2009年12月11日

「声を発しない人は存在しない」わけでは、ない

発端は、曾野綾子である。
もう見飽きた、お話。

で、当然のようにあちこちで
「自衛しろと言ってはいけないんですか」
というのが吹き上がってくるのも、悲しいことに、すっかり見慣れた風景。

しかし、粘り強く、説得力を持って
そういった「自己責任論」を打ち砕いてくださる方々がいらっしゃる。
その人たちにお任せして、わしはエントリーをあげずに来た。

また、他のエントリーにわいてきた「まったくわかっていない人たち」にイライラしつつも
コメント欄に乱入しないように気をつけてきた。
ブログ主に迷惑だからね。
信じてもらえないでしょうけど、結構我慢しているのよ、これでも。

が、ついにやっちまったよ、うちゃさんのところで orz
キレコメント。

成り行きは、リンク先で見ていただくとして。
退治も、うちゃさんにお任せして。

ここで、言いたいのは。
もう、うちゃさんもこちらのエントリーで↓言っちゃっているけれど。
特にブログやコメント欄に何かを書き込む前に、それを読む人の中に性犯罪被害者が含まれている可能性があることを忘れないでください。



そう。
ネットは世界につながっている。
どこの、誰が読んでいるかわからない。
性犯罪被害者が読んでいるかもしれない。

なぜ、こんな当たり前のことに、想像がおよばないのだろう?


性犯罪被害者が、黙っているからですか?
だから、「いない」と?

つらすぎて発言できない人だって、たくさんいる。
そんな「声を発しない人」にこそ、配慮するべきなんじゃないのか。


また、こんな輩に限って、勇気を持って反論する被害者が出ると
「その言い方はないんじゃないか」みたいなことを言いたれるのも、呆れるばかり。

自分が想定した「完全無欠の可哀想な被害者」以外は
被害者じゃないんですか?

反論する被害者は被害者じゃないし
声も出せない被害者はいないことにする、と。

無敵だわぁ〜。


これは、性犯罪被害者に限らない。
わしが、時々(時々か? と、自分で自分に突っこまざるを得ないところが情けないんだが orz)コメントに対してかなりキツイ返しをするのも
それに反論すらできない人たちがつらい思いをしているかもしれない
と思うからだ。

たとえば、差別。
「差別されている側」が読んだら、どう思うか。
そう考えたら、差別的な発言に対して寛大な態度なんか、取れない。


しかし、こういった視点から
「あんた、その発言はひどいよ、わかってないよ」
なんていうと、被害者面するヤツも出てくる。

「いきなり全否定ですか?」
「gegengaに、ひどいこと言われましたぁ〜」
みたいな。

自分から車にぶつかりに来て、ぶつかったら
「いたぁ〜い、ひどぉ〜い」
って、あんた、当たり屋ですか?


まあ、こうやって痛がると慰めてくれる人も世の中にはいるようだし
そういった人たちのところにまで出向いて
いちいち闘う気力もないのだが。

「声を発しない人」に
「こんな人たちばかりじゃないよ」というメッセージを届けるために。

せめてウチのブログでは、こんな態度を徹底したい。


  非当たり屋三原則


   当たり屋を

   しない。

   させない。

   保護しない。



※なお、どんな当たり屋との間にも、密約は存在していません。

gegenga at 17:55│Comments(12)TrackBack(23)日常生活にいちゃもん 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. いつからそう思い込むようになったのだろう  [ akira's room ]   2009年12月11日 18:57
前回のエントリで触れた、「被害者責任論」(私は自衛論だとは思っていません)への反論は、昨年の「花岡騒動」でさんざん書いているので、そちらをご参照いただければと思います。 2年近くたって、またぞろ同じような言説が飛び交っていることに眩暈を覚えながら方々のエン...
2. 君だけは君を見捨てないで。  [ 元気がほしいときに読む日記 ]   2009年12月12日 04:52
 あなたの価値は誰が決めているのでしょうか?  他のだれでもない、あなた自身なんです。  あなたが、あなた自身を見捨ててしまわない限り、あなたの価値そのものが損なわれる事はないのです。  孤独になるのが怖いのでしょうか?  当然です、それが“人間”と言うもの
3. 社会保障政策の本質  [ 晴耕雨読 ]   2009年12月17日 16:03
貨幣に支配される奴隷 のつづきです。 [すみちゃん] 「確かにそうなんですが、紙幣がそのように帝国内部で発生した前例があるでしょうか? 残念ながら経済史の知識も乏しいので良くわかりません。 思考実験であるとすると、もちろんローマ帝国の紙幣など他共同体の手工業...
4. 誤った天皇の国事行為論を小沢氏が間違いだとやっと認めた  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2009年12月21日 23:45
本ブログで指摘し続けてきた小沢氏の誤った天皇の国事行為論を小沢氏が間違いだとやっと認めた。 この問題は小さな問題ではない。
5. 年越しシェルター  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2009年12月25日 21:09
世はクリスマスと浮かれていたがそれも終わり、あと1週間で新しい年になる。 東京では年末年始に求職者に対して、緊急的に宿泊先や食事を用意する「シェルター」を設置する。 12月28日の午後から、2010年1月4日朝までの8日間設置される。
6. 「twitter社会論」を読み終えました  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2009年12月27日 02:18
私は何だか訳のわからない怪物につかまった。 その名はtwitter。 津田大介さんの「twitter社会論」を読み終えました。 私のこの怪物に捕まられた状況を感想文としてそのtwitterで「tsudaって」みます。
7. NHKドラマ『坂の上の雲』を見る  [ JCJ機関紙部ブログ ]   2009年12月27日 12:15
 機関紙「ジャーナリスト」09年12月号から転載します。  疑念残る「司馬史観」  NHKドラマ『坂の上の雲』を見る NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」が始ま った。司馬遼太郎原作のこの歴史小説は、彼の歴史観を巡ってドラマの制作前から論争が絶えなかっ...
8. まんがで読破「堕落論 白痴」を読んだ  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2009年12月27日 19:04
このまんがで読破シリーズである種の感慨を持って読んだのが坂口安吾の「堕落論」だ。 戦争についてこれだけ我々の世代は真摯に受け止められない。 やはり親の世代のものだ。 しかしこういう文学の形で戦争は後世に伝わって行く。 こういう作品を我々は大事に読み続けなけれ...
9. 斜陽 -まんがで読破- 太宰治 を読んだ。  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2009年12月28日 22:32
ローザ・ルクセンブルグの「経済学入門」が出てきたのには驚いた。 斜陽は当時交際していた太田静子の日記がほとんどそのまま書き写されたものであることが、娘・太田治子によって明かされた
10. 年末年始の音楽番組の紹介  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2009年12月28日 23:01
年末年始の音楽番組の紹介です。 BS 1・2・3の番組です。 マイケルジャクソンとビートルズがお勧めです。
11. IT業界重大ニュース2009 一位はtwitter  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2009年12月30日 12:59
j-waveというFMのチャンネルで11月29日夜「IT業界重大ニュース2009」の発表があり先日twitterで書評を書いた「twitters社会論」の著者である津田大介さんが出演して発表した。
12. 歴史と科学に学ばないから日本は停滞しているのではないでしょうか  [ 村野瀬玲奈の秘書課広報室 ]   2010年01月01日 13:47
  2010年が始まりました。 昨年2009年の日本ではいろいろなことがありました。最大の出来事は政権交代だったでしょうか。 ジミントー政権...
13. 石原に代わる都知事候補は誰がいいでしょう?  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月03日 02:26
ンポジウム・新しい東京 福祉・環境都市を目指して ??石原都政への対抗軸??
14. 梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月06日 00:47
梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ 著者の『ウェブ進化論』と『ウェブ時代をゆく』は福沢諭吉の『西洋事情』と『学問のすすめ』の関係であるという。 『ウェブ進化論』は ウェブの紹介本という趣があったが『ウェブ時代をゆく』は 若者への生き方のガイドという趣...
15. 梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月06日 01:05
梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ 著者の『ウェブ進化論』と『ウェブ時代をゆく』は福沢諭吉の『西洋事情』と『学問のすすめ』の関係であるという。 『ウェブ進化論』は ウェブの紹介本という趣があったが『ウェブ時代をゆく』は 若者への生き方のガイドという趣...
16. Twitterの社会論1  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月07日 23:55
私はTwitterに今すごく意味合いを感じているので今後何回か記事を書きます。 まずこのニュースから http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100105_340504.html 鳩山由紀夫首相は1日、ミニブログサービス「Twitter」の利用を開始した。アカウントは「@hatoyamayuki...
17. ドラマ「咲くやこの花」に期待  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月10日 02:31
今夜7時のニュースの後テレビを付けっぱなしにしていたら「咲くやこの花」という番組が始まり私は藤原定家ですとナレーターが語り始めたので、それまでパソコンに向かっていたがソファーに座り直してじっくり見てしまった。 百人一首をテーマにした初めての時代劇だそうだ...
18. まんがで読破「蟹工船」を読んだ  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月11日 00:39
まんがで読破「蟹工船」を読んだ ラストシーンは二度目のストライキが成功する。 原作はそうだったと思うのでこれは原作に忠実ということになる。 二回の映画と白樺文学館作漫画の漫画は「僕らは立ち上がったもう一度!」で終わっていると思う。 最後には蟹工船の主任監督...
19. まんがで読破「蟹工船」を読んだ  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月11日 00:42
まんがで読破「蟹工船」を読んだ ラストシーンは二度目のストライキが成功する。 原作はそうだったと思うのでこれは原作に忠実ということになる。 二回の映画と白樺文学館作漫画の漫画は「僕らは立ち上がったもう一度!」で終わっていると思う。 最後には蟹工船の主任監督...
20.  現代短歌研究会のご案内(ミューズへの挑発)  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月14日 00:27
以下のように新しいテキストでの勉強会を始めます。 奮ってご参加ください。              記 1. テキスト ミューズへの挑発_現代短歌・七歌人論 (単行本) 檜葉 奈穂 (著) 2. 日時 2010念1月から7月まで 第一回 2010年1月28日(木)辰巳...
1月15日の朝日新聞に宜野湾市の宮城武雄さんの短歌が紹介されていたので紹介します。 なかなか短歌の説得力を歴史ととも紹介したいい記事だと思います。 墓地接収解除願えども 米民政官声荒げて 「no」の一声 (1955の解除要求時に)
22. 大震災15周年特集ドラマ「その街のこども」を観た  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月18日 00:43
不思議なドラマだった。 どこまでが震災当時10歳で地震を経験した森山未來と13歳だった佐藤江梨子の実話かわからない。 会話などはおそらく事実なのだとおもった。 それくらいリアリティがあった。 震災の経験者である二人にしかできないドラマだったのだろう。 佐藤江...
23. 4億円の原資は何か?  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2010年01月23日 17:37
今日の検察の参考人聴取でこれらを小沢氏が知っていたかが明らかになって欲しい 1.4億円の原資は何か? 三重県の水谷建設が5千万を二回小沢氏側に渡したと証言している。 二回目は05年4月に大久保容疑者に、一回目は土地購入の直前(2004年10月20日)に5千...

この記事へのコメント

1. Posted by うちゃ   2009年12月11日 18:54
彼には100回音読して、何で皆が怒っているのか自分で良く考えてから出直してこいと返しましたが、はたして理解してくれるのかどうか。
なんかもうやれやれとしか
2. Posted by 範魔元史   2009年12月11日 19:31
mixiでの話ですが、小学校教諭が女子児童数十人を襲っていたというニュースに、“この男を吊せって言ってるけどお前等沖縄の米兵に同じこと言わないよな”みたいな日記を書いたんですよ。

そしたら中学生は自衛できますなんて人がきたのです。

その人にあんたみたいなのがセカンドレイプをするんだと書いたら、自分は性犯罪被害者で同じ目にあって欲しくないから自衛を呼びかけるんだと書き込んできたのです。

それを読んで、自分を加害者側に置くことで強くなったつもりかよ。ただ逃避してるだけじゃねえかよ。逃げるなとは言わないが他人を傷つけていい理由にはならねえよ。などと思ったのです。書きませんでしたが。


未だに男女の非対称性は理解されてはいないですね。
3. Posted by Yuu Arimura   2009年12月11日 22:03
「webで意見を述べれば批判・反論されうるのは当たり前」といって「言い方」を批判するのがあったなあ>「その言い方はないんじゃないか」みたいなことを言いたれる

「誰が読むのかなんて一々気にしていてネットでもの書けるか!」と抗議するひともいそうですね。
4. Posted by 三ねんせい   2009年12月12日 10:09
また曽野綾子ですか,困った夫婦ですねえ.「男は××するぐらい元気なのがいい」というダンナとともに,性犯罪に遭うのは被害者の不用心のせいだと思ってるんですね.
ミニスカ穿くにも「どんな結果も覚悟の上で」とは呆れ果てます.キリスト教にそんな思想ありましたっけ?
「当たり屋」の出て来ないことを切望します.
5. Posted by popo   2009年12月12日 19:01
曽野綾子・・ベストオブ恥ずかしい日本人ですね。トホホです。
何も知らない頃、癒し系めいたタイトルにだまされてエッセイを読んだのですが、読み進めるにつれ、「ダメなやつは滅びろ」とか、「日本人なのにキリスト教に惹かれてしまう私って選ばれた人間」とか、もう目が点になるとしか言えない内容でした。まっとうなクリスチャンは怒らないのでしょうか。

当たり屋にからまれて大変でしたね〜。
性犯罪に寛容な人間って、もし自分が被害者だったらとは考えないのが不思議。
男性でも被害者になるのに。
だからと言って、「祭りのふんどし、タンクトップや短パンは犯罪をよぶのでけしからん」なんて言いませんよね〜。
(またこのネタですいません。でも本当に不思議なんですよ。どうしてなのか・・。)

でも「セクシーだから襲いかかる」、なんて人間はどんだけアホなのかと。
なぜその二つを混ぜちゃうのかと。
ふた昔前は「男はそういう生き物」とか言っていたけど、単に社会がそれを許していただけのことでしょうね。
6. Posted by かつ   2009年12月13日 13:28
なんだか、あっちこっちで見かけるトラックバックが来てますね。
これは「当たり屋」じゃなくて、なにかの「勧誘屋」なんでしょうか。
7. Posted by gegenga   2009年12月13日 17:13
>うちゃさま
「取り急ぎ、二点のみ」を追記した後に、あのコメントが来たんですよね?
どんだけ甘ったれなんだよ?

しかし、わかりやすい「当たり屋」ですね。
「どう思うか、っていうから意見を言ったのに、全否定するなんて、ひどいやっ!!」って、自分が言ったことの意味がまったくわかっていないのかなあ。
叩かれればいたいけれど、叩いた手には痛みを感じないのか。


>範魔元史さま
本当にもう、この手の輩にはうんざりです。
「自衛」って言ったって、力道山だってチンピラに刃物で刺されれば死んじゃうわけで(たとえが古すぎ・・・)、どうしろっていうんだよ。
しかも「実際のところ、カネと時間さえかければ」自衛できる、とまでいいやがりましたからね。
そして、金と時間をかけて守るものが「女の貞操」だと。
ケッ!!!!!!!

>未だに男女の非対称性は理解されてはいないですね。
本当にそう orz
8. Posted by gegenga   2009年12月13日 17:22
>Yuu Arimuraさま
はじめまして。

>「webで意見を述べれば批判・反論されうるのは当たり前」といって「言い方」を批判するのがあったなあ

あぁ、あそこでも、ここでも(遠い目)

>「誰が読むのかなんて一々気にしていてネットでもの書けるか!」と抗議するひともいそうですね。

これは、いかにもいそうですね。
そして、私はこういう人を一方的には責められない。
多分、自分も気づかずにやっていると思うので(まったく違った立場の他人の気持ちを想像しきれるほど、私の想像力が立派なものだとはまったく思えませんので)。
だからこそ。
せめて、そこを指摘されたときに「そんな言い方しなくたっていいじゃないかっ!(涙目)」みたいなみっともないことはしないように気をつけたいと思っています。


>三ねんせいさま
そう、また曾野綾子なんですよ。
で、また、同じような曾野綾子擁護とセカンドレイプが繰り返される、と。
いい加減にしてほしいわ。

>「当たり屋」の出て来ないことを切望します.
うちには、うちゃさんのところに来たほどわかりやすいのは、あまり来ないですね。
他で痛がって泣いている、という噂はありますが(笑)
9. Posted by gegenga   2009年12月13日 17:34
>popoさま
クリスチャンの作家といえば、私は一番に遠藤周作を思い出すのですが、曾野綾子には遠藤周作のような「日本人でありキリスト教徒であること」を真剣に考える姿勢や葛藤が見えませんよね。
彼女にとって、信仰ってなんなんだろう?

>当たり屋にからまれて大変でしたね〜
イヤ、今回は、どちらかというと私がからんでしまったような(汗)
しかも、スルーされたし orz


>かつさま
>「勧誘屋」
でしょうね。
1つ目なので残しておきましたが、続いたら削除する予定です。

ところで。
自分が他人に与えた痛みはキレイサッパリ忘れたように、「ひどいこと言われましたぁ! この人はひどい人ですぅ」って言い続ける人が、時々いるじゃないですか。
あれって、なんなんでしょうね?
10. Posted by うちゃ   2009年12月13日 19:38
>「取り急ぎ、二点のみ」を追記した後に、あのコメントが来たんですよね?

そうなんですよ。あれを読んだ後、ブログ始めて以来の徒労感が襲ってきまして。おそらく、(たぶん)私が知っていた相手だということもあったんでしょうが。

11. Posted by gegenga   2009年12月14日 22:17
>うちゃさま
>ブログ始めて以来の徒労感
お気持ちお察しいたします。
私も怒るより呆れた、っていう感じでした。
あんなにわかりやすいリンクも貼ってあるのに orz
12. Posted by tomo   2009年12月17日 15:08
またgegengaさまと同時刻に書き込んだら、
もうこれは結婚するしかないかも!と思いつつ
久々の書き込みをさせていただきます。

(私も風邪をひいて寝まくってました。
こんなところも、gegengaさまとのただならぬご縁を勝手に感じております)。

我らが曽野先生、相変わらずお元気ですね。
きっとまわりにストレスを配りまくっているので、
ご本人にはストレスがないんでしょう。

自分が他人に与えた痛みをキレイさっぱり忘れてしまう人というのは、
まさに今の日本の姿なのかもしれません。
なげかわしいことですが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔