げじまゆblog

げじまゆおやじの"鉄"なページの日記です。 鉄道模型とバス模型と男の娘と酒が好きなポンコツ男子がヘタレな模型工作の経過を晒したり独り言をぼやいてたりしてます。

バスコレのエルガの方向幕を裏から付けてみた話

皆様ご無沙汰しております。
色々探りながらバスコレのエルガ(新しい金型というか要するに全国バスコレの西武バス)の後部方向幕を裏から出せるようにしてみました。
「エルガ」と書いてありますが、もちろん他の車種でも使えますw



※アップで撮るとアラ目立つのは気にしないでねw

方向幕(の土台)はタミヤのプラ棒を9mmに切って黒く塗ったものにステッカーを貼り付けました。

窓ガラスは元の印刷されていたものを薄め液ではがして裏の爪を削り落としました。
窓の爪を削ったのは、爪が干渉して方向幕が奥まってしまうからです。
爪の除去はしくじると大惨事になるので注意が必要です。
あと、窓の爪が無くなったのでゴム系接着剤で固定しています。

窓を車体に付けたあと、方向幕をゴム系接着剤で固定しました。
スペーサーとしてプラ板かましてみたり色々試しましたが、結果的には素直に方向幕を車体に付けたらいい感じに仕上がりました。



【模型】祝!東武8000系81107F落成

皆様ご無沙汰しております。



げじまゆ工房の本部でちまちまと弄っていた鉄コレの東上線の81107Fが無事落成しました。

一見するとただ走行用パーツ付けただけのように見えますが、余りにも納得行かない床下機器を中心に加工しています。

床下機器は元の部品と手持ちのGMの床下機器を使ってそれらしくしてみました。


コンプレッサーは入手性とかコストを考えてGMの東急8500系のものをおゆまるとポリパテで複製したものを付けてみました。
車輪はT車のみ側面に色を入れてみました。
乗務員室の下には銀河のステップを付けてみました。これがあるお陰で間抜けさが減った気がします。

屋根周りはクーラーの色入れとGMのパンタ使う関係で避雷器の穴をシールで塞ぎました。



車内は座席と床と先頭車の乗務員室周りを塗装してみました。
先頭車の壁に東武8000系のワンマン車に欠かせない?時刻表をGMのステッカーの端でやってみましたけど意外と目立ちませんでした。



最後に、この作品を作るにあたって暖かく見守ってくださったblog読者の皆様、Twitter民の皆様、家族に感謝しております。

なにやら怪しい部品の作り始めた話



皆様ご無沙汰しております。
いつの間に5月も終わりなんですね(挨拶

バスコレのエルガワンステの運転席のメーター周りが違和感あるのでパーツを作り始めました。

プラ板積層で原型作って複製しようかな…と考えております。

タヴァサのTNカプラーポケット使った話



皆様ご無沙汰しております。
何かと多忙ですが細々とやっております(挨拶

KATOのサハ103から改造中のクハ103の床板にタヴァサのカプラーポケットを使ってTNカプラーを付けております。
ボディマウントのTNカプラーだと床板の加工が比較的大掛かりですが、タヴァサのカプラーポケットを駆使することでそれほど大掛かりな加工をしなくてもTNカプラーが使えるようになるかな…と思ってやってみました。

工作ですが、床板にプラ板を付け、指定のサイズの穴を空けて指定通り半分にぶった切ったアーノルドカプラーのスプリングを介してカプラーポケットをネジ止めしています。



カプラーだけだと間抜けなのでGMの101系キットに含まれる胴受を加工したものを床板につけています。
胴受ですが、万が一の事を考えて敢えて弾力のあるゴム系で固定する予定です(現状は仮固定)。



これ上手くいったら205系の前頭部にも使える気がするんですよね…w

御茶ノ水でQC検定受けてきた話



日曜日に御茶ノ水の明治大学で開催されたQC検定4級の試験を受けてきました。

当日は10時より少し前に会場入りしました。
4級は1階の大教室が会場になっていました。
10時15分に着席し、30分の開始までに注意事項などの説明がありました。

問題は公式サイトのテキストから出題されており、引っ掛け回答への注意と一通り読んで理解すればイケるんじゃないかという感じの出題でした。
回答は基本的に複数の選択肢から選ぶタイプ(マークシート)でした。
記述の問題は特にありませんでした。
途中で本人確認があるので、マスク着用の際は一旦マスクずらすか外した方が良いみたいです。

一定時間経過の後、退出可能時間がありますが試験が終わる10分前から退出制限がかかります。
一旦退出すると元の部屋に入れなくなるのでトイレは事前に済ませることをおすすめします。

ちなみに、私は一通り回答と見直しを行ってから退出可能時間帯に答案の提出と会場からの退出を行いました。

※個人的な体験談です。

げじこの備忘録〜モノは似てるのに剥がれ具合が違う話〜



鉄コレの東急7000系(2度目に出たグレーHゴム仕様)と水間鉄道1000形の屋根をIPAから引き上げてみました。

水間鉄道1000形の屋根は少し擦るだけでたやすく剥がれましたが、東急7000系の屋根は力入れて擦らないと綺麗に剥がれてくれませんでした。

とりあえず洗剤洗いが終わり乾いたらクーラーやベンチレーターの穴を塞ぐ予定です。

【チラシの裏】
一緒にIPAに漬けたバスコレミニバス編の三重交通の日野リエッセは松本の方のバスにする予定ですw

気まぐれにいじった話



少し前になりますが、久方ぶりにバスコレの関東バス7E(5100代)の車内の背ズリを弄ってみました。

…といっても、薄茶色に塗った程度ですけどね…。
車体はほぼできてるのであとは内装をちまちまやろうかと思います。
最後部にはE-MATICの制御装置でも仕込もうかな…と思いますw

【路モジ】怪しい企て発動させた話



以前作った路モジの「窓から電車を見てみよう」の複線間隔を33mmにも対応させられるようにする為の線路周りのユニットを作り始めました。

元々複線間隔が変えられるように線路周りをユニット化していたので、新たにユニットを作るだけですが、KATOの架線柱を入れられるようにしたり、路モジのオルタネート規格に準拠させるかT-Trak規格に準拠させるかとか色々悩むところです。

無理やり歴史ありそうなアンテナを押し込んだ話

鉄コレの東武8000系81107FにTOMIXの西武5000系のものと思われるアンテナを入れてみました。


諸々の事情で治具使わないでアンテナの穴を開けてみました。
まずGMの東武8000系を参考に穴の位置を決めて目印をナイフでつけてみました。
ナイフの目印をもとにドリルで穴を開けたのですが、穴をあけてからアンテナを出してみたら脚の形状が四角だったので穴をデザインナイフで無理やり四角くしたらいい具合に入ってくれました。



画像ではわからないのですが、車体の干渉しそうな部分を切り欠いたあと、屋根に付けて根元にクレオスの城カラーの石垣色を塗ってみました。
この後、青っぽいグレーを塗る予定です。

さぁ弱った…

皆様ご無沙汰しております。

鉄コレで東武ED5010の前期型が出ると聞いと大泣きな人です(挨拶

鉄コレが出る前に改造中のED5010の前期型にどうやって改造しようかな…とふと考えております。
…アイデアは浮かぶものの手を出す暇がない…どないしよう。

ゆっくりマスキングしていってね!!!の話



久方ぶりに鉄コレからいじってる近江鉄道820系のマスキングをしていました。
私の腕が悪いせいか、エアブラシで吹いたラズベリーが剥がれやすくて少し参りました…orz

余りにも見苦しく仕上がったら黄色くするのも良いかな…も割り切ろうかと思う今日この頃です。

帯剥がしに関するげじまゆ的考察

ここ最近KATOの205系の帯剥がしをやってますが、なんとなく思ったことがあったのでまとめてみたいと思います。

帯剥がしするとしたらなるべく単色の帯のほうが比較的楽に剥がせるみたいです。
逆に、武蔵野線仕様の帯は複数色があるので剥がすのに(単色と比べて比較的)一苦労な感じです。

今更ながらバスコレの富士モヤシ弄りし始めた話



バスコレ20弾の(宇都宮の)関東バスを(小滝橋の)関東バスに改造すべく尺詰めを行いました。
屋根はレザーソーで、側面はカッターナイフで切ってみました。
毎度のことながら強度が不安なので切った部分の裏手にはプラ板貼ってます。

塗装を剥がした時はどこの営業所の車にするか決まってなかったのですが、阿佐谷の車にする予定にしたので、窓を手持ちの道北バスの窓の長さを詰めたものにしようかな…と思っております(だったらハナっから道北バスを種車にすれば良いだろというツッコミは抜きで)。

げじまゆ的備忘録2017.1.7(渋谷のバスの話)

「交渉人 真下正義」の渋谷付近の空撮シーンに出てきたバス→京王バス東の40332?(KL-JP252NAN?)

バスコレの西工モヤシからいじるとしたらクーラーの差し替えで行けそうな予感です。

やらかした話

先日バスコレ(都バスの扁平エアロノンステに改造予定)塗り変えようとしたら盛大にしくじりましたorz


結局IPA漬けにしたのですが、塗装落とした状態で車体を洗ってセラミックヒーターの風に当てて乾燥させようとしたところ、盛大に歪んだので泣く泣く作り直しになりましたorz

セラミックヒーターの風恐るべしといったところです。

色入れやった話



今年初の(電車の)模型弄りは鉄コレの東武8000系のクーラーのファン部分とルーバー部分に色入れを行ってました。

黒だとどぎつい印象があるのでダークグレーのエナメル塗料を流してみました。
ファン部分は塗料を流し込む様にやったのですが、拭き取り前提とはいえ結構塗料がはみ出ました。
ファン部分は事前に軽くナイフで溝を彫った方が良い様な気がしてきました。

ルーバー部分も色入れしましたが、こちらも彫りがイマイチな感じがして悪戦苦闘しました。



2017年の初仕事(模型的な意味)の話

皆様ご無沙汰してます&あけましておめでとうございます

昨年の暮れはさいたま鉄道模型フェスタに展示する路モジ絡みで色々忙しかった人です(挨拶)

路モジと年賀状が落ち着いたところで一仕事やってみました。
昨年の大晦日から先程にかけてバスコレの都バスの扁平ノンステのマスキングを行なっていました。



複雑な塗り分けなので結構時間がかかりましたが、ようやく今しがた前面のマスキングが終わりました。
これからGMの近鉄オレンジ吹いてMr.カラーのルマングリーンを吹く予定です。

南栗橋行かないで床下機器と戯れていた話

日曜日の話ですが、南栗橋の鉄コレ争奪戦(違)をサボって鉄コレの東上線8000系の床下機器をいじってました。





前々から手持ちのGMの床下機器とか元々付いていた床下機器を並べ替えてましたが、日曜日に床下機器の裏側にプラ板を貼り付けて一区切りつきました。

これから塗装の予定ですが、日曜日の晩に雨が降ったのでしばらくお預けの予定です(涙目

盛大にカブった話



日曜日の話ですが、鉄コレの彦根の赤電とバスコレの早稲田の扁平ノンステの塗装を行いました。

前日が雨だったため盛大にカブりましたが、同じ色かクリア吹き付ければ何とかなるのでまぁいいや…という感じです。

床下複製してみた話

GMの東急8500系(軽量車)のデハ8800のコンプレッサーを複製してみました。
複製のきっかけは、床下機器単体での入手がやりにくいことや、GMのお店までのコストを考慮して複製することにしました。



作業の流れとしては、まず塗料で流動性を上げたポリパテを型に擦り込んだり爪楊枝で押し込んでみました。
その後、通常のポリパテ(もしくは瞬着入りのポリパテ)を型に押し込むように盛りました。


型から抜いたあと、適当な形になるようにやすってみました。



今回はここまでですw
床下機器の取り付けは後ほど話題にしたいと思います。
Profile
げじまゆおやじ
げじまゆおやじの”鉄”なページのひねくれかけた一匹狼な管理人です。なにげにかわいい男を目指してたり。 最近、未完成病にかかってるのは気のせいかな?

管理人諸元表
 ・性別:一応♂
 ・製造年:1985年
 ・身長:167.5cm
 ・出力:かなり小さめ
 ・好きなもの:鉄道模型・バス模型・男の娘・酒・サイクリング・動画鑑賞

免責事項
 ・管理人が不適切とみなした書き込みは削除やホスト公開などの処置を行なう場合があります。
 ・このblogの記事の工作等を実践する場合、自己責任でお願いします。
 ・
げじまゆおやじの”鉄”なページ
訪問者数

Archives
お得なお知らせ
管理人のお勧め


twitter
Recent Comments
  • ライブドアブログ