ソース:色々

色々なゲーム会社の2009年度の決算資料が出揃ったんで、その中からゲーム事業の売上高と営業利益だけをまとめてみた。
一応、ここで取り上げているゲーム事業というのは家庭用ゲームとPCゲームだけ。
ただ、ファルコムは部門別に営業利益が発表されていないから全体の数字に、マイクロソフトはゲーム事業の数字が発表されていないから、エンターテイメントデバイス部門の数字にしておいた。
あと、期間は基本的に2009年4月〜2010年3月だけど、決算期の違うActivision Blizzardは2009年1月〜12月、Take-Twoは2008年11月〜2009年10月、ファルコムは2008年10月〜2009年9月、アトラスは2008年8月〜2009年7月、マイクロソフトは2008年7月〜2009年6月にし、海外のメーカーは1ドル89.79円、1ユーロ113.00円、前年のは1ドル93.02円、1ユーロ132.88円で計算した。

(単位は億円)
メーカー 売上高 営業利益前年の売上高前年の営業利益
任天堂 14343.65 3565.6718386.225552.63
ソニー 8407.11 -570.009848.55-350.00
マイクロソフト 6961.48 151.757633.22462.31
Activision Blizzard 3842.15 -23.352814.79-216.74
Electronic Arts 3280.96
-615.96
3918.00-769.28
コナミ 1426.50 214.831876.28415.52
バンダイナムコ 1375.28 -68.451498.91116.09
セガサミー 1218.38 63.321316.64-9.41
スクウェア・エニックス 1099.49 238.14481.3667.27
Ubisoft 984.17 -67.341405.74171.02
Take-Two 869.61 -116.921430.21107.76
THQ 807.34 -8.66772.03-360.65
カプコン 440.15 78.46628.92163.92
コーエーテクモ 231.16 7.67

アトラス 87.58 14.9281.4219.8
ハドソン 86.47 8.55104.0528.85
AQインタラクティブ 40.57 -1.3240.26-2.26
マーベラスエンターテイメント 34.66 -16.8146.74-10.6
日本一ソフトウェア 20.01 -0.4019.294.05
日本ファルコム 11.07 0.6611.041.84

2009game
上位5社を抜いたグラフ。
2009game2

こんな感じ。
これを簡単にまとめてみると、

・任天堂は売上も利益も他と桁が違う
・予想通りソニーとEAの赤字のデカさが際立っている
・サードパーティーではActivision BlizzardとEAの売上が他のパブリッシャーを圧倒している
・ドラクエとFFの影響で、サードパーティーで一番儲けていたのはスクエニ
・海外大手は5社とも赤字

ってとこかね。