2008年04月27日

4月20日稽古レポート。

今週も基礎的な内容を中心に稽古しました。
見学者様も交えてゲーム・ゲーム・ゲーム。

]∩曠押璽
先週もやりましたね。頭の体操です。
先読みではなく、直前の人の言葉を聞いて、リズムに乗って。

▲▲ション回し
隣の人がやったことを真似して、次の人に回します。
イマイチうまくいかなかった感がありますが、体を温める・・・ということで。

「そうしよー。」
なんでもいいんです。誰かが提案したことを、みんなで一斉にやってみる。
たとえば、誰かが「歩こう」と言ったら、みんなで歩いてみる。
たとえば、誰かが「笑おう」と言ったら、みんなで笑ってみる。
否定なしで相手の言葉に乗っかる、というものです。
新人・アリコの「一人一芸やろう」という意外な展開で締めくくられました。

ぅ廛譽璽鵐
自分から相手へ、何かを贈ります。当然、形は見えません。
そして、渡す側もそれが何かを言いません。

「はい、あげる。」
これ、あげるよ。

ここから、物語が始まります。
受けた側が、「素敵な弁当箱だね。」と言ったらそれはもう弁当箱。
超かわいい弁当箱!

二人で、その物について語っていくことで、見えないものが見えてきます。
どんな形で、どんな色で、どんなところが素敵?どこを触るとどうなる?
話を発散させないよう、対象物に集中することで物語を深めていくのです。

ゥ檗璽困らシーンを作る。
誰かが何かポーズをとります。
なにをしているところでしょう?

この状態では、どんな場面なのかイマイチ抽象的ですね。
そこへ、もう一人が入ってポーズをとります。
デッサン。
ほら、「デッサンをしている様子」ができあがりました。



こんな感じで頭と体をほぐしてこの日の稽古は終了。
一見何気ないゲームですが、集中して行うと結構頭と体、使うんですよー。
今見学に来てくださった方は、今日みたいな内容を体験できるかも。
まだまだバリエーションは豊富ですよ^^

この後は、新人アリコとシシハラの歓迎会と、見学者様との交流会ということで
バッカスメンバーは夜の街に消えていったのでした・・・

gekidanbakkas at 08:37コメント(0)トラックバック(0)稽古レポートあや 

2008年04月20日

4/13(日)久々!稽古レポート!by けみぞー

ここんとこ2週ほど、反省会とか話し合いとか、体を動かさず頭を動かすという稽古が続いたために、体がなまったバッカス一同。

この日は、まあまだ次の台本も決まっていないし、体をとにかく動かすぞってことで、ちょっとしたゲームのような稽古に明け暮れました。


まずは、連想ゲームで頭のウォーミングアップ。
リズムにのって、前の人の言った言葉から連想される言葉を次々に言っていく。
これが簡単そうに見えて意外と難しかったりする。
ただ単に思いついたことを言えばいいんだけれど、前の前の人の言った言葉から、前の人が言うだろうなあという言葉を想像し、そこかれ先読みで連想なんかしていて、自分の前の人が想像と違う言葉を言ったときなんか、何も考えてないときよりも言葉が出てこない。
頭の瞬発力って大事です。
脳トレですよ脳トレ。

さて、頭のウォーミングアップが終わったら、ぼちぼち体を使っていきます。
まずは、二人組みになって、体を使って物を作ります。物体です。

例えば「携帯電話」。

稽古場でイチャついてはいけません。



・・・・・・えーっと・・・。

ま、まあほらシシハラ新人だし!
役者志望ってわけでもないし!
つ、次いこう次!!



「ほら!これがマックのポテトだよ!」「まあステキ!」



・・・・・・。
ま、まああれだ。安齋先生も仕事忙しいし?!
疲れてるってこういうことだよね!!ね?!


・・・つ、つぎ。

介錯!


この後、安齋先生がシシハラの首を切り落とします。嘘です。
これ、お題は「100年後の携帯電話」だっけ?「目覚まし時計」だっけ?
もうなんだかわかんなくなるくらいなんだかわかんないです。



串にささった安齋♪(安齋♪)


これにいたってはもう何だったかすらまったく分からない。
安齋が串にささった団子です。嘘だけど。

・・・い、いや、一応フォローしておくと、稽古場で見たときはそれなりにそれっぽく見えたんですよ?ええ。
ただこう写真にして見ると、なんというか立体感がないからなのかどうにも何だか分からなくなるというかなんというか。。。
要は、もっと身体表現をがんばろうってことです。ほらうまいことまとめた。(ぇ



さて、体で物を作ったら、次は場面を作ります。
二人がポーズを決めて、そこからアドリブで話を作っていきます。
適当なところで、外の人間がストップをかけます。
そのときのポーズのまま、別の人間がどちらか1人と交代します。
で、そのポーズから、それまでの話とはまったく関係ない話を新しく作っていきます。
この繰り返し。

さて、どうなったかというと。

ぱっ!


漢の喧嘩


「ねえ、ちょっとあそこ登ってよ」「いや、ビルの壁は無理っス」



まあこんな感じ。
それぞれいろいろ努力してたと思います。
というか、なんかやるたびに爆笑してた記憶しかない。(ぇ
なんだその設定っていうのばっかりやるんだもんみんな。
あえて厳しい目で見れば、まだまだ発想が貧困だったり、かなり無理やりだったりと、要精進、といったところもぼちぼちありましたけれど。


この他にも、場所を作ったり、一人のセリフをみんなでつないでいって一人の人物を作り上げるとか、いろいろとやってみました。
今までしばらく、台本があって舞台のために公演のために、っていう稽古だったので、こういうゲームみたいな稽古が新鮮でとても楽しかったです。


gekidanbakkas at 03:08コメント(0)トラックバック(0)稽古レポートけみぞー 

2008年04月07日

4月6日の活動レポートBY 永瀬

4月6日

月初めミーティングでした(o^o^o)
先週のまとめ+次の活動の計画を立てました☆
仕事をしながらですが、高いレベルに到達するようにがんばっていきますヾ(@>∇<@)ノ

公演も終わりとうとうラジオドラマの製作が始まります(o>ω 内容はと…(〃∇〃)


あんな条件、こんな条件かいくぐり、運びますヽ(`Д´)ノ
プロの運び屋の実力見せつけますヽ(`Д´)ノ

っと今はこんな感じでしかお伝えできませんo(´^`)o
気になる方は放送を楽しみに待っててねヾ(@゜▽゜@)ノ

ちなみに次の公演に向けて新団員、新スタッフ大募集で〜す(*^▽^*)ノ
演技、舞台を作るなど、日常ではなかなか味わえない経験ができますヾ(@>∇<@)ノ
新しい事を勇気を出して始める春です(☆^ー^)ノ
ドキドキワクワクの新生活をバッカスと共に過ごしてみませんか(o^o^o)?
いっしょに活動できるのを楽しみに待ってます(〃^ー^〃)
永瀬でした〜(o>ω

gekidanbakkas at 03:06コメント(0)トラックバック(0)稽古レポート 

2008年04月06日

3月30日 総括でした!

この日は泣く子も黙る総括です。






Q:総括ってなぁに?
A:平たく言えば反省会です。色々言い合う機会ですね。
わけわかんないことゆーな











ええと、実は議論が白熱してしまい
写真取り忘れちめいました。
今回はイメージ画像でご勘弁ください。
*あくまでイメージなのでご了承ください。
???????















総括つうのは元々大事なもんなんですが
今回は特に旗揚げ公演後ということで
劇団の運営においても話が及び
それは白熱した会議になりました。
そうか










今後の素敵案が出て
うむこれからも盛り沢山だ。



皆、それ程今後をかんがえてるということで
バッカスまだまだ熱いぜ!


gekidanbakkas at 10:41コメント(0)トラックバック(0)葉々 

2008年03月30日

【観劇レポート】アガリスクエンターテイメント 『カンパイ!!』

23日の日曜日。
新浦安へ、アガリスクエンターテイメント様の公演「カンパイ!!」を観劇に行ってきましたよ。
アガリスク様には、こないだの我々の公演「Sparkling!」の宣伝をしてくださったり実際に観劇にいらしてくださったりと色々とお世話になりました!

今回のお芝居の内容は、大学のお笑いサークルの4年生が卒業ということで、その追い出しコンパをやる飲み屋さんが舞台。追い出される側の4年生が、何故か後輩に気を使い、何故か必死にいろんなことをごまかしたり隠したり・・・とドタバタなシチュエーションコメディ。

まず会場に入った瞬間の感想。

「セットがよくできてる」

いや本当に、居酒屋って雰囲気がちゃんと出来てて。
壁のポスターとかメニューとか。2階へ続く階段とか。
あと、あの木の板が鍵になってる下駄箱とか。
そのままそこで居酒屋やってもいけるんじゃないかってくらい居酒屋でした。
「舞台居酒屋」って誰か作らないかな。
舞台の上に客席があって、お客さんがそこで飲むの。
で、誰かが飲んでるさまを観ながら飲むお客さんは舞台の下の席で。
ないか。ないな。うん。


そんな話は置いといて。お芝居の感想を。

全体的に、王道な構成というかなんというか。
「お互いに勘違いしたまま」とか「かみ合わない会話」とか「絶妙なタイミングで起こる出来事たち」とか、なんかそういう感じ。
あー、コメディってのはこういう風に作るもんなんだなぁと思ったりしました。

最初、少し役者さんもカタいかな?ノリきれてないかな?と思うところもありましたが、途中からはどんどんテンポも勢いもあがり、もう後半は笑いっぱなしでした。
一番笑ったのは、若鶏の唐揚げとソーセージが運ばれてきたところ。まあネタバレはしないので、どんなシーンだったかは想像して笑ってくださいね(ぇ


あと、芝居に直接関係はないけれど、すごいなぁと思ったところ。

受付にPCがあって、バーコードリーダーがついてて、印刷していったチケット代わりの紙のバーコードを読み取ってなにやら管理していたところ。
うーん。ハイテク。
さすが、若い人たちの集団なだけあって、いろいろと先端の機械を使いこなしている感じでカッコイイっつーかすごいっつーか。
うちでも真似しようかな・・・(コラ

劇場の設備もサイズもなんだかちょうどよくってうらやましかったです。
うちも次回はああいう会場でやりたいなぁと、ちょっと嫉妬するくらい良い会場でした。
うらやましす。



そんなわけで、色々と参考になったり勉強になったりさせてもらいました!
いやぁ、私たちも見習わないとねぇ。


gekidanbakkas at 02:30コメント(0)トラックバック(0)稽古レポートけみぞー 

3月23日稽古なしレポート   byあっちゃん

すっかり春になり、桜も満開!お花見の時期になりましたね。
私は近所の桜祭りに行くつもりです。
やっぱり、桜!いいですよね。日本人でよかったなー

お久しぶりです。
だいぶご無沙汰していました。、あっちゃんです。

今週の稽古は、お休み。。。
といっても、サボっていたわけではありません。

<観劇週>でした。!!

七福神 鼬


















土曜日と日曜日に別れて、劇団七福神様と劇団アガリスクエンターテイメント様の公演に行って来ました。

観劇レポートは、順次載せていきます。。。。

おっとっ、もう書かれていましたね!

ということで、私も、<鼬>の観劇に行って来ました。
私も市川に長く住んでいますが、高架下に市の施設があったなんて知りませんでした。
畳の部屋でしたが、お芝居の会場にとてもうまく作られてました。
が、やっぱり腰に・・・
席が、舞台に近いこともありましたが、さすが、迫真の演技!
圧倒されました。
私も、あんな芝居できるようになれるかしら・・もっと勉強しなくては!!



他の劇団の芝居を観ることって、本当に勉強になるんですよ!
これからも沢山こういう機会を持ちつつ、
自分たちの芝居のレベルアップに繋げていけたらと思っています。 

さて、次回作についても、考えていかなくては・・・・!


だから、これを読んでくれているあなた!バッカスで一緒に芝居してみませんか!
少しでも芝居に興味があったら、私たちと一緒に!!・・・・
まだまだ団員募集中です。お待ちしています。






gekidanbakkas at 01:29コメント(0)トラックバック(0)稽古レポートあっちゃん 

2008年03月26日

【観劇レポート】劇団七福神 『鼬(いたち)』

七福神 鼬

いたち。
「イタチの最後っ屁」とか「いたちごっこ」とかの慣用句でも耳にする、あの動物です。
いたち。
フェレットとかオコジョとか、かわいいあれらの動物もイタチの仲間。

さて、この物語はそんなかわいい動物たちが仲良く暮らすおはなし・・・ではなく、それとは対極にあるような、欲にかられた人間たちが、財産にたかる物語。
原作は真船豊、昭和9〜10年頃に発表された作品だそうです。
以前私たちと一緒にステージに立ってくれた”響子さん”が所属している劇団というご縁もあって、観劇に行ってきました。

下のほうに、私なりに物語の最後まで追っかけたあらすじがあります。ネタバレ注意。

<感想>
この物語、原作は3時間にもおよぶ大作らしいのですが、今回はそれを半分の1時間30分にカットした作品とのこと。会場も小さいし、諸々の事情でしょうね。見ているこちらとしても有難かったです。さすがに座布団に座って3時間はきついと思うし(ごめんなさい)。
会場はJR本八幡駅近くの「本八幡ふれあい館」。ガード下にある公営施設ですが、私は初めてその存在を知りました。もう何年も市川で活動しているのに。
小ぢんまりとした建物ですが、場所の使い方が上手なのか、奥行きのあるステージの作りかたや客席の置き方など、参考にさせていただきたいところが多々ありました。

それにしても、役者の皆さん、やっぱり味がありますね。重ねてきた年輪の数でしょうか(ごめんなさい)。立っているだけで雰囲気が出てるというかなんというか、お話がお話なのでマッチしてるのですかねぇ。
強烈だったのは姉妹を演じていた女優のお二方。それこそお姉さんの方はご年配の方だとお見受けしましたが(ごめんなさい)、エネルギーがなんかすごい。いやー。見習わなくては。。。。

物語はすべて会津弁で進んでいくので、たま〜に何を言っているのか私にはわからないところもありましたが、そこはお芝居。役者さんの動きや鬼気迫る熱演で自然について行けました。
台詞がはっきりわからずとも(わかるに越したことはないんでしょうけど^^;)、物語を理解することはできるのだな〜とも感じました。

同じ社会人劇団として、私たちももっと成長しなくてはね。

七福神さんのサイトはこちら。
http://shichifukujin3.hp.infoseek.co.jp/



<勝手にあらすじ>
会津のとあるお屋敷。かつての名家も今や借金まみれで倒産寸前、村の債権者達から家財一切を奪われそうになっている”おかじ”のところへ、きらびやかな着物を着たお金持ちの婦人が現れます。
彼女はかつてこの家から籍を抜かれてしまった義妹、”おとり”。
犬猿の仲であるおかじはおとりを追い出そうとはするものの、おとりのおかげで屋敷を買い戻すことができたのでした。それというのも、お金持ちになったおとりが、おかじの息子(万三郎)が稼いできた金ですよ、というふりをしてお金を出して買い戻す手助けをしてあげたから。叔母なんだから助けてあげる、みたいな感じで万三郎にお金を貸してあげるのですが、実はおとりの狙いはこの家を我が物にすること。
家の権利が戻った!と喜ぶ万三郎に登記書を渡しますが、それとは別に「万三郎がおとりへ10ヶ月以内に金を返さなければこの屋敷はおとりのものになりますよ〜」という売買契約書を勝手に作ってしまっていたのです。当然そんなことは万三郎には言いません。
今は遠くで仕事をしている身ながら、この騒動のために一旦帰ってきた万三郎。彼は一件落着したと思って再び去ってしまいましたし、借りたお金は彼には到底返せそうにない額。
かくして、この家はまんまとおとりのものになってしまうのでした。
それを知ったおかじは黙っていませんでしたが、老体な上にで体調も崩してしまっている状態。どうがんばってもおとりには敵いません。
最後は、せめて自分の鶏だけでも渡すまいと小屋へ向かうところで壮絶な死を遂げます。

***

たぶん、そんなに間違っていないと思います。間違ってたらごめんなさい!
結局みんな何かしらの欲にとらわれている、っていうお話なのかなと。
今回の物語には、いわゆる「いい人」というキャラクターは誰一人として出てこなかったと思います(笑)

次回の公演も、きっとお邪魔します。

あやでした。

gekidanbakkas at 01:53コメント(0)トラックバック(0)観劇レポートあや 

2008年03月23日

3月16日 稽古レポート

ご無沙汰しております。すっかり間があいてしまって申し訳ないです。
今日はけみぞーがお送りしますよ。ええ。

旗揚げ公演の興奮冷めやらぬ、ことはぜんぜんなくて、この週は初心に戻って基礎稽古をみっちりやってみたわけです。

CIMG9347

基礎力を上げるために色々考えてみているんですが、難しいですね。
今日のエチュードのお題は「タクシー」
CIMG9353
なにやら悩みのあるお客さんの相談に乗って、運転手さんが解決のためのアドバイスをする、という設定でやってみました。

安齋先生も張り切っちゃいますよ。実際の運転はともかく、お芝居のハンドルさばきはなかなか(ぇ
CIMG9366
CIMG9367

続いて試してみたのは、「どこで」「だれが」「どうした」。
「”お好み焼き屋”で”大食い王と刑事さん”が、話をしていて、最後に”もうくたくただよ”と言った」
というお題でやってみます。
どんな風に展開してもいいけど、場所とキャラクターは守りつつ、最後に決められたセリフを導き出したら終わり、というもの のつもりでやってみたんですが・・・
CIMG9382

友達同士の雑談じゃないですか。


まあ、今回は初めてだったのでね、ええ。
これからもがんばっていこうよ、うん。お題出す方もがんばります。

次回作に向けても、そろそろ考えなきゃなあ。
相変わらずメンバーは募集していますので、役者やってみたい!裏方やってみたい!そんなあなたをお待ちしています。
とりあえず、お気軽にお問い合わせくださいね。


gekidanbakkas at 00:04コメント(0)トラックバック(0)稽古レポートけみぞー 

2008年03月22日

Report of 9th/Mar

よいこのみんな、こんにちは!
今日は市川市の劇団バッカスにお邪魔したよ!

さりげなく


なんでも、バッカスは先週旗揚げ公演があったらしいんだ。
ボクはMのハンバーグ挟みパンを世界中のお友達に届けるのが忙しくて、残念ながら公演にはいけなくて・・・
今日は一週間遅れてしまったけれど、すばらしいお芝居をしたみんなへ挨拶をしにやってきたんだ!

演出の溝口さん、本当にお疲れ様でした!
プリッツゲーム


次回の舞台は必ず見に行くからね!
いや、ひょっとしたらボクもステージへ上がってしまうかも!?


おっと、そろそろ時間だ。ボクはそろそろMハウスへ帰らなくちゃ!

それじゃみんな、また今度、バッカスの公演で会える日を楽しみにしているよ!


gekidanbakkas at 23:46コメント(0)トラックバック(0)稽古レポート 

2008年03月16日

3月2日 バッカス旗揚げ公演 『Sprkling!』 本番前日&当日レポート

皆さんご無沙汰しております。
バッカス代表 安齋ひろゆきです。

まず最初に謝っておかなくてはならないことがございます。

ボク、本番に遅刻しました!!!

すみませんすみませんホントすみません!反省しております・・・
仕事と芝居の両立って本当に大変なんですよね。
僕がいない間にもがんばって準備してくれていたみんな、ありがとう。

お芝居の内容は公演履歴のページで詳しくご紹介するとして(近日公開予定!)
ここでは『Sparkling!』裏話をちょっとだけ。


▽では、パンフレット制作にがんばってくれたあやさんからお話を・・・

何?忙しいんだから話しかけないで!
仕込み3
ご、ごめんなさい・・・

▽今回の作・演出をがんばってくれたけみぞー。
なんていうか、追い込まれないと全然動き出さないって良くないですよね。
この本番ギリギリまでバタバタするのには段取りが悪いせいだなんていう話もあります。
ちなみにこの演出も遅刻魔なんですよね。ボクは仕事が大変なんだけどこの人は・・・

は?何いってんの?買った工具でシバかれたいの?
仕込み1
いいいいいや何でもないですスミマセン演出!

もう、みんな冷たいなあ・・・本番前でピリピリしているのはわかるんだけどさ・・

▽この舞台、何がヒヤヒヤしたって、前日になってようやく完成像が見えた、これ。
今回最大の課題だったのが、ハヤトの見せ場なんです。

え、呼んだ?
はやと1
カッコイイ?どぎついメイク。でもこれは演出のイメージなんです。

▽これ、本当に苦労しました。本番直前の練習までうまくできなくて・・・
仕込み2
はやと2
なんとか本番では、成功した・・よね?

▽あっちゃんと忍は、一緒に何度も何度も繰り返し練習していたね。
はにかみしのぶー
がんばり屋の二人のおかげで、いいシーンになったよ。

▽バッカスが誇る衣装職人、葉々の力作も輝いていました。
かわいい!って大評判。
はやととはは1はやととはは2

▽ちなみに、今回使用したスポットライトは、ボクの母校の協力によりお借りすることが出来ました。ありがとうございます。
とっても効果的な演出が出来ましたよ。
仕込み3

▽手伝いに来てくれたバッカス応援委員会の女子達にも本当に助けられました。
すばらしい音響オペレーションやかわいい前説、完璧なメイクを役者陣に施してくれたり、買い出しや受付作業などに走り回ってくれたり。
女子!

多くの方々のご協力に支えられて、僕らは作品を作っていけるのだなあと
改めて感謝の気持ちでいっぱいです。


やっと迎えることが出来た初公演、皆様楽しんでいただけたでしょうか?
次回に向けて、課題もたくさん見つかりました。
初めての公演も大変だったけれど、これからが勝負だと思っています。
なにはともあれ。

ご来場、ありがとうございました!!
集合写真


☆本公演におきましては、こちらの不手際で開場が遅れてしまったことをご来場いただいたお客様には改めてお詫び申し上げます。
今後このようなことがないよう十分注意して会場準備を進めてまいります。
これからもバッカスをどうぞよろしくお願いいたします。



gekidanbakkas at 00:55コメント(0)トラックバック(0)あん 
記事検索
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ