと成就し、この娘さんが「健全な成長」をしないことを期待しているのです。そのために罰を与え、「健全な成長」を率先して阻害しようとする。
権威主義者とはそういうものです。「呪い」とはそういうことです。
10. Posted by kokemomo   2007年11月08日 17:42
こう言う時だけ、法律を盾に取っていちゃもんつけて、「お上に逆らうことは許さん!」とばかりに庶民をいじめにかかるくせに、一番上級の憲法なんて、好き勝手に、そして、都合のいいようにいじくり放題・・・・国語力の低下?こやつらからまず先に、教育再生すべきですな!
11. Posted by gegenga   2007年11月08日 22:49
>tomoさま
>「同姓でも別姓でもどっちでもいいよ、本人が望んでるなら」
この「どっちでもいい」がとっても嫌いな人たちがいるというのが・・・
ねぇ、「どっちでもいい」のに。


>人生アウトさま
権威主義者にとっては、自分たちの規律を乱すものが「健全に」育つことは許し難いのでしょうね。
だから、呪いをかける。
一家そろって、是非、この呪いをはねかえしてほしいです。


>kokemomoさま
憲法の「精神」よりも下位法の「文言」が大事。
っていうのが、そもそも大間違いですよね!
12. Posted by SAGA   2007年11月09日 01:30
>kuronekoさま
>こう言う時だけ、法律を盾に取っていちゃもんつけて、「お上に逆らうことは許さん!」とばかりに庶民をいじめにかかるくせに、一番上級の憲法なんて、好き勝手に、そして、都合のいいようにいじくり放題・・・・国語力の低下?こやつらからまず先に、教育再生すべきですな!

教育再生など、佐賀県という地方自治体では不可能ですな。理由は、15年前に「元教え子と不純な付き合いをした。」という理由だけで中学校教師を懲戒解雇し、福岡高裁で敗訴すると、解雇を停職に切り替えごまかすという、司法判断を無視する「独善的」エリートが仕切っているとんでもない業界ですから。佐賀北高甲子園優勝を帳消しにする独善エリート斬り!(波多陽区どこいったのかな?)
13. Posted by gegenga   2007年11月09日 17:13
>SAGAさま
東京都も負けていません!! >って、
勝っても嬉しくないが。

教育委員が米長さんから瀬古さんに変わったけれど、ほんのちょびっとでもましになってくれることを祈っています。
14. Posted by SAGA   2007年11月10日 00:59
>教育委員が米長さんから瀬古さんに変わったけれど、ほんのちょびっとでもましになってくれることを祈っています。

彼らは、世間受けを良くするお飾りだと思います。
教育委員会や役所を動かしているのは、貧乏や差別される苦しみを知らない「独善的」エリート官僚ですから。経験したのは「いじめ問題」くらいでしょう。仕返しを兼ねて教師を虐待するのかもしれません。
15. Posted by 馬鹿陽区   2007年11月12日 09:25
当たり前の判決だ。
自由と平等を謳うフランス人でさへこの判決を正当と思うだろう。
自由とは責任を持って是とされるべきであり、親のせいで不利益を被る子がいても、それは親がその自由を選んだから仕方ないよと言う意味だ。
責任を持てないくせに子を産んだりするからこういう結果になる。
法は一人の気狂いによってねじ曲げられるものでないし、自分達の非を認めるよう成長してほしいものだ。
と、いうより次女よ。恨むのは国ではなく、両親とりわけ母親ですよ。
16. Posted by DoX   2007年11月12日 09:56
じゃー馬鹿陽区くんは日本から出て行ってフランスにでも住めばー。
きっとネウヨくんが大好きな「アジア人種に対する当たり前の区別」が身をもって味わえますよ。法律による平等や建前と「感情」は別だからね。キャハハっ!!
17. Posted by kuroneko   2007年11月12日 10:01
もう20年ぐらいまえ、婚姻という形式に異議を申し立てるので、毎年、離婚と結婚を繰り返すケースがあったけど、途中でやめたみたい。
どうせなら一月にいっぺんとか毎日とかやって、区役所の事務を混乱させたら楽しいのにな。
別に違法じゃないし、届けを出すのだから社会秩序を守っているし、遊んでいる公務員に仕事を与えていると産経新聞に褒められる氏(推定)、毎日、愛を確認しているからロマンチックだし。
しかし、お久しぶりの陽区くんは相変わらず日本語の文章が変だね。「自由とは責任を持って是とされるべきであり」ってなんだあ?まあミスタッチというだけかもしれないけど。
18. Posted by gegenga   2007年11月12日 12:04
>SAGAさま
お飾りにしてもひどすぎた米長さん。
あの人を選ぶ神経というのが、理解できません。
>仕返しを兼ねて教師を虐待するのかもしれません。
うくく・・・
ないとは言い切れないかも。


>Doxさま
フランス人を代弁するとは!
いやぁん、いつの間にか偉くなったのねぇ、馬鹿さん。


>kuronekoさま
「とりわけ母親」というあたりに、彼の小汚い無意識が透けて見えて、気持ち悪いわけですが。
「毎日とか、毎月とか、ゆるさん! 俺なんか、1度だって結婚できなのにっ!! きいきい」と、馬鹿さんを代弁。
19. Posted by SAGA   2007年11月12日 22:58
>馬鹿陽区氏へ
>自由と平等を謳うフランス人でさへこの判決を正当と思うだろう。

いつからフランスは連座制を適応する法律や法解釈が存在する国になったのでしょうか。あなたの主張の根拠を、教えていただきたいものです。
20. Posted by gegenga   2007年11月13日 10:34
>SAGAさま
えーと、馬鹿氏はですねぇ、多分、自分でも何をいっているのか分からないんだと思うんですよ。
私が最初に気づくと削除しちゃうんですが、誰かが面白いツッコミを入れてくれた場合はコメントを残しておくことにしています。
ブログペットの発言と思ってください(笑)
21. Posted by 村野瀬玲奈   2007年11月13日 22:22
15番さま 2007年11月12日 09:25の発言
>自由と平等を謳うフランス人でさへこの判決を正当と思うだろう。

フランスでは、カップルの姓を男性の姓に統一してもいいし、女性の性に統一してもいいし、順番を問わない二人の姓の結合姓(たとえば鈴木さんと本田さんの結婚だったら新しい姓を「鈴木本田」にしてもいいし「本田鈴木」にしてもいいということ)にしてもいいし、子どもの姓も、2005年1月1日以降に誕生する子どもは、父親の姓または母親の姓のどちらか一方、または両方(両親の姓から一つずつ、合計2つ)を受け継ぐことができるが、最初の子どもに与えられた姓は、共通の両親から生まれるすべての子どもに適用される、となっていることを知って書き込んでるのかなー??
22. Posted by gegenga   2007年11月13日 23:13
>村野瀬玲奈さま
待ってました!

なんかうっすらとこんな事があったような気がしていたのですが、確認するのが面倒だったので、「きっとそのうち、村野瀬さんが来てくれるはずだ」と思って放っておいてしまいました(笑)
解説、ありがとうございます。
23. Posted by 村野瀬玲奈   2007年11月14日 15:13
すみません、遅くなったのでみなさんの関心が薄れてしまったらごめんなさい。m(__)m
24. Posted by DoX   2007年11月14日 17:49
http://haughtycomment.blogspot.com/2007/11/gegenga-15.html#links

オラもむしかえしてみただーよ。というか、馬鹿コメの保存?(笑
25. Posted by nobu   2007年11月16日 09:59
そういえば、自分が婚姻届を書くとき(2000年)夫婦別姓が出来ないことを知って「あれ?」と思いました。当然選択できるようになっているものだと思っていたので。学生時代(二十数年前)には結構この件で世間的にも盛り上がっていたはずなのに、進歩無かったんですねえ。
なんで決めなくて良いことまで決めちゃうんでしょう。なんでもかんでも自由化民営化する前にこの辺のことを自由化して欲しいよ。(しつこいコメント、ご了承ください。)
26. Posted by なめぴょん   2007年11月17日 00:03
まあこれ、前にもコメントしたんですけど、おそらくとある人が忌み嫌ってると思われるかの国ですら、夫婦別姓当然、子供はどっちの姓でもよくてふたつつなげてもOK(中国人と朝鮮族カップルで"田金"の姓を持つ子がいて、逆にしたら日本人やんけ。あ、ヨメは日本語ペラペラ)ですから、日本はかの国以下ちゅうことを認めるんやろなきみ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔