自転車と遺跡を楽しむ会

「自転車で自然感覚を養い、遺跡で先人達に思いをはせ、そして今を生きられることを喜び人生を満喫したい!」 そんな願いをもって、自転車で地元の遺跡巡りを楽しんでいます。 明確な枠のない緩やかな集まりです。興味をもたれた方、ぜひ一緒に地元を楽しみましょう(^o^)/

先日の記事で上御領中組に下山城の郭跡の1つではないかと思われる尾根があることを書きましたが、その後、その西側斜面でも雑木の伐採が進められていました。5月4日の写真(上御領八幡神社から撮影)5月17日の写真(同)さらに、それと同時に、郭跡と思われる尾根に重機が入 ...

八丈岩からの下りは東の登山道を下りて上御領中組古墳群へ皆様、巨岩だらけの風景に驚きつつ歩かれていた8分程で登山口に下りたアスファルト舗装された林道を下る。道路の法面上に次々と現れる古墳に、これまた驚かれていた破壊された古墳の石が積まれた”古墳の墓場”  こ ...

当会も加わる「御領の古代ロマンを蘇らせる会」は、福山市制100周年を盛り上げる市民提案型イベントの採択団体として活動しています。もう1ヵ月前のことになってしまいましたが、4月23日(土)菅茶山記念館と古代ロマンを蘇らせる会の共催で「第31回 茶山ポエムハイク」を開 ...

先日のブログで、上御領にある中世山城跡「龍王石山城」の本丸跡で土器片を見つけたことを書きましたが、その段階では文化財課の見立てで中世の土器片だろうということでした。ところが後日、文化財課から改めて連絡があり、より広く専門家の方々に鑑定して頂いたところ、な ...

GWのただ中、近所の方から「あれ古墳じゃないの?」と問い合わせがあり、見に行ってきました。場所は上御領中組、国道313号バイパス工事でトンネルが通る予定の「下山城跡」の北麓。行ってみて驚きました。北側から見ると、とてもきれいな円墳形。低い位置に段築っぽい痕跡も ...

上御領中組古墳群で今年の初めに新発見した石室の計測データを火災で失ったため、先月平田君と再計測に出かけました。場所は記憶が新しいので直ぐに到着長さ3.7m、幅1m、高さ0.7m、南南東向きに開口何となく付近にまだありそうな気がしたので、2人で少し探索してみました。す ...

またまたメディアネタになります。備後地域の情報誌『ぐらんふぁーま』5月号の「ぶらりプチ旅行」というコーナーで、御領周辺を採り上げてくれました。『ぐらんふぁーま』は『ビジネス情報』の姉妹紙で、福山市内のスーパー、書店、ホームセンター、図書館など各所で無料配布 ...

テレビCMの「週間○○、創刊号は○○円!」でおなじみのデアゴスティーニ・ジャパンが発行するシリーズ週刊誌に「自転車と遺跡を楽しむ会」の名が載りました!! 掲載されたのは、シリーズ「日本の神社」114号基本的にマニアックなものを採り上げるデアゴですが、こんなシリー ...

4月2日に開催した「古墳の丘スタンプラリー」が中国新聞にも掲載されました。 中国新聞2016年4月17日(福山版)当会の活動では高校生メンバーがよく頑張ってくれていますが、メディアではどうしても会長が中心に出てしまいます。今回は貢献度の高かった大ちゃんが載ったので ...

昨夏の研修旅行で三次市にある、みよし風土記の丘を訪れた際に、県立歴史民俗資料館の学芸課長様に大変お世話になりました。その後、「みよし風土記の丘友の会」への入会のお誘いや、機関誌への寄稿依頼を頂き、ご恩もあるので断りにくく、それに御領古墳群のPRにもなるし、 ...

スタンプラリー参加者の中に、当ブログをご愛読下さっているお父さんと小学生の息子さん親子がおられました。ブログをもとに遺跡巡りをご家族で楽しんでおられるそうです。とても嬉しいお話です。息子さんが最近、山城にはまっておられるということでしたので、古墳の丘の近 ...

4月2日の「古墳の丘スタンプラリー」を山陽新聞、中国新聞、井原放送の3社が取材されていましたが、翌日の『山陽新聞』に記事が掲載されました。 2016年4月3日『山陽新聞』(備後版)「自分でも古墳を見つけてみたい」…最高のコメントですね!そうなんです。御領山の魅力は ...

4月2日(土)に開催した「古墳の丘スタンプラリー」のご報告、大変遅くなってしまい、申し訳ありません。主催は当会も加わる「御領の古代ロマンを蘇らせる会」で、福山市制100周年記念事業の一環としての開催でした。前々からの天気予報では、2日だけ晴、前後は傘マーク。ずれ ...

言うまでもありませんが、古代山陽道は播磨・美作・備前・備中・備後・安芸・周防・長門の八ヵ国を通り、都から大宰府を結ぶ古代の官道です。『日本書紀』によると、大化改新の翌年(646年)、国司・郡司・防人・駅馬・伝馬などを置く詔勅が出され、以降、政治・軍事・交通の整 ...

一昨年から、御領古墳群を活用したハイキングイベントが次々と開催されるようになってきました。主催も御領の古代ロマンを蘇らせる会、ふくやま・まちづくり大学、市民大学、公民館などいろいろです。3年前に分布調査を始めた時には、短期間にここまでのことになるとは夢にも ...

上御領中組古墳群には、鳴岩古墳と呼ばれる石室があります。石室の材料である石組みのひとつが、カンカン石なので、良い音が鳴るそうです。カンカン石とは、叩くとカンカンと、金属の様な音のする石のことです。上御領中組に、石材を山積みにしている場所があります。主に、 ...

今年の初め、上御領中組古墳群のエリアでこれまで未踏査だった所を歩いていたら、新たに1基発見しました。火災に遭う直前の事でした。焼けたカメラの中に入っていたSDカードをダメ元で取り出してみたところ、側は少し溶けたりしていましたがデータは読めました。藪の中で露出 ...

上御領中組古墳群遊歩道の後半です。尾根先端にある上中の盟主墳から引き返す同じく尾根上にある円墳を引き返す前半が下り続きだったので、後半は登り続きこうして見ると、まだまだ整備の必要を感じるメインスポット的な大型石室の手前で左に。この辺りまでは来た道と同じ同 ...

今年2回の整備で、一応ルートが開通した上御領中組古墳群遊歩道の様子をご紹介します。ただし現状は、ガイド無しでの見学は道に迷う危険性があるので控えて頂きたいと思います。今後、追加整備と案内標識の設置などを行い、今秋にも、お披露目見学会を開きたいと考えています ...

お久し振りです。会長の武志です。約2ヵ月ぶりにブログを書きます。当方、1月16日の火災で住居全焼、パソコン・デジカメなど家財もほとんど失って、事後のことに追われていた為、個人的には活動停止状態でしたが、ようやく環境も落ち着きつつあり、少しずつ活動に復帰してい ...

このページのトップヘ