50634444_846336772386370_7651761326554464056_n


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ブログ王ランキングに参加中!
芸能人ランキングへ人気ブログランキングへ
難しいですね。

■単一国籍制度の国は、世界で少数派

2018年の夏、テニス大坂なおみ選手の快挙が日本を沸かせた。全米オープンで初優勝を飾った彼女はハイチアメリカ人の父親と日本人の母親のもと、日米で育った経歴を持ち、「日本人初の四大大会制覇」と報じられたのは記憶に新しい。だが、2年後に迫る東京オリンピックに“日本人”として出場するかどうかは不明だ。

アメリカと日本の両国の国籍を持つ彼女は、いわゆる二重国籍者であり、日本国は基本的に二重国籍を認めていない。彼女は22歳の誕生日を迎える前に、どちらかの国籍を選択しなければならず、選択しない場合は、自動的に日本国籍を喪失する可能性もある。

どちらの国籍を選ぶのか、それは本人が決めることだ。だが、最終的に彼女は米国籍を選択するのではないだろうか。いかに日本愛に溢れていても、米国籍を取得してアメリカを拠点に活躍したほうが、選手としてはメリットが大きいからだ。

17年、カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞した際も、日本人の偉業を喜ぶ声が多かった。しかし彼はとうの昔に日本国籍を離脱し、イギリス国籍を選んでいる。いずれのケースも、日本が二重国籍を認めていれば、経験せずに済んだジレンマだ。実は先進諸国のなかで二重国籍を認めていない国は少数派で、日本は「時代遅れ」ともいえる制度を採用していることになる。

単一国籍制度のメリットデメリットを整理していこう。ある人間がこの世に生を受けたとき、国籍はどのようにして決まるのか。大きく分けて「出生地主義」と「血統主義」がある。「出生地主義」を採用する国では、たとえ両親が別国籍であろうと、その国で生まれさえすれば国籍を与える仕組みとなっている。現在は米国やカナダドイツフランスなどが採用している。

一方、日本、中国、韓国などが採用するのは「血統主義」だ。日本の場合、父親か母親のどちらかが日本人なら、自動的にその子には日本国籍が与えられる。親が日本人日本国籍を取得しながらも、出生地が「出生地主義」の国だった場合、その子は出世後3カ月以内に国籍留保届をしたうえで、22歳までは二重国籍となる。

1人の人物が一国の国籍を持つ、いわゆる単一国籍主義は妥当かつシンプルに見えて、ときに厄介な事例も生み出す。典型的なのはかつて日本からブラジルに渡った移民のケースだ。移住先で彼らは農園を経営し、成功をおさめていった。しかしどの国でも外国人の土地取得には制限がかかるもので、農場を大規模化するには、現地の国籍を取得=日本国籍を捨てざるをえないことが起こる。「捨てたのは財産を守るためのやむなき選択であり、日本国籍も認めてほしい」と長年訴え続けている者もいる。

あるいはそこまで歴史を遡らずとも、最近は留学や就職などで海外に出ていく人も増えた。現地で恒久的な仕事に就き、配偶者を得ることや家族を持つことは珍しくない。そして徐々に昇進し、管理職や経営者などになると、立場上、その国の国籍を取得したほうが好ましい場合が多い。そんな必要に迫られて外国籍を取得していく彼らから、日本国籍を取り上げていくというのが現状の制度なのである。

もっとも、現実的には国に申告せず二重国籍生活を送っている人も少なからずいる。仮にある人物がアメリカに帰化申請をしたとしても、それを日本政府に申告する義務はないからだ。アメリカから日本に連絡も行かないし、ばれたところで罰則規定もない。

ただし、大坂選手のような著名人になってくると話は別だ。日本政府も調べるだろうし、そこで二重国籍がわかった場合は無視できなくなる。

■ヒューマニズムから生じた日本の国籍法

歴史を紐解くと、日本の国籍法は世界最先端の国籍法として始まった。明治以来、多くのお雇い外国人が日本に来るなか、1899年につくられたのが、日本の最初の国籍法である。そこでは日本人男性の妻となる外国人女性は日本国籍を取得し、外国人男性の妻となる日本人女性は日本国籍を失った。

驚くのは、当時としては極めて先進的な国籍離脱をも認めていたことだ。19世紀末から20世紀初頭は、世界は戦争の時代だった。兵役義務を負う男性に国籍離脱を認めることは軍事機密が漏れる恐れや、兵役逃れが起こる危険性も伴う。そのため、多くの国が国籍離脱を許しておらず、許可を与えたのはおおむね戦後だった。

外国への帰化を認め、夫婦、さらに家族が同じ国籍になる。こうした考え方はナショナリズムではなく、ヒューマニズムから生まれたものだ。たとえば、ドイツ領とフランス領のはざまで常に揺れ動いていたアルザス・ロレーヌ地方などでは、生まれた年によって家族内でフランス国籍やドイツ国籍に分かれるため、戦場では親子兄弟同士で銃口を向けあうといった悲劇が頻発していた。そうした事態を避けるため、人道的配慮から法律が制定されたのだ。また明治政府が文明国として西欧の先進国に劣らないことを示そうと、進んだ法体系を採ったという背景もある。

一方で問題も生まれた。戦後も父系制血統主義(父の国籍を子の国籍とする考え方)を採っていたため、国際結婚した日本人男性の子は日本国籍を取得できるが、国際結婚した日本人女性の子は日本国籍を取得できなかった。これは女性差別だということで1984年に法改正が行われ、両親のどちらかが日本人であるならば子どもも日本国籍を取得できることになった。

つまり、日本人であるかどうかは、その時々のルール(国籍法)いかんによって変わる。そして出発点はヒューマニズムに基づいたルールでも、時代や状況が変われば現状にそぐわなくなることもあるのだ。

かつては日本のような単一国籍主義が世界でも主流だったが、現在は、OECD諸国の圧倒的多数が二重国籍を認めるようになっている。日本がモデルとしたドイツでも、「血統主義」から「出生地主義」に方針を切り替え、二重国籍を認めるようになった。

■元自国民は「棄民」ではなく「資産」

なぜ、世界の潮流は変わったのか。転機となったのは80年代以降である。それ以前ならば、移民は移動先の地に骨を埋めるのが普通だった。一家で海外に渡ることのコストを考えれば、「合わなければ帰国」という選択肢は考えにくい。将来はその国の国民となるからこそ、自国籍を放棄して、かの国で新たな国籍を取得することが妥当だったともいえる。一国が責任を持ってその人の国籍を管理するという考えもあながち不当ともいえない。それが国をまたいでの移動コストが一気に安くなったことやEUの発足などで、世界中の人々の移動が加速していった。

さらに昨今は海外旅行が当たり前になり、異国人同士が第三国で結婚・出産し、別の国で生活を始めることも普通になった。国をまたいでのビジネスや、企業の経営者に外国人が就くケースも増えてきているし、あるいは労働力として外国人を大量に受け入れる可能性も高い。根本的な社会システムの整備も必要になるだろう。

実際問題として、二重国籍を認めることのデメリットはほとんどないはずだ。それどころか、海外に出ていった元自国民を「棄民」として扱うのではなく、国の「資産」としてつなぎ留めるメリットもある。これまで経済危機に陥った韓国やメキシコでは、海外で活躍する元自国民人からの投資や援助を期待して、帰国や再帰化を容易にする法律を制定したことがあった。そろそろ日本でも二重国籍を認める議論が、真剣になされるべきではないだろうか。

2020年東京オリンピックが開催される。近年増えた、肌や瞳の色が異なる日本人選手の活躍を日々目の当たりにして、改めて日本人の多様性に気づかされるはずだ。それが議論が深まる契機になることを期待したい。

----------

丹野清人(たんの・きよと)
首都大学東京人文社会学部教授
1966年生まれ。専門は外国人移民。一橋大学大学院社会学研究科社会問題社会政策専攻博士課程単位修得退学。2014年より現職。著書に『越境する雇用システムと外国人労働者』(東京大学出版会)、『国籍の境界を考える』『「外国人の人権」の社会学』(ともに吉田書店)など。

----------

2019年の10月で22歳を迎える大坂なおみ選手。どんな決断を下すのか。(AFP/時事=写真)


(出典 news.nicovideo.jp)



<このニュースへのネットの反応>

色々ありますね。





くるだろうな。たぶん


いいんじゃない?むしろ遅いくらい?血統主義だったドイツすら認めてるんだし。グローバル化に後れを取っちゃう*ぇ。ただ、二重国籍を取った以上、片方を都合によって隠したり、ごまかしたりすると、信用にキズがつくから、堂々としておいた方が・・・賢明?かも?ワシも機会があったら・・・いや、日本からまず出てみることから始めないとダメか・・・ぐぬぬぬぬ・・・


二重に所得税を払え。納税は国民の義務だ。片側しか払わぬなら片側の国籍で十分だ。


大坂なおみさんが本人の権利で国籍を選ぶのは当然。だが、その件と日本が二重国籍を認めないのは関係ない。スパイ防止法がない状態で二重国籍を許したら国益は守れない。


なんかの番組でアメリカ国籍を選択したら、オリンピックのレギュレーションを満たせないので来年の東京オリンピックには出られないって言ってたでち


捨てるも何もはなから害塵だろ 親父も害塵だし日本語も喋れないんだし 早々に日本から出てって、どうぞ


日本が出生地主義なんかにしたらアルニダさん達が乗っ取りに来るからイヤだね


個人の利益が重要だから、国籍なんて考えは古いって言われてる気がする。国から利益をもらうが、義務は果たしたく無いって事だよね。そして、自分の利益優先で所属する組織を変更して渡り歩く人間に、組織の方針を決めてほしくないと思うのは自然な事だと思けどな。


大坂なおみさんに失礼だから、このような記事は書いてほしくない。彼女のイメージが悪くなる。意見を表明するために、彼女を利用するのは最低だ。


二重国籍って問題なかったっけ?例えば日本で仕事しているけど税金の安い外国に一定期間住んで向こうの所得税だけ払ったり生まれた時から行ったことないけど国籍だけ持ってたり


税金逃れに二重国籍使うなよ


日本で二重国籍おkに法を改正すればよいのだ。そうすれば多種多様な人種のや国籍の人の意見を集約できる。(*^-^*)


二重国籍を認めていない国は少数派で、日本は「時代遅れ」>>別にこんなこと、国際情勢に合わせる必要はない。尚、大阪選手が手にした栄光は国籍によって色褪せたりするもんではない。


大阪なおみさんが仮に日本国籍を捨てることになってもそれはそれで誰も文句を言うような事じゃないし、そうなっても大阪なおみさんを応援する日本人はたくさんいるよ。問題はここぞとばかりに大阪なおみさんをこういう事に勝手に使って「日本国籍捨てたらどうする?」とかいう下劣な記事を書く自称ジャーナリストが日本に存在すること


かつて外国に移民していった日本人が居るので、今更って感じですな。


選ぶだろうな、その方が本人も幸せだろう。英語でしかほとんど喋れないのに日本名と言うのは可愛そうだよな。日本国籍になるというなら歓迎するが彼女は外国国籍の方が個人的には幸せだと思うわ。


わざわざ日本を捨てるなんて言い回ししてマイナスイメージ植え付ける見出し。ハーバーかプレオンかと思ったら案の定。っもう日本語使わんでくれねぇかな。不愉快。


アメリカは出生地主義やめたがっているようだよ?中国人妊婦が大量にやって来て出産しその子が親を呼び寄せる所謂アンカーベイビーってヤツが多くてさw


ま、所属しててほしけりゃそう思えるようにサポートするんだねってだけだ。プロなんだから


国籍がそう簡単に取得したり捨てたりできないからこそ、参政権などの重要な権利と結びついているのです。記事中に『農場を大規模化するには、現地の国籍を取得=日本国籍を捨てざるをえないことが起こる』とあるように、簡単に国籍を変えられないからこそ、国籍を変更することで土地を取得できたのです。それを無視して国籍の自由を拡大するのは、権利の縮小と同義でしょう。


ぶっちゃけ国籍選択で米国籍取っても大したデメリットないしな。東京五輪に出れないだけ。テニスにおいての五輪なんて名誉だけで、本人若いんだから次の五輪でも遅くない。『日本人に見えない』って叩かれてるし、米国籍取ったほうが本人幸せなんじゃない?こんだけ差別的に扱ってんだから、捨てられても文句言えないって


好きなところでがんばればいい、無理して日本人でいてくれる必要などない。


蓮舫「大坂なおみさんが苦しんでるから二重国籍認めろ」とか言い出しそう


マスゴミの執拗な陰湿質問や記事にうんざりして日本捨てるのはありそうね


カズオ・イシグロ氏は父も母も日本人だし、生まれも育ちも日本だから日本人だよ。国籍がイギリスなだけで。


どちら選ぼうが本人の好きにすれば良い事なので二重国籍を認める論拠となり得ない。


にわかパヨクがプロパガンダのために大坂なおみを持ち出すの見ると腹が立って仕方がない、バカは黙って*でくれよ彼女は何年も日本国籍の選択を表明し続けている。


例えアメリカ人になっても大坂なおみは大坂なおみ。それ以上でも以下でもない。


タイトル煽り過ぎ。タイトルだけで記事の内容がだいたい分かった。予想通り。スパイ防止法とセットで議論してね。


本人が決めればいいのに他人が面白がって煽る問題じゃない!どっかの議員みたいに2重国籍でなく自分で選んだらどっちになっても大阪なおみを応援することに変わりはない!


二重国籍を認める理由にはなりませんね


とりあえず日本人でも米国人でもないような連中が、自分たちの都合の良い主張のために大坂選手の名前を利用するのが不快だわ。いい加減恥を知れよと。


どいつもこいつも外国に合わせろ外国に合わせろって言うけどよ?外国はなにか日本に合わせてくれてるのかよ。外国は正しくて日本は常に遅れてて間違ってんの?なら日本を変えなくていいから日本から出てその素晴らしい外国に行けよ


毎回「カタコトの日本語をしゃべるガイジンの絵」を撮りたいマスコミの遊びの質問が続くようなら日本国籍を放棄されても仕方ない


税と社会保障で問題にしかならんと思うのですが、最大レベルだと選挙権 オーストラリアや襟立てた議員が記憶に新しいな


日本が二重国籍には厳しいのはロシアとドイツの二重国籍だったリヒャルト・ゾルゲの影響だろう自称人権派の方々が反対するせいでスパイ対策はいつまで経ってもザルのままだけど


そもそもこの選手を育てた土壌ってアメリカだよね、どこをどう考えたら日本に来ると思うんだろ??露骨に政治、二重国籍へ話持ってくるのはこじつけすぎじゃなかろうか


記事前文には概ね同意、テニスに最適な環境を選んでほしいな。しかし二重国籍なんて認めたら新井浩文容疑者のような奴が帰化せずに日本人を名乗れてしまうし、蓮舫のような議員がもっと湧いてしまう。


捨てなよ


大坂なおみさんは日本国籍を選択しない限り東京オリンピックには出場出来ません。フェド杯で日本代表で出場してるため、米国籍を取得して米代表になる場合3年の猶予が必要となり東京オリンピックには間に合いません。


国籍がなければ捨てることになるの❓


四重国籍なんて人もいるんだし、二重くらい余裕でちw


日本発のアメリカ行きの米国登録の飛行機に搭乗した日本国籍の女性が太平洋上の機内で出産したらその子は米国籍を取れる?


日本を捨てるってあまりにも悪意に満ちた表現。注目を集めるためとはいえ止めてもらいたい。


普段は人種や外国人差別を批判しながら、日本国籍の人間が活躍したらそれを叩くマスゴミの2枚舌。屑としかいいようがない。


その活躍に見合う待遇は日本じゃ得られまい。捨ててよし


確かに日本人が外国籍をとるためのデメリットはある。でも、外国人に日本国籍を与える上でのデメリットが日本には大きすぎる。国際情勢(というか東アジア)を鑑みるならむしろ、血統主義を続けないとまずい。


プレオンさんは、彼女が米国テニス協会に登録拒否され、日本テニス協会で選手登録した経緯をご存知ないでち?拒否した理由も肌の色だったらしいとか


二重国籍を認めるのなら、同時により厳格なスパイ防止法の制定もせねばな。


最初に見出してくれたのが日本人で、そこからヨネックスが支援してくれたらしい。その恩義から日本を選ぶだろう、というのが恩義を大切にする日本人の考えで、損得で考えるどこぞの民族とは違うよ。