2019年05月17日

座長のワンコ好き

こんにちは、私のパパーン(ご主人様)は座長アゼガミ家の愛犬早苗、通称サナ(早苗♀)ですワン。

今日はパパーンのおかしなワンコのお鼻好き好き癖について暴露するワン。

肉球好きの人が世の中多いのは知ってるワン。

でもパパーンはワンコのお鼻の部位が大好きなんだワン。

それもしつこいくらいに…。

しかも、一番のお気に入りはちょっと湿ったワンコの肉球ならぬ鼻球を
パパーンのまぶたにつけて鼻球マッサージをしている時が幸せだとかいうおかしな人
なのだワン。

冷たく湿った鼻球がまぶたにちょうどいい感じで刺さるのがメッチャ気持ちいい♪〜

とか言ってますが、可愛がるのを通り越して鼻球ハラスメント、略して「ハナハラ」だワン。

だから仕返しがてらアマガミついでにパパーンの花をガブッとしてやるワン。(うふふ)


 97A30478-B828-4F15-A545-36512B65BFA6

どうです私のお鼻、気持ち良さそうですか?

ワンコのお鼻球好きな人いたらパパーンと仲良くしてあげてくださいだワン♪




gekidan_ren at 16:09|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年05月15日

ナグリをリメイク

GW前にフリマでたまたま見つけた舞台げんのう。
俗に言う「なぐり」というやつ。

IMG_0452



持ち手の木がボロで、鉄の部分はサビサビでしたが、その鉄のパーツを使ってリメイク作業をしてました!

以前にも舞台屋の人に金具の部分だけもらって自分でリメイクしたので、今回はちょいと変わったリメイクをしてみようかと。


IMG_0453



ちなみに…
この舞台げんのう、ホームセンターに売られている釘抜きと金槌の道具とは倍以上もお値段が違う中々の代物。
が、故に、ホームセンターを始め、以前はあった東急ハンズにすらその姿を見なくなった…

とりあえず3本分を分解して金具の部分をサンダーで削り出した。
めちゃ大変だったけど、サビ取りは完了!問題は、木部と鉄部を止めている「クサビ」と呼ばれるL字金具のでした。
ホームセンターにもハンズにもなく、結果、金具の専門店で探してもらいつつ、いくつかは自作して用立てました。

さて、お楽しみは木の部分の持ち手でして、前々から考えていた、一つ目は「刀」の「柄(つか)巻き」に挑戦!

IMG_0454




二つ目は持ち手のところだけにこだわったディテール重視のキャンプ用。

IMG_0456

三つ目は舞台屋として手にした時、小型化と、さらに!仕込みノコギリ(折りたたみ)を採用してニコイチ化に成功!

IMG_0457





オリジナルなぐりの完成です!

#舞台
#げんのう
#なぐり


gekidan_ren at 20:05|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年05月13日

劇団復活に向けて〜

ゴールデンウイークも終わり、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

座長アゼガミです。

個人的には長い休みの中で旅行したのはたったの一泊だけでしたが、いいリフレッシュになりました。
というのも、GW中は劇団の稽古はおやすみしていたからなのですが、
その間も、ネットによる劇団員募集は行なっていました。


で、11日日曜日のこの日にネット募集により見学も含め新たな体験参加者はなんと3人!


IMG_0448
途中参加、途中抜けはありましたが、人が居ると賑やかで良いです。


IMG_0451
いつものようにワークショップを行いました。
が、この日は稽古場の使用時間が少なかったのでほんとに簡易的な稽古だけでしが
楽しく行えたかと思います。


IMG_0449
稽古後ロビーでの写真。
劇団のお客様からの差し入れを皆で美味しく頂きました。

IMG_0450
稽古後は皆でお食事。

来週も来てくれる事を祈ってとりあえず、復活にむけて活動を続けて行きます。






gekidan_ren at 09:32|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年04月30日

平成最後の稽古(ベタでごめんっ)

はい、こんにちは。世間はすっかりゴールデンウィークですね。
座長アゼガミです。


先日、平成最後の稽古が終了。

だからどうした?…と言われれば大した事ないのですが、なに分ネタの薄い我が劇団においては
何かにつけて便乗していこうかと?(笑)

さて、この日は新劇団員の柿原こと、カッキーのお誕生会をしました。
24歳!なんて若い事でしょう。

…アゼガミが24歳の頃は何していたでしょうね…もう忘れました。(涙)

IMG_0439




おい、稽古はどうしたって!?

……話ですが、

わすれてませんよ。

この日はその主役、カッキーの専門学校時代のお友達が稽古場に体験参加してくれました。

稽古場は大きな会議室。

稽古場に来たら最初に机や椅子を皆で部屋の端っこへ片付けるのですが、これもお互い
協力しあっての大事な作業です。




写真を見る限りでもこの日は結構賑やかでしたね。
IMG_0433

この日体験参加の好青年「アキラ」(写真手前)といつものワークショップでした。

最近、基礎体力稽古をサボっていたので筋トレもふくめ、体を使った稽古をしました。

翌日は皆地味に筋肉痛になる事でしょう。(笑)

IMG_0445


稽古後は皆で打ち上げ。

メインは劇団員カッキーのお誕生会でしたが、アゼガミも体験参加のアキラと少し面談がてら
いろいろ話しを聞けました。

専門学校時代のカッキーがどんなヤツだったかなど?(笑)

終始賑やかな飲み会でした。

そうそう、この日始めて飲み会に参加した新メンバーの「タカノ⤴︎」はまだ19歳!

という事もあり、ちゃんと店の人に進言してジュースで一緒に乾杯しました!

IMG_0446

この日体験参加のアキラを含め、今後の劇団の活動がどうなるか?

実は去年の今頃の稽古場の人数事情とほぼ一緒だったりします。

が、まだ公演ができる状態ではないのが現状です。

まだまだ仲間を募りたい所です。



演劇やりたい奴!!!寄っておいでー


アゼガミ


gekidan_ren at 09:32|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年04月16日

稽古場に人は少なくとも…楽しくワイワイやってます。♪( ´▽`)

4月13日。この日は午後より稽古

稽古参加者がおやすみが多くそれでも劇団員4人でワークショップをしました。

広い会議室も、スペースは半分で十分。

新人にあたる、ナツ、カッキーのワークショップの経験値を積んでもらう期間として
週一で行なっている稽古です。
もちろん新規メンバー募集にも余念がないのですが、この日は募集者0。
その上常駐メンバーのおやすみが相次ぎ寂しい稽古場でした。


が!そんな事はお構いなし!むしろ、若い劇団員にはいろいろ覚えてもらえて
有難い限り。


この日おこなったのはダッシュと即興漫才。
IMG_0422
机テーブルも片付けなきゃ稽古ができないので、人数が少ないと大変なのです。


エチュードをしてみたいという事もあり、うちでは本格的なエチュード(即興演技)は
しない分、初心者からでも「意識立て」できる実りある即興稽古をしてもらうべく
基礎の基礎として行ったのが「ダッシュ」体力と集中りょくと、アドリブに関しての稽古です。


その後行ったのが「即興漫才」
漫才をやった事ない人でも簡易的にいくつか「意識」をして会話をしてくれれば
できる即興漫才。大事な事はウチの稽古は大きな声でやる!
が全ての稽古の中、考えながら大きな声で人前で会話をするのは見た目ほど簡単では無い
のですが、それさえ慣れてしまえばなかなか楽しい稽古だったりします。

IMG_0424
ナツとカッキーの即興漫才。ナツがツッコミでカッキーがボケ担当で行いました。
実際どうやってやったかは、ぜひ稽古場に来て体験してみてください。
初心者でも意識をもってやればできる稽古です。





さてさて、この日は夕方に稽古が終わったので、みなで駅前で飲みました。

皆、仲良くやってます。(^ ^)
いつでも新たな出逢いでやってくるメンバーを待っている。そんな感じです。
IMG_0423



gekidan_ren at 23:04|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年04月07日

劇団の雰囲気は上々ですよ!

こんばんは、この日、前回稽古より体験的に稽古に来た大谷孝乃(18歳)が
新規劇団メンバーとなりました。

この日も基礎稽古をしていろいやりました。

  • 身体測定的なものとして、「ボディバランス」という稽古尾をしました。
IMG_0415
目をつぶっての片足立ちは意外と難しいんです。




IMG_0416
新メンバーの「タカノ」


IMG_0417
劇団員の柿原だ差し入れてくれた美味しいメロンパン

IMG_0420
「ジャンプ」という稽古。

IMG_0421
この写真を撮るのにかなり苦戦していたかと…

とにかくメンバーを増やすべく良い感じの稽古場になってきました




gekidan_ren at 00:35|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年03月24日

人の居る稽古場か否か?

こんばんは、花粉症では無いと言いつつ、クシャミと眼のかゆみに耐えられなくなってきているアゼガミです。
市販されているその手のクスリが効く所をみると、そろそろ認めざる得ない状況になりつつあります。

さてさて、この週末の劇団ワークショップが今月最後の稽古となりました。

一月の演劇祭後、しばしの休みを取り、いざ新メンバーを募集しつつ、迎えた3月でしたが、
前半は中々応募者が現れず、常駐しているメンバーのポテンシャルを上げる稽古を
中心に行ってきていました。
そして、募集を強化していたせいかがあってか、この日、二人の体験参加者がやってきました。

いずれも10代と、若い若い。(苦笑)

IMG_0400
稽古場が賑やかなのは良い事です。
少数精鋭でもやれる事がハッキリしていればいいのですが、やはり、本公演をうつためには
ある程度のメンバーが集まらないと公演ができないので、とにかく今は新たな人との
出会いが重要かなと。


IMG_0404
いつものように劇団にとって必要な基礎の基礎となる稽古をしました。
そのあと、お初の人同士がコミュニケーションを取るために必要なワークショップを
いくつかやりました。



人数が集まってくれると、座長アゼガミも演出側に専念できて、レッスンしてても
手広く物事が考えられて有難い限り。常駐メンバーが率先して体験者のフォローも
してくれました。
IMG_0412



人数が多ければやれる事も多く、稽古もとり楽しくなります。

もちろん、ワークショップに来たら即劇団員!などという勧誘の仕方はしません。

強いて言えばせっかく縁があってウチに来たなら、また稽古場に来てね。
と、思いながらのワークショップでありました。

人が居なくなり、衰退しても、世の中にアマチュアでも演劇がやりたい!という者が
居れば、またそんな人たちが我らの所に来てくれれば、以前のような、否、以前よりも
良い活動が出来ると信じて進むのみです。


畔上






gekidan_ren at 23:54|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年03月12日

春へ向けてのげきだん作り。

3月に入り、少しづつ暖かくなってきていますが、天気が悪かったり、
陽が落ちたりすると途端に寒くなりますが、皆さま風邪など引いてはいませんでしょうか?
こんばんはアゼガミです。


さて、今月に入り、劇団ワークショップに勤しんでいます。

役者の技量向上も大事なのですが、それよりなにより、まずは劇団の雰囲気作り。
そのためには新規劇団員たちにも、いい雰囲気作るための経験を積んでいくのが
現在の課題だったりします。


「人間力をつけましょう」というのが、座長アゼガミが皆に言っている事でして、
とにかく、公演がある時はその時がピークのように大変さも面白さも、各自から
否が応でも滲み出るものですが、公演が終わり、劇団活動からしばしお休みすると
あんまり面白くない浮世を生きている者が多いのが、社会人劇団の宿命かのように
稽古前のアゼガミの言葉、「人間力をつけましょう」です。

やるからには…一緒に劇団で活動するからには、「面白いヤツ」「魅力的」な人と
面白おかしく芝居したいのは今も昔も同じです。



劇団員たちはすでに仲は非常に良いです。
IMG_0397

この日は新劇団を作りたいという常駐メンバーのために座長として
稽古場を仕切るというレッスンをしました。

新たに劇団を立ち上げたいという者の経験値をあげるために皆に協力してもらい
「稽古場を仕切る」というのが、見た目ほど簡単ではない事をそのメンバーに
レッスンしました。
IMG_0398
座長だからといっていばり散らしていてはダメだし、小さくまとまりすぎても
誰も話を聞いてくれなくなってしまいます。
稽古場で初対面などの演者たちを先導し、演技向上させるためにはまずは
いろいろ考えながら説明だったり、指導だったりをしていく必要があります。


難しい事をするよりはまず稽古してみる、やってみる。というのが大事です。
写真だけをみると仲は良く良い雰囲気です。
IMG_0399


劇団ワークショップは今週はお休みです。
来週以降、の募集に期待していきたいかと。





早く暖かくならないかなぁ…















gekidan_ren at 00:20|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年03月03日

稽古再開!

葛飾演劇祭終了後、一度体験稽古というイベントを行なってからしばしの休みを
経ての活動再開の劇団ワークショップがおこなわれました。

改めて劇団メンバーから団員になった面々と、今後についての話をしつつ、
後進メンバーを募集していくにあたっての説明、そして、良い劇団の雰囲気作りに
必要な経験を積んでもらうためのまさに劇団ワークショップです。

実は、去年末の劇団解体後に集まったメンバーには一月の演劇祭公演の出演するために
必要な最短の事しか教える事が出来ておらず、おかげさまで、公演そのものは
ちゃんと形になりましたが、劇団の仲間集めとスキルアップをのためのワークショップ
(基礎稽古)についてはいろいろとすっ飛ばしていた事もあり、そのノウハウを
一から推していく期間として、活動再開を機に行っていく事としました。


中でもこの日時間をかけて行ったのが、「読唇術」という稽古でした。

劇団蓮(REN)の事を知っている人ならば「え?そんな事もまだやってないの?」という
くらい初歩的な稽古ですが、内容は至って簡単。
読んで字のごとく、口の動きを読む稽古です。


といっても、稽古の真髄(しんずい)はやっている人しかわからないので
説明は割愛しちゃいます。(^ ^)


IMG_0393
えっと、まずはじゃんけんで負けた人が演じ手となりまして〜

演出から単語を授けられ〜


IMG_0394
他の面々に向けて口の動きだけでそれを伝えるというだけの稽古です。

見ている者はその単語を口の動きだけで当てるというものです。

基本的に母音だけが頼りの中、なかなかそれを当てるのは難しいものでして…

IMG_0395
演出から「遠くて近いヒント」を与えられます。


IMG_0396
答える側はそのヒントだけで単語を当てても構いません。
口の動きだけで当てても構いません。

重要なのは答えを導く側と、導き出そうとする側、のコミュニケーションを重要視した
稽古です。
いろんなモノが見えてくるんですよ。意外とコレが。( ͡° ͜ʖ ͡°)



さてさて、3月はあと二回ほど劇団ワークショップがあります。

ここからが、本当の意味での復活となっていく第一歩になったかと思います。
コレをご覧の皆様も是非参加してみてください。
詳しくは劇団のメールにアクセスしてくださいね。




gekidan_ren at 22:56|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年03月01日

趣味を持つ。

こんばんは〜

今日は演劇とは別のお話でもしましょうか。

あ、演劇祭後、あれこれやってるうちにオフの期間を無駄に過ごしているアゼガミです。

さて、題名にある「趣味」についてです。


ウチの劇団に居る、又は居た劇団員達に、常に言っていることがありまして、
その一つが「演劇以外の趣味をもちなさい」です。


そもそも、社会人劇団活動自体が趣味みたいなものなのですが、その演劇自体も
ものすごいモチベーションや、時間やお金がかかったりすると、そればっかりになうってしまい
仕事と芝居(劇団)だけになりがちになります。


ただ、大好きな演劇もやり続けていると、段々しんどくなっていきます。
かく言うアゼガミ自身もそうです。

そんな時、ガス抜きになるような趣味を別に持っていることは意外と大事なのです。

昔は劇団員募集の記載に「自分から演劇とったら何も残らない人はNG」と書いていた事が
あるくらいです。

演劇、劇団、役者という姿や場所がある種特殊な人物像を作るのは悪いことでは無いと
思っていますが、逆にそれを失うと、日常的にはまったく適応できない閉鎖的なヤツだったり
相手にされていないのも演劇人だからという訳のわからない理由になぬように
……いう理由からでしたが…。



えー、面倒な話はさておき、演劇以外の趣味の一環として、すでにご存知の方もいるかと思いますが
アゼガミの趣味のいくつかをネタとしてあげてみようかと。

IMG_0242
とりあえず、趣味の一つとしてあげられるのが、バイクでしょうか?

若い頃からバイクに乗り、遠方へ出かけるのが好きで、未だにのりつづけています。
ある意味演劇にも精通する考え方があって、
危険も伴う乗り物ではありますが、演劇と同じく「非日常」を得られるのが
バイクの良いところだったりします。



バイクはカスタムする人、レースみたいなことをする人、そして旅をする人とさまざま
いますが、アゼガミは主に観光が目的のツーリングをすることが多いです。
その一つとして…
IMG_0107
写真のような観光地に出かけて行き、非日常を感じてくるのも楽しみの一つです。





それ以外には革細工でしょうか?
A70A8023-36A9-4695-AA1B-A62DD178B48C
自宅に結構本格的な作業スペースがあります。

もともと物作りが好きな性分なので革細工作りは向いているのかもしれません。

きっかけはやはりバイクで、尻ポケットに革の長財布。という姿に
憧れ?購入しょうとするも、高価な物だったことから、「じゃ、自分で作れるようになれないものか?」
と、見よう見まねで始めたのがきっかけ。
絵を描くのが好きなことも手伝って、彫り物も施した革小物作りは作っていても
楽しいですし、副業になるくらい力を入れていますね。



詳しく書き始めると、止まらなくなってしまうので、今日はこの辺にしておきますが、
演劇の事ばかり考え始めると、やれ人集めはどうしよう?だの、やれ脚本は書くのか?とか
公演は?それ以外のイベントは?稽古は?などなど気苦労ばかり積み上がっていってしまうので
むしろ今はその辺はゆる〜く考えて、ほかの事を考えるようにしています。


ちなみに、現在、アゼガミが思考を巡らせているのは革細工をする作業スペースの改装です。
どんな感じになるか?それだけでも良い気分転換になると思います。



……明日から劇団の稽古が再開するんだけどね。(しばしはゆるりと人集め)
















gekidan_ren at 00:37|PermalinkComments(0) mixiチェック