ソース:マルガの湖畔
★ゲームデータ博物館★

マルガの湖畔さんがファミ通白書からハード別の年間ソフト売上をまとめてくれていたんで、そこから据置機3機種のタイレシオ推移を調べてみた。
一応、形式はこんな風にして。
・ハード タイレシオ (累計ソフト販売本数 / 累計ハード販売台数)
  年間ソフト販売本数 / 年間ハード販売台数

2005

・360 1.10 (9万本 / 8.2万台)
  9万本 / 8.2万台

2006
・Wii 1.98 (196万本 / 98.9万台)
  196万本 / 98.9万台
・PS3 0.96 (45万本 / 46.7万台)
  45万本 / 46.7万台
・360 3.41 (99万本 / 29.0万台)
  90万本 / 20.9万台

2007
・Wii 2.95 (1363万本 / 461.8万台)
  1167万本 / 362.9万台
・PS3 2.03 (340万本 / 167.3万台)
  295万本 / 120.6万台
・360 4.51 (247万本 / 54.8万台)
  148万本 / 25.8万台

2008
・Wii 3.64 (2743万本 / 752.7万台)
  1380万本 / 290.8万台
・PS3 3.21 (856万本 / 266.4万台)
  516万本 / 99.1万台
・360 4.90 (424万本 / 86.6万台)
  177万本 / 31.8万台

2009
・Wii 4.27 (4053万本 / 950.2万台)
  1310万本 / 197.5万台
・PS3 3.78 (1658万本 / 439.1万台)
  802万本 / 172.7万台
・360 5.27 (631万本 / 119.8万台)
  207万本 / 33.2万台

2010(期間は5月第2週までで、ソフトはトップ30位内の数字)
・Wii 4.26 (4388.5万本 / 1030.6万台)
  335.5万本 / 80.4万台
・PS3 3.82 (1945.3万本 / 509.7万台)
  287.3万本 / 70.5万台
・360 5.19 (658.4万本 / 126.9万台)
  27.4万本 / 7.1万台

こんな感じ。
こうして見てみると、噂通り箱○のタイレシオの高さとPS3の低さがよく分かって面白いな。Wiiがその中間にいるということも。
とはいえ、箱○のタイレシオの高さの裏には、新規のユーザーが増えず、既存のユーザーがいつも通りソフトを買っているからというのもあるんだろうなぁ、やっぱり。実際、今年に入ってからのソフト売上げはPS3の1/10でしかないけど、ハードも同じく1/10しか売れていないから、タイレシオはそんなに下がっていないし。
んー、これはわりと冗談抜きで、箱○は一部の濃いユーザーに支えられているって事なのかね。それがいいことなのか悪いことなのかはまあ置いておくとして、タイレシオというデータで見てみると、市場は目に見えて拡大しているPS3よりも、普段あんまり表に出てこない箱○の方が好調に見えるからちょっと面白いな。
あとは、タイレシオとかあんまり関係なさそうなWiiが、意外と高かったことにビックリした。まあ、ここは他のハードと違って、ユーザーが買っているソフトはかなりの確率で被っているんだろうけどさ。

にしても、こんな日本と比較してみると、ハードもちゃんと売れているのにタイレシオが8.8と異常に高いアメリカの箱○ユーザーは、一体どんだけゲームを買ってんだって話だよなぁ。