劣化する芸能メディア 取材後にサインをおねだり 先輩不在のネット媒体記者

劣化する芸能メディア 取材後にサインをおねだり 先輩不在のネット媒体記者



芸能メディアもかなり増殖している
芸能メディアもかなり増殖している【拡大】

 俳優の平幹二朗さんの通夜を取材中、その場を仕切っていたテレビ局のディレクターが、奇妙なことを言い出した。

 「(元妻の)佐久間良子さんは囲み取材に応じてくれますかね」

 それを聞いた周囲はあ然。「だってそうでしょう。応じてもらえるように交渉するのがメディアの役割。CM発表会などに来ているわけじゃないんですから」とスポーツ紙の記者はあきれ顔だ。

 この件に限らず、最近、劣化する芸能メディアの姿を各所で耳にすることが増えた。「少し前、竹野内豊の映画の記者会見で、最前列のウェブ媒体の女性記者は『やばいやばい、まともでいられるかな』って大はしゃぎでした」(スチールカメラマン)

 芸能記者にも好きな俳優やタレントはいる。とはいえ「昔の記者は興奮することはなかった。それを押し殺すのがプロ」と前出のカメラマン。

 劇場関係者はこんなことを漏らしていた。

 「男性アイドルの取材日を設定しました。ある媒体の女性記者は取材終了後、いきなり彼のCDを取りだし、『サインしてください』って。その場のすべての人があっけにとられましたね」



 スポーツ紙の芸能記者といった歴史ある媒体の記者は、きちんとした記者教育がなされている。

 「芸能記者になりたての頃、先輩記者に伝えられたのは、サインをお願いしたり、一緒に写真を撮ってもらったり、握手してもらったりしてはダメだと。理由を聞くと利益供与に当たるからと言われました」(紙媒体芸能記者)

 芸能イベントの現場にいるメディアはかつて、テレビ番組のディレクター、スポーツ紙や週刊誌、エンタメ専門誌の記者らだった。そこに近年、大量のネット媒体記者が加わった。

 記者教育はどのようにされているのか。某サイトのデスクは「そもそも先輩記者がいないので、何も受け継いでいない。ブログやツイッターで発信してきた若い世代は、自分は文章が書けると思いこんでいる。それがまず大きな勘違いです。その上、何かを教えようとすると、押し付けないでほしい、自分にはできません、ちょっとでも叱責するとパワハラだと吹聴する。会見などの現場に行き、記事を書くだけなのに記者気取りですからね。あきれますよ」。

 芸能記者や芸能ディレクターの劣化はどこかで下げ止まるのだろうか。




劣化説を一蹴! “まいんちゃん”福原遥のセーラー服姿に「可愛すぎる」と絶賛の声

劣化説を一蹴! “まいんちゃん”福原遥のセーラー服姿に「可愛すぎる」と絶賛の声


1:以下、ニートがお送りします:2014/06/19(木) 16:25:13.75 ID:KaSzraGri BE:601732212-PLT(14019)

劣化説の「まいんちゃん」に称賛

劣化説を一蹴! “まいんちゃん”福原遥のセーラー服姿に「可愛すぎる」と絶賛の声
news_1403162713_101.jpg

アイドルファンから「まいんちゃん」として親しまれたモデルの福原遥(15)が、17日放送のトークバラエティ『内村とザワつく夜』(TBS系)でセーラー服姿を披露し、ネット上で「可愛すぎる」などと大きな反響を呼んでいる。

同番組は、実話をもとに日常生活の“嫌な女”のエピソードを再現ドラマ化する趣向。この日は「女同士のイジメ」がテーマだった。

福原は視聴者から投稿された中学校のイジメエピソードに出演。福原演じる女子中学生が、内村光良(49)扮する親友「ウチ子」の好きな先輩になりすまして交換日記をし、ウチ子の心をもてあそぶという内容。
最後にネタばらしをしたうえに「ウチ子が先輩と付き合えるわけないじゃん」と笑顔で言い放つという強烈な役柄だった。

嫌な女を演じきった福原だが、これを視聴していたネットユーザーが注目したのはセーラー服姿の彼女の美少女ぶり。福原は昨年まで現役の中学生。
ドラマの設定もセーラー服もハマるのは当然ではあるが、それを差し引いても目を見張るほどの可愛さだったと評判だ。ネット上では以下のような賞賛の声が多数上がっている。

「まいんちゃんのセーラー服姿ちょう可愛い!」「めっちゃ可愛い…一目ぼれした」「(天使すぎるアイドルと呼ばれる)橋本環奈よりも天使」
「まいんちゃん可愛さ鬼すぎるだろ! 人類の中で可愛いナンバーワン」「こんなに美人に成長して嬉しい」

http://news.livedoor.com/article/detail/8952011/

女子中学生セーラー服のまいんちゃん
news_1403162713_102.jpg

news_1403162713_103.jpg news_1403162713_104.jpg news_1403162713_105.jpg news_1403162713_106.jpg news_1403162713_107.jpg news_1403162713_108.jpg

関連 福原遥ちゃんが一日署長で警官姿を披露!これは逮捕されたい

関連 まいんちゃんさんのふとももwwwwwwwwww

関連 【朗報】福原遥こと、まいんちゃんが美人

関連 セーラー服おじさんがテレビ出演 高学歴&大企業勤務で英語ペラペラな事実!

関連 男性がセーラー服を部屋着に、「ボクセラ」爆誕中


和田アキ子、ベッキー復帰に「反対派は少数」発言が物議

和田アキ子、ベッキー復帰に「反対派は少数」発言が物議


和田アキ子、ベッキー復帰に「反対派は少数」発言が物議

 和田アキ子(66)が、自身がパーソナリティを務めるラジオ『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)で、ベッキー(32)の芸能界復帰について理解を示した。

 バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)との不倫騒動で芸能活動を休業していたベッキーが、司会を務めていた音楽番組でレギュラー復帰した。和田は番組内でベッキーの復帰について触れ、「まだダメだっていう理由があるのはなんなんだろう」と、批判の声が出ていることに疑問を示した。番組アシスタントの垣花正アナウンサー(44)が「単純に、生理的なものですよね。ネットの書き込みとかしてる人は」と答えると、和田は「ネットでは(反対している人は)ごく少数なんでしょ?」「もう十分制裁受けたんだから。見たくない人は見なけりゃいいんだから」とコメントした。

 かつて番組でも共演していた和田とベッキー。その親心ある和田のコメントだったが、「反対が少数派」という点に関しては世間から疑問の声が上がっているようだ。ネットユーザーからは「どこのネットだよ」「ネットじゃ反対が多数派でしょ」と反論コメントがあふれた。

「7月5日に約7か月ぶりに更新されたベッキーのツイッターやインスタグラムにはユーザーからものすごい数のコメントが寄せられました。半分は復帰を喜ぶ声。もう半分は批判の声です。ネットだけ見れば反対派は少数とは言い切れませんが、音楽番組にも無事に復帰したようですし、今後確実にベッキーの活動の場は増えていくでしょう」(芸能ライター)

 和田は5月に放送された『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、ベッキーについて、「出てくれるんだったらいろんな話を聞きたい」「一般の目線として『休みの間何してたの?』『どうやって知り合ったの?』『何も知らなかったの?』とか聞いてみたい」とコメントしている。今回のラジオを聞いたリスナーからも「和田アキ子、早くベッキーと共演してくれないかな。絶対面白い」といった声も上がっている。2人の共演が実現することになれば、世間の大きな注目を集めそうだ。





カテゴリー
ギャラリー
  • 【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww
  • 【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww
  • 【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww
  • 【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww
  • 【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww
  • 【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww
  • 【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww
  • 【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww
  • 【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww




RSS
  • ライブドアブログ