耐震補強用鋼製ブレース取付が完了しました。

写真のように、柱と横架材に緊結し取り付けています。
併せて、柱頭柱脚に金物を取付引き抜け力に対応しています。

今回の住宅の壁は土壁であったため、土壁を撤去しての施工となりました。
壁が土壁でない場合は今回の鋼製ブレースを用いるよりも、面材での施工の方が
柱頭柱脚金物の施工がしやすと思われます。

やはり、現況に応じた施工性の良い補強方法の選択がポイントです。
ファイル_007
ファイル_001 (3)