築50年ほどの鉄筋コンクリート住宅
経年によりコンクリートが中性化しコンクリート内の鉄筋が腐食し始めます。

すると鉄筋が膨張し、その力でコンクリートにひび割れが起こります。このひび割れから雨水などが浸入することで腐食が促進し、コンクリートが浮き剥離へと進みます。

このY様宅もこれまでにクラック補修などしてきましたが、パラペット部でコンクリートの剥離が起こったので抜本的な補修を行うこととなりました。

IMG_8194
補修方法は”リフリート工法”と言う方法で、
1.劣化部のコンクリートをハツリ撤去
2.鉄筋をケレンし、錆を落とす
3.劣化した鉄筋を補強
4.アルカリ回復剤を塗布し、中性化を戻す
5.塩害防除剤を塗布し塩害による劣化を防ぐ
6.専用のモルタルで補修し仕上げる
順を追ってご紹介します。

まず、劣化部のコンクリートをハツリ、鉄筋を露出させます。
ハツリ1ハツリ2
劣化した鉄筋を撤去し、補強
鉄筋補強
鉄筋ケレンの後、アルカリ回復剤を塗布
塩害防除剤塗布
塩害防除剤を塗布
中性化剤塗布
専用のモルタルで補修
モルタル補修
仕上げ
表面調整表面仕上げ
以上の工程で鉄筋コンクリートの劣化補修を行いました。
見ていただいたのは、劣化の激しい部分の補修ですが、ひび割れ等はUカットを行い中性化剤等を塗布して補修しています。
この補修工事によって劣化を抑え、安心して暮らせる住まいへと再生です。
最終的には、外壁の塗装も行っています。