ソース:Activision Blizzard Announces Better-Than-Expected Second Quarter 2011 Financial Results (Activision Blizzard)
Call of Duty: Black Ops has sold 25M, Modern Warfare 2 at 22M (Joystiq)

Activision Blizzardの2011年12月期第2四半期(2011年4月-6月)決算が発表されたらしいんで、それを軽くまとめてみた。
一応、期間は基本的に2011年1月〜2011年6月まで。

全体(今期 ← 前年同期(増減率))
・売上高 25億9500万ドル ← 22億7500万ドル(+14%
  ・小売 16億700万ドル ← 14億9000万ドル(+8%
  ・デジタル 8億5100万ドル ← 6億6300万ドル(+28%
  ・ディストリビューション 1億3700万ドル ← 1億2200万ドル(+12%
・営業利益 14億5400万ドル ← 14億6400万ドル(-1%
・純利益 8億3800万ドル ← 6億ドル(+40%
・第2四半期の売上高 11億4600万ドル ← 9億6700万ドル(+19%
  ・小売 6億6000万ドル ← 5億8400万ドル(+13%
  ・デジタル 4億2300万ドル ← 3億3200万ドル(+27%
  ・ディストリビューション 6300万ドル ← 5100万ドル(+24%
・第2四半期の営業利益 4億6700万ドル ← 3億ドル(+56%
・第2四半期の純利益 3億3500万ドル ← 2億1900万ドル(+53%

・CEOのRobert Kotick「予想を上回ったこの第2四半期は、オンライン対応フランチャイズタイトルのデジタル販売が好調だったため。デジタルチャンネルからの売上げは、この半年間で20%以上増加し、営業利益、1株当たり純利益は50%以上増加した」
・同じくCEOのRobert Kotick「今年も多数のタイトルをリリースするが、中でも『Call of Duty:Modern Warfare 3』、『Call of Duty Elite』、『Skylanders Spyro's Adventure』の3本をユーザーは楽しみにしているだろう。現時点でのMW3の予約数は、昨年のBOを大きく上回っている。『Call of Duty Elite』は、マルチプレイゲームにおけるソーシャルの繋がりを再定義するものになるだろう。さらに、『Skylanders Spyro's Adventure』は、ゲームとインターネットが結びついた時のような、おもちゃとゲームの繋がりを変えるものになると期待している」
・『Call of Duty:Black Ops』は、2011年上半期の欧米のナンバーワンゲームだった(ソースはNPDとGfK)
・『World of Warcraft:Cataclysm』と『StarCraft II:Wings of Liberty』は、第2四半期の欧米のPC用ゲームトップ10にランクインした
・『Call of Duty:Black Ops』のオンラインでのプレイ時間は、22億時間を記録した
・『Call of Duty:Black Ops』をオンラインでプレイしたユニークユーザー数は、発売から8ヶ月時点での『Call of Duty:Modern Warfare 2』より30%以上多い
・2011年5月11日に、株主に1株当たり0.165ドルの配当金を支払った
・2011年6月30日の時点で、2011年2月に決定された15億ドルの自社株買いプログラムの元、およそ4300万株、4億7900万ドル分を買い戻した
・『Call of Duty: Black Ops』は2500万本、『Call of Duty: Modern Warfare 2』は2200万本累計で売れた

プラットフォーム別売上高
・オンライン 7億5400万ドル ← 6億200万ドル(+25%
・360 6億9700万ドル ← 6億2400万ドル(+12%
・PS3 5億8100万ドル ← 4億8600万ドル(+20%
・PC等 2億500万ドル ← 1億2700万ドル(+61%
・Wii 1億5200万ドル ← 2億1200万ドル(-28%
・NDS 5500万ドル ← 7000万ドル(-21%
・PSP 800万ドル ← 800万ドル(0%)
・PS2 600万ドル ← 2400万ドル(-75%
・ディストリビューション 1億3700万ドル ← 1億2200万ドル(+12%
・合計 25億9500万ドル ← 22億7500万ドル(+14%

プラットフォーム別売上高のシェア
・オンライン 29% ← 26%(+3
・360 27% ← 27%(0)
・PS3 22% ←  22%(0)
・PC等 8% ← 7%(+1
・Wii 6% ← 9%(-3
・NDS 3% ← 3%(0)
・PSP 0% ← 0%(0)
・PS2 0% ← 1%(-1
・ディストリビューション 5% ← 5%(0)

第2四半期のプラットフォーム別売上高
・オンライン 3億5900万ドル ← 2億9100万ドル(+23%
・360 3億ドル ← 2億4000万ドル(+25%
・PS3 2億3900万ドル ← 1億8200万ドル(+31%
・PC等 8000万ドル ← 7900万ドル(+1%
・Wii 7000万ドル ← 7600万ドル(-8%
・NDS 2900万ドル ← 3600万ドル(-19%
・PSP 400万ドル ← 300万ドル(+33%
・PS2 200万ドル ← 900万ドル(-78%
・ディストリビューション 6300万ドル ← 5100万ドル(+24%
・合計 11億4600万ドル ← 9億6700万ドル(+19%

第2四半期のプラットフォーム別売上高のシェア
・オンライン 31% ← 30%(+1
・360 26% ← 24%(+2
・PS3 21% ←  19%(+2
・PC等 7% ← 8%(-1
・Wii 6% ← 8%(-2
・NDS 3% ← 5%(-2
・PSP 0% ← 0%(0)
・PS2 0% ← 1%(-1
・ディストリビューション 6% ← 5%(+1

地域別売上高
・北米 13億2800万ドル ← 12億7000万ドル(+5%
・欧州 10億6100万ドル ← 8億6100万ドル(+23%
・アジア地域 2億600万ドル ← 1億4400万ドル(+43%

第2四半期の地域別売上高
・北米 5億8000万ドル ← 5億6700万ドル(+2%
・欧州 4億6700万ドル ← 3億3700万ドル(+39%
・アジア地域 9900万ドル ← 6300万ドル(+57%

こんな感じ。
というわけで適当にまとめてみると、

・全ての売上げが伸び、この第2四半期は営業利益、純利益共に5割増と絶好調
・CODシリーズは相変わらず売れまくっていて、CODBOは2500万本、CODMW2は2200万本ととんでもない数字を記録した
・他のメーカーと違い、カジュアルなソーシャルゲームには手を出していない(と思う)のに、WOWだけでオンラインの売上げがまだ伸びている
・オンライン、箱○、PS3といった得意分野の売上げは、相変わらず右肩上がり
・プラットフォーム別売上高の項目から、3ヶ月前はあった3DSが消えた

ってとこかね。