妖精

2008年03月28日

「人間になりそこなった妖精」また来年・・・

「人間になりそこなった妖精 夢キッズ版」が上演されてから、もう1ヶ月が過ぎました。

今回の舞台はげきだん『夢』以外にもスタジオセイビでダンスを習っているたくさんの子供達が出演しました。
_R8K9774











*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜
妖精達が自由に飛び回れるのは「大きな桂の木の誕生日」、その1年に一度だけです。
夜が来ると妖精達は帰って行きます。
また来年もここで会いましょうと約束をして・・・_R8K9721












写真と共にあれこれとつづってきました「人間になりそこなった妖精」は今回が最後になります。
_MG_9887












「さようなら、さようなら、また会いましょう。」
「さようなら、さようなら、来年もここで・・・」
と妖精達が歌いながら、桂の木の下から去って行きます。
そして幕が降りました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

げきだん『夢』オリジナルミュージカル
「人間になりそこなった妖精 夢キッズ版」
2008年2月23、24日
札幌市教育文化会館小ホールにて上演

gekidanyume at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月27日

「人間になりそこなった妖精」新旧妖精比較〜その2

■前回の続き〜サボテンの正体は誰?
コケ
「2008年夢キッズ版」



サボテンの様にも見えるけど…
コケですね。





■バラ【性格:ナルシスト 性別:不明】
バラ2008
「2008年夢キッズ版」




あれ?このバラもどこかで見たことあるよ・・・


バラ2004
「2004年札幌公演版」




昔は2人で1人(匹?)
「バ」と「ラ」???

gekidanyume at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月26日

「人間になりそこなった妖精」新旧妖精比較〜その1

■どんぐり【得意技:コロコロ】
どんぐり2008
「2008年夢キッズ版」



今回初めて観た人は、どんぐりは小さいイメージでしょうが・・・



どんぐり2004
「2004年札幌公演版」



4年前は大きかったのね。






■サボテン【出身地:南の島】
サボテン2008
「2008年夢キッズ版」



「サボ」と「テン」2人あわせて
サボテンさん



サボテン2004
「2004年札幌公演版」




あれ?このサボテン見たことあるよ・・・


次回へ続く・・・

gekidanyume at 19:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年03月25日

「桂ごえもんのじょう六助」についてのあれこれ〜その2

大きな桂の木は、今では「桂ごえもんのじょう六助」通称「かっちゃん」と呼ばれていますが、12年前は「ラン・ツルゲネフ・カーッチャン」と呼ばれていたようです。
ある古い資料を読み解いているときに偶然発見した事実です。
はたして現在何人の人がこの事実を記憶しているのでしょうか?

妖精指差


おかしいぞ、あやしいぞ。♪

「ギクッ( ;゚д゚)!!」



gekidanyume at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「人間になりそこなった妖精」カメラが捉えた一瞬〜その2

回転2

「どんぐり」さんが「コケ」さんにサイドを取られた!!

( ;゚д゚)危うし!!







回転1

そのまま、かつぎ上げられ・・・

床に叩きつけられるっ!?




(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


回転3







お見事!!\(>◇<:)/


gekidanyume at 12:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年03月24日

「人間になりそこなった妖精」カメラが捉えた一瞬〜その1

_R8K9523
173僂痢屮丱蕁廚気鵑
118僂痢屬△犬気ぁ廚気鵑稜悗届いた一瞬
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ






_MG_9198

危険!!( ̄□ ̄;)!!
「バラ」さんとサボテンの「サボ」さん
一触触発!?
【いっしょくしょくはつ:争いなどがいまにも起こりそうな危険な状態】







備考:「バラ」さん20代後半、サボテンの「サボ」さん小学3年生(2008年2月時点)

■次回予告■
危うし!!「どんぐり」さんグルグル回転!!(゚д゚)エッ!?  



gekidanyume at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「かっちゃん7変化の巻(゚Д゚)!?」

_MG_9212


普段の「かっちゃん」
妖精たちも普段着です(^∀^)












かつら1
妖精たちに囲まれて
ちょっと赤くなったり・・・









かつら2
黄色くなったり・・・










かつら3
青ざめたり・・・










かつら5
真っ白になったり・・・
まるで珊瑚の白化現象のようです
※珊瑚の体内に生息する褐虫藻(かっちゅうそう)が海水温の上昇により珊瑚から出てしまい、珊瑚の色が白くなる現象です。褐虫藻が珊瑚に戻らないと珊瑚は栄養をもらう事が出来ずに死んでしまいます

あるいは燃え尽きた矢吹ジョー・・・



かつら6
怒りの炎に包まれたり・・・










かつら4
年に一度はサービスで
イルミネーションを点灯したりします。









と、いうことで「かっちゃんの7変化」でした。


gekidanyume at 11:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月22日

「桂ごえもんのじょう六助」についてのあれこれ〜その1

かつらの木1












こちらは今年2月に707才の誕生日をむかえた「桂ごえもんのじょう六助」
むずかしく書くと「桂五右衛門之丈禄輔」かどうかは定かではありません。
妖精たちには「かっちゃん」と気軽なネーミングで呼ばれています。
モデルになったのは定山渓に程近い「小金湯温泉」に実在する桂の木
(推定樹齢700年以上)なのです。
かつらの木

















たくさんの妖精たちに囲まれてなかなか威厳(いげん:おごそかでいかめしいこと)にあふれた「かっちゃん」です。
なんだか偉そうです。

次回は「かっちゃん7変化の巻(゚Д゚)!?」の予定です。

gekidanyume at 14:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年03月21日

「人間になりそこなった妖精」についてのあれこれ

2008年2月に上演しました「人間になりそこなった妖精 夢キッズ版」ですが、実は過去に何度も上演されている作品なんですね。

初めての上演は1996年、げきだん『夢』が設立される前です。
スタジオセイビの公演の中の1作品として上演されました。
今回と同じように子供たちが主役の子供ミュージカルでした。
残念ながら当時の写真が見あたらないのです・・・(T_T)

そして、
げきだん『夢』の舞台として始めての上演は2001年の5月に、道内の住宅メーカーの招待でGWの5日間で10回公演という豪華版の上演でした。
その時の写真がこちら
妖精(2001)













妖精の人数も多くかなり豪華です(^∀^)

その後、2002年に清水町、2003年に中札内村と地方の町で上演しました。
車に衣装・小道具・妖精達を詰め込んでと、ロードムービーさながらでした(;^_^

そして、2004年7月にかでる2.7で初の札幌公演を行いました。
この時に「雪ん子」役で出演した子供達が4年後には妖精に出世するとは・・・

_R8K9535













こちらは今回の「2008年夢キッズ版」のリハーサルのときの写真です。

舞台中央にドーンとそびえる、大きな桂の木こと「桂ごえもんのじょう六助」は変わりませんね〜
何といっても、707才ですから(^▽^;)

gekidanyume at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
最新コメント
ログイン
 

QRコード
QRコード