日常生活にいちゃもん

2009年12月11日

「声を発しない人は存在しない」わけでは、ない

発端は、曾野綾子である。
もう見飽きた、お話。

で、当然のようにあちこちで
「自衛しろと言ってはいけないんですか」
というのが吹き上がってくるのも、悲しいことに、すっかり見慣れた風景。

しかし、粘り強く、説得力を持って
そういった「自己責任論」を打ち砕いてくださる方々がいらっしゃる。
その人たちにお任せして、わしはエントリーをあげずに来た。

また、他のエントリーにわいてきた「まったくわかっていない人たち」にイライラしつつも
コメント欄に乱入しないように気をつけてきた。
ブログ主に迷惑だからね。
信じてもらえないでしょうけど、結構我慢しているのよ、これでも。

が、ついにやっちまったよ、うちゃさんのところで orz
キレコメント。

成り行きは、リンク先で見ていただくとして。
退治も、うちゃさんにお任せして。

ここで、言いたいのは。
もう、うちゃさんもこちらのエントリーで↓言っちゃっているけれど。
特にブログやコメント欄に何かを書き込む前に、それを読む人の中に性犯罪被害者が含まれている可能性があることを忘れないでください。



そう。
ネットは世界につながっている。
どこの、誰が読んでいるかわからない。
性犯罪被害者が読んでいるかもしれない。

なぜ、こんな当たり前のことに、想像がおよばないのだろう?


性犯罪被害者が、黙っているからですか?
だから、「いない」と?

つらすぎて発言できない人だって、たくさんいる。
そんな「声を発しない人」にこそ、配慮するべきなんじゃないのか。


また、こんな輩に限って、勇気を持って反論する被害者が出ると
「その言い方はないんじゃないか」みたいなことを言いたれるのも、呆れるばかり。

自分が想定した「完全無欠の可哀想な被害者」以外は
被害者じゃないんですか?

反論する被害者は被害者じゃないし
声も出せない被害者はいないことにする、と。

無敵だわぁ〜。


これは、性犯罪被害者に限らない。
わしが、時々(時々か? と、自分で自分に突っこまざるを得ないところが情けないんだが orz)コメントに対してかなりキツイ返しをするのも
それに反論すらできない人たちがつらい思いをしているかもしれない
と思うからだ。

たとえば、差別。
「差別されている側」が読んだら、どう思うか。
そう考えたら、差別的な発言に対して寛大な態度なんか、取れない。


しかし、こういった視点から
「あんた、その発言はひどいよ、わかってないよ」
なんていうと、被害者面するヤツも出てくる。

「いきなり全否定ですか?」
「gegengaに、ひどいこと言われましたぁ〜」
みたいな。

自分から車にぶつかりに来て、ぶつかったら
「いたぁ〜い、ひどぉ〜い」
って、あんた、当たり屋ですか?


まあ、こうやって痛がると慰めてくれる人も世の中にはいるようだし
そういった人たちのところにまで出向いて
いちいち闘う気力もないのだが。

「声を発しない人」に
「こんな人たちばかりじゃないよ」というメッセージを届けるために。

せめてウチのブログでは、こんな態度を徹底したい。
続きを読む

gegenga at 17:55|PermalinkComments(12)TrackBack(23)

2009年12月07日

眠る、眠る、眠る、眠る・・・

昨朝、目を覚ましたらあちこちの関節が痛い。
頭痛もするし、そういえば、数日前からちょっとばかし喉が痛かった。

これは、もしや?

と思って熱を計ったら、37度7分。
おぉ、3年ぶりぐらいの発熱!
(イヤ、最後に熱を出したのはもっと前か?
覚えていないところが、また・・・)

日曜日だし、仕事ないし、とりあえず寝続ける。
途中でもう1度熱を計ったら38度2分まで上がっていたが
インフルエンザではなさそう(あれなら、もっと一気に来るからね)だから寝てれば治るだろう、と、判断。
夕食時に起き出してちょっと食べ
9時には、本格的に寝る。 

今日も、仕事はないしぃ、と、10時過ぎまで寝る。
で、ちょっとごそごそ動いて
昼飯を食べたらまた眠くなったので
2時頃からついさっきまで寝る。

熱は、36度5分に下がりました〜。

いやぁ、人間、寝れば治りますね!

と、人間一般のせいにしてみるのであった。

gegenga at 16:38|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2009年11月30日

TBSのボクシング中継は、なぜダメなのか

昨日、内藤 VS 亀田の試合をテレビで見た。

内藤、残念だったね。
動体視力が落ちてきたんじゃないかと思った。
前だったら、あんなパンチ、スェーバックでかわせていたと思う。
年には勝てない、ということか。

この後も続けるのか引退するのかまだわからないが
今は「お疲れさまでした」という言葉をかけてあげたい。

亀田は、頑張ったと思う。
パンチのコンビネーションがうまくなったと思うし
終始、冷静だった。
試合後のインタビューを見ても
「大人」になったな、と思った。

やっと23歳だもんね。
ガキのころのいろんなバカを乗り越えて、これからも頑張っていってほしい。
オヤジからは距離をおいてね(笑)


さて。
というわけで、先日の亀田(弟)のクソつまらない試合に比べて
なかなかの好試合だったと思うわけだが。

あいかわらず

TBSは、ダメダメだ!
続きを読む

gegenga at 15:20|PermalinkComments(11)TrackBack(2)

2009年11月24日

放置のお詫び、など

休み中に、買ったまま読み切れていなかった本をバーッと読んでいたら
パソコンをつけるのを、忘れてしまいました(笑)

で。
コメントの承認が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

そんで。
今朝、チェックしたら。
久しぶりに来ましたねぇ、こういう方↓

こういう方 = 吉田隆 さん

何やら、懐かしい気持ちになりました(笑)

gegenga at 10:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年11月21日

カッコ悪いことが嫌いなあなたは!

たとえば。

集団で誰かにとんでもない嫌がらせの限りをつくし
その人が被害を訴えると
「うるせぇな!
おまえが悪いんだよ、このブス!」
みたいなことを言い張り。

見かねた周囲が注意をしたら
仕方がないので、集団の中の数名がイヤイヤ、謝罪になってねえよ、
というような、あやふやな謝罪もどきをして。
それじゃあ納得のいかない被害者が
被害の実態をハッキリさせることと、キチンとした謝罪を求めると。

「謝ったのに、しつこいなあ。
いつまでもいつまでも、ネチネチからむんで困ってるんですよ、俺。
たかり?
そんじゃなきゃ、頭がオカシイの?
なんにしても、俺、被害者だよなあ」
みたいなアピールを周囲にする。

そして、集団の中の誰かが順番で
どこかの隅っこから、相手を侮辱する言葉をネチネチと吐き続ける。


なーんてことがあったら、どう思います?

カッコ悪いですよね?
カッコ悪いと思いますよね?
自分がこの集団の一員だと思われたら、たまらんですよね?
ね? ね??


そう思った、あなた!
カッコ悪いことが嫌いな、あ・な・た!
そんなあなたは、是非、署名を!

日本軍「慰安婦」問題の立法解決を求める緊急120万人署名


※私のバカ記事ではわけがわからないでしょうから、
是非、碧猫さんの↓をお読みください。

日本軍「慰安婦」問題の立法解決を求める 緊急署名に賛同します

gegenga at 17:51|PermalinkComments(11)TrackBack(6)

2009年11月19日

わからなくても、わかること

子どものころかそれほど勉強ができるほうではなかった上に、終始一貫、怠け者で、苦手分野を頑張って克服しようという努力もしていないので
世の中、わからないことだらけだ。

特に理数系。
数式とか、化学式を目にした途端
「あぁ、ごめんなさい、ごめんなさい」
といって思考を停止。
近寄らないようにしている。

あと、コンピュータ関連も苦手。
必要に迫られると、どうしても必要なところだけ必死に情報収集をして理解するが
そこで、おしまい。
それ以上の努力はしないので、コンピュータリテラシーは低いまま。

だから、うちゃさんのこちらのエントリーなんて
当然、わからないのだ。
スカラ計算機、ベクタ計算機、専用機
って、何、なに、ナニ?????

だが、わかることもある。

この、うちゃさんのエントリーに「反論」するのなら
・世界一になることの意味
・うちゃさんが疑問を呈している実現可能性について、「こうすれば実現可能である」という具体的な方法論を示すこと
が、必要だ。

っていうのは、コンピュータがわからなくても、「理屈」で考えれば、わかる。

なんだけど、きっと、明後日の方向から「反論もどき」が来るだろうなあ、と思っていたら。
案の定、来るんだよねぇ。

民主党はダメだ、仕分け人がわかっていない、ダメだ、ダメだ、ダメだーっ!
の人。

わしはね、この「仕分け」に関してもよくわからないの。
だから、この「ダメだ、ダメだ、ダメだーっ!」が、正しいのか、正しくないのかも、わからない。
もしかしたら、正しいのかもね。

でも、これは、うちゃさんに対する「反論」にはなっていないよね。


さて、仕分けつながりで、もう一つ。
↓こちらの記事から、亀井静香さんが仕分け人を批判していた部分を引用。
事業仕分け:6000億円を国庫返納要求 急先鋒の民間人
続きを読む

gegenga at 23:09|PermalinkComments(13)TrackBack(1)

2009年11月16日

冬支度

3c4bdf2b.jpg虎足スリッパ。

来年の干支を先取りしてみました(笑)

gegenga at 19:04|PermalinkComments(8)TrackBack(4)

2009年11月14日

もし「急いで」いるのなら

ウチは夫婦とも家で仕事をしているので
自宅に宅配便が届く頻度が高い。
猫さん、ペリカンさん、飛脚さんがまんべんなくやってくる。

1社あたり2〜3名のレギュラー配達員がいて
すっかり顔なじみ。
それぞれのキャラも、なんとなくつかんでいる。

で、猫さんの担当の1名が
やたらと「急いでいる」人だったりする。

ピンポ〜ン。
と、チャイムが鳴り、インターホンに出ると
いつも「お荷物です」と、息せき切って一言。

玄関に出ると、ドアを開けた瞬間に
「はい」と荷物を出し、「印鑑お願いします」
と、すごい勢いで言う。

こちらも忙しいことが多いので、あんまりのんびりされたらそれはそれで困るんだけど
こうせき立てられるのも、ちょっと。
と思うことも多く、どうもこの方は苦手。


この人がつい先ほど
仕事の資料を配達してくださった。

玄関に出て、いつものように大急ぎで荷物を渡され
「印鑑をお願いします」。

と、いつも玄関に置いてある印鑑が、ない。
どうも、子どもが持ち出したようだ。

仕方がないので
「すみません、サインでもいいですか?」
というと、早口で一言「はい」。

あ、その、ペンは持ってきていないんですよ、あの。。。
「ペン、貸していただけますか?」
すると、大急ぎでペンを突きつけ「はい」。

が、貸していただいたボールペンは芯が出ていない。

えーと。
そんなに急いでいらっしゃるのなら。

「サインでもいいですか」と言われたときに、すぐ
「はい、どうぞ」と、芯を出したボールペンを渡す
っていうのが、一番短時間で用事が済むと思うのですが。


もしかしたらこの人は「急いでいる」のではなく
「気分的に忙しい」だけの人なのかもしれない。

gegenga at 11:16|PermalinkComments(23)TrackBack(1)

2009年11月11日

「知る権利」って、なんだろう?

昨日の夕方、洗濯物をたたむときに、何気なくテレビをかけた。
ニュース番組。
島根県女子大生死体遺棄事件について、放送していた。

洗濯物をたたみながら聞くともなく聞いていたら
死体がどのように損壊され、それぞれの部分がどこで発見されたかを、詳しく述べていた。

こんなこと、詳しく報道して、どんな意味がある?
テレビなどの報道を通じて死体の状況を知ってしまったら
被害者のご両親は、どんな思いをするだろう?


近年「被害者遺族の感情」ということが問題視されるようになり
「だから加害者に厳罰を」となるのでなければ
いいことだ、と、思っていたのだが。
「詳しすぎる」被害状況の報道については
「被害者遺族の感情」は問題にされていないようだ。

被害状況だけではなく、被害者のプライバシーを
微に入り細をうがって報道することにも
疑問を感じる。
死んでしまったら、プライバシーなんか無視?

マスコミは、何かというと「国民の知る権利を守る」というが
被害状況や被害者のプライバシーを知る権利なんて
誰にあるのだろうか?


とりあえず。
私にはそんな権利がないと思ったので、テレビを消した。

gegenga at 17:38|PermalinkComments(11)TrackBack(1)

2009年11月05日

教条主義

昨夜、Amazonで本を4冊注文した。
上下巻に分かれている小説1セットと、笙野頼子の小説1冊、仕事関係の本1冊。

すると、先ほど、Amazonから「ご注文の発送」メールが届いた。

Amazon.co.jpからのお知らせ

ご注文いただいた商品をできるだけ早くお客様にお届けするため、以下の商品を分割して発送させていただきました。残りの商品も、準備でき次第発送いたします。
素早さ重視、さすがAmazon!

そして、つづきを読むと・・・。


今回発送する商品は以下のとおりです。
------------------------------------------------------------

1 神器〈下〉

------------------------------------------------------------


下巻だけ先に発送してどうする!?

この素早さ原理主義社め!(爆!!)



いやぁ、発送システムの問題だから笑ったけど
これが生身の人間なら、かなりイラッとくるかも(笑)


※11/6 15:00ごろ追記
なんと、今、下巻1冊が入った1箱と、残り3冊が入った1箱。
2箱いっしょに届いた(大爆!!)


※11/11 17:45ごろ、こそっと修正
珠さん、ありがとうございます。

gegenga at 17:19|PermalinkComments(12)TrackBack(1)

2009年11月04日

ブッシュ氏の始球式に関連して思うこと

村野瀬玲奈さんからお知らせいただき、知ってはいたんだが。
本当にやったんだね、始球式。
日本シリーズ:ブッシュ前米大統領が始球式…第3戦(毎日新聞)

政治的なことやイデオロギー的なことは
村野瀬さん始めいろいろな方が書いてくださると思うので
お任せして。

わしの素朴な感想。

商売としてセンスなさすぎ。

だってさぁ、「勇退」にはほど遠い終わりを迎えた
アメリカの“前”大統領に始球式させて、どうするのよ?
本人が観戦を希望したそうだから、友好国アメリカの“前”大統領に敬意を表して
ご招待 & 試合途中にアナウンスする
ぐらいはしてもいいと思うけど
せっかくの日本シリーズなのに、始球式に花がなさすぎ。

日本シリーズっていったら、スペシャルなもんでしょ?
エンターテイメントとして、もっと盛り上げようよ!


事前に、ジャイアンツだから「ナベツネつながり」なんて声も出ていたみたいだけど
この読売ジャイアントと業務提携を結んでいるニューヨーク・ヤンキース。
(ヤンキースタジアムは、新しくなってもまた、外野フェンスに「読売新聞」という漢字の広告がある)。

ここのスタインブレナーオーナーも、ナベツネに負けず劣らずアレだけど
ワールドシリーズ開幕戦の始球式では
ヤンキース往年の名選手ヨギ・ベラ氏をオバマ大統領とバイデン副大領の婦人がエスコートしてたよ。

だって、世の中の流れは、こっちでしょ?

「自分の思想信条を捨てて、世の中の流れに追従するばかりでいいのか!?」
と、言われれば。

商売なんだから、そうすべきなんじゃねぇ?
と、答えたい。


それと、わしは最初にこの話を聞いたときから
「ナベツネつながりというよりも、こっちなんじゃねぇ?」と思っていたんだけど、やっぱり。

元駐米大使の加藤良三コミッショナーとの親交もあって、始球式が実現した。


加藤良三さんとは、↓こんな人です。
Wikipediaより。
アメリカ合衆国下院121号決議に対しては事実の否定ではなく、日本政府は謝罪を行っているとの立場で反対論を展開している。決議案の委員会採決直前には米下院の有力者に決議案全面撤回を求める書簡を送っている。この文書で加藤は「仮に決議案が可決された場合、日本政府はイラク復興や対テロ戦争でのアメリカへの支援の見直しなども含めた対策を取らざるを得ないだろう。日米の友好関係に長期にわたって悪影響を与える。」と主張し、決議案の全面撤回を求めた。
※アメリカ合衆国下院121号決議とは、慰安婦に対する日本政府の謝罪を求めるアメリカ合衆国下院決議案

碧猫さんのアメリカ下院における決議案121号採択から2年から、関連記事などをたぐっていくと、もっと詳しく分かります。


まあ、こんな人なので、ブッシュさんと親和性が高そうだよな、と、思ったわけだが。

コミッショナーといえば、そんな思想信条的なものは横に置いて
球界全体の盛り上げ、っていうのを考えるべき立場なんじゃないの?

などと思った次第です。


最後にくだらない余談。

読売ジャイアンツのウインドブレーカーを着て始球式を行ったブッシュさんは
今年のオールスターの時、
セントルイス・カージナルスの本拠地で
シカゴ・ホワイトソックスのウインドブレーカーを着て始球式を行ったオバマさんより空気読めてるかも、と思った(笑)
オバマさん、ファンからブーイングされてたもん。

gegenga at 13:50|PermalinkComments(4)TrackBack(5)

2009年11月01日

差別「意識」という問題

コメントを全て下書きで止めているうちに、×第二迷信さんから下記のコメントをいただきました。


2009/10/30 07:40 投稿者:×第二迷信

個々の発言のピックアップで個々に指摘されると、個々への答えだけが一人歩きするので、
基本をまとめておきます。

1.「差別意識」が世間に存在するか?
 については「存在する」
 その中味は「迷信差別」と同じレベルで、
「差別してる奴のレベルが低い」だけ。
(もし、「それ以外の差別」があるなら、具体的に指摘してほしい。
 「誰々さんが言ってる」、みたいな伝聞でなく)

2.「同和差別」の根本は、明治以後の「ケガレ」思想に基づく職業差別であり、
「ケガレ」思想そのものを温存しておいても根本的に解決しない。
(「差別を無くす」と言いながら「ケガレ」意識は矛盾)

3.それを前提に、「寝た子」論については、「先祖の身分による子孫の区別」に意味がないこと。
 むしろ、「お前のひいじいさんは人殺しだった」というのを子々孫々に教えて意識させる必要があるのか?
という疑問。

4.根本的な「差別」がなくなっちゃったら困る人々が、
 行政に「同和住民」を認定させて特別扱いする。これが「新たな差別」の原因になっている。
 民有地であれば、住民の出入りがあり、職業も様々なので、「認定」以外に「同和住民」の定義が存在していない。

以上、私に絞ったエントリであれば、枝葉でなく、発言主旨に沿ってお願いしたい。



ということだったので、これに沿ってどうにかしたいと思ったのですが。

しかし、よく考えてみると
もともと、「人の心の中の差別意識」を問題視したエントリーに延々と違った種類のコメントを付けてこられたのは×第二迷信さんですので、私は私の路線で書かせていただきます。
続きを読む

gegenga at 18:38|PermalinkComments(11)TrackBack(1)

2009年10月30日

ふふふ。

やっと、仕事が一段落したぜ!(多分、ね。 平気だと言ってくれよ! Sさん)

一段落した安心感で、ビールを飲んでしまったので
今日はコメント返しも、新エントリーアップもしませんが
(酔っぱらったせいなの、ごめんね、許してね、なーんて、後でいうのはあまりに恥ずかしいし、アルコールさんに失礼だからね)
そして、コメントも下書のままにしておきますが。

いろいろ教えてくださった皆さまに感謝の念をお伝えしたく
こんなものを書いております。

ありがとうございます。
皆さまのおかげで、どこから、何を、どんな方向で考えればいいのか。
少しずつ、分かってきたように感じています。

明日こそ、こんな想いをまとめたエントリーをあげたいと思っています。


gegenga at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2009年10月29日

×第二迷信さんの「差別発言」がひどすぎるので、ここでタイムをかけます

私の意見を書いたエントリーをあげるまで、×第二迷信さんのコメントは承認しようと思い、先ほどのコメントまで承認いたしました。

しかし、これ以上、ああいった発言がこのブログのコメント欄に書きこまれるのは我慢がならないので
私が次のエントリーをあげるまで、×第二迷信さんのコメントは下書のままにしておきます。

また、他の方のコメントだけ承認すると、×第二迷信さんに反論の機会を与えずにつるし上げているような状態になってしまいますので
他の方のコメントも、下書のままにしておきます。


皆さま、ご了承ください。


※アップ直後、追記。
ちゃんとしたエントリーをアップするまで、中途半端に意見を言うまい。
と、思っていたんだけど。

「差別される」の中味は、単に、「馬●に差別発言をされる」だけ?

 その解決策は、馬●くんをスルーすることと、
根本的な「えた差別」の根拠がないことをはっきりさせること。


これは、あり得ない発言

でしょう!!


とだけは、言わせていただきます。

gegenga at 23:03|PermalinkComments(27)TrackBack(2)

2009年10月28日

×第二迷信氏コメントまとめ

※10/29 14:15ごろ追記
情報を追加しました。
コメント欄でご指摘くださった、たんぽぽさん。
ありがとうございました。

なお、×第二迷信さんのコメントは、時系列に沿って貼られております。



×第二迷信さんがいろいろとコメントをくださっているので
それに対する自分の考えを書きたいと思っているのですが
「あぁ、この仕事をこれだけ長くやっていても、まだ初体験てあるのね orz orz orz」
という状態で、なかなかエントリーが書けません。

で。
とりあえず、『差別と日本人』関連のエントリーでの×第二迷信さんのコメントを全部、抜き出してみました。

あとで、これを見ながら自分の考えをまとめようという作戦。

続きを読む

gegenga at 13:12|PermalinkComments(16)TrackBack(1)