御領の古代ロマンを蘇らせる会×自転車と遺跡を楽しむ会

「自転車で自然感覚を養い、遺跡で先人達に思いをはせ、そして今を生きられることを喜び人生を満喫したい!」 そんな願いをもって、自転車で地元の遺跡巡りを楽しんでいます。 明確な枠のない緩やかな集まりです。興味をもたれた方、ぜひ一緒に地元を楽しみましょう(^o^)/

大東(おおひがし)大仙山(だいせんさん)古墳(こふん)現地説明会主催:御領の古代ロマンを蘇らせる会共催:福山市教育委員会 平成29年1月から4月にかけて御領の古代ロマンを蘇らせる会が実施した整備・測量調査によって、大仙神社の建つ丘が前方後円墳(全長約48m)であ ...

「大仙山古墳」(仮称)の隣尾根先端で発見した大型の墳丘ですが、「大仙山古墳」の測量で折角覚えた技術を忘れない内に復習し、しっかり頭と体に焼き付けようと、草木の新芽が吹き出す前に急遽実施しました。実はこの墳丘、じっくり見ていると、ただの古墳ではない様なので ...

5月5日こどもの日、思わぬプレゼント記事が『中国新聞』に掲載されました。既に新聞を読まれた方はご存じだと思いますが、当会が測量調査を行った「大仙山古墳」(仮称)が、福山市内で最古の前方後円墳の可能性があると、報じられたのです!『中国新聞』2017年5月5日(福山 ...

ほんの3、4年前まで人気(ひとけ)の無かった御領山。たまに不法投棄や仕事サボりの人が来る程度…それが今では、古代ロマン溢れるハイキングスポットとして地元で認知されるようになってきました。昨年は、「御領の古代ロマンを蘇らせる会」が関わったハイキングイベントだけ ...

3月2日から続けてきた、福山市神辺町上御領大東地区にある新発見の前方後円墳「大仙山古墳」(仮称)の測量調査をようやく終えることができました。今後、図面の細かい所を検討し、清書することになります。◆第5回、3月26日終日、参加者9名前方部組、平板設置にまだまだ手間 ...

もうご存じの方も多いと思いますが、4月21日の山陽新聞に驚きの記事が掲載されました。『山陽新聞』2017年4月21日(備後版)  ※例により岡山県側では掲載されず(T-T)以前から話題にしているとおり、福山市神辺町上御領大東地区の山頂にある大仙神社が建っている場所が、前 ...

4月11日、御野公民館で『市長と車座トーク』が開かれました。車座トークは、福山市長自ら地域に出向かれ、市政全般について市民の声を聞き、市民サービスの向上など、今後の市政運営に生かしていくのが目的だそうです。出席者は町内会や学区の各種役員さんを中心に10名程。市 ...

2013年から続けてきた、福山市神辺町御領地区での古墳分布調査の様子を動画にしてみました。スマホの無料アプリを使って、ほとんど自動で編集したものですので、その筋の方から見れば拙い編集だとは思いますが、御領での古墳探索のワクワク感は伝わる作品だと思います。2分半 ...

「大東宇山城跡」(仮称)は、福山市神辺町上御領と井原市高屋町宇山にまたがる国境の中世山城跡です。古文書等に記録がなく、'12年に当会が発見整備し、'13~'14年に備陽史探訪の会様によって測量調査が行われました。ただ、山城跡らしき遺構は見られるものの、戦国期の山城 ...

福山市神辺町上御領の大東(おおひがし)地区の山頂にある大仙神社が前方後円墳ではないかと測量調査を続けていますが、これまでブログで紹介してきたように、専門家の方々の見解は、どちらかと言えば否定的でした。測量調査の進捗については改めて紹介したいと思いますが、 ...

2月25日午後、福山駅裏の県立歴史博物館で、御領遺跡にまつわる研修会を当会会員のために行って頂きました。と言うのも、当会は基本的に歴史や考古学について全くの素人集団です。古墳分布調査や見学道の整備などをしていると、土器片や遺構などを見つけることも少なくありま ...

今年2月、金光教芸備教会の裏山を草刈中に「ガシャーン」という妙な音がしました。石をはねた音とも違い、何だろうと草刈機を振った跡を見てみると、思わぬモノが転がっていました。それは土器片で、割と大きな破片、しかも表面が赤い色をしていました。この教会裏山は神事に ...

フリーペーパーの『ぷれすしーど』に続き、地元紙『中国新聞』でも当会の活動を応援する内容の記事が掲載されました。『中国新聞』2017年2月28日(広場欄)これまでにも何度か採り上げて頂きましたが全て福山版でした。今回は広場欄なので、地方紙最大級と言われる中国新聞約 ...

福山市域のフリーペーパー『ぷれすしーど』に、「第1次 古墳探検隊!」や前方後円墳の可能性が出てきた大仙神社のことなど、当会の最新の活動が紹介されました。『ぷれすしーど』は、不思議と当会の節目節目と言えるタイミングで取材に来られ、応援してくださっています。実 ...

先日来、福山市神辺町上御領の大東地区の山頂に建つ大仙神社の周辺が前方後円墳ではないかと話題にしていますが、ついに当会による地形測量調査が始まりました。まず、調査に先立ち、地主様、神社大総代様には快くご承諾を頂き、誠にありがとうございます。さて、この度の調 ...

「御領の古代ロマンを蘇らせる会」での新企画「御領古墳探検隊!」。この企画は、東西約3㎞・南北約2㎞の広大な御領山に広がる古墳群全てに見学道を整備し、それを維持し続けるのは私達市民ボランティアの力では到底不可能ですが、それでも色んな古墳を見てみたい/見せてあ ...

昨年は御領山に15団体560人以上が見学に訪れましたが、そのほとんどが福山市内の団体でした。福山市制100周年の記念事業として活動してきたので、広報も市内中心でした。それが、今年に入って岡山県の団体から問い合わせやガイド依頼が入るようになってきました。どうやら、 ...

神辺町上御領大東(おおひがし)の山頂に建つ大仙神社の周囲を整備し、前方後円墳状の地形が露わになりましたが、これをどうすれば古墳かどうかの確認ができるだろうか考えていたところ、不思議な好縁に恵まれ事が動くことになりました。たまたま知人から「足長第1号古墳」へ ...

以前から神辺町上御領大東(おおひがし)の山頂に鎮座する大仙神社の所が古墳ではないかと疑い続けてきました。そして、教育委員会の方や大学の先生など専門家にも何度か見て頂きました。しかし、地山が見えていること、藪に覆われ全貌がつかみにくいことなどから、「何とも ...

福山市内に現存する5基の前方後円墳の1つで、現時点で神辺町域唯一の前方後円墳である「足長第1号古墳」ですが、これまで日の目を見ることもなく埋もれていました。先日記事にしたように、この地元のお宝を世に出そうと、整備を行いました。天気の良い日に整備後の写真を撮り ...

このページのトップヘ