げじまゆblog

げじまゆおやじの"鉄"なページの日記です。 鉄道模型とバス模型と男の娘と酒が好きなポンコツ男子がヘタレな模型工作の経過を晒したり独り言をぼやいてたりしてます。

床塗ったらいい感じになった話

鉄コレの東急7000系から弄った秩父鉄道2000系の車内パーツの床にアサヒペンのクリエイティブカラースプレーのライトアンバーを塗ってみました。



修整無しの状態で車内に組み込みましたが、博物館にある大きな模型のようなリアルさが出てきました。
車内を覗き込むだけでもとても楽しい気分になりますw



因みに車端部からだとこんな感じになりますw


この後はシルバーシート、仕切り、運転台の塗装とか床の修整を行いたいと思います。

全体の再塗装回避できるかも…な話

バスコレの都バス2台セットのKL-UA272KAM(CNG車)のウィンカーを削った跡にMr.カラーのルマングリーンを試しに塗ってみました。



思ったより色の違和感が少なく仕上がりました。
削った箇所をもう少しきれいに仕上げて筆塗りするか元の標記を活かすべく上手くマスキングして吹いてみたら行けるんじゃないかと思いました。

…というわけでちょっとウィンカー跡を削って整えたいと思います。

パテ盛りの沼に突っ込んだ話

鉄コレ1弾から改造している怪しいネタ車の車体のパテ削りを行いました。



乗務員扉跡を埋めた痕がかすかに目立つのでまたパテ盛りの見込みです。

…沼入り不可避ですねw

鉄コレの東急7000系の渡り板削った話〜意外な落とし罠〜

鉄コレの東急7000系(から改造した秩父鉄道2000系)の貫通扉の渡り板を削ってみました。


よく見ると貫通扉のパーツは渡り板を付ける前提で設計されているためか微妙に天地方向が短いようで隙間が空いてしまいました。

ネットに上がっている実車の写真を見る限り台座らしきものがある感じがするのでプラ板でなんとかしてみようかな…と考えております。

荒川のほとりの弁当箱のベンチレーターを色入れしてみた話

鉄コレの東急7000系から改造していた秩父鉄道2000系(リニューアル中)のベンチレーターの色入れを進めてみました。



2両ずつ違うやり方でやってみました。


最初はスミ入れの要領でベンチレーターの側面全体をタミヤのエナメル塗料で黒く塗った上で拭き取りを行うやり方でやってみました。
拭き取る時に気を抜いてしまうと凹んだ部分の塗料まで持ってかれてしまうのが難点です。

残りの2両はベンチレーターの凹みの部分を普通に面相筆で塗ってみました。



凹みの部分を一つずつ塗らないといけないのですが、結構良さげな感じに仕上がりました。

ベンチレーターが落ち着いたところで車内か床下機器の塗装をしようかな…と思います。


10年ほど前のネタの手直しを考えてみる話

鉄コレの東急7000形から弄った秩父鉄道2000系を手直ししようかな…と思って引っ張り出してきました。



とりあえずやろうとしているのは
  • 表記の入れ直し(銀ステッカー使用)
  • ベンチレーターのスミ入れ
  • 乗務員ステップ取り付け
  • ヘッドライトのクリア化
  • 車内の塗装
  • パンタの塗装
  • アンテナ交換
といったところです。

手始めにベンチレーターをスミ入れしてみました。


ベンチレーターはつや消し気味だったのでスミ入れには一苦労です(苦笑

祝!GMの都電7000形(ダミー仕様)完成の話

赤羽のヤマナカ模型で安く仕入れたGMの都電7000形の改造というかレストアが終わってダミー仕様として完成しました。



今回は動力を搭載せずにレイアウトのストラクチャーというかアクセサリーという感じで仕込んでみましたが、将来的には鉄コレの動力仕込んで自走させようかなと考えております。

改造は再塗装とビューゲル交換と将来の走行を視野に入れた排障器の改造を行いました。
購入した時点で既に外れていたビューゲルはアルナインのパーツに交換しています。
排障器は走行させた時に破損する恐れがあったので以前作ったGMの都電6000形と同じように排障器の裏からプラ板で補強を入れてみました。
足回りは動力化する前提でとりあえずそのままです。
…何気にいい感じに汚れていますw

因みに購入したときはこんな感じでした。




ぶっちゃけ塗料代だけで車体よりお金がかかっていたりしますが、ジャンク再生楽しめて良かったかな…と思いますw

軽加工で作った大宮方面のネタが仮落成した話

バスコレ18弾のKKKから改造したさいたま東の8300番代が仮落成しました。



一見すると全くいじってないように見えますがよく見ると違っていたりしますw

あとは運転台に怪しい部品を付けてみましたw

ちなみに「仮落成」としたのは外観上は出来上がっていても、車内の加工のうち座席の1列化が未着手のため「仮落成」の状態です。
この後は座席の改造を行おうかなと考えてます。

GMの東武30000系に乗務員ステップ付けた話

以前加工したGMの東武30000系(東上線仕様)に銀河の乗務員ステップ(N028GY)を付けてみました。



銀河の乗務員ステップをそのまま付けると色と形状が少し違うので、クレオスの軍艦色に塗った上で実車の写真を参考に折り曲げてみました。
腕がイマイチで一瞬ひしゃげたんじゃないかと思ったのはご愛嬌ですw



折り曲げたステップはゴム系接着剤で車体に固定しています。
ステップを付けるだけで締まるというか実感的になったかな…と思います。
ステップが付いてリアリティが増してくると今度は車体との隙間が気になるスカートを弄りたく成増なります。

因みに中間に入る元先頭車にも付けてみました。


やはり締まって見えますw
こうして見ると連結間隔が気になってしまいますw
かといって連結間隔詰めると走行に影響が出るので幌を付けようかな…と思います。

ゲテノンの塗りをちょろっとやった話

全国バスコレのゲテノン(都バスと大阪市バス)から塗り替え中の西武バスのゲテノンに帯を入れたりライト周りを塗ったりしてみました。



塗装がしくじり気味だった車体(下)でテストした筆塗りによる笹の帯入れが上手くいったので上の車体でもやってみました。

やってみたらこんな感じになりました。



ちょっと滲んだ箇所がありますが、とりあえず良さげな感じに仕上がりました。
ついでにライト周りも黒くしてみました。

この後は塗装の修正を行おうかな…と考えてます。

怪しい座席を作り始めた話

げじこの怪しい部品プロジェクト第3弾(予定)となるバスコレの座席の原型をタミヤのプラ板とプラ棒から作り始めました。



今回も簡易的な成型品として形にしようかな…と思います。
とりあえず接着が落ち着き次第背ずりの加工とか角にRをつけたいところです。

マスキングを少しやった話

昨晩の話ですがバスコレの赤羽方面のネタのマスキングをやってみました。



特別なことは特にせず、オーソドックスにタミヤのマスキングテープを切って貼ってを繰り返しました。
この後、残りの部分をマスキングしてクリアを吹き付ける予定です。

バスコレのときわ台方面のネタを黄緑に塗った話

バスコレ18弾のKKKエルガから改造中のKKK赤羽のエルガの塗装をやってみました。



今回は試しにTwitterのフォロワー様のやり方をヒントに、GM緑2号→GM白3号→日ペパロットグリーンの順で塗ってみました。
パロットグリーンを塗る前のマスキングがやや面倒くさかったのですが、白を1回だけにしたので厚ぼったさがなくなって良かったかな…と思います。

ちなみに他の部分はこんな感じに仕上がりました。





この後、塗膜が落ち着くまでしばらく休ませて側面の黒を塗ろうかな…と思います。



JNMAで頒布した怪しい部品の加工ガイドみたいな話

遅くなった上に需要があるかどうか怪しいのですが、先日のJNMAで頒布した怪しい部品の加工ガイドの詳細版みたいなものをあげてみたいと思います。
※この記事の組立方法は一例です。
皆様のやりやすいやり方で加工することをおすすめします。

1.車体からシャーシと運転席側の窓ガラスを外します。
側面の窓ガラスを外すときはリアのガラスの内側の爪を削ると外しやすくなります。



2.外した窓ガラスの運転席の窓下部分を切り取ります。(切り取らないと窓ガラスと本製品が干渉します)


加工するとこんな感じになります。




3.シャーシから座席パーツを外します。

4.座席パーツのメーターパネル部分(写真の囲った部分)を切り離します。



5.本品をシャーシに接着します。
※ゴム系接着剤で接着することをお勧めします。


6.接着が乾燥したら元どおり組み立てます。



JNMAで新作のモジュールを展示した話

7/1に開催されたJNMAフェスティバルで路面モジュール(新作)を展示したり怪しい部品を頒布してみました。



新作のモジュールはこんな感じです。
モチーフはドリフの映画「なにはなくとも全員集合!!」です。



怪しい部品はこんな感じで頒布してみました。
予想以上に早く売り切れになったのに驚きです。
頒布以上に色々と頒布に関するヒントなどの情報を得られたので良かったかなと思います。

最後になりましたがお会いした皆様と参加した皆様色々ありがとうございます&お疲れ様でした

怪しい部品を塗ってみたり色々やった話

怪しい部品…もとい、バスコレの運転台パーツをサフ掛けの上で塗装してみました。




サフで表面を整えたあと、Mr.カラーのニュートラルグレーを吹いてみました。
まだ組み込んでませんが、バスコレの車内に仕込んだら違和感が出ない仕上がりになるかな…と思っております。

ちなみに原型はこちらです(写真の真ん中の白い物体)。



向かって奥の黄色と緑の物体はLVノンステ向けのパーツの原型です。
実はバスコレのLVワンステとLVノンステは微妙に運転台周りが違っていたりするので試作品をベースに原型を作ってみました。


GMの白3号を塗った話

数日前の話ですが、バスコレ18弾のエルガワンステ(KKK赤羽のクルマに改造予定)にGMの白3号を塗ってみました。



今回新しい試みとして、Twitterのフォロワー様のやり方に倣って白を吹いて白くなる部分をマスキングした上で黄緑を塗ろうかな…と考えてます。

…というわけで、次は白部分のマスキングと滲みどめの予定です。

雨降られる前になんとかマスキングできた話

昨日の話ですが、久方振りに赤羽方面のネタ…というかバスコレのエルガワンステのマスキングを行いました。




雨が降る前に滲み止めのクリアまで行けてとりあえず良かったかな…と思います。
この後は白を塗る予定です。
このクルマに関しては試しに塗り方変えようかな…と検討中です。

怪しい治具を作った話

怪しい部品の削り出し用の治具をプラ板と帯材から作ってみました。



工夫したところは成型品を入れやすくするために治具の一部を面取りしたほか、成型品を爪楊枝つかって抜きやすくするために裏側に穴を開けてみました。

バスコレの西武バスの笹色の帯を筆塗りでやってみた話

全国バスコレのふそうのゲテノンから改造中の西武バスの笹色の帯をタッチアップの要領で入れてみました。



マスキングと面相筆で入れてみましたが中々良い感じに仕上がりました。
エアブラシの塗装で使った塗料を使いましたが、塗料を出してしばらく溶剤分飛ばした方が滲みが少なくてやりやすかったです。



ちなみに反対側はこんな感じです。
うまくいったのでもう1台の車体も笹の帯を入れたいな…と思います。

Profile
げじまゆおやじ
げじまゆおやじの”鉄”なページのひねくれかけた一匹狼な管理人です。なにげにかわいい男を目指してたり。 最近、未完成病にかかってるのは気のせいかな?

管理人諸元表
 ・性別:一応♂
 ・製造年:1985年
 ・身長:167.5cm
 ・出力:かなり小さめ
 ・好きなもの:鉄道模型・バス模型・男の娘・酒・サイクリング・動画鑑賞

免責事項
 ・管理人が不適切とみなした書き込みは削除やホスト公開などの処置を行なう場合があります。
 ・このblogの記事の工作等を実践する場合、自己責任でお願いします。
 ・
げじまゆおやじの”鉄”なページ
訪問者数

Archives
お得なお知らせ
管理人のお勧め


twitter
Recent Comments
  • ライブドアブログ