ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ブログ王ランキングに参加中!
芸能人ランキングへ人気ブログランキングへ
面白そうですね。

名作劇場版アニメとして名高い「ルパン三世 カリオストロの城」(宮崎駿監督)は、日本での公開から40年して「フランスでついに上映が実現」した。

フランス政府留学局・日本支局がツイッターで紹介するなどし、話題となっている。日本国内だけでなく、フランス現地にいる人からも日本語ツイートが寄せられ、「まだ上映されてなかったのか」と驚いたり、「フランス語が似合う」と感心したりする人も。

40年してようやく

フランス政府留学局・日本支局の公式ツイッター2019年2月7日

「日本で放映されてから40年、フランスでついに『ルパン三世 カリオストロの城』の上映が実現しました」

日本語で紹介。さらにフランス留学中の人に、

「ぜひフランス語で様々な名シーンを見てみてください」

と呼びかけた。

フランスメディアなどによると、1月23日から公開が始まっている。フランス語スターをみると、タイトルは「(フランス語で)カリオストロの城」とあり、オリジナル版の「ルパン三世」部分は見当たらない。タイトル脇には、宮崎駿監督作品であることが、比較的目立つ大きさで明記されている。フランス語吹き替え版だ。

ルパン三世は、フランスの作家モーリス・ルブランの作品に登場する怪盗アルセーヌ・ルパンの孫という設定で、フランスとは縁が深い。

カリオストロの城」は、日本で1979年に公開されて以降も根強い人気を誇る作品として知られる。2018年1月にあった日本テレビ系であった放送では、地上波で16回目となるにもかかわらず、視聴率は11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタで、依然として注目度が高いことを証明した。15回目(16年)12.4%、14回目(15年)14.5%と2ケタを連発している。

「フランス語の吹き替え、なんだかカッコイイ」

今回、フランス政府留学局・日本支局のツイッター投稿以前にも、ちらほらと反応があったが、支局の投稿で知った人も多かったようだ。

「まだフランスで上映されてなかったのか...(ルパンの名前の権利関係?)」
「上映されてなかった?単純に驚いた」

と驚く声が多く、中には

「おめでたい限り」

と喜ぶ人も。ルパン三世フランスと縁が深いとあってか、

フランス語吹き替え、なんだかカッコイイ」
「観て思うのは、(略)フランス語が似合う」

という指摘もあった。また、フランスにいる人からは、街なかに張っているフランス語版ポスター写真を添えての上映報告が日本語ツイートであった。

支局ツイッターが紹介したフランスメディア(Le Point)のウェブ版記事などによると、大画面での上映までに40年かかった事情としては、「ルパン」の呼称問題も影響していたようだ。「ルパン」部分を別の名前にして編集したビデオなどは出回っていたという。

フランス政府留学局・日本支局がツイッターで紹介


(出典 news.nicovideo.jp)



<このニュースへのネットの反応>

凄いですね。




どうせジャンレノのやる気が微塵たりとも感じられない棒読みアテレコだろ‥‥


フランスで赤いきつねが流行ってしまう…


おめでとうございます。なぜ放送されてなかったのかは気になる。


この作品が好きで、セリフを覚えてしまうくらい何回も見たなぁ…今でもたまに見るわ


フランス語版「カリオストロの城」で「嘘字幕動画」がニコ動で流れる日も近づいた訳だな。


アルセーヌ・ルパンの孫かつフランス絡みの話も結構多いのに、そのルパンという呼称が問題になって40年放送できなかったとは… 権利関係って大変ね


フランスで今まで上映されてなかったのは意外だな。


たまーに、どうしようもなく見たくなる作品の一つ


ルパン「さっすが昭和一ケタ、仕ー事熱心だこと…」ここはどんな風に仏役されるんだろう(笑


何が問題で40年かも放送されなかったんだ?そっちの方が気になるわ。


英語吹き替えだとルパンが「ウルフ」って呼ばれてたね


記事を最後までちゃんと読まない人の多いこと。


外国人が勝手にねずみ小僧の孫を出してスピンオフを作るようなもんですかね。


フランスと縁が深すぎて、むしろ縁遠くなったのか。皮肉だな。


埼玉県警のパトカーはそのまんまなのかな


多分おフランス語吹き替えなので語尾が全て「ザマス」になってると思う


よく考えたら他所の国の名作文学の名前勝手に使って設定引き継ぐわけでもなく商業コミック作るって今やったら大問題だな


『「ルパン」の呼称問題も影響していたようだ。』実際は、なんなんだよって話なんだけど?


銭形警部とカリオストロ伯爵がフランス語で会話する姿をまず思い浮かんだ


でもアルセーヌ要素ってまるっきり皆無ですよね、ほとんど日系だし。アルセーヌ・ルパン読んだことないのでアルセーヌ由来の成分が判断できないですけど。


同じ理由で名探偵コナンも英国で上映し辛かったりするのだろうか。英仏のアレの影響で逆にマッハで話が通ったりしそうでもあるけど。


モンキー・パンチ氏がルパンの生みの親であるモーリス・ルブランの遺族から呼称の使用許可を貰ってなくて、一悶着あり著作権上ルパン三世の呼称は日本国内でのみ使用可能となった。だからそのままではフランスでは放映出来なかったらしい。


単純に名前関係は凄く権利が面倒くさい、ホームズの名前使った映画とか海外で放映するのめっちゃ時間かかったりするしな


>ユーティライネン氏ああやっぱり……そこらへんゆるゆるな時期の作品です*え。


今度やる日テレ放送の時は日仏のバイリンガル放送してくれ


権利や著作権違反に対して口煩く普段言ってる癖に、ここでは何が問題だ?とか言ってる奴は*かよ。単純に他者の作品勝手に使ってるんじゃねーよって単純な話だろうが。


とりあえず、ここで権利関係は大変だねとか他人事みたいに語ってる奴は、絶対その内、権利関係で揉めて将来炎上するだろうな。そんなガバガバな認識で、よく中国や韓国の事言えるわ


昔、伊東四朗がアルセーヌ・ルパンの舞台劇をやろうとしたら、ルパンの興行権はスティーブ・マックイーンが持っていて実現しなかったそうな。マックイーンがもう数年長生きしてたら、彼のルパンが見れたのか


ユーティライネンさん、サンクス。記事は、そこまで掘り下げてほしかった。次頑張ってほしい。


フランスは「ルパン8世(確か探偵物)」でボロクソに文句言ってたくせに


何故も何も勝手にえんもゆかりも無い他国人が自国のヒーローの血縁名乗るキャラ、しかも元のキャラとは血縁以外の設定ほぼ関係無しで放送できるわけないだろう。他国でガンダムやDBの続編勝手に作って日本でそのまま放映できると思うのだろうか。