まずは大変申し訳ありませんでした。
今回の公演日の告知等の広報活動が遅れ、しかも携帯の機種変でアカウントを忘れ、このブログも放置…。

今回の公演逃してしまった方、本当に申し訳ありませんでした。

PCとタブレットにアカウントを記憶したので、このような失態は二度と繰り返さないよう気を付けたいと思います。

そして、当公演にご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
お帰りの際の…。

「面白かったです」
「ほっこりしました」
「来年も楽しみにしています」

のお言葉をかけていただいたときは、今回も本番を迎えるまでに色々なドラマがあったわけで…。

脚本と演出をやって良かったとウルウルきてました。

同時に忙しい中、どこにでもありそうなお話を深く読み込んで実のあるキャラクターとストーリーに仕上げてくれたキャストさん、スタッフさんに本当に感謝です。


そんな素敵な劇団メンバーと来年迎える記念すべき50回公演、どんなものになるのか本当に楽しみです。

それでは、また。