セシウムは植物の栄養素となるカリウムと同族で性質が酷似しています。

夏野菜はカリウムが豊富で、そのカリウムを摂取していれば
植物と同様にカリウムを十分摂取しているとセシウムの侵入をブロックできます。


つまりカリウムが不足しているとセシウムを
吸収しやすくなるため内部被爆が起こりやすくなります。

・カリウムの多い夏野菜
 とうもろこし、かぼちゃ、枝豆、オクラ、トマト、なす、にがうり、きゅうり、そら豆

夏の紫外線をたくさん浴びる夏野菜は「フィトケミカル」が豊富なので

赤、黄など色鮮やか。つまり栄養価が高い野菜なのです。



ですから、夏場はこれらの野菜を多く取るだけで

抗酸化物質もたくさん取ることができますし

何より内部被爆を防ぐことが可能なのです。



*100パーセントを保証するものではなく、あくまで

内部被爆のリスクを下げるためのものだと認識してくださいね。





妊婦 on twitter | RT @55_kaede_55: RT ・・・/内部被爆胎児の影響!/妊娠 on twitter | ていうかついこないだなんですがね、あた.../子どもを守る難しさ/新・情報起業ラストマニュアル【最後の..../β線とγ線/よく判らない食品の放射能汚染の実態/人間の身体システム/緊急投稿!7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会 ユーチューブ/【詩】透明な罠/単純な疑問です/時代の流れ/あたしは個性重視だから、他人事とか噂 話とか全く興味ない~.../全国民必聴!!児玉龍彦氏の鬼気迫る魂の叫びを聞け!!!!!/放射能と内部被爆とアップルペクチン/汚れてるのは土なんです@ナウシカ/緊急!ドイツの福島原発放射能飛散予測終了まで、あと一日!!/ナタリー高/知事の英断に期待!遮断型最終処分場の新設/コメ消費、3年ぶり増加=「中食」が貢献-農水省/東電、協力企業へ代金支払い保留を通知 契約解除も/ミスピーチ安全な?桃を長崎でアピール/伽藍通信7.27