ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ブログ王ランキングに参加中!
芸能人ランキングへ人気ブログランキングへ
ご冥福をお祈りいたします。
連載小説「孤道」について話す作家、内田康夫さん=長野県軽井沢町のティーサロン「軽井沢の芽衣」で2014年、内藤麻里子撮影

 毎日新聞で連載していた「孤道」は病のため中断したが、藤原鎌足の出自の謎に迫る壮大な歴史ミステリーになるはずだった。内田さんの発案により完結編を募集中で、「新しい才能を世に送り出す手伝いをしたい」と応募作に期待を寄せていた。小説を休筆後は、夫人とともに「夫婦短歌」を発表していた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら




(出典 news.nicovideo.jp)




<このニュースへのネットの反応>

残念ですね。



惜しい人を…。ご冥福をお祈りいたします。


巨星墜つ・・・浅見光彦さん。


お疲れ様でした。ごゆっくりお休み下さい。


浅見光彦シリーズ結構持ってる…ご冥福をお祈りします


聞いた名前だったと思ったら、浅見光彦シリーズの方か。良い作品をありがとうございました。ご冥福をお祈りします。


浅見光彦シリーズを読み返し、献花の替わりとさせて頂きます


内田康夫と言えば浅見光彦シリーズだろ、毎日の宣伝もいれてくる辺りさすがぶれないな、浅見光彦シリーズは何冊が読ませてもらったが女性ファンが多そうな物語だったのを覚えている、既知の人が亡くなるのは複雑な心境だな。


浅見光彦シリーズは楽しませていただきました。ごゆっくりお休みください


浅見光彦シリーズの大ファンでした。ご冥福をお祈りします


浅見光彦シリーズもう見れないのかあ。ただ反戦反日の方に寄れてたのは残念でした。


これからも浅見光彦シリーズを読み返して楽しませてもらいます。ご冥福をお祈りいたします。


浅見光彦シリーズは、自分が小説にハマる切っ掛けでした。ご冥福をお祈りいたします。


浅見シリーズは子供のころとても楽しみにしていました。ご冥福をお祈り申し上げます。


今夜は赤飯ですか?