自転車と遺跡を楽しむ会

「自転車で自然感覚を養い、遺跡で先人達に思いをはせ、そして今を生きられることを喜び人生を満喫したい!」 そんな願いをもって、自転車で地元の遺跡巡りを楽しんでいます。 明確な枠のない緩やかな集まりです。興味をもたれた方、ぜひ一緒に地元を楽しみましょう(^o^)/

「鹿部田渕(ししぶたぶち)遺跡」に行く前から、TERUさんがスマホ情報で、「ホテル近くの海岸から見る夕日が有名らしいよ!」と押していましたが、「夕日なら神辺でも見れる」と遺跡見学を優先。TERUさんは、遺跡見学中も沈む太陽をずっと気にしていました。(^_^;)幸い「鹿 ...

「鹿部田渕(ししぶたぶち)遺跡」は、平成22年に「みあけ史跡公園」として整備されており、カーナビで行けました。住所は古賀市美明1-4-11。18時前に到着。JR古賀駅から1.2㎞南南東の地点。住宅地の一角にある公園は道路を挟んで南北に分かれている。駐車場が北側、トイレが ...

発会以来続けている夏旅行。これまでに吉備、出雲、伯耆、三次の古代遺跡を探訪してきました。当会は、にわか歴史ファンのド素人集団ですが、各地の遺跡や資料館を見学して、古代日本のイメージが少しずつリアルになってくるとともに、他所との共通点/相違点から地元「御領 ...

【行事案内】「全国砂留シンポジウム」の開催案内チラシ裏面当会も協力団体になっている「御領の古代ロマンを蘇らせる会」が開催するシンポジウムです。メインは砂留ですが、御領遺跡や古墳群についても触れられます。参加費無料で、しかも、当日上映されるビデオ「民話 ゴン ...

名古屋に着く頃には渋滞にも慣れてきました。都会だからか、TOYOTAがあるからか、とにかく車が多い街です。福山の渋滞レベルは渋滞とは言えないようです。熱田神宮の近くのレストランで夕食をとることにし、ナビを見ていると、「断夫山古墳」が熱田神宮公園にあります。これ ...

「まほらの館」で教えていただいた、犬山城から車で5分ほど東にある県下最古・最大の前方後方墳を目指します。が、看板らしきものはありません。もう、頼れるのは勘だけ!住宅地の間の道を入ると、看板に東之宮古墳! すごいを超えて怖い「勘」。。。空き地に車を止めて5分 ...

木曽川からの犬山城 まず人の多さに驚きました。年齢国籍を問わずお城の門から天守閣の中まで列ができています。「右回りでーす。止まらないでくださーい。」犬山城リーフレットによると犬山城は織田信長の叔父織田信康が1537年に築城。1584年小牧・長久手合戦では秀吉が城 ...

場所を地図と航空写真で確認します。ピンクの所付近の航空写真(2000年頃)南から見た丘陵。中条小学校の真北約350m登り口がわからず近所のおばさんに尋ねると、丘の南東裾から天神さんに登る道があるとのことこれだろうかと疑心暗鬼で山道に入る草ボウボウ…大丈夫だろうか( ...

最近気になっているのは、御領遺跡の人々のお墓、特に支配者層のお墓はどこにあるのか、ということです。弥生時代は稲作技術が伝わり、環濠集落のような拠点的集落が生まれ、ムラムラがクニへと発展し、クニを支配する権力者が現れます。吉備の楯築墳丘墓や出雲の西谷墳墓群 ...

2014年12月18日、全国の新聞紙上を御領遺跡から出土した土器の絵が賑わせました。その土器には屋形(船室・キャビン)付きの大型船の絵が描かれていたのでした。弥生時代の舟の絵で全体が分かる例自体が少なく、しかも準構造船の絵は国内で初めての発見だったからです。土器 ...

翌日は愛知県北部犬山市日本最古の天守閣「犬山城」へ。名古屋から車でのんびり旅。のはずが、渋滞渋滞・・・でイライラし始め、抜け道検索。あれ??「青塚古墳」という表示が。「抜け道への途中だね。この交差点曲がってみる?」と即決。「あ!あれかな?」「お!看板だ こ ...

  信州百名山の富士見台高原(1739m)に行ってきました。頂上からは日本アルプスの山々が360°見渡せるというので、地図を広げ登山コースを見ていると、「神坂峠遺跡」とあります。標高1585mに古代祭祀遺跡です!神坂峠からの景色神坂峠祭祀跡遺跡 テニスコート2面ほどの広 ...

【お知らせ】「模型福山城と福山城歴史パネル展」先日、模型制作者の和久井裕道様がわざわざポスターとチラシをお届け下さいました。ポスターチラシ○内 容  福山城1/60模型・福山城歴史パネル展○会 期  9月1日(木)~11月30日(水)      (9月中は展示関連説明有 ...

福山市山手町の「湯伝遺跡」発掘調査報告会を終え、その足で遺跡の現場に行ってみました。何しろ山手公民館から直線距離で300mも離れていません。ただし、発掘現場は既に埋め戻されていたりブルーシートで覆われていたりで、遺構を見学することは不可能でしたが、とりあえず ...

さて、気温の上がった午後は、車で林道を移動しつつ御領山の雰囲気を味わって頂き、そして、定番コースとなっている下御領の巨大石室の尾根、上御領下組の通称「古墳の丘」を見学して頂きました。まず巨大石室がある尾根を歩きましたが、尾根の右、左、右、左と次から次に石 ...

お盆の8月15日、以前から古墳群の案内を依頼されていた東京からのお客様と、御領山を歩いてきました。前日まで連日猛暑日が続いていましたが、この日は薄曇りで最高気温が34℃止まり、助かりました。とは言え、暑いことには変わりありません。こんな時期に山歩きをして大丈夫 ...

8月11日午前10時から開かれた「湯伝(ゆでん)遺跡」の発掘調査報告会に平田君と行ってきました。「湯伝遺跡」は福山市山手町の山手小学校の西約200mの地点にあります。これまでここに遺跡があるという認識はなかったそうですが、道路工事で突然見つかり、調査が行われたとい ...

今春、神辺町上御領にある中世山城跡「龍王石山城跡」で土器を見つけたことを書きましたが、イノシシが耕した跡や雨で流された斜面で見つかっています。(以下、記事のリンク)2016/4/16 龍王石山城跡で思わぬ発見!2016/5/13 「龍王石山城跡」は複合遺跡だった!!2016/6/10 ...

御領山で見つけた謎の遺構シリーズ第3弾は、前回の奈良原にある長方形の凹みと似た遺構で、上御領中組古墳群エリアにあります。ただ、違う点もいくつかあることから、別立てで紹介させて頂きました。奈良原の場合は稜線上にありましたが、上御領中組の場合は尾根の先端になり ...

御領山で見つけた謎の遺構シリーズ第2弾は、奈良原古墳群エリアの尾根上にある長方形の凹みです。東西に延びる尾根上に、稜線と直角に交わるように長方形の凹みがあります。クレーター風に周囲が土手状に盛り上がっているが、南面の土手は少し低くなっている南面の前に大きな ...

このページのトップヘ