ソース:2012年3月期 第1四半期決算短信pdf注意
報告セグメントの変更に関するお知らせpdf注意

日本一ソフトウェアの2012年3月期 第1四半期(2011年4月-2011年6月)決算が発表されたらしいんで、それを軽くまとめてみた。
全体(今期 ← 前年同期(増減率))
・売上高 2億1100万円 ← 2億9300万円(-28.1%
・営業利益 ▲5000万円 ← ▲1500万円
・経常利益 ▲5100万円 ← ▲3200万円
・純利益 ▲4100万円 ← ▲4800万円

報告セグメントの変更
・今後の成長戦略に則ったマネジメント・アプローチにより、報告セグメントの変更について検討した結果、新たな報告セグメントを決定した
・新セグメント
  ・パッケージ事業 家庭用ゲームソフト、関連グッズ、物品販売
  ・オンライン事業 家庭用ゲームソフトのダウンロード販売、携帯電話用コンテンツ、スマートフォン用コンテンツ、SNSサイト課金
  ・ライセンス事業 著作権の使用許諾収入
  ・その他事業 アミューズメント施設の運営、上記以外
・旧セグメント
  ・コンシューマ事業 PSP、PS3、DS、Wii用ゲームソフト
  ・モバイル事業 携帯電話用コンテンツ
  ・アミューズメント事業 業務用アーケード機器、アミューズメント施設運営
  ・その他事業 関連グッズ、関連攻略本

事業セグメント別売上高
・パッケージ事業 1億2583万円
・オンライン事業 3877万円
・ライセンス事業 1912万円
・その他事業 2767万円

事業セグメント別営業利益
・パッケージ事業 ▲3438万円
・オンライン事業 2593万円
・ライセンス事業 1638万円
・その他事業 ▲64万円
・調整額 ▲5771万円

パッケージ事業
・売上高 1億2583万円
・営業利益 ▲3438万円
・国内で『魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE PSP the Best』(PSP)を発売した
・2月に発売した『魔界戦記ディスガイア4』(PS3)、3月に発売した『クラシックダンジョンX2』(PSP)のいずれも堅調に推移した
・第2四半期に向けて、国内では『ビックリマン漢熟覇王 三位動乱戦創紀』(3DS)、国外では『Bleach:Soul Resurreccion』(PS3)、『Disgaea4:A Promise Unforgotten』(PS3)等の販売準備を行っている
・新作タイトルに合わせたグッズの製作・販売については、当社ホームページでの通信販売サイトの運営をはじめとした、新規顧客の獲得と既存顧客の満足度の向上に努めた
・第2四半期に向けて「コミックマーケット80」「Anime Expo 2011」といった国内外の大型イベントへの出展準備を行っている

オンライン事業
・売上高 3877万円
・営業利益 2593万円
・PlayStation Networkへの不正アクセスによる障害によりDLCの配信が行えない状況であったものの、復旧後にDLCの配信が円滑に再開できるよう準備を進めるとともに、Android OS搭載端末のスマートフォンに向けたゲームアプリ『無限魔界ディスガイア』の配信を行った
・今後も、国内外で成長を続けるスマートフォン市場に向けて意欲的にコンテンツの供給を行っていく

ライセンス事業
・売上高 1912万円
・営業利益 1638万円
・株式会社ドリコムとの共同事業としてGREE向けソーシャルゲーム『ビックリマン』のサービスを開始し、ソーシャルゲーム市場への足がかりとするとともに、新規ユーザー層の獲得を図った

その他事業
・売上高 2767万円
・営業利益 ▲64万円
・地域における当社の認知度の向上と収益率の改善を図る為に、各務原市六軒駅前にゲームセンターと喫茶店を融合させた『えきまえひろば』を開設し運営を行った
・第2四半期に株式会社ブロッコリーから発売される『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat』を受託し、開発を行ってきた

事業セグメント変更前の売上高
・コンシューマ事業 1億5147万円 ← 2億6975万円(-43.8%
・モバイル事業 896万円 ← 805万円(+11.3%
・アミューズメント事業 404万円 ← 981万円(-58.8%
・その他事業 4692万円 ← 635万円(+638.9%

事業セグメント変更前の営業利益
・コンシューマ事業 467万円 ← 3202万円(-85.4%
・モバイル事業 ▲115万円 ← 379万円
・アミューズメント事業 ▲772万円 ← ▲285万円
・その他事業 1149万円 ← ▲165万円
・調整額 ▲5771万円 ← ▲4716万円

こんな感じ。
何というか、報告セグメントが変更されたおかげで、コンシューマとそれ以外という区分けが出来なくなって見づらくなった気もするし、パッケージとオンラインが分かれたから見やすくなった気もするしで、ちょっとモヤモヤしてしまったよ。でもまあ、これからDLCやモバイル、ソーシャルゲームといったオンライン系が伸びていくだろうことを考えると、この分け方が一番見やすいのかね、やっぱり。
まあ、とりあえず今期の日本一は、パッケージはイマイチだったけどオンラインは良かったということで。