自転車と遺跡を楽しむ会

「自転車で自然感覚を養い、遺跡で先人達に思いをはせ、そして今を生きられることを喜び人生を満喫したい!」 そんな願いをもって、自転車で地元の遺跡巡りを楽しんでいます。 明確な枠のない緩やかな集まりです。興味をもたれた方、ぜひ一緒に地元を楽しみましょう(^o^)/

今年1~3月にかけて整備した上御領中組古墳群の見学道。道はできても案内矢印がなければ絶対迷うようなコースです。また、中には表示がなければ古墳だと気づきにくいものもあります。見学道整備の仕上げとして看板を設置しました。9月26日、金光教福山地区連合会・金光学園歴 ...

昨年から金光学園高校の歴史研究同好会と協働した活動を行うようになり、御領古墳群の看板設置に協力してもらったり、「ほつま祭」(文化祭)の展示物制作に協力したりしています。昨年の文化祭では横穴式石室の模型を制作しました。今年は弥生時代の環濠集落に取り組みまし ...

御領山では10~12月にかけてハイキングイベントが10件程入り、賑やかなことになっています。その内、私達が主催するものは2件、他は依頼があった各種団体へのガイド奉仕という形で関わっています。それらの様子は追々アップしていきたいと思います。そうした各種団体からの依 ...

16時過ぎ、濃霧の雷山を何とか無事に下り、時間的には予定を大幅に遅れていましたが、帰りがけにある「志登支石墓群(しとしせきぼぐん)」にも寄ってみました。「志登支石墓群」は、昭和28年に発掘され、わが国の支石墓研究の発端となった著名な遺跡だそうです(知らなかっ ...

当初、石鎚神社(上御領)に行く予定でしたが、八丈岩を希望される方が多かったため、コースを下記のように変更させていただくことになりました。ご理解いただきますようお願いいたします。 【当日のコース】9:00  堂々公園集合 ~ 車で古墳群近くの駐車場に移動  ...

昼食後も雨の勢いは治まらず、どうせ外に出られないのならと、もう一度博物館に入ってじっくり見学することに。1時間余り見学し、そろそろ帰るかと外に出たところ…雨が上がっている!…だが、既に15時、少々迷ったが「雷山神籠石(らいざんこうごいし)」に向かうことに山に ...

「曽根遺跡群」を見学後に向かったのは、そうした国史跡から出土したお宝の数々が展示されている「伊都国歴史博物館」です!11時前に到着。とても立派な博物館さすがに古代倭国を代表する王都・伊都国の博物館です。施設も展示内容も素晴らしいものがありました。ただ…残念 ...

「曽根遺跡群」のおまけです。平原歴史公園の北駐車場の横に、古民家があったので行ってみました。現地説明版  中津藩神在組の大庄屋・藤瀬家の住宅。江戸中期の元文2(1737)年の建築。建築年が明らかな住宅としては九州最古。平成12年まで使用されていたものを移築保存。市 ...

「平原(ひらばる)遺跡」の見学後、「曽根(そね)遺跡群」として国史跡に登録されている3つの古墳も見学しました。「曽根遺跡群」にある「狐塚古墳」「銭瓶塚古墳」「ワレ塚古墳」の位置(平原歴史公園の現地説明版より)  糸島地方には前方後円墳が約60基という全国でも ...

現在確認されているだけでも220基を超える西日本最大規模の御領古墳群。「古墳の丘」 をご存知の方も多いでしょう。その東にある、上中古墳群に見学コースを整備しました!今回は、新しくできた見学コースをご案内します。珍しい石が使われた鳴岩(なるいわ)古墳や大型石 ...

2日目、朝8時過ぎに古賀市のホテルを出発。国道3号~福岡都市高速~西九州道と西に約40㎞、糸島市へ向かいました。ホテルを出る時点では、まだ雨は落ちていなかった約1時間で糸島市内に入り、まず「志登支石墓群(しとしせきぼぐん)」を見学する予定でしたが、うっかり通り ...

「鹿部田渕(ししぶたぶち)遺跡」に行く前から、TERUさんがスマホ情報で、「ホテル近くの海岸から見る夕日が有名らしいよ!」と押していましたが、「夕日なら神辺でも見れる」と遺跡見学を優先。TERUさんは、遺跡見学中も沈む太陽をずっと気にしていました。(^_^;)幸い「鹿 ...

「鹿部田渕(ししぶたぶち)遺跡」は、平成22年に「みあけ史跡公園」として整備されており、カーナビで行けました。住所は古賀市美明1-4-11。18時前に到着。JR古賀駅から1.2㎞南南東の地点。住宅地の一角にある公園は道路を挟んで南北に分かれている。駐車場が北側、トイレが ...

発会以来続けている夏旅行。これまでに吉備、出雲、伯耆、三次の古代遺跡を探訪してきました。当会は、にわか歴史ファンのド素人集団ですが、各地の遺跡や資料館を見学して、古代日本のイメージが少しずつリアルになってくるとともに、他所との共通点/相違点から地元「御領 ...

【行事案内】「全国砂留シンポジウム」の開催案内チラシ裏面当会も協力団体になっている「御領の古代ロマンを蘇らせる会」が開催するシンポジウムです。メインは砂留ですが、御領遺跡や古墳群についても触れられます。参加費無料で、しかも、当日上映されるビデオ「民話 ゴン ...

名古屋に着く頃には渋滞にも慣れてきました。都会だからか、TOYOTAがあるからか、とにかく車が多い街です。福山の渋滞レベルは渋滞とは言えないようです。熱田神宮の近くのレストランで夕食をとることにし、ナビを見ていると、「断夫山古墳」が熱田神宮公園にあります。これ ...

「まほらの館」で教えていただいた、犬山城から車で5分ほど東にある県下最古・最大の前方後方墳を目指します。が、看板らしきものはありません。もう、頼れるのは勘だけ!住宅地の間の道を入ると、看板に東之宮古墳! すごいを超えて怖い「勘」。。。空き地に車を止めて5分 ...

木曽川からの犬山城 まず人の多さに驚きました。年齢国籍を問わずお城の門から天守閣の中まで列ができています。「右回りでーす。止まらないでくださーい。」犬山城リーフレットによると犬山城は織田信長の叔父織田信康が1537年に築城。1584年小牧・長久手合戦では秀吉が城 ...

場所を地図と航空写真で確認します。ピンクの所付近の航空写真(2000年頃)南から見た丘陵。中条小学校の真北約350m登り口がわからず近所のおばさんに尋ねると、丘の南東裾から天神さんに登る道があるとのことこれだろうかと疑心暗鬼で山道に入る草ボウボウ…大丈夫だろうか( ...

最近気になっているのは、御領遺跡の人々のお墓、特に支配者層のお墓はどこにあるのか、ということです。弥生時代は稲作技術が伝わり、環濠集落のような拠点的集落が生まれ、ムラムラがクニへと発展し、クニを支配する権力者が現れます。吉備の楯築墳丘墓や出雲の西谷墳墓群 ...

このページのトップヘ